英会話の中で分かったフリをしない為の英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表のブルガリア戦、金曜日ですね。

 

今シーズンは海外組の活躍も特に目立っていたように思います。

 

それだけに、とても楽しみですね!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系企業にお勤めで、今回お申込みされた理由は、英語力をつけることで、外国人上司のいる部署に異動できるようにしたい、という事でした。

 

 

その理由は、英語を話したい、外国人のもとで働く環境を経験したい、というものではなく、日本人上司よりも、社内政治が楽だから、という理由でした笑。

 

分かる方にはこの意味、とても分かるかもしれないですね笑。

 

 

 

でも、英語力強化をすることは、それだけでなく、社内でも英語がしっかりとできる人、という高い評価がつくことも大きなメリットの1つです。

 

気づかないメリットがたくさんあるのが、英語力がつくことの本当の素晴らしさのように思います。

 

 

 

 

アデュールの日本人講師の中には、若い時、色々な壁に当たり、とても悩み苦しんだ時期も、英語が話せるようになり、それによって開かれた環境のおかげで人生に光が見えた、という講師も実は結構いたりします。

 

困ったとき、その時に、自分を助けてくれる可能性を秘めている大きな力、それが英語力だと思います。

 

 

 

 

 

本日の生徒様はあくまで社内政治を楽にする、という名目ではありますが、必ずそれ以外のメリットも英語学習を続けられることで感じていただけるはずです!!!

 

 

 

 

 

実際にレッスンでこちらの生徒様が希望されている形は、自分の理解力をしっかりと確認してもらえるレッスンの形、という事でした。

 

こちらの生徒様、わかっているフリをするのがとても得意なようで、うまくその場を乗り切れる立ち居振る舞いを習得されているとの事です。

 

それだけに、本当に分かっていなくても、どうにかその場をやりきってしまえる事が、逆に英語の会話力の上達をとめてしまっているという残念な結果にもつながっているという事でした。

 

 

 

 

おっしゃっていることが、とても驚きの内容ですね。

 

日本語ならまだしも、英語でもなんとなく、分かった感じにできるというのは。。。英語学習者であれば、経験のある方も多いと思いますが、相手の言っていることが本当に分からなかったとき、分かったフリをするのは、冷や汗ものです。

 

その内容が分かっていることが前提で聞かれる次の質問が飛んでくる可能性があるからです。

 

そこで頓珍漢な回答をしたとき、「あ~この人、言ってることわかってないな。。」と相手に思われてしまう。

 

そんな状況だけはなにがなんでも経験したくない、というのが英会話学習の願いだと思います。

 

 

 

分かったふりをするつもりがなくても、その場の状況などで、流してしまうような事、だれだって1度や2度はあると思います。

 

本日の生徒様は、その分かっていないところとわかっているところ、その境目を自分の中でもハッキリさせられないくらいに分かったフリをしてしまうようなので、レッスンではわかっていないところを徹底的に確認していく、そういうアプローチから入っていきたい、という事でした。

 

 

ご自身に必要なものをしっかりと考えていらっしゃいますし、そういう意味では後はすり合わせの段階なので、とても効率的なレッスンになっていくと思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ソフトウェアメーカーの海外拠点で働く為の英会話

こんばんは!

 

消費増税延期や都知事問題など、色々とありますね。。

 

本当に。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ソフトウェアメーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お勤め先がこの度、新しくシンガポールに拠点を設けることになったようで、英語力をしっかりとつけられれば、将来的にそちらへ異動できる可能性もあるという事で、そのために英語力をつけたい、という事でした。

 

 

会社が海外に拠点を持つというのはなんだか夢が膨らみますね。

 

先陣を切って送り込まれる人間は会社のホープです。

 

サッカー日本代表ではないですが、絶対に負けられない戦いがそこにはあるわけです。

 

既に海外に多くの拠点を設けている世界企業とは異なり、新しく進出する会社にとっては、国内で拠点を広げることとは大きく異なりますよね。

 

日本国内ではすでに有名な会社も、実際に海外進出ではつまづいているニュースはよく聞きます。

 

 

 

