外資系企業の営業部長としての英会話

こんばんは!

 

本日でついに2月が終わり、明日から3月。

 

もう3月ですよ!!

 

3月が終われば、なんと4月です。

 

当たり前のバカの発言ですが、あまりにも1年が早く過ぎていく、この感覚どうにかしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお人について少し。

 

 

こちらの生徒様は、現在某外資系企業の営業部長を任されていらっしゃるバリバリのビジネスマン。

 

 

お会いした最初から、「営業マンです」という空気を半径2メートル位に漂わせる、そんなオーラのある強い方でした。

 

 

 

 

 

 

 

結果全ての外資系企業の営業チームをまとめるわけですからね、当然といえば当然かもしれません。

 

下の営業マンも大変ではありますが、チームの結果の全ての責任を負う、シビアな外資の世界での営業部門トップ。

 

並みの能力と根性だけでは生き抜けない世界だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこちらの生徒様、英語は独学でこれまで学ばれてこられ、国内の取引先、アメリカ本社との社内ミーティングなど全て英語で「なんとか」、「ごまかしながら」やってきた、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

でもそこは営業部長。

 

中間管理職として、社内の基幹部分であり、バイパス機能を持つその立場では、上から、下からの伝達事項を共有事項を100%しておかなければいけません。

 

 

 

という事で、英語のできる部下を使ってのフォローアップ、という所が現実的な所になっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

理解できない部分を自分で認識し、それをキャッチアップできるように確認する作業というのはとても体力がいりますし骨の折れる作業です。そして、何よりも自分の本来の仕事の時間が削られる事が一番大きなマイナスです。

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ自分で完結できないと。。。

 

というのが本日の生徒様の切実な思いという事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といっても、実際に本日体験レッスンをされた際には、かなりスムーズにお話されていたようで、基本的なコミュニケーションはやはり問題ないレベルにこられている、という事でした。

 

 

必要なのは、リスニングとよりナチュラルでシンプルな英語表現、文章の組み立て、というところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

特にリスニングについては、かなり長い会話になってくると徐々に遅れを出てくる、という事でした。

 

 

 

 

 

 

社内、クライアントとのコミュニケーションの形は、face to face、電話、メールの3本立て。

 

face to faceで、1対1であればどうにかのりこえられたりもします。メールもそうですね。

 

 

 

 

でも電話、とくに複数の電話会議になってくると、かなりの高度のリスニングスキルが求められます。

 

 

複数人の会話、特にネイティブ同士の会話についていくのは至難の業です。

 

 

 

 

どんと構えていらっしゃるこちらの生徒様。恐れ、危機感、焦り、そういった負の感情は言葉ではおっしゃるものの、実際には生徒様の目の色、笑顔や雰囲気をみていると、余裕につつまれていました。

 

 

 

 

 

この肝っ玉の強さこそが、営業トップの証なのでしょうか。

 

やばいとは思っていますよ、といいながら、どこか余裕を感じるその雰囲気。素敵です。

 

 

 

 

 

本日の担当講師は、本人は必要な事、スキルは明確に理解されている、という事でしたので、レッスンの組み立てもとてもスムーズにいくと思います、という事でした。

 

 

 

お忙しいとは思いますが、これからどんどん力をつけていっていただきたいと思います。

 

 

 

 

本日は以上です!

 

 

外資系企業で生き抜く為の英会話

こんばんは!

 

明日でついに2月も最後。

 

3月に入れば桜の話題も出てきます。やっと冬が終わるのかな、と思うとホッとします。

 

確定申告、企業決算、部署異動、送別会、この時期は色々忙しくなるものです。

 

体調管理だけは万全で乗り切りたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某IT系企業にお勤めの生徒様。

 

アメリカに本社を置くこちらの会社。日本進出はまだ数年前という事で、まだ数十名で日本マーケットの開拓に取り組んでいらっしゃる方で、パワーみなぎるビジネスマンの方でした。

 

 

 

 

 

今回お申込みをいただいたのは、やはりお仕事で英語が必要になってくるという事でした。

 

既にアメリカ本社に商品の詳細などの確認で英語でのメールなどは日常的になっており、今後は上部の人間が日々行っているテレカンにも参加するという事で、ついに会話力を求められる、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張感の中に、ワクワク感、お仕事の充実感を生徒様から感じ取る事ができ、会社の可能性を感じました。

 

