第一志望大学合格と留学の為に頑張る英会話

こんばんは!

 

ジャイアンツ、というより澤村投手、乱れましたね~。。

 

この時期、どこのチームもコンディション面含め大変な時期なのかなと感じます。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高校2年生で、目指す大学は上智大学!

 

入学後の事も考え、受験勉強だけでなく、しっかりとした英語の会話力もつけたいという事で今回アデュールでのレッスンを受講されることになりました。

 

 

 

今の高校は理系の高校の為、文系の指定校の枠でよい大学がない、という事で、受験で上智を目指すことに決められたようでした。

 

既に受験モードには入っていらっしゃいますが、ここにきて会話力もつけておきたい、という気持ちがとても大きくなったようです。

 

 

 

 

上智と言えば、やっぱり国際的なイメージですよね。

 

バイリンガル、帰国子女なんかが沢山いて、みんな英語が話せる、授業も英語。

 

憧れる人にとっては、もう絶対に行きたい大学、それが上智だと思います。

 

 

 

こちらの生徒様は学校の成績自体は良いようですが、現在の判定では上智は現実的に厳しいようでした。

 

立教、青学と他の候補も挙げていらっしゃいましたが、やっぱり上智という気持ちが本当に強いようでした。

 

 

 

 

アデュールの生徒様、そして講師の中にも上智出身という人がたくさんいます。

 

総じてその環境をよく言いますし、入学当初英語力が周りの人と比べ、とてもコンプレックスに感じた為に留学への意思がとても強くなった、という人もいたりして、人生の中で本当に大きなターニングポイントになった、という人は沢山いました。

 

 

 

環境が人を変えるという事はよくある事で、そういう意味で、自分の望む環境に入れる事、それはとても重要な事だと思います。

 

第一志望はゆずれない、ではないですが、やっぱり上智、という気持ち、強く持ち続けたい、という事でした。

 

それにしても駿台のこのフレーズ、本当にいいですよね笑。

 

絶対に負けられない戦いが、そこにはある、にも通じるものがありますね。勿論、誰もが勝てるわけではないですし、負けた時には、悲しい。でもそれ位強い気持ちで望んだのなら、その経験が必ず大きな自分の財産になりますし、新たな価値観を生み出してくれるかもしれません。

 

 

そして、そこに勝てた人、その人は、人生の素晴らしさを身をもって感じる事ができる瞬間です。

 

 

 

ですので、こちらの生徒様もあきらめず、最後まで頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

大学入学後は留学も考えていらっしゃるようで、その留学生活を想像するとまた英語の勉強のモチベーションになると話されていました。

 

実際に体験レッスンで担当講師と英語で会話しているとき、受験勉強とは違う、純粋に楽しく英語に向き合っている自分を発見できたようで、本当に楽しかったですと言っていただきました。

 

 

 

英語だけで話す事の難しさと通じる事の楽しさ、新しい表現で伝えてみる事のワクワク感。そういう感覚は使ってみないと分からないものです。

 

まだ高校生。

 

まだまだ人生は真っ白なキャンバスです。

 

挑戦するその勇気を担当講師も情熱を持ってサポートしていきます。

 

 

 

まずは上智突破、そして留学へと、どんどん突き進んで行っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

娘さんのホストファミリーと英語で会話する為の英会話レッスン

こんばんは!

 

カープ歴史的な連勝劇!

 

カープファンにはたまらないのではないでしょうか笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、娘様が現在アメリカに留学されていらっしゃり、そのホストファミリーと定期的にスカイプで話す事があるようで、そこでしっかりとコミュニケーションが取れるようになりたいから、という事でした。

 

 

大切なお子様が学んでいらっしゃるその場所で、日々の生活をサポートしてくださっているホストファミリー。

 

感謝の気持ちもしっかりと伝えたいですし、勿論娘さんの日々の状況などを年頃の娘さんの口からではなく、近くにいる人間として状況を聞かせてもらえる、というのもとても大きい事だと思います。

 

 

 

 

 

それだけに、英語力の強化にはとても強い思いを持っていらっしゃいました。

 

 

 

 

