アジア諸国と英語でビジネスをする為の英会話

こんばんは!

 

本日いいともグランドフィナーレ!

 

いいともと一緒に青春時代を過ごした人、仕事の休み時間にいいともで、癒された人、色々な人が世の中にいると思いますが、その時代に幕を下ろすことになりましたね。

 

明日から、消費税8%。。もうお店では価格変更されているところもたくさんです。消費はどう動くのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在医療関係のお仕事をされていらっしゃり、中国やその他アジア諸国、欧米との取引があるという事で、会話力を磨くべく今回アデュールでのレッスンにお申込みいただきました。

 

 

 

 

日常業務ではほぼメールベースでのやり取りという事ですが、それが会話力をブラッシュアップさせてくれない環境であり、稀にかかってくる電話、海外出張ではいつも会話力の弱さを痛感されるという事でした。

 

多くの日本人の方々が、読み書きの英語レベルは会話レベルよりも大きく上回る事が多いです。

 

それは当然ですが、学校教育の影響ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日の生徒様は、現在集中的に会話力をあげていくことに迫られているのが、近くに迫った中国出張。

 

こちらの生徒様が取引される中国メーカーの方々の英語はとにかくスゴい!ようで、全員がネイティブと思わせるような英会話力をお持ちのようです。

 

 

 

 

韓国、中国のエリートはスゴイです。それは、外資系企業などにお勤めの方々であれば、感じていらっしゃる方がも多いと思います。

 

当然、業種や職種によっても異なると思いますし、中国の生産現場に行けば、英語を全く話せない方々も当然いらっしゃいます。

 

 

 

 

それでも、やはりエリートたちの語学力の高さに圧倒されるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。

 

 

日本法人に来ている方々などはその中でもトップクラスの方々なので、もう別格の人達です。

 

 

 

 

 

 

そんな中本日の生徒様がまず考えていらっしゃるのが、自分の使う英語の表現をよりナチュラルな表現に修正していくこと、という事でした。

 

 

 

 

 

既にかなりの基礎学力をお持ちのこちらの生徒様、自分の思った事を相手に伝える事に対しては、何ら支障のないレベルに達していらっしゃいます。

 

メールでは100%の意思疎通が可能だと思われます。

 

 

 

 

 

会話の中でも基本的に困る事はないという事でしたが、自分の話す英語のレベルの低さにガックリとこられているという事で、自分言う言い回し、表現があきらかにギコちない英語だという事を感じていらっしゃるものの、どういう言い方がナチュラルなのか、一般的にネイティブはどのような印象でどういう表現を使い分けるのか、という所がポイントになっているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

こればっかりは本当に難しい問題だと思います。

 

 

自分がネイティブでないわけですから、その表現が違和感があるのか、それともナチュラルなのかはやっぱり英語マスターに確認しないと分かりません。

 

それがしっかりと使えるものと自分の中で理解できれば、それからは自信を持ってその表現を使っていく事ができます。

 

 

 

 

 

 

英語を話す時に間違っていても意図が伝われば問題ない!

 

と100%割り切ってビジネスをすすめる方々もいらっしゃいますし、それが正解か不正解かは、本人と、その取引先、関係者が判断する事が、全く関係ない第三者が口出しできる事ではありません。

 

 

 

 

ただ、このように割り切れる方々ばかりではなく、謙虚でシャイな日本人。

 

どうしても、しっかりとした英語を話さなければ、と感じられる方々も多いです。それを追求する事、それ自体には何のマイナスもない事ですし、これからもこの姿勢をしっかりと貫いていっていただきたいと思います。

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

IT分野で必要な英会話力

こんばんは!

 

ミランの本田選手がアシストを!

 

そして、なんとマンUの香川選手も同じタイミングでアシストを!

 

2人ともチームでここまでなかなか満足のいかない状況だっただけに、本当によかったです。

 

なぜか自分の事のように嬉しくなる。これがスポーツファンの感情というものなのでしょう!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在IT関係でフリーでご活躍されていらっしゃる生徒様。

 

今はITエンジニアは花形商売と言えるのではないでしょうか。多くのビジネスが、インターネットというツールをビジネスツールの1つにしていますし、ネットなしでは、商売が成り立たないビジネスモデルもたくさんあります。

 

そこから、サイトの解析、SEO、ユーザビリティをあげるソフト開発など、色々なビジネスが生まれ、今はインターネットは私達の生活になくてはならないものになりました。

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様は、外資系のクライアントが多く、外国人の方々とプロジェクトをすすめることもあり、また外国のエンジニアとのコミュニケーションもメールベースでよくある、という事で、英語力は必須な状況になっていらっしゃるようです。

 

 

 

 

 

 

しかし!!

