アメリカ人の友人とスムーズに話せるようになる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピックのロシアチーム、まだまだ揺れていますね。

 

冷静に考えてこんな寸前での動き、スゴい話ですね。。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在エステティシャンとしてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になったきっかけは、お仕事とは関係なく、少し前に知り合ったアメリカ人の友人との会話が円滑に進むようにしたい、という事でした。

 

 

 

外国人の友人が出来て、そこでの会話をスムーズに出来るように英会話レッスンを受ける方はとても多いです。

 

日本にいる外国人の中には、色々な外国人がいて、日本に来たのだから日本語を学んで話せるようになるべき、と考え必死に覚え、なんとかギリギリ日本語で意思疎通がはかれる、そんなレベルまで短期であげてくる人、はたや、日本語を話せるに越したことはないけど、世界言語の英語が話せればまずはそれでいい、という気持ちが強い人。そういう人は大抵基本的な日本語の会話の習得までかなり時間がかかりますし、数十年いても本当に基本的な事しか言えない、という外国人もいます。

 

 

 

そして、この後者の外国人と出会う人は、必然的に英語での会話が必要になってくるわけですね笑。

 

日本語で話そうと日本語で会話を振っても、少しだけ日本語で答えてすぐ英語に切り替えてくる、それがこういうタイプの外国人の方の傾向です笑。

 

結局英語がいいのね、となり、英語での会話がそこではメインになっていきます。

 

日本にいて、日本語をほぼほぼ学習せず、長期で滞在している外国人に対して、あまりいい印象を持っていない日本人の方がいるのも事実です。

 

ただ、こういう外国人がいる事で、英語を話す環境に追い込まれる、又は環境に入る事ができる英語学習者がいる、というのもまた事実なんですね。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は今はボディランゲージを交えながら、本当に簡単な単語だけを伝え、なんとか意思疎通をしているレベルのようで、まだまだ会話という会話にはなっていない、という事でした。

 

もっとボディランゲージを減らし、言葉で意思疎通をスムーズにしたい。

 

これがこちらの生徒様の強い思いで、ここの所ずっと独学で少しづつ勉強されてきましたが、やはり基本が抜けている自分には、しっかりと日本人英会話講師についてもらう事がベスト、という判断をされたようです。

 

 

なぜそうなるのか分からないところは、そういうもんなんだ、という事で流していくのも時として必要なスキルです。

 

語学だけでなく大人社会ではそういうスキル、必要ですよね。

 

でも、やっぱりいつまでたってもよく分からない、曖昧な所は、結局のところ、感覚的な部分に頼り、また、その理解が曖昧なだけに、聞く事はあっても、実際に自分が会話の中でそれを使う事は少しおっくうになってしまうものです。

 

 

分かって、納得して、はじめて会話の中で自分で言う事ができる。

 

日本人の性格的にはこういう部分があると思います。

 

 

本日の生徒様のご友人はアメリカのカリフォルニア出身。その英語はドラマや映画で見聞きする英語そのものですし、本気になれば、友人間の会話でも学べる事はとても多いと思います。

 

 

幸いにも本当に辛抱強くつたない英語を我慢して聞いてくれるとても優しいアメリカ人の友人のようなので、そういう意味ではスピーキングの練習にもなるはずです。

 

 

 

これからガンバっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

中学の英語の先生になる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

高校野球、白熱していますね~。

 

甲子園の夢をかけて、今年も球児たちが頑張っています!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンのお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学生で、卒業後は中学の英語の先生になられます。

 

そのためにしっかりと会話力をつけておきたい、という事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

英語の先生になるわけですから、勿論しっかりと普段から英語の勉強には取り組んでいらっしゃいますが、やはりまだまだトレーニングの必要はあると感じられているようで、特にスピーキングに自信がない、という事でした。

 

今は何が憂鬱かというと、自分の代が採用される頃には、英語で授業を進めていかなければいけない、という事でした。

 

