第一志望大学合格と留学の為に頑張る英会話

2016年6月30日

こんばんは!

 

ジャイアンツ、というより澤村投手、乱れましたね~。。

 

この時期、どこのチームもコンディション面含め大変な時期なのかなと感じます。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高校2年生で、目指す大学は上智大学!

 

入学後の事も考え、受験勉強だけでなく、しっかりとした英語の会話力もつけたいという事で今回アデュールでのレッスンを受講されることになりました。

 

 

 

今の高校は理系の高校の為、文系の指定校の枠でよい大学がない、という事で、受験で上智を目指すことに決められたようでした。

 

既に受験モードには入っていらっしゃいますが、ここにきて会話力もつけておきたい、という気持ちがとても大きくなったようです。

 

 

 

 

上智と言えば、やっぱり国際的なイメージですよね。

 

バイリンガル、帰国子女なんかが沢山いて、みんな英語が話せる、授業も英語。

 

憧れる人にとっては、もう絶対に行きたい大学、それが上智だと思います。

 

 

 

こちらの生徒様は学校の成績自体は良いようですが、現在の判定では上智は現実的に厳しいようでした。

 

立教、青学と他の候補も挙げていらっしゃいましたが、やっぱり上智という気持ちが本当に強いようでした。

 

 

 

 

アデュールの生徒様、そして講師の中にも上智出身という人がたくさんいます。

 

総じてその環境をよく言いますし、入学当初英語力が周りの人と比べ、とてもコンプレックスに感じた為に留学への意思がとても強くなった、という人もいたりして、人生の中で本当に大きなターニングポイントになった、という人は沢山いました。

 

 

 

環境が人を変えるという事はよくある事で、そういう意味で、自分の望む環境に入れる事、それはとても重要な事だと思います。

 

第一志望はゆずれない、ではないですが、やっぱり上智、という気持ち、強く持ち続けたい、という事でした。

 

それにしても駿台のこのフレーズ、本当にいいですよね笑。

 

絶対に負けられない戦いが、そこにはある、にも通じるものがありますね。勿論、誰もが勝てるわけではないですし、負けた時には、悲しい。でもそれ位強い気持ちで望んだのなら、その経験が必ず大きな自分の財産になりますし、新たな価値観を生み出してくれるかもしれません。

 

 

そして、そこに勝てた人、その人は、人生の素晴らしさを身をもって感じる事ができる瞬間です。

 

 

 

ですので、こちらの生徒様もあきらめず、最後まで頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

大学入学後は留学も考えていらっしゃるようで、その留学生活を想像するとまた英語の勉強のモチベーションになると話されていました。

 

実際に体験レッスンで担当講師と英語で会話しているとき、受験勉強とは違う、純粋に楽しく英語に向き合っている自分を発見できたようで、本当に楽しかったですと言っていただきました。

 

 

 

英語だけで話す事の難しさと通じる事の楽しさ、新しい表現で伝えてみる事のワクワク感。そういう感覚は使ってみないと分からないものです。

 

まだ高校生。

 

まだまだ人生は真っ白なキャンバスです。

 

挑戦するその勇気を担当講師も情熱を持ってサポートしていきます。

 

 

 

まずは上智突破、そして留学へと、どんどん突き進んで行っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!