英会話の中で分かったフリをしない為の英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表のブルガリア戦、金曜日ですね。

 

今シーズンは海外組の活躍も特に目立っていたように思います。

 

それだけに、とても楽しみですね!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系企業にお勤めで、今回お申込みされた理由は、英語力をつけることで、外国人上司のいる部署に異動できるようにしたい、という事でした。

 

 

その理由は、英語を話したい、外国人のもとで働く環境を経験したい、というものではなく、日本人上司よりも、社内政治が楽だから、という理由でした笑。

 

分かる方にはこの意味、とても分かるかもしれないですね笑。

 

 

 

でも、英語力強化をすることは、それだけでなく、社内でも英語がしっかりとできる人、という高い評価がつくことも大きなメリットの1つです。

 

気づかないメリットがたくさんあるのが、英語力がつくことの本当の素晴らしさのように思います。

 

 

 

 

アデュールの日本人講師の中には、若い時、色々な壁に当たり、とても悩み苦しんだ時期も、英語が話せるようになり、それによって開かれた環境のおかげで人生に光が見えた、という講師も実は結構いたりします。

 

困ったとき、その時に、自分を助けてくれる可能性を秘めている大きな力、それが英語力だと思います。

 

 

 

 

 

本日の生徒様はあくまで社内政治を楽にする、という名目ではありますが、必ずそれ以外のメリットも英語学習を続けられることで感じていただけるはずです!!!

 

 

 

 

 

実際にレッスンでこちらの生徒様が希望されている形は、自分の理解力をしっかりと確認してもらえるレッスンの形、という事でした。

 

こちらの生徒様、わかっているフリをするのがとても得意なようで、うまくその場を乗り切れる立ち居振る舞いを習得されているとの事です。

 

それだけに、本当に分かっていなくても、どうにかその場をやりきってしまえる事が、逆に英語の会話力の上達をとめてしまっているという残念な結果にもつながっているという事でした。

 

 

 

 

おっしゃっていることが、とても驚きの内容ですね。

 

日本語ならまだしも、英語でもなんとなく、分かった感じにできるというのは。。。英語学習者であれば、経験のある方も多いと思いますが、相手の言っていることが本当に分からなかったとき、分かったフリをするのは、冷や汗ものです。

 

その内容が分かっていることが前提で聞かれる次の質問が飛んでくる可能性があるからです。

 

そこで頓珍漢な回答をしたとき、「あ~この人、言ってることわかってないな。。」と相手に思われてしまう。

 

そんな状況だけはなにがなんでも経験したくない、というのが英会話学習の願いだと思います。

 

 

 

分かったふりをするつもりがなくても、その場の状況などで、流してしまうような事、だれだって1度や2度はあると思います。

 

本日の生徒様は、その分かっていないところとわかっているところ、その境目を自分の中でもハッキリさせられないくらいに分かったフリをしてしまうようなので、レッスンではわかっていないところを徹底的に確認していく、そういうアプローチから入っていきたい、という事でした。

 

 

ご自身に必要なものをしっかりと考えていらっしゃいますし、そういう意味では後はすり合わせの段階なので、とても効率的なレッスンになっていくと思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!