中高の英語の授業といえば、日本語の解説と少しの英語、ネイティブの先生のオーラルクラスが少し、というようなイメージが今でもある方は多いと思います。

 

でも小学校も含め、学生の英語学習環境も少しづつ変わっていきますね。

 

変わっていかなければいけないとも言えると思います。

 

 

 

 

 

でもその環境に適応しなければいけないのはまた現場でもあるという事実。

 

こちらの生徒様は帰国子女でもなく、長期で海外に滞在した経験があるわけでも、ただ純粋に英語が好きでここまで頑張ってこられた方で、正直英語だけの授業は不安という事でした。

 

 

 

多くの英語の先生の予備軍が同じような境遇にいらっしゃるかもしれません。

 

でも厳しい言葉かもしれませんが、未来の日本を背負う子供たちを教育するのですから、頑張ってもらいたいです!

 

 

 

 

試験については、TOEIC880点を取れば科目試験は免除で教員試験のみになるという事でしたので、まずはTOEICのスコアも上げておきたい、というのがこちらの生徒様のご希望でした。

 

将来の障害は出来る限り減らしておきたい、というのは自然な事だと思います。

 

 

でも何度も話されていましたが、実際に採用されて現場に行ってからが一番大変、という事は強く認識されているようで、結局のところはテストの点を取る力ではなく、実戦的な会話力、ここの強化が大切、と話されていました。

 

多くの学生も受験用の英語だけでなく、社会生活で使える実用的な会話力を求めていらっしゃると思います。

 

 

現在のこちらの生徒様はといいますと、まだまだ日本語を英語に変換して考えてしまう事もあるようで、スピーディーな会話の中では、それではついていけない、という事を自覚されていました。

 

英語学習者なら誰しもが、どこかのポイントで感じられるところだと思います。

 

最初は呪文にしか聞こえない英語、文章にならない単語を羅列するだけのスピーキング。

 

それが徐々にレベルアップしていき、なんとなく会話になってきたとき、会話スピードに頭の中の変換の時間のスピードが間に合っていない!

 

そんな危機感を感じる時、もっと勉強しなきゃな~、、、と感じるものです。

 

TOEICの目標スコアも目指しつつ、会話力もつける。

 

教職課程があるので、4年生になっても学校には通い続ける事になるようで、まだまだ学生生活も続きます。

 

忙しい残りの学生生活になると思いますが、たゆまぬ努力が、笑顔での卒業をかなえてくれるはずです。

 

 

頑張っていただきたいです!

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

2つのアプローチで変えた英語学習法

こんばんは!

 

なんだか涼しい東京。

 

不思議な感じですね。

 

イチロー選手はマイアミにうつってヒットなし。やはり見えないプレッシャーなんですかね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某物流会社にお勤めで、船員や現地代理店との英語でのやり取りが必要という事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

もともと英語への感度は高かったようで、英会話スクールに通ったり、独学で頑張る時期があったりとここまで色々と試してこられたようですが、根っからの飽き性というこちらの生徒様。

 

ある時期でプツっとエンジンが切れてしまい、そこからまた次のエンジンがかかるまでの長い期間、英語学習から離れる、という事の繰り返しでここまでこられたようで、さすがにそれが自分の英語力アップという意味では効率が悪すぎる、という事を強く自覚されるようになったようでした。

 

 

 

 

でも飽き性でなくても英会話のモチベーションがある時期落ちてしまって勉強がおろそかになる、という事はよくある事だと思います。

 

英会話に限らず、年単位、10年単位で向き合うようなものであれば、やっぱりどこかのタイミングで、ふと力が抜けてしまう事はあると思います。

 

その時にどのように気持ちをつなぐのか、それは色々なアプローチがあり、自分の考え方次第、という方もいらっしゃると思いますが、やはり学習方法をどのようにしているのか、というのはとても大きいポイントの1つだと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様がポイントとして挙げていらっしゃったのが、目標地点を明確にする事、まずこれが第一でした。

 