アデュールの生徒様の中にはご家族が英語環境に入られたことで、そこに影響されて英語を学びだした、という方はとても多いです。

 

ご主人や奥様、お子様だけでなく、兄弟姉妹、親戚、色々な所でそのキッカケは生まれています。

 

グローバル社会の今、当然と言えば当然ですよね。

 

 

 

身近な所にそういう刺激があり、それによって英語学習のモチベーションが出来る、というのはとてもよい事だと思います。

 

このブログでも再三触れていますが、英語学習は、しっかりとした会話力、力をつけようと思うと長期戦になります。

 

 

 

その時、自分だけのモチベーションで維持できればよいですが、長い期間の中で、人の人生、色々あります。

 

安定したモチベーションを維持するという意味では、ご家族や身近な方の頑張りや、その英語環境はとても刺激になりますし、大きなモチベーションの外的要因になってくれます。

 

そしてお子様が、というのはその中でもとても強い外的要因なのかなと思います。

 

子供が英語に興味を持っているのでサポートしてあげたい、子供の外国人の友人、そのご父兄の方々とコミュニケーションをとれるようにしたい、子供の留学前や帰国後、少しでも英会話を一緒にすることで刺激を与え続けたい、、、色々な動機があると思います。

 

本日の生徒様は、娘様が帰国後、英語を忘れてしまわないよう、自分からどんどん英語で話しかける事で、英語力の維持に少しでも貢献出来たら、とも話されていました。

 

 

 

他には、ホストファミリーの方がfacebookにあげられる写真やコメントに対して、何かコメントを書きたいものの、なかなか自分の英語表現に自信を持てずコメントを入れられないという事も話されていました。

 

このSNSへの書き込み、英語での投稿、そこに意外と悩みがある方、いらっしゃいますね。

 

日本人はこういう所でもその謙虚さがうかがえます。

 

適当な英語でも伝わればいい、自分流の英語でズバっと言ってやる!なんていう、あつかましい強気な姿勢ではなく、あくまで人様に見せるもの。たとえSNSという場所でも失礼のないように、誤解を与えないように、大人な対応でしっかりとした英語を、、、なんて考えてしまうのが典型的な日本人の方なのかもしれません。

 

 

日常的に色々と思われていることは沢山あるようで、今後レッスンで1つ1つしっかりと確認していただく事がこれから大切なポイントになってきます。

 

 

今後がとても楽しみです!

 

本日は以上です。

 

 

 

 

交換留学でアメリカの大学に行くための英会話

こんばんは!

 

梅雨の雨が続きますね~。

 

といってももう数日で7月、真夏です!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学生で、今回お申込みいただいたのは、大学の交換留学に行くためという事でした。

 

しっかりと準備をして、厳しい選考の中を抜けていくのですからこれからがとても大切な時期ですね。

 

 

 

親には学費や就職のタイミングなども考え、春入学できる大学をと言われているようですが、ご本人はアメリカのある大学をひそかに狙っていらっしゃるようで、そこはもうご両親にも止められない所なのでしょう笑。

 

 

 

最近はニュースなどで若者の海外志向が弱まってきているとか、内向き志向とか色々聞きますが、もちろん傾向であって、実際にはバリバリと海外で活躍したい、海外で色々な経験をしたい、という学生は沢山いらっしゃいます。

 

 

アデュールにもそのような目を輝かせた、将来にワクワクしながら新しい事にチャレンジする学生の生徒さんが多くいらっしゃいます。

 

若者のエネルギーは本当に素晴らしいものですし、そのエネルギーがあるから発揮できる爆発力は、おじさん世代にはなかなか出せないものだと思います笑。

 

 

 

 

もちろん経験という意味ではまだまだ浅い部分はあると思いますが、そんなのは当たり前の話で、そのエネルギーで色々な事に挑戦していろいろな壁にぶち当たり、色々考え、そうして自分の中の価値観を少しづつ築き上げていくのが若者の道ですよね。

 

本当に若者のキラキラしている目を見ると、頑張ってほしいな!と心の底から感じます。

 

無限大の可能性があるという事は、最高のステージですよね!