 

今は身振り手振りと、専門英語だから分かるという状況でなんとかクリアされてきていらっしゃるという事で、今後は、もう逃げられない状況にまで切羽詰まって着ていらっしゃるようでした。

 

 

 

 

 

 

お仕事で英語が必要となれば、もうやるしかありません。

 

そして、気付けば英語が話せるようになり、それによって、プライベートでも英語というツールを使って新しい趣味ができたり、友人、コミュニティが増えたりと、人生が変化していきます。

 

最初は憂鬱なこの状況。

 

絶対に生徒様にプラスなチャレンジなのです!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

と言っても、「現実はやはりね~。。」というのが多くの方々のコメントではあります笑。

 

 

本日の生徒様は、特に会話において苦手意識を持っていらっしゃるようで、ネイティブとの間ではなんとか身振り手振りとブロークンな英語でやり取りできるようですが、逆にそこにバイリンガルや帰国子女の日本人が入ってくると、途端に恥ずかしくなり、話せない、という事でした。

 

 

 

 

 

同じ日本人相手に自分の英語力をみられるのが恥ずかしい、というのが本音のようですが、それは英語が苦手な方々であれば、誰もが持つ感情だと思います。

 

なぜが英語が話せる人をみると超える事のできない大きな壁をその相手に感じてしまうものです。

 

英語だけに限らず、学歴、就職先、キャリアの実績など色々な部分で同じ感情に私達はかられます。

 

 

 

 

 

 

でも、英語に関しては、そこで恥ずかしくて、話せない事よりも、気持ちを切り替えて、「英語話せないから、勉強してます」と堂々と言った方がスッキリします。

 

社会的に何かで成功されている方々、評価されている方々、また他の人よりも何か秀いでるものをお持ちの方々は、特にそのプライドが、英語ができないという事実を恥ずかしく思わせてしまう事が多いように思います。

 

 

 

 

バカみたいに恥ずかしさを知らず、どんどん飛び込んでいく、分からない事は相手が例え自分より年下でも、どんどん教えを乞う、そんな姿勢を持った方々が、英会話の力をぐんぐん伸ばされていらっしゃると思います。

 

 

 

本日の生徒様も、もうそのスタンスでいくしかないですね。という事をおっしゃっていました。

 

 

 

今後のご活躍が楽しみです!!

 

 

本日は以上です。

大学事務職としての英会話レッスン

こんばんは!

 

真央ちゃん、金メダル。

 

絶対に勝つを思っていましたが、やはり!!さすがです。

 

最高のシーズン締めくくりになったので、来年も。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学の事務職をされていらっしゃる生徒様。

 

今回お申込みいただいたのは、ご自身の基礎語学力の強化と、大学にいらっしゃる外国人の先生達としっかりとコミュニケーションが取れるようになる、という目的でした。

 

 

 

 

 

 

 

大学には内部の方々だけでなく、外部の方々、非常勤の方々、色々な方がいらっしゃいますし、管理業務をされていらっしゃる方々は、非常に多くの人の出会い、そして管理があるのだと思います。

 

 

 

 

 

例え外国人の先生がいようと、授業時間の調整など、コミュニケーション不足が大学との間であるなんて事はまずないのでしょうが、それでもちょっとした課題や、授業内容の件など少しでもコミュニケーションが足りない部分があれば大変な事です。

 

 

 

 

 

 

相手は未来の日本国を背負う、ダイヤの原石達です。

 

 

 

 

 

とても、真面目で、熱心な生徒様ですので、そういった事への責任感という意味では人一倍強いのかなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アデュールの生徒様の中には、大学、小中高の学校など教育機関にお勤めの方はとても多いです。

 

私の親族に同じような教育機関に勤めている人間が多いという事もあって、なんとなくですが、教育機関に務める方々の空気というものがあるように思います。

 

 

 

 

 

民間に競争にさらされたビジネス社会に生きる人達とは少し違った温度感。

 

それは、決して生ぬるい環境にいらっしゃる、とかいう意味ではなく、戦っていらっしゃる世界が違う世界、という意味です。

 