なんとなく続ける勉強は、ゴール地点が見えないので、パワーのかけどころがいまいちつかめずよくわからないスピードで中途半端に走り続けてしまう、という事をこれまで経験されてきたので、TOEICのスコアでまずは着地点を決める事にされました。

 

 

TOEIC対策をしなくとも、基本的な語学力の強化が出来れば必然的にTOEICスコアも比例して伸びていくというのは英語能力試験なのですから当然ですし、そうやって数字に落とし込むこと、これを今回は決められました。

 

 

 

 

そしてもう1つポイントとして挙げていらっしゃったのが、ネイティブの講師ではなく、日本人講師に習うという事。

 

同じ日本人として、英語学習のアドバイスを受けられるだけでなく、細かいケアを出来るのが日本人講師の魅力の1つです。

 

 

 

ネイティブとのレッスンでは、試合をしているような感覚は持てると思いますし、それはそれで大切な場所。

 

ただ、長期戦で日々細かい微修正を重ねていく英語学習という点においては、担任制で日本人講師にしっかりとみてもらう、それがある意味でやらなければいけない、結果を出さなければいけない、というプレッシャーにもなる事が、レッスンの継続にもなると判断されました。

 

 

 

 

 

この2つのポイントを決めて今回英会話レッスンをスタートされることになったのは、こちらに生徒様にとっては本当に大きな転換点になるのではないかと思います。

 

続けるという事、これが本当に大切な英会話レッスンにとって、大きな施策を2つ打つことができたわけですから、確実に以前とは違う結果になるはずです。

 

 

 

 

これからの生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

銀行員として海外案件に携わる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の東京は涼しい一日となりましたね。

 

街中では、涼しくていいね、という言葉を沢山聞きました笑。

 

やっぱり快適な気候が最高です笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、メガバンクにお勤めで現在求められている英語力は最低ラインがTOEIC600点、目標値750点という事で、まずは職場で求められている基準をクリアしたいという事でアデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

 

学生時代にバックパッカーとして世界中を旅していらっしゃったという事もあって、とてもワイルドでタフなイメージのこちらの生徒様。もちろん良い意味です笑。

 

その時の現地での生活の為の英語力が現在でもしっかりと残っているようで、つたない英語でも意思疎通はどうにかできるレベルを維持できている、という事でした。

 

 

 

 

ただ、今はメガバンクの銀行員。

 

やっぱりそこの精度も上げていきたいし、何よりもTOEIC750点だと、バックパッカー時代のボキャブラリと感覚だけだどどうしても難しい所。

 

という事で、本格的に英語学習に本腰を入れられる事になりました。

 

 

 

 

ワイルドなこちらの生徒様ですから、もちろん学習にもとても強い姿勢で望まれていて、担当した講師もその熱意とどうにか意思をとろうという姿勢、とても高く評価していました。

 

なんだかんだでシャイで英語がちょっとできる人よりも、グイグイ前に出てちょっと英語ができない人の方が結果が出たりしちゃうのがビジネスの現場。

 

もともと金融の世界で数十年キャリアを積んできた担当講師だからこそ、余計にこの生徒様のポテンシャルを感じられていたようでした。

 

 

 

 

レッスンではまずはTOEICのスコアをクリアできる英語力を、とおっしゃっていましたが、それでもTOEIC対策をするのではなく、そのレベルの基礎英語力をつける会話レッスンを、という事でした。

 

自分でできる部分は極力自分でやり、対面レッスンで得られるメリットを最大限生かせる形にしたい、という事で、可能な限り会話レッスンに時間を割きたい、という事でした。

 

もともと会話が好き、という事も勿論あると思います。

 

 

 

実際にこちらの生徒様がおっしゃるように対面レッスンのメリットはなんといっても、その現場で突発的に生まれる会話への適応力を養っていく、という事だと思います。

 

電話ではやっぱり逃げられますし、モニター経由でもやはりリアルな対面とはその空気感や会話の雰囲気が異なります。

 

