メイクアップアーティストとして外国人演者とコミュニケーションを取る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日から3月、WBCまでもうあと一週間です!!!

 

今回はやってくれるでしょう!!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メイクアップアーティストとしてご活躍されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、CM、広告、番組ロケ、ブランドのファッションショーなどで外国人演者、スタッフと接する事が多く、その時にある程度のコミュニケーションを取れるようになる為、という事でした。

 

もちろんメイクが本業で演者との会話は基本的には業務の範疇ではないわけですが、そこは人と人の仕事。

 

やっぱり現場で仕事をしていくうえで、機械のように働くのではなく、言葉を変わり、心を通わせて仕事ができるにこしたことはありません。

 

アデュールの生徒様の中にはこのようにテレビや映画、舞台、CMなどの現場で活躍されていらっしゃる生徒様が多くいらっしゃいます。

 

演者の方もいらっしゃれば、制作側の方もいらっしゃいますし、業務内容は様々ですが、外国人がいる現場でコミュニケーションをもっと取れるようにしたいという思いは皆さんとても強いです。

 

 

 

人として言葉を交わす事で通じあえるようになりたい、という事は勿論、今後の仕事の幅を広げるという事も大きな目的の1つであります。

 

撮影の現場などにはフリーランスで働いていらっしゃる方々も多いですし、技術一本、それを武器に活躍されていらっしゃる強者戦士達です。

 

自分で道を切り拓いていくこういう方々は本当に輝いていらっしゃいますし、そして暖かい雰囲気を皆さん持っていらっしゃいます。

 

皆さんしっかりと今後の仕事につながるよう、英語でのコミュニケーションスキルも自分の専門技術をサポートしてくれる技術の1つととらえていらっしゃいます。

 

 

 

 

本日の生徒様はもともとフランスに留学されていらっしゃり、フランス語の基礎は話せるようで、外国語を学ぶ事のエッセンスはなんとなくご自身で持っていらっしゃるようでした。

 

ただ、それでも英語に関してはほぼゼロからのスタートという事で、フランス語とはやはり違う言語ですから、しっかりと効率よく先生に習っていきたい、という事でした。

 

 

 

 

 

アデュールの生徒様の中には英語ではないその他の言語を流暢に話される方が沢山いらっしゃり、中国語、韓国語は勿論ですが、それに続いてフランス語、イタリア語、スペイン語がとても多いという印象です。

 

皆さんヨーロッパへの留学時代に習得したという方々で、そのほとんどがファッションやパティシエ、シェフ、音楽といった分野で、その分野のヨーロッパの強さを感じさせられます。

 

こういった方々は他言語をある程度のレベルまで習得する事を一度経験されているので、英語の習得に対しても比較的に前に進みやすい傾向があります。

 

新しい言語を学ぶ難しさや壁、それをなんとなく理解している事は心理的にもとても大きなポイントなんだと思います。

 

 

 

本日の生徒様はとにかく現場で使える英会話、そこにこだわっていらっしゃいます。

 

結果に結びつかなきゃ意味がない、それが仕事で英語を必要とされていらっしゃる方々の共通の思いです。

 

これからの生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

かっこいいおばあちゃんになる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日はまた寒くなるみたいですね。

 

2月最後の週末。

 

もう来週は3月です!春です~~~!!!!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某大手英会話スクールでのグループレッスンを受講されており、今回アでゅるでのレッスンをスタートされることになった理由は、大手スクールでは金額が高い為、なかなか自分の思う量のレッスンを取る事が金銭的に難しく、その対応として、リーズナブルなアデュールでのレッスンを並行する事で、英会話レッスンの時間を確保したいから、という事でした。

 

例え違う会社の英会話レッスンを受けようと、英会話を上達させる、という目的を達成させられる形なら手段は問わない、というのはmake sense! ですね。

 

 

 

アデュールの生徒様の中には、独学で色々な学習プランを立てられ、補助的にアデュールの日本人講師のマンツーマンレッスンを家庭教師のようにしてつける事で、独学部分の学習効率を上げていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