 

そんな中、こちらの生徒様は、その先陣を切っていくメンバーではないですが、その会社の将来を担う大切なその拠点で自分も頑張りたい、という強い野心をもっていらっしゃいました。

 

企業戦士たるもの、結果を出してナンボの世界であることは言うまでもありません。

 

国内需要がひっ迫し、なかなか新規開拓が難しいような状況であれば、目に見える大きな成果の可能性を秘めているところで勝負するのは、大きなチャンスです。

 

誰もがそのチャンスつかみ取りたいものです。

 

それは自分しかない、そういう強い気持ちで乗り込めば、たとえ成果が出なくとも、大きなステージで大きな力をつけられるはずで、その次の成功の土台を築かれるはずです。

 

 

 

 

英語力に関しては、これまでは独学で地道に勉強されていて、現在はTOEIC700点を超えたところ。

 

まだまだ、と思う人もいれば、すごい!と思う人、色々だと思いますが、独学でTOEIC700点まで上げるというのは、その方が地道な努力をできる方という印象は多くの講師が持つものです。

 

今のステージでこちらの生徒様が頑張りたいと感じていらっしゃるポイントは、自分の話す英語の精度を上げていきたい、という事でした。

 

 

 

英語を独学で学ばれている多くの方が、どこかのポイントで感じられると思いますが、自分の作る文章はこれで本当にいいのだろうか、伝わるものの、実はあまり言わない言い方なのではないか、発音はどうなんだろう、イントネーションはあっているのだろうか。。

 

そういう所の悩みになると、やっぱり独学では解決できないところになってきます。

 

ここに、正しい、間違っている、というしっかりとした判断を入れてもらえる場所、そういう場所を求める方はとても多いと思います。

 

 

 

今回の生徒様は、自分の英語について、どうなのか、先生にはっきりと言ってもらいたいという事でした。

 

なかなかショックを受ける事もあると思いますが、それでもその気持ちで自分の英語力をしっかりと客観的に評価できる自分を持つという事は、大きな成長への足掛かりだと思います。

 

 

 

日本人英会話講師のメリットはそのあたりの、微妙なニュアンスもしっかりと伝えられる、意思疎通に誤解が生まれない、という所も1つだと思います。

 

 

 

まずはしっかりと自分の会話力に自信をつけ、今後のキャリアアップにつなげていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

元劇団出身の女優さんの英会話レッスン

こんばんは!

 

錦織選手、3回戦、はじまりますね。

 

どうなるのでしょうか。勝てばベスト16!

 

全仏クレーでの初GS優勝、誰もが期待していると思います。頑張れ!!!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、元某有名劇団の所属の舞台女優さんで、今回は今後の芸能活動のために、英語力もつけて仕事の幅を広げていきたいという事で、アデュールでのレッスンを受けていただく事になりました。

 

 

 

さすが、あの!有名劇団出身の女優さんだけあって、声の出し方や、表情、表現力、人並み外れたものがあったようで、担当講師もビックリ!!!のようでした。

 

どんな場所でもやはりプロとしてやっている人たちはすごいですし、またこのようにあまり一般で出会う事のない方々ですと、余計に直接その力をみせられると感動するものです。

 

 

 

劇団出身でテレビや映画でも人気の俳優さん、女優さん、とても多いですよね。

 

やっぱり演技力は常人のレベルをはるかに超えているからこそなのでしょう。私も個人的に舞台など時々みにいきますが、やっぱり生の舞台、迫力が違いますし、騙せないその場所、空間だからこそ、プロだな~と強く感じます。

 

 

 

 

本日の生徒様は日本を代表する劇団の一員をとして活躍されていらっしゃったわけですから、やっぱり違いますよね。

 

話す事に恥ずかしさを感じるようなことはないですし、堂々と挑戦していく、という強い気持ちをお持ちでした。

 

ご自身が英語力で課題に感じていらっしゃったのは、単語が覚えられない事。

 

そして、長い間英語の勉強は地道に続けているものの、なかなか自分の英語の表現力があげられない事。

 

この2つを課題として挙げていらっしゃいました。

 

