海外メンバーと取り組む新規プロジェクトメンバーとして。

こんばんは!

 

 

今はSTAP細胞のニュースで持ちっきりですね!!

 

山中教授の喜びのコメントもニュースで出ていました。やっている事は、一般の人間にとって未知の世界ですが、小保方さんがおっしゃっていたように、「夢の若返り」を実現する研究、と言われるととても興味が湧きますね。

 

ヒトへの応用がこれからの大きな課題だとは思いますが、世界的なこの発見。本当に嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系IT企業にお勤めの生徒様。

 

今回会社のプロジェクトで海外の担当者たちとチーム編成がなされ、その一大プロジェクトに向けて、アデュールでの英会話をスタートされることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがのグローバル企業で、チーム編成を聞くと、アメリカ、インド、中国、イギリス・・・と本当に世界各国にまたがるようで、その中での公用語は当然英語。

 

これまでのプロジェクトでも英語が相対的に弱い日本人は圧倒的に不利な立場であったようで、今回こちらの生徒様は、そのような立場をくつがえすべく、努力に努力を重ね、このプロジェクトを成功に導く決意をされていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ですが、このような海外のグループ内のスタッフに一緒にチーム編成をされるわけですから、既に一定の英語力を持っていらっしゃるこちらの生徒様。

 

 

ただ、求められるスキルはプレゼン、会議資料の作成、テレカン、英語での電話対応、など多岐にわたり、現在の英語力ではとても不安、というのがこちらの生徒様のお言葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンガン攻めてくる外国人達に圧巻されるのは、ビジネスで色々な国の外国人と一緒に仕事をした事のある方であれば実感されている方も多いと思います。

 

 

とにかく強いし、自分の結果を貪欲に求めてくる。

 

時にはそれが日本人的な感覚でいう「シンドイ」人にもみえます。でもそれが世界のスタンダード。

 

という意識でやっていかないといけないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、とてもチャレンジングな環境でドキドキされていらっしゃいましたが、何を隠そう、このプロジェクトには会社の辞令ではなく、ご自身で申し込まれたもので、その理由は、現在担当している仕事におもしろみがないから、という事でした。

 

 

 

 

弱肉強食の肉食動物の集まるサバンナへ、ご自身で飛び込む決意をされたこちらの生徒様。

 

 

大変大変と言いながら、その挑戦する自分にワクワクされていらっしゃるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い社員にもこのような挑戦をどんどんさせてもらえる会社はとても素敵だと思います。

 

10も20も年の離れた人達だけが関われる舞台というのであれば、新入社員にとっては「まだまだ先」の話ですが、努力次第で数年後にそのステージ立てる、という事を実感できる新入社員たちはとても幸せだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然誰でも行かせられる程、会社組織は甘くないですし、会社にできると思わせるだけの並はずれた努力と結果は必要なのは言うまでもありません。

 

 

でもそういうステージが用意されているというのは素敵な事だと思います。

 

 

 

 

常に上に、常に大きく、常に成長。

 

そういう気持ちを持った社員の気持ちにこたえる同じ志をもった社内体制。

 

素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

これからのこちらの生徒様のご活躍に期待です!!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

広告代理店の営業担当として身につける英会話

こんばんは!

 

 

いや~、寒い寒い!

 

これを言っても何も変わらないけど、寒い!

 

こんな日にはやっぱりハワイ。どこでもドアははたして22世紀までには発明されるのでしょうか。

 

待ち遠しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、某大手広告代理店に勤める営業担当の方で、今後英語ができるという事が、自分の仕事の幅を広げるという事で、今回お申込みいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告代理店、昔からこの響きはやっぱりカッコいいものです。

 

今ではネットという媒体も出てきて、その企業数もとても多くなった印象を持ちますが、こちらの生徒様は誰でもご存知のあの!超大企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的なイベントや、国家プロジェクトなどを担当するこの業界の雄にとって、その社員に求める能力はとても高いものである事は間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本を、そして全世界を圧巻させる事が使命なわけですから、ある意味、もう全員が達人の域に達していないといけないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこちらの生徒様は、これまでも英語にはずっと興味を持ってこられましたが、仕事をはじめてここまで、とりあえず仕事にまい進してこられた、という感じのようで、英語のトレーニングという事はあまり時間をかけてくる事ができなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい新年というこの区切りに、ついにはじめよう!と決断されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業担当という仕事は、営利団体である株式会社であればほとんどの会社で存在する部隊で、その究極の仕事は、仕事をとってくること。

 

それに尽きます。

 

 

会社の評価は色々な評価基準があれども、結局のところ、数字を、しかも大きい数字をとれる人間を高く評価する、または評価する傾向にある、事は間違いありません。

 

たとえ数字が評価基準でない会社でも、社員の心理的な部分でのその営業担当への評価は大きなものなるはずですし、何よりも本人が自信を持ち、自分の仕事に誇りを持てるようになるものです。

 

 

 

 

 

 