アーティストの方々とお会いすると、その方々の独自の世界を作り上げられていて、決して外の人間からはその思考回路や、心構えが分からない、そういったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

教育機関に勤める方々に共通しているのは、真面目な事があると思います。

 

学校の先生は、お互いに、知らない人でも、「あの人、学校の先生っぽい」、という雰囲気が分かる方は多いみたいですし、不動産屋さんは、他の不動産業界の方を街中でみると、「あの人恐らく不動産屋」という空気感が分かるみたいですし、必ずそういうのはあると思います笑。

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、とにかく今までなまけてきた英会話をこれから強化、という意思が強いようで、はじめての英会話レッスンもとても楽しくできた、という感想をいただきました。

 

 

 

 

 

本日担当講師の評価では、外国人の先生とコミュニケーションをとる事がある為か、ボキャブラリや英作文能力はまだトレーニングの余地がかなりあるものの、とりあえず知っている英単語を並べて相手にスピーディーに意図を伝える、という事が出来る方でした、という話していました。

 

 

 

 

 

 

真面目な方ほど、自分の中で納得した文章しか口に出せない、という方が多いですが、それは「仕事」というどうにか状況をまわさなければいけない現実と向き合うという事で、徐々に解除されていくものです。

 

 

 

本日の生徒様、その感覚がしっかりと体に染みついているようで、最低限の会話のテンポを維持できる、しなければいけない、という感覚で話されていました。

 

 

 

これからは、しっかりとした文章の組み立てをさらに意識しながら、今のスピード感にのせていけるようにしていきたい、というコメントを最後にいただきました。

 

 

今後のご活躍に期待です!!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

営業職として、キャリアップの為の英会話

こんばんは!

 

フィギュア世界選手権、男子、羽生選手逆転優勝決めました。。。そして町田選手2位。

 

真央ちゃんの歴代世界記録に続き、日本勢、最強です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某大手メーカーの営業職の生徒様。

 

お仕事で日常的に英語を使う事はないとの事でしたが、それでもやはり見る先は、自分のキャリアアップ、というところのようで、これからしっかりと英語力を高めていきたい、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

学生時代から英語は大の苦手分野で、全くといっていいほど、縁のなかった分野という事でしたが、これからの時代、避けては通れないところ、と判断され、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

本日担当の講師も最初の一言で発していましたが、純日本人の方ですが、ハーフと思わせる外国人のようなハッキリとした面立ちのこちらの生徒様、誰からも英語ペラペラのように見える、と言われるようで、それが逆に悩みの種になっていらっしゃるようでした。

 

 

 

 

日本人でも信じられない位目鼻立ちがくっきりしていて、外国人と思わせるような方々、いらっしゃいますよね。

 

こちらの生徒様はまさしく、という感じの方で、英語が話せれば、絶対に周りの方々から「かっこいい!!」っと言われるタイプです。女性ですが笑。

 

 

 

 

 

 

 

という事で、まずはこれからしっかり英会話を、しかも時間のある限り、これからは英語の勉強に自分の時間を充てたい、という事で、気持ちも十分高めていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

会社ではTOEIC600点、というところが一応の目標ラインと定められているようで、TOEICの勉強に特化するつもりはないという事ですが、TOEICで言うとその程度のレベルまでに上げる事が当面の目標にされています。

 

 

 

この気持ちとガッツと、そしてハーフバリの面持ちをお持ちであれば(笑)、必ずや越せる壁だと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在お仕事で英語を使う必要は”ほぼ”ないという事でしたが、稀に海外の展示会やカンファレンスなどに出席する事があるようで、その時は英語を話せるスタッフ達が先陣を切ってその場を切り盛りしてくれるようですが、その時に、常に感じられるのが、「自分は場違い」という事のようでした。

 

 

 

 

 

全くと言っていいほど、英語での対応ができない自分は、会社の社員として、何ひとつ力になっていない事を毎回感じられるようで、そのたびに、英会話力向上の必要性を強く感じていらっしゃったようです。

 

 

 

 

実際に英語を話さなければいけない、又は話して仕事を切り盛りしている人達を目の当たりにした時、2つのタイプの人達に分かれます。

 

1つは、全然話せない英語をこれから努力してどうにかするのではなく、それをカバーするだけの自分の専門の分野の力をつけよう。という方。

 