 

 

 

どちらも英語学習者であれば代表的な悩みの1つだと思います。

 

まず単語を増やす事。

 

これは本当に地道な作業です。ただ受験の時のように頭に詰め込むだけでなく、会話の中で使えるレベルにするまでにしないとなんの意味もありません。

 

多くの方がこの知っているけど使えない、知っていそうだけどすぐに出てこない、そんな壁を経験されています。

 

本日の生徒様は、ものを覚えることが苦手なわけではないものの、なぜか英単語はなかなか頭に入りにくい、と感じていらっしゃいました。

 

 

 

それは覚え方、というのも1つはポイントかもしれませんね。

 

正しい音と一緒に覚えることはとても大切と言われていますが、実際にそれをしっかり実践できている人は英語学習者の中でもそう多くはないと思います。

 

ただ、この正しい音と一緒に覚えるという一見、二重の手間に見えるこの作業が、その単語をしっかりと使えるレベルの力に変えてくれるキーポイントだったりもします。

 

正しい音に自信があるから、使う事にも自信が持てますし、感覚的な所で恐縮ですが、やはりスペルだけでなく、音も一緒に覚える事、より多くの感覚を使って覚えることが、重要だと思います。

 

素振りのビデオをみるだけでなく、実際にふってみる、実際にプロの素振りの音を聞いてみる、空気を感じる、そんな風に体全体で覚える事、それってとても大切だと思います。

 

 

 

使えるようにするという所もまた大きな課題ですが、これは前の単語をしっかりとおさえる、という所ができてくれば、改善できる部分でもあると思います。

 

勿論、単語だけでなく、英文の組み立てはまた他にも色々なアプローチで強化できるものです。

 

 

とにかく熱意とパワーがすごいこちらの生徒様、

 

今後のご活躍に期待です。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系金融機関の事務方として頑張る英会話

こんばんは!

 

今日も暑い1日でした。

 

そんな暑い中、楽天イーグルス、泥沼の連敗ですね。

 

ジャイアンツも。

 

なんとか乗り切りたいところだと思います。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、外資系金融機関で事務方としてお勤めされていらっしゃり、業務で英語が必要な事から今回お申込みいただきました。

 

 

現在の仕事で英語が必要なシチュエーションは、英語での電話の取次ぎ、英語での海外拠点とのメールのやり取り、そしてたまに海外からの訪問者のエスコート、という状況のようでした。

 

現状はある程度、対応する内容も固まっていて、大体はおさせている分、今はもう慣れた感はあるようですが、英語力を上げていかなければ、今後のステップアップはない、と感じていらっしゃるようです。

 

ビジネス英会話的な難しいシチュエーションは特に現状はないものの、そういう所でも対応できる英語力をつけたい、と強く望んでいらっしゃいました。

 

 

 

実はこちらの生徒様、そのような気持ちは数年前から抱いていらっしゃり、現在も他社の英会話スクールでネイティブ講師のレッスンを受けていらっしゃるようですが、担当制でない事、体系的に学べるシステムでないと感じていらっしゃる事などを理由に、このスクールを辞められる事にされたようです。

 

自分の目指すところをまっすぐに見たとき、今この環境ではこの数年間を振り返ったときに、結果として満足できない、という結論に至られたようです。

 

 

 

数年レッスンを継続されているのであれば、十分、そこでの成果を検証できる期間だと思います。

 

英語学習は長期戦です。

 

1,2か月で結果をすぐに求めるのは現実的でないですし、TOEICのスキルなどでスコアがあげられたとしても、会話力として見たときには、そこまで大きな変化を感じられないのは明らかだと思います。

 

 

 

でも、正しいアプローチですすめていれば、数年続ければ、そこには必ず結果が伴ってくるはずです。

 

海外留学される方も、色々な期間で行かれる方がいますが、1年海外にいる方は、特に若い世代では、帰ってきたときに、信じられないレベルまで英語力を上げている方は多くいらっしゃいます。

 

 

時に、それを理由に1年いけば誰でもあのレベルになれると勘違いされる方もいるのでそこは要注意です。

 