そして、グローバル化した今の時代。世の中の営業担当の人達は、言語という壁を越えて、仕事を取ってくるという大きな試練に向き合わなくてはならなくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベノミクスで景気回復の兆しはあるのかもしれませんが、少子高齢化社会を迎える日本にとって、GDPの多くを占める内需の縮小はまだまだ大きな課題になるはずで、国外に数字を求める、というのは一昔前の、先進的な発想から、「当然の手法」に変化しているのは誰もが分かっている事です。

 

 

 

 

 

 

英会話の習得、という事が本日の生徒様のほうな巨大企業の営業担当にとってはとても大切なステップアップの1つである事は間違いありません。

 

 

 

 

 

外資系などグローバル企業では、日本国内だけでなく、世界中の営業担当がライバル、と考える事ができますし、会社によってはそのような比較を意図的に社員に持たせるような会社もあります。

 

 

 

 

単なるツールでしかない英会話。

 

でもそのツールを持っていない事がとても大きなデメリットになってくる時代がもうそこまできているのかもしれませんし、それを肌で感じている営業担当の方はとても多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様のこれからのご活躍に期待です!!!

 

本日は以上です。

 

 

 

アジア諸国を対象としたビジネスにおける英会話

こんばんは!

 

ヤンキースのイチロー選手、去就が注目されていますが、ヤンキースに残る可能性もあるようですね。

 

マー君とイチロー選手。一緒にプレーしているところをみたいです!

 

そこに黒田選手もいるんですからね。みんなでワールドチャンピオンになれれば最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ヨーロッパ企業の商品をメインに国内で取り扱う企業にお勤めで、営業職のお仕事で英語が必要、という事で、今回お申込みいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ企業の商品を日本国内での営業で、英語が必要?と思ってしまいますが、そのお相手は、日本に観光でこられる外国人のお客様がメインターゲットのようで、特にアジア圏の団体旅行の方々をメインターゲットにされていらっしゃる、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的なところまでお聞きする事は時間に制約があったためできませんでしたが、そういったアジアの団体客をターゲットにしたビジネスを展開される中、アジアの関連業者などの色々な調整があるようで、その業務をメインに担っていらっしゃるようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然アジア以外の国々も対象にされていらっしゃるものの、やはりメインはアジア、という事のようで、日本語が通じず、公用語として英語が必須との事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21世紀はアジアの時代、と言われて久しいですが、実際にビジネスシーンで活躍されていらっしゃる方々はそれを肌感覚で感じていらっしゃる方々も多いはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も生徒様も色々な国からの外国人環境客がいらっしゃるものの、やっぱりアジア、という事は何度もおっしゃっており、しっかりと英語での営業スキルを磨いていく事が、これからのビジネスの生命線だと認識されていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な英会話のレッスンでは、より実践的なレッスンになるよう、ビジネスシーンで頻繁に使われるフレーズ、表現を、実際のビジネスシーンを想定しながら、どんどんインプット、アウトプットを繰り返す形を望まれており、今回は国際ビジネス経験の豊富な講師で担当させていただくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面的な教科書英語に留まらず、アメリカ、日本、アジア、中東、ヨーロッパと色々なステージでビジネスを経験した今回の担当講師によるリアルな英語はとても刺激的だと感じていただけたようで、これからもどんどん自分の知らない英語の世界を自分のものにしていきたい、とおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジア諸国との交渉には骨が折れる、という事は多くのアジア担当営業マン達が経験されている事だと思います。

 

中国、韓国を筆頭に、全く文化の異なるイスラム圏のマレーシアなどは、商習慣も大きく異なります。営業的なアプローチも含め、英語の教科書に載っているグローバルスタンダードな英語という枠だけにとらわれず、各地域に合った営業スタイルをこれから確立されるはずです。

 

 

 

 

そんな中、実際に実務経験のある講師のアドバイスは語学面だけでなく、大きな力になれると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピックを前に外国人観光客はこれからは、ウナギ登りで増えていくはずで、こちらの生徒様はこれからが正念場だと思います。

 

 

しっかりと結果を出し、東京オリンピックの時期を笑顔で迎えてただきたいと思います。

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

フランス転勤を控えた英会話

こんばんは!

 

 

バレンティン選手、帰ってきましたね。

 

1日のキャンプインだったので、関係者は本当にバタバタだったと思いますが、なんとかギリギリ間に合ったようで、ヤクルトファンには朗報です。

 

ホームラン記録を持つ、バレンティン選手、今年はこの逆境をどのように超えるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、半年後にフランス転勤を控えていらっしゃいます。

 

現在フランス語の猛勉強をスタートされていらっしゃるのですが、現地で担当する仕事では、その他ヨーロッパの国々との取引もあり、その際にはやはり英語、という事で、このたび転勤までにできる限りの事を、という事でアデュールでのレッスンをスタートしていただくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

長期のフランス転勤、響きは最高にうらやましい限りですが、実際は仕事。

 