2つ目は、英語をクリアして、仕事の幅を広げよう、という方。

 

 

 

 

 

 

世の中数え切れないお仕事があり、職種がある中で、どちらが正しいかは私が判断できるものではないですが、本当に悩ましい課題です。

 

 

 

 

 

 

英語が好きで英語を勉強する。

 

これが最高のストーリーですが、世の中の英会話スクールに通っていらっしゃる社会人の方々で、実際にはそのような純粋に英語を勉強したい、というだけの目的で勉強されていらっしゃる方々は、仕事で必要にせまられている、又はキャリアっプを意識して、という方々に比べると少ないのではないかと思います。

 

 

大人の方々の判断を私達が、どうこう言わしていただく事ではないですが、スタートすると決めていただいた方々には、全力でサポートさせていただきたいと思います。

 

やるだけの価値があるものと信じています。

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

客室乗務員として国際線で活躍する為に

こんばんは!

 

フィギュア世界選手権、女子SP、真央ちゃん、やってくれました。

 

歴代世界トップで貫録の仕上がり。

 

日本人は真央ちゃんみたいな頑張っている人が大好きですね。本当に心から嬉しく思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、大手航空会社の客室乗務員としてお勤めの生徒様。

 

まだまだ新人さんという事ですが、もう来年には国際線に乗らなければいけない!という事で、語学力のアップを早急に求められ、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代からしっかりと英語を勉強されてこられたものの、海外への長期滞在経験などもなく、実際の英会話となるとやはりまだ苦手意識をお持ちのようですが、もう待ったなしの状況が今の段階、という事でした。

 

社会人の方は、待ったなしの状態まで追いつめられて、決心をつけて英会話をはじめられる方々は非常に多いですし、そういった方々は、ギリギリのところでスタートされていらっしゃるので、レッスンに対しての熱意も尋常ではありません。

 

 

 

 

 

そのパワーが間違いなく生徒様達の大きな成長につながっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話力の強化を社内体制として強いられるような事はないようで、できる人はできる人、できない人はできない人、というサッパリした評価のもとに動きが決まっていくとの事でしたので、自分がこの先どのようになっていくかは完全に自分次第という環境にいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

おんぶにだっこの会社ももちろん沢山あるとは思いますが、結局のところ、結果的にできる人間が使われる、というのは営利会社に所属する事の宿命であります。

 

そういった価値観のみに染まった組織にいると息苦しくも感じるかもしれませんし、色々な会社があるのが、現在の多様化したニーズにマッチした社会であるとは思いますが、市場でデットヒートを繰り返す企業幹部はそう生ぬるい事を言っていられない、というのが現実なのでしょう。。

 

 

 

 

 

 

 

本日担当講師の評価では、こちらの生徒様はとてもキレイに文章を組みたてる事を話す際に意識していらっしゃり、初心者レベルとは言えないしっかりとした文章で話されていたようでした。

 

 

やはりお仕事がら、しっかりとした英語を、という意識を強く持っていらっしゃるという事なのだと思います。

 

ファーストクラスの乗客が機内アナウンスを聞いて、「あれ?」と思う英語はやっぱり控えたい、という所だと思います笑。

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様が課題として認識していらっしゃるのは、通常の会話のテンポの中で、文章を素早く組み立てていける事、という事でした。

 

 

こればっかりは時間がかかるものです。

 

まだまだ日本語→英語の思考で話されている部分がある為、どうしても会話のテンポが一歩ズレていきます。

 

 

 

 

 

外国人と話す際は、そのスピード感に一気に緊張感が出て、いつも以上に話せない、という事もあると思います。

 

外国人と話す時に、「なんでそんな興奮して速く話すんだ!!!」と思ってしまう事もあるとおもいます笑。

 

でも、パワーみなぎる外国人にとって、もう止まらない!という気持ちは理解してあげる必要もあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

以前、アメリカ人の女性の友人と一緒にライブ音楽を聴いているいる時に、ソワソワしていたのでどうしたのかと聞くと、「・・・・・I have to dance!!!」と言ってステージ近くで踊り出した事がありましたが、もうみなぎるエネルギーが想像の枠を超える、という事は外国人の場合はよくありますし(笑)、会話のテンションも一気にヒートアップしていったりするものです。

 

 

スピードのある会話を理解する、とても大切なスキルだと思います。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

 

本日は以上です。