 

プロセスが大事な事もありますが、英会話レッスンにおいて、やはり目的である英会話上達は常にしっかりと視野にいれておきたいポイントですよね。「通えばスクール側が勝手に力上げてくれるだろう」という受け身ではなかなか力はつきません。

 

もちろん、結果を追う事だけが英会話レッスンに通う人の目的ではありません。

 

英語を学ぶ、英語を話すという環境を生活の中に入れる事、そのこと自体を楽しみたい、という方も中にはいらっしゃいます。

 

 

 

 

本日の生徒様はというと、その両方のようでした。

 

しっかりと英語の力をつけて英語が話せるおばあちゃんになりたい。

 

この強い夢を持ちながらも、英会話を習う事、その環境に入る事、そのこと自体も生活の中の楽しみの1つとして取り入れられています。

 

それにしても、英語が話せるおばあちゃん、素敵ですね笑。

 

 

 

ご本人曰く、「英語の話せるおばあちゃんって、かっこよくないですか?」との事でしたが、、、

 

 

めちゃくちゃカッコいいと思います!!!!!!!!

 

 

 

 

もうだいぶご高齢なおばあちゃんだな、と思いつつ、いきなり外国人と流暢な英語で会話をし出したら、英語の話せない若い世代は、間違いなく、尊敬の念が強くなるでしょう。

 

かっこいいおばあちゃんになる。

 

とても素敵な夢だと思います。

 

もともと英語を始めるきっかけになったのは、それまでずっと英語が苦手で避けてこられたものの、海外旅行で上手く英語が話せず、折角の機会を本当に無駄にしてしまった、と後悔されたからでした。

 

後悔するのは誰だって辛いものですし、嫌ですよね。

 

でも、後悔が大きければ大きいほど、その次のアクションへの助走を大きく取れるという事でもあります。

 

そこでしっかりとアクションを取る方は、失ったチャンスよりももっと大きいチャンスを手に入れられたりするものです。

 

プラス思考に考え、後悔もただの後悔に終わらせず、成功へのプロセスととらえる。

 

そんな方々はとても輝いています!!

 

 

 

本日の生徒様は、とにかくまだまだ会話の中で言葉がスムーズに出ない事、そして何より、基本的な文法もかなり怪しい部分が多い、という事でした。

 

今の通っている大手スクールでは潰せない細かい所を、アデュールでのレッスンでは解決していっていただきたいと思います。

 

生徒様の今後の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

外資系製薬会社で営業からマーケティングに異動になり必要になった英会話

こんばんは!

 

WBC近づいてきましたね~。

 

毎回本当にドラマが生まれるWBC。楽しみです!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在フランス本社の製薬会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、営業からマーケティング部署に異動になり、そのために本社への英語のプレゼンなどが必要になった為、という事でした。

 

レッスン内でプレゼン資料をチェックしてもらいたいという事とあわせて、しっかりと英語で話せる英語力、プレゼン力をつけたい、という事でした。

 

 

 

 

これまでは外資系企業とはいえ、国内向けの営業で、英語で話さなければいけないという環境は基本的になく、学生以来、英語を勉強するという事からは離れていらっしゃったようでした。

 

ところがここにきての部署異動。青天の霹靂です。

 

とはいえ、会社は会社の事情で動きますので、中の人間は自分の意志通りにはなかなかいかないものですよね。

 

本日の生徒様も異動に対してどうこうは全くおっしゃっていらず、ただ現実をどう超えるか、そこだけに焦点を当てていらっしゃいました。

 

キャリアアップのためには避けては通れない道。

 

そして、英語力強化は今の会社だけではなく、転職なども見据えると必ず大きな力になってくれるはずです。

 

 

 

 

英会話を習う方の中にはお仕事の為に、と理由で始める方は多いですが、その中には今現在英語がすぐに必要、という方から、今は必要はないけど、将来の為に、スキルアップしておきたい、という理由で始められる方もとても多いです。