個人的にこちらの会社のサービスは恥ずかしながら存知あげなかったのですが、某巨大IT企業との共同出資でできた日本法人。

 

この企業自体アメリカではすでに巨大企業で、共同出資という事もあり、潤沢な資金が用意されている事は想像できますし、オフィスの立地、社内の空間づくりなどを拝見してもそれを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも日本法人はたったの30名。

 

大企業で働いた事しかない方にはこの30名の企業体というものがどのようなものなのかなかなか想像できないかもしれませんが、かなりのイケイケ社長のもとの、超ユニークな社長の営業又は技術だけで数字が取れる特別な企業を除き、通常は1人1人の仕事のパフォーマンスが細かく上司によって管理でき、その管理状況が、社長までタイムリーに行き届く規模です。

 

 

窓際族なんて言葉がありますが、このような言葉は基本的には30名の企業ではありえないはずで、1人1人のパフォーマンスがかなり重要なものになってきます。

 

 

 

 

本日の生徒様はそういった状況で自分の英語力の弱さを自分個人だけではなく、会社の決定的な問題というレベルで考えていらっしゃり、自分のキャリアという枠組みでなく、会社の成長という枠組みで自分の英語力の上達が必須と考えられていました。

 

 

 

 

経営陣からすれば、このようなモチベーションの社員がいることは最高の喜びで、最高の無形資産である事に間違いありません。

 

 

 

当然外資系企業なので、ぐっと攻め込み、引く時も早いのも事実です。

 

いくつかの外資系企業でこれまで経験を積んでこられたこちらの生徒様。その引き際の早さと従業員への計り知れない影響、という事も身をもって経験されています。

 

 

30名という企業体の中で自分の力がそのタイミングを少しでもズラせたら、そんな事もおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

志高い生徒様です。

 

 

レッスンでは英文メールのレッスンを中心に希望されているのかと思いましたが、色々考えられた結果、メールは自分で他の従業員の各内容などから自分である程度は考え努力するとして、今は徹底的に会話に重点を置く、という事でした。

 

 

 

会話なくして成長なし、と小泉さん節でおっしゃっていたわけではないですが、そのように今は感じていらっしゃいました。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍がとても楽しみです。

 

 

本日は以上です!!

 

 

 

将来を豊かにする英会話

こんばんは!

 

ソチオリンピックも終わり、昨日は羽生選手の仙台帰還が話題になっていました。

 

報奨金を寄付するなんて、なんて素敵な王子様。と誰もが思ったでしょう。

 

さすがです!

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在中学1年生の女の子。

 

英語ができないから英語の家庭教師を、というお問い合わせではなく、今回はお母さんが娘さんに詰め込み型の受験の為の英語だけでなく、将来絶対に力になる英会話の力を、その魅力の今のうちから子供に感じておいてもらいたい、という強い気持ちからお申込みいただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん、お父さんに愛情を持って、そしてたくさんのお金をかけてもらえる子供たちは、今は何も感じなくても、その愛の大きさを将来しっかりと身に染みて感じてくれるはずです。

 

 

不景気の時代、私立の学校に通わせ、塾に行き、英会話を習う。

 

例え裕福であろうが、子供にとっては考えられないようなお金が投資されているという現実。

 

 

 

 

 

 

そこはやっぱりお父さん、お母さんの愛情です。

 

 

 

 

さて、当の本人はというと、とてもかわいらしい女の子で、学校の英語の成績はまずまず。

 

しっかり取れる時もあれば、あまり数字が伸びない時もあり、まだまだ英語の勉強のやり方、距離の取り方を自分で学んでいる段階だと思います。

 

 

 

 

 

エリート校に中学受験で合格している生徒様だけに、一般的な同年代のお子様よりも勉強ができるお子様である事は間違いありませんし、基本的にはこれから学校、塾で英語の基礎の基礎はしっかり固まっていくはずです。

 

 

 

 

 

英会話講師に求められるのは、それをテストの為でなく、”会話”にいかせる知識にしていく事です。

 

 

 

学生時代英語の成績5段階評価で常に3~5を維持していた方でも、現在英会話となると、旅行の時の空港やレストランなどの簡単なやり取りでも冷や汗が出てしまうという方は多いはずです。

 

 

 

 

 

 

多くのお父さん、お母さんたちがこの現実を受け止め、子供には同じ道を踏ませたくない、生きた知識として蓄えてもらいたい、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グローバル化が叫ばれて久しくなりました。

 