IT化が進んだとは言え、対面のコミュニケーションでは、もろにその人のポテンシャル、力がみえるものだと思います。

 

 

 

自分も相手のそれを見ていますし、逆もしかりですよね。

 

想定外の質問の時のリアクション、かわし方、つなぎ方、そういう細かい所から、具体的な言葉選びまで、現場で学べる事はとても多いものです。

 

 

本日の生徒様は海外の再生エネルギー関連の案件に携わっていらっしゃるようで、今後はもっともっとリアルな英語力が必要になってくる、という事でした。

 

 

 

まだまだお若いこちらの生徒様、担当講師も同じ業界の先輩として、今後のレッスンをとても楽しみにしていました。

 

 

 

本日は以上です!

 

 

 

プロデューサーとして必要な英語力をつけるための英会話レッスン

こんばんは!

 

白鵬3敗目を喫してしまいましたね。

 

5人並んでどうなる事かとも思いましたが、また動きました。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、某テレビ局のプロデューサーをされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンを受けられる事になった理由は、海外のアーティストとの英語でのコミュニケーション、アメリカの関連会社とのテレビ会議などが必要な立場にいらっしゃり、日々英語力の強化の必要性を感じていらっしゃった為でした。

 

 

 

やっぱりこう書いているだけでも華やかな世界に見えてしまいますね。

 

実際にはとても大変な仕事だという事は勿論誰でも分かる事なのですが、それでもとても魅力的で素敵なお仕事だと思います。

 

 

 

 

 

以前は長期で海外に滞在されていた事もあり、当時は英語の会話にもそこまで不自由のないレベルまで英語力を高めていらっしゃったようですが、帰国してからしばらく時が経ち、英語力の維持を強く意識しない時期が続くと、やはり気づけば英語力が落ちている、という事が、この間何度となくあり、もうこれ以上の放置はダメだ、という事での今回のご決断だったようです。

 

 

 

長く海外に住んでいても、やっぱり意識して英語に触れ続けなければ、どうしても英語力は落ちてくるものです。

 

言葉とは不思議なもので、年末年始のお休みの期間だけ全く英語を話さない、という期間を作るだけでも、休み明けにはなんだかすぐに英語が口から出てこない、という風になったりするものです。

 

普段のメンテ、これは体のメンテナンスと同じでとても大切ですよね。

 

 

 

 

レッスンの具体的な内容としては、まずはこちらの生徒様は以前のテンポよく話せるスピード感、話す感覚に戻していきたい、という事で、リハビリ(!?)的な意味で、まずは楽しくフリートークで始めて少しづつ慣らしていきたい、という事でした。

 

とにかく言葉がすぐに出ないので、テンポが悪い。会話の中でそれを痛感することが今は一番いやなので、表現や発音のブラッシュアップというよりも、まずは今あるもので、テンポをどうにか戻していく、そんなところが当面のポイントとなるようでした。

 

 

 

 

 

といってもやっぱり海外に長期いたことはとても大きな経験で、その期間が長ければ長いほど、やっぱり体に蓄積されているものの多く、ブランクが空いても、また戻ってきたときの会話レベルはやはり、その海外滞在期間の長さ次第でかなり高いところに戻っていくというのも事実です。

 

 

 

 

本日の体験レッスンでは、言葉が出ない事は改めて痛感したものの、それでもテンポを戻していく環境としては、とてもよい場所と感じてくださったようでした。

 

お忙しいこちらの生徒様は、レッスンはご自宅でのレッスンとなり、ご自宅でもお仕事ができる為に、より効率的なレッスンをこれからできそうという事でした。

 

 

 

お忙しい方、小さい赤ちゃんがいらっしゃる方、体が不自由な方、ご自宅でお仕事をされている方、状況によっては自宅での英会話レッスンはとても効率のよいやり方です。

 

 

まずは来週から仕事のトピックを中心に、少しづつ会話をスタートし、徐々に会話の幅、そして内容を深堀していくことで、そこでもテンポを落とさないように調整していただきます。

 

 

本日は以上です!