大きくかわる仕事環境に、最初はバタバタの連続だと思いますし、ご本人も、フランス語と英語のコミュニケーションという事で、言語の大きな壁をどうにかクリアせねば、と必死でいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事上、会話でのコミュニケーションが迅速に取れない場合、成果物に大きな影響を与えることは言うまでもありません。

 

また、フランス外のその他ヨーロッパの国々の方々とは、電話やテレカンという場でのやり取りになる事が多いはずですし、直接会って話す環境とは大きく異なりますし、難しいはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語も、フランス語も、そして新しい仕事場での仕事も、と聞いているだけでも、現地での大変な生活のイメージが想像できてしまいます。。。笑

 

 

 

レッスンの中では、具体的な仕事の内容を想定したレッスンという形が実践的です、という最初のお話ではありましたが、実際には、もっと簡単な、small talkから楽しくできるような、そんな内容を希望されていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ヨーロッパ転勤なのですから、英語のレベルも一定レベルは既にお持ちです。

 

あとは、すんなりと言葉が出てくる瞬発力で、実際に英語の世界で使われているリアルな生の表現をどんどんストックしていき、それをレッスンの中で自分の言葉として使えるように何度も何度もトレーニングしていく、という形が最も必要な形のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日担当講師は、以前フランス語を学習していたこともあり、フランス語を勉強しだすと、会話の中で英語とフランス語がごちゃまぜになり、とても苦労した、という話でしたので、こちらの生徒様にも、そのような状態になられては、、という懸念もあったようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからと言って英語はやらない、ではないですから、そこは生徒様がご自身でクリアしていただく壁でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書的な英語と、実際に海外の英語を第一言語として話されている国での英語とではやっぱり、異なる部分はたくさん出てきます。

 

それは実際の英語の中でさえも、ライティングとスピーキング、フォーマルと、インフォーマルがあるように、どうしてもその場その場で使われている言い回し、というのは、実際にその世界に入ってみないと分からないものです。

 

 

 

 

 

今回は半年間ですが、少し先回りして、アデュールの英会話講師の指導のもと、できる限り現地の生活がスムーズにスタートできるよう、頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

 

今後のご活躍が楽しみです!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

コンスタントに続けられる英会話

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きます。

 

でもそんな寒い冬を熱くしてくれるソチオリンピック開幕まであと少し!

 

今年は、最年長、スキージャンプの葛西選手やモーグル上村選手、さらにアイスホッケーに、スキーパイプ、フィギュアと本当にもういくら時間があっても足りない位です。

 

この期間はオリンピック観戦用の自分をもう一体コピーで作れたらいいなと本気で思います。

 

仕事、プライベート用の自分と、オリンピック観戦用の自分…..

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在貿易企業にお勤めで、たびたびこられる海外からのクライアントのアテンドや、打ち合わせなどで英語が今後必要になっていく、という事で今回アデュールでの英会話レッスンにお申込みいただきました。

 

 

 

 

 

 

国内でのクライアントのアテンド、とても重要な役割ですよね。

 

と言っても、まだまだお若い本日の生徒様。基本的には上司が対応するという形が基本のようですが、それでも同行するなかで失礼な事はできませんし、今後の会社の業績に大いに影響する大事な時間。

 

 

 

 

 

 

しっかりと基礎英会話を身につけていただきたいと思います。

 

 

といってもこちらの生徒様、業務の中での英会話の必要性は以前からずっと感じていらっしゃり、個人的な知り合いを通じで外国人や、バイリンガルの方に少し英語を教えてもらう、という機会をもっていらっしゃったようですが、そこはやっぱり個人。

 

 

「先生が帰国してしまったので、そこから結局英会話から離れました」

 

 

という事が何度かあったようで、コンスタントに英会話の時間を維持できていない環境にいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話は何度もこのブログでも書いていますが、継続がものを言います。

 

毎週レッスンだけ受けとけばいいのね?という意味ではありませんが、しっかりと普段の自己学習も含め、頑張りつつ、「継続」も必要という事です。

 

 

 

 

 

 

 

スタートレベルにもよりますが、お仕事、家族があり、かつ日本に住んでいる、という状況は英会話の上達にはとても過酷な環境である事は間違いありません。

 

どれだけ英語上達、という事に対してコミットできるか、そこが肝心で、3日坊主はさすがにないと思いますが、3カ月坊主、1年坊主では、その期間の努力が勿体ないだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様もそれをとても強く感じていらっしゃったようで、コンスタントに自分の力をしっかりとみつめる時間を維持し続ける事を求めていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

といってもこれからまだまだ忙しくなっていきそうなお仕事で夜の終了時間も延び気味な様子で、まずはできる限りでやってみます!という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

英語学習という面では、外国人との仕事上でのやりとりがある、というのがこちらの生徒様の強みです。

 

これ以上によい環境はない、という位に良い環境が仕事で英語を必要とする場合です。

 

または何かしらやらなければいけない、責任のある環境に英語でのコミュニケーションもある、という場合です。仕事以外でなかなかそのような環境は少ないとは思いますが、必然的に普通の人であれば、それに対しては本能的