阿部政権の国家戦略特区法案では外国人の労働条件の緩和などが盛り込まれており、今後年間20万人の移民受け入れ、という話にもなっています。

 

 

 

 

もう英語が絶対に必要な世界は、海の向こう、という時代は本当に終わりを遂げようとしているのかもしれません。

 

住んでいるマンションにも、地域の公園にも、子供たちの仲よしグループの中にも外国人の子供たちが普通に混ざる時代がきています。

 

 

 

 

都心では、実際にそのような光景は頻繁にみられますよね。白人の小さい男の子が日本人の子供たちと一緒にランドセルをしょって楽しそうにかけっこしたり、からかいあったり。

 

 

多くのお父様、お母様は将来的なキャリアを見据えての英会話、という視点が99%だとは思いますが、もしかしたら日本国内での日常生活の為の英会話、というニーズもこれからたくさん出てくるかもしれません。

 

 

 

「あそこのマクドナルドは日本語を話せない店員ばっかりで、For here, or to go?と意味の分からない質問で冷や汗かいたわ」

 

なんていうのはあり得ないのかもしれませんが(笑)、実際に外国人スタッフはたくさんマクドナルドにも最近はいますよね。

 

奥の方で大きい黒人さん達がハンバーガー作っていたり、ごみ袋まとめていたり。

 

 

 

もうアメリカです笑。

 

 

 

 

極端な話はさておき、本日のお子様のお母さんは、キャリアだけでなく、英語が話せる事で、色々な世界がみえて、より豊かな、楽しい人生を歩んでもらいたい、という強い気持ちをお持ちでした。

 

 

 

 

お子様にもその愛情が伝わり、ぐんぐん力をつけていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。

 

 

 

秘書力アップの英会話

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますね。

 

ソチオリンピックは結果メダル8個。

 

長野に続く好成績で終わりました!!!夢をたくさん与えてもらった選手たちに本当にお疲れ様という気持ちでいっぱいです。

 

個人的にはやっぱり今年からカーリングを趣味ではじめてみたいと思いますが、はたして趣味でできる場所が近くにあるのか。

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系企業での秘書業務をされており、社内、社外との色々な調整、連絡を英語でする必要があるという事で、今回その仕事のレベルをあげるべく、お申込みいただきました。

 

 

 

 

もともとアメリカの大学を卒業されているこちらの生徒様。

 

英語レベルは既にかなり高いレベルの生徒様で、今回担当の講師もナチュラルなアメリカアクセントで、きれいな英語、という太鼓判を押していました。

 

 

 

 

 

 

 

では、今回そのようなレベルの高い生徒様がなぜ英会話を習う事にされたのか。

 

それは、秘書業務という事に尽きる、という事でした。

 

 

 

 

 

社内、社外、色々な役職の方々に送るメールや、連絡は、やっぱりしっかりとした英語、英文で書けるようになりたい、という気持ちを強くお持ちで、それが今回のスタートのきっかけになりました、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代に話していた英語、使っていた英語とは全く使うシチュエーションが異なるビジネスの中での英語。

 

生徒様自身、これまでビジネスの中で本格的に英語を使う、という経験をされてこなかったという事で、今回自分の使う英語に違和感を感じたり、ビジネス上でこの表現は正しいのか、もっと美しい表現、書き方ができるのでは、と色々悩むようになられたようです。

 

 

 

 

 

 

 

高いレベルの話だなと感じます。

 

でも、実際に秘書業務につく生徒様の中からは同じようなお声を頻繁にいただきました。

 

 

 

 

しっかりとした英語を使えるようになりたい、人様にみられる英文メール、社内告示メールなどは、自信を持って書きたい、というのは皆様共通の課題で、特にその精度を秘書業務の方々は求められます。

 

 

 

営業は英語が適当でいいというわけではないですが、目的は数字を取る事であって、その数字をとるために最低限の英語力を兼ね備えて誤解のない英語を話せる、使えるのであれば、マネージャーの基本方針は、間違いなく、英語の精度よりも数字をとれ、という形だと思います。

 

 

 

 

 

「目的は手段を選ばず」

 

 

 

 

です。結果が全てとも言えるのかもしれませんが、営利団体である会社組織に属している以上、それは当然の事ではあります。

 

オシャレで弱っちい兵士よりも、脂っくさくて汚らしい最強の兵士。

 

軍曹がどちらを選ぶかは明白です。

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなこちらの生徒様ですが、秘書業務という事もあり、日々話す事、伝える事の内容は変化し、非常に多彩な話題をカバーする必要があります。

 

 

 

レッスンのすすめかた、自分に必要なスキル、どういったやり方がベストなのか、というのをだいぶ悩まれていらっしゃいました。

 

 

 

最終的には納得いただける形でレッスンの大枠の方針も決まりあとはスタートするだけ、というところになりました。

 

 

 

 

 

かわいいお子様2人も横でママの頑張りをみながら、元気いっぱいに遊んでいました。

 

子供はほんとにかわいいです。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です!!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

自分だけの壁を乗り越える英会話

こんばんは!