海外に長期で行かれた方であれば感じられている所だと思いますが、しっかりと自分を現地で律することができないと、日本人コミュニティに入り、日本語を日常的に話し、そこの罪悪感を感じる。

 

コミュニティの中には5年も現地にいるのに、まだこんな英語力!??と目を疑うような人たちがいたりもします。

 

長くいればいいというものではなく、一定期間、しっかりと自分を律して頑張れる人、そういう人が力をつけられる方だと思います。

 

英語学習では、年単位で頑張っている方は必ず成果が自分で感じられるものですし、そこに疑問を感じるときは、環境を変えるとき、と感じられるのはもっともな事だと思います。

 

 

 

これからのレッスンでは、より実践的なレッスン内容とともに、しっかりと自分の学んだ事を確認できる流れを作っていきたいという事でした。

 

 

意気込み、気合い十分のこちらの生徒様。

 

 

今後のご活躍が楽しみです!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

エステのプライベートサロンで外国人VIPに対応する為の英会話

こんばんは!

 

日米首脳会談、本日ですね。

 

どんな内容になるのでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、エステのプライベートサロンを経営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、外国人のVIPのお客様などを対応する際、もっと英語が出来なければいけない、という危機感を感じられたからでした。

 

 

ホテルなどから外国人のお客様のご紹介などが多くあるようで、都度、身振り手振りで対応されているようですが、部屋への案内さえもまともに言えない、そんな状態はいけない!!と強く感じられたようです。

 

 

 

エステの施術がサービス内容ではありますが、しっかりとお客様のカウンセリングをして、また意思疎通もしっかりとしてあげることが、もう1段上のサービスだと考えられる方は多いと思います。

 

レストランのウエイトレス、ウエイター、バーテンダーの価値とはまさしくそこにあると言っても過言ではないと思います。

 

飲食業界は人件費高騰でロボットの本格導入というのも、そろそろという感じですが。。。。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、ご自身のサロンに人生の全てを捧げていらっしゃり、プライベートな時間はほぼゼロ、全てを仕事に費やしている、とおっしゃっていました。

 

それだけに、英語力の強化も仕事として割り切ってやることで、モチベーションを高められるとおっしゃっていました。

 

そして、この熱い方ですから、やるからにはとことんやりたい。

 

という事でした。

 

 

 

このパワー!

 

これが英語学習には本当にとても大きな要素ですね。

 

どれだけ頭がよくても、どれだけ恵まれた英語学習環境にいらっしゃっても、結局結果を出すためには、自分の気持ちの大きさがとても大きなポイントになってきます。

 

そして、本日の生徒様、今の英語力はというと、「ゼロ以下のマイナスと思ってください!」との事でした笑。

 

学生時代は、全くと言っていいほど英語の授業の記憶はないようで、本当に1からスタートする必要があるとご自身で強く感じていらっしゃいました。

 

 

 

周りの友人もみんな英語ができないといいつつも、ちょっとしたところで英語の話になったときの、みんなの会話の中身が全く分からない、明らかに自分は世の中の普通の人たちよりも格段に遅れている、という事を痛感されているようです。

 

それだけに、やる気はあるのでしっかりとレールを敷いてほしい、という事でした。

 

文法も基礎英単語も、本当に何も分からない状態からなので、自分に何が必要で、どのような手順で進めていくのかもボンヤリとも分からない、そんな状態では、先生の助けなしには前には進めない、という事でした。

 

 

 

日本人英会話講師の強みはこういう生徒様を前にして大きく発揮されるものです。

 

普段感じていらっしゃる事などをしっかりとヒアリングし、その生徒様の得手不得手、好き嫌いに応じてレッスンの形を決めていく。

 

しっかりとヒアリングができることは、こちらの生徒様が外国人のお客様へ必要と感じられていることと同じですよね。

 

英語学習者ならみんなこのレールに沿ってやってください、とポンポン放り込んでしまうのは、とても楽。

 

でもそれをすると必ず合わない人がでてきます。

 

しっかりと先生に寄り添いながら、これから頑張っていただきたいです。

 

 

本日は以上です!