 

 

 

 

本日の生徒様は、今の大学でも既に英語での授業も受けていらっしゃるようで、主にアメリカ人の先生が多いという事でした。

 

先生と仲良くなるにつれて、やはり行くならアメリカ、という強い気持ちが出てきたようです。

 

今はイギリスのEU離脱があって、イギリスはこれから行く学生にとってはどうなんですかね。既に離脱が決まり、国内で移民への反感が高まってきているなんてニュースもありますし、、、、

 

世界のイギリスですから、極度に排外的になるとは思えませんが、この変化のタイミングのイギリス。。

 

おもしろいタイミングなのかなと個人的には実は思ったりもしていますが、本日の生徒様はやはりアメリカ、という事のようです。

 

 

 

 

向こうの大学に行っても通用するよう、現在の大学では、英語でのプレゼン、エッセイなどが盛りだくさんあるようで、本当に毎日英語の勉強が大変、とおっしゃっていました。

 

でも必ずやその経験がアメリカに行ったときに、やっててよかった、と思わせてくれるはずです。

 

 

 

アデュールでのレッスンでは、学校ではあまり時間のない会話レッスンを中心にしていきたいという事でした。

 

基本的に一方通行のプレゼン、エッセイとは違う、双方向の会話レッスン。

 

実際に海外の生活を考えると、そこに重点を置くこともとても大切だと感じていらっしゃり、まだまだ話す事には慣れていないようでした。

 

周りの英語が流暢が友人に比べると、自分の英語はまだまだワンテンポ遅いようで、そこのテンポをあげられるスピードと、ナチュラルな表現力を身に着けたいとの事でした。

 

 

 

これからのご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英語のできる部下に追いつく為の英会話

こんばんは!

 

今日は東京よいお天気でしたね。

 

昨日に続きお洗濯日和。明日はまた雨なのでたっぷりとこのお天気を満喫した方も多いと思います。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某IT企業にお勤めで、今回お申込みいただいたのは、会社で海外との仕事が増えてきており、また部下が英語ができる人材が多く、そろそろ自分も英語ができないとマズい、と感じられたからでした。

 

 

 

英語は仕事のそのものでは勿論ありませんが、やっぱり、そうはいっても英語が話せない方は、話せる部下がいるとなんだか少しムズムズするものです。

 

それは誰だって想像できることだと思います。

 

自分より年下の人が自分より勉強ができる、何かについてとてもよく知っている、そしてその知識が仕事や生活環境においてとても大きな役割を担っている、となれば、尊敬も勿論あると思いますが、立場によっては、なんだか自分の肩身が狭い気持ちになるのも納得です。

 

 

 

ここで自分は英語ではなく、仕事そのもので勝負する、という風に割り切るのも1つ。

 

いや、自分も英語を、と考えるのも1つ。

 

どちらが正解かは人によると思います。ただ、新しい事に挑戦することは、必ずや挑戦しないときにはみつけられなかった新しい事を発見できるはずです。

 

 

 

あとはそこにかける時間とコスト、そことの突き合せてで最終判断ですね。

 

本日の生徒様は、やるからには、部下と同じレベルの英語力はなくとも、会議で話されている事がしっかりと理解でき、最低限、会話に「ついていける」英語力を目指していらっしゃいます。

 

 

 

分かると分からないでは、大きな差がありますし、今嫌なことは部下に何が話されていたのか確認すること、英語のメールや書類について、部下に内容確認してもらうこと、そして部下の英語での会話やその場その場の判断が正しいかどうかが、上司として判断しづらいこと、という事のようでした。

 

 

 

そして部下も勿論それをわかっています。

 

上司が自分の話す内容を全く理解していないと思えば、正直会話も少しリラックスしてできるものです笑。

 

そりゃそうですよね笑。

 

すごいシンプルな事を話していても、後で内容確認されて、そんな内容さえ上司が理解していなかったと分かれば、一瞬でその上司の英語力が判定できます。

 

 

 

 

完全に任せる、と言えば響きはかっこいいですしが、やっぱり、上司たるもの、分からないから任せる、ではなく、分かるけど、任せる、という姿勢でいたいものです。

 