 

英語の場合、業種、職種問わず、色々な世界で求められるものですし、今の時代、1つの会社でずっと、なんていうのは現実的ではなくなってきていまし、業種をいくつもまたいで、というキャリアの方も昔に比べると多くなってきていますよね。

 

街は転職サイトの広告でいっぱいですし笑。

 

パラレルキャリアという言葉もよく耳にします。

 

次の仕事だけではなく、並行してやる仕事、なんてことも考えると、英語が求められる機会に出会う事もどこかのタイミングであるはずです。

 

 

 

 

本日の生徒様はプレゼンチェックが理由でアデュールでの英会話レッスンスタートを決められましたが、実際に体験レッスンで自分の英語のスピーキング力をさらけ出したことで、自分が思っていたよりも英語を話せないという事を痛感されたようで、プレゼン資料の確認にあわせて会話レッスンの時間も同じくらいの比率ではやらなければ、、、と感じられたようです。

 

英語は自分一人で単語を覚えていたり、英語の学習素材を聞いていたりすると、そしてたまにそれらを見返したりしていると、なんとなくやった記憶があるので、「ちゃんと覚えているな、よしよし、順調に力がついてきた」と思うものですが、いざ会話になると、てんでだめ、という事がよくあります。

 

かなり勉強している方でも、会話が終わった後に、あ~あの時こういう言い方しておけばよかった、とか後になって自分の知識を思い出せたものの、会話のその場ではすぐに出てこないで上手く話せなかった、という事があるものです。

 

知っていると使えるはまた別物。それがまた英会話の難しい所でもあり、また面白い所でもあると思います。

 

 

 

色々と体験レッスンで感じられたこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

メーカーの商品企画でキャリアアップする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

アジア大会、盛り上がっていますね~。日本選手とても活躍しているようで嬉しいです。

 

平昌オリンピック、楽しみです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メーカーの商品企画で働いていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、将来のキャリアの為、という事でした。

 

現在のお仕事では英語が必要な仕事はあまりない、という事でした。

 

ただ、もともと学生時代から英語は好きだったようで、学生時代に取得されたTOEICのスコアは700点越え。

 

既にそのころから、英語のドラマや映画を観ても、少し聞き取れるとこもあった、という事で、基礎の力はかなりつけていらっしゃったようです。

 

それから社会人になり、英語での業務もなく、日々の生活が忙しくなり、少しずつ英語に触れる時間が消えていき、今になってしまった、という事でした。

 

 

 

 

久しぶりに英語と向き合った今回の体験レッスン。

 

まず一番大きく感じられた事は、言葉が出ない。

 

後々考えれば、こういえばよかった。。と思い返せるような内容もあったようですが、その時には言葉が出なかった、というケースがかなりあったようです。

 

また、そもそもどう言えばいいのかも分からない、という事も多かったようで、それは学生時代に覚えていらっしゃったボキャブラリ、熟語、フレーズなどが抜けている事も大きな要因の1つだと感じられていました。

 

率直な感想として、自分の英語が「さび付いている」という事を感じられたようでした。

 

いざ英語を使う機会がないと、昔の、学生時代の英語を勉強していた感覚で、そのレベルは最低でも使えるだろう、と感じる人が多いですが、実際に英語を話す機会を持った時に、学生時代よりも断然英語が出来なくなっている事に愕然とした、という事はよく聞くお話です。

 

 

 

誰もが過去にできた事は、一度超えた壁だから今でも超えた状態でいる、と思いたいものですし、思い込んでしまっている所があるものです。

 

焦りと、そしてやる気と、同時に湧き上がる不思議な感覚を持っていらっしゃったようでした。

 

 

 

 

そしてもう1つ体験レッスン時に感じられた事。

 

それは英語の文章を読む事を本当に久しぶりにした事が、またとても新鮮でもあり懐かしくもあったという事でした。

 

リーディングもまた然りで、ずっと英語の文章を読んでいない方は、いきなり読んだ時に、ものすごく読解スピードが遅くなっているという事があります。

 