 

ソチオリンピックの閉会式も終わり、また1つの時代が終わりましたね!

 

レジェンド葛西選手は既に次のワールドカップに向けてヨーロッパに向かい、引退名言を避けたフィギュアの高橋選手、真央ちゃんもすぐに次の大会の準備に入ります。

 

 

ウインタースポーツは大会時期が限定されるだけに、本当にこの時期は先週の方々忙しいのですね。

 

近くにいる人でないとその忙しさは意外と知らないものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、英会話をこれまでの人生で一度も習った事がない、という生徒様。

 

でもずっと興味があってついにはじめました、という本当に日本人の方にとても多いニーズの生徒様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の強い決意の大きなきっかけは、夏に家族旅行でニューヨークに行く、という事で、その時までに少しでも最低限の英会話力を、という事でスタートを決意されました。

 

 

 

 

 

何かしら夢、目標がある、というのはやっぱり人の行動を大きく変えます!

 

小さい事でもいいので、来週はこれを、今週はこれを、今日はこれを、という事をプライベートの中に刻み込む事で人生は本当に大きくかわっていくものだなと改めて感じさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで英会話をはじめる事への恐怖心、自分にはできないのではないか、という劣等感、色々なものが邪魔をされていたようです。

 

 

都心に住んでいらっしゃるこのような方ですら、こう感じられるのですから、まだまだ日本は外国人の少ない国と言えるかもしれません。

 

また、外国人がいても日本人、ガイコクジンコミュニティがはっきりと分かれていて、英語が話せない方はなかなかそのコミュニティを知る事さえ難しい、という現状なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様もお話されていましたが、ずっと緊張していた英会話でも、しっかりと安心して仏のような温かさで自分の英会話力を受け止めてくれる先生がいれば、「あれ、意外と楽しく続けられるんじゃないかな?」と感じるものです。

 

そう思えてしまえばしめたものです。

 

 

 

あとは、自分の必要なスキルにしっかりと焦点を当てつつ、飽きない英会話コンテンツにしてもらえれば、継続も可能ですし、持続的な実力のアップがみえてきます。

 

 

 

 

 

 

 

継続、という意味ではまた新しい壁が途中からみえてくる事もありますが、まずはこの最初の、緊張感、劣等感からくる英会話スタートの壁、という巨大な壁を越えてくださった事、ここに感謝、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な生徒様にお会いすると、中には過去に、中学の、高校の英語の先生にみんなの前で恥をかかされたから、英語に拒否反応を示すようになった、英会話スクールの体験レッスンで、外国人の猛烈なスピードと威圧感に、言葉も出ず帰ってきてしまい、余計に英語への拒否反応が強くなった、など悲しい経験をされた方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

それをパワーに変えて、という発想もあると思いますが、誰もがオリンピックアスリートのような鉄の意志を持った人間ではありません。

 

小さい事に悩み、苦しみ、前に進めない、そんな方はたくさんいらっしゃいますし、そういう人達を「意志の弱い人」、「挑戦できない人」、「お尻の重い人」、など一言でかたずけられるものでは決してありません。

 

 

 

みんなそれぞれ、自分以外誰も経験した事のない、世界に1つだけの人生を歩んでいます。

 

だからこそ、自分しか感じられない感情、想いがあって、自分の人生を何も知らない第三者にその感情をとやかく言われる筋合いはありませんよね。

 

 

 

 

その人の気持ちを100%分かってあげられないでも、分かってあげたい、おっしゃる言葉には本当にその人なりの苦悩があるんだ、という気持ちで、生徒様の苦悩を一緒にぶつかっていく、それが英会話講師として必要なアプーチだと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様の大きな一歩と、最高のニューヨーク旅行にしていただけるよう、今後の最高のレッスンに期待です!!

 

 

 

本日は以上です。