どちらの場合で任されているかによって、部下の上司への見方もずっと変わってくると思います。

 

 

 

本日の生徒様は、直近ではとにかく聞けるようになりたい、と話されていました。

 

自分で話すのは身振り手振り、単語を並べまくって、どうにか伝える事はできる気がするようですが、聞く方に関しては、さすがに全く聞ける気がしない、と話されていました。

 

 

 

英語が呪文にしか聞こえないその時、とても重要な場面では、なんとなく冷や汗が出ますし、自分ヤバいな~、、、と正直思ってしまったりするものです。

 

やるからにはしっかりと結果を出したいというこちらの生徒様。

 

既に担当講師とも基本的なレッスンの進め方も話が出来たようですし、あとはもう始めるだけです。

 

来年の今頃、どのようになっていらっしゃるかとても楽しみです。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

看護師としてODAで海外で活躍する為の英会話

こんばんは!

 

イチロー選手、ギネスに認定されましたね。

 

快挙の男、歴史を作る男、かっこいいですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内で看護師としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになったきっかけは、ODAで海外へ派遣されるための基準となるTOEIC750点を取るため、という事でした。

 

 

 

素敵な目標ですね。

 

エボラの時などは世界中から医療関係者が集まり、その正義感に多くの人たちが感銘を受けたのではないでしょうか。

 

日本のODAは間違いなく世界トップクラスの規模であると思います。

 

色々な所に日本人が行き沢山の支援をしています。

 

アデュールの生徒様の中には海外の国際協力機関で働くことを夢みている人、青年海外協力隊、JICAやその関連団体での仕事を考えている方が少なからずいらっしゃいます。

 

アデュールの講師の中には実際に海外で長年国際協力の現場で活躍していた講師もいます。

 

 

 

 

 

皆さん、純粋に自分にできることはなんなのか、そういう気持ちでまっすぐに自分を道を進んでいらっしゃり、とても素敵な笑顔をされているのが印象的です。

 

 

 

 

本日の生徒様は、やるからには短期でしっかりと結果を出したい、という事で、TOEIC対策、さらに実際に現地に行ったときにしっかりとした実戦的な会話が出来るようにという事で、会話練習も並行して頑張っていきたいという事でした。

 

実際の医療の現場では想定外の事も起こると思いますし、人の命を預かるような現場では緊張感も尋常ではないと思います。

 

そんな現場で落ち着いて、しっかりと現場の状況を判断して対処できる医療知識、経験は勿論ですが、海外ではやはりそれをスムーズに行えるための語学力が必須ですよね。

 

チームワークですすめる医療の現場では、スタッフ間のコミュニケーションに誤解があっては大変な事です。

 

 

 

 

本日の生徒様は、現在のお勤め先でも、外国人の方が多く診察に来られるようで、実際に英語でのコミュニケーションが必要な場面も増えてこられているようです。

 

それらの経験が少なからず、海外での国際協力への夢に影響したのではないでしょうか。

 

今のお仕事場でつたない英語でなんとかコミュニケーションをとる中、英語が流暢な後輩の対応をみると、危機感、焦り、劣等感、そういった感情もあるようです。

 

 

 

英語ができる=仕事ができる、では勿論ありません。

 

少し昔であれば、パソコンができる=仕事ができる、そんな勘違い方程式も世の中になんとなく存在していたと思います。

 

それらはあくまでツールであり、仕事の本質ではありません。

 

 

でも、そのツールが使えることが大前提、という仕事が増えれば増えるほど、そのツールを使えない人はどんどん肩身の狭い思いになっていきます。

 

海外に行けば、英語が大前提になるわけですから、英語が出来ないと、肩身の狭い思いを超えて、存在着を感じられなくなるかもしれません。

 

 

 

もちろんそのためのTOEIC750点という基準があるわけですが、本日の生徒様はスコアを取ればそれでいい、とは考えていらっしゃらず、しっかりとしたコミュニケーションが取れる事、ここにしっかりと標準を合わせていらっしゃいます。

 

 

これから少しづつ結果を出していただきたいと思います。

 

本日は以上です!