 

 

 

本日の生徒様はテキストなどにはりついたレッスンではなく、会話ベースのレッスンを希望されていましたが、今回少し英語を読むという経験をして、レッスンの中では今回のように少しリーディングの素材を使った内容にした方がよいと感じられたようでした。

 

 

 

英会話の体験レッスンを受けると、想像していた事とは全く違う事を感じる、発見する事が多々あるものです。

 

失望や驚き、喜び、それは人それぞれですが、英語を学びたいという気持ちがは皆さん変わらず、それらの新しい発見、感情をうまく英語学習のモチベーションに変えてくださっています。

 

 

本日の生徒様はまずはさび付いた英会話力を取り戻り、よりスムーズに会話できるようになることを最初の目標に掲げられました。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

商社でクライアント間に入って使う英語を鍛える為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京は今日は本当に暖かい日になりました。

 

このまま春になってくれるといいんですけどね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在に商社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、商社という事で、国内のクライアントと、そのクライアントの間に入って業務を行う事が多くそこで頻繁に英語が必要になるから、という事でした。

 

クライアントの業種も様々ですし、そのクライアントのクライアントの業種も様々で、本当に様々な状況での英語力が試されるとても刺激的な業務と感じていらっしゃいました。

 

 

 

とてもプラスな意味で刺激的という言葉を使っていらっしゃるという事からも分かるように、こちらの生徒様は既に起訴の英語量は備えていらっしゃいます。

 

業務で英語が日々必要なわけですから、当然と言えば当然ですよね。

 

ただ、まだまだ今の英語力では未熟、と感じていらっしゃり、更なるスキルアップを、という事でレッスンスタートを決められました。

 

 

 

こちらの生徒様の基礎の英語力が蓄積されたのは、学生時代にカナダに約1年間留学されていた頃で、その時に英会話のイロハを体に染みつけられたようです。

 

20歳前後の体中で新しいものを感じられる時は、本当に留学には最高のタイミングだと思います。

 

大人の世界も少し見えつつ、将来のキャリアも少し考えつつ、かつ高校生の頃がまだ数年前で、子供である感覚もまだまだあって、この時期の経験は文字通り体に染みついていくものです。

 

 

 

 

本日の生徒様はその時の経験が今の仕事にも、キャリアにも大きく影響していると話されていました、

 

英語力という意味では、帰国後は、意識的に勉強する、という時間はあまり取られなかったようで、その為、劇的に英語力が落ちたわけではないものの、力がついているとも言えない、という事でした。

 

 

 

新しい言語を学ぶという事は本当に未知の感覚で、自分の体と感覚と常に対話しながらすすめていくスポーツに近いものがあると思います。

 

絶対的な答えを体が言葉で教えてくれるわけではないので、自分で体の言葉でない暗黙のメッセージを読み取ろうとするその繰り返しがとても大切になります。

 

だから考えないでなんとなくたまに英語を聞いたりするだけでは、飛躍的なスキルアップにはつながらないんですね。体が、自分の感覚がどのように反応しているのか、そこに気を配る事が次のステップへのキーになります。

 

 

 

本日の生徒様はそういう意味で、レッスンを含め色々なプレッシャーを与える事で、「考えさせられる」環境を意図的に作り出したい、という事でした。

 

 

お仕事ではこの2,3年が勝負の時期、と考えていらっしゃるようで、並行して英語力を伸ばしていく事がそこに大きく影響する、という事でした。

 

実際のレッスンの中では、徹底的に会話に重点を置いたレッスンを希望されており、多少厳し目の指摘を求めていらっしゃいました。

 

ストイックな方はこのように講師からの厳しい指摘を求める方も結構いらっしゃいます。

 

講師に見栄を張ってもなんの意味もないですし、お互い生徒様の英語力を伸ばす、という共通のゴールをしっかり考えているとお互いが分かっていれば、多少厳しい言葉もそこまでにプロセスにすぎない、と割り切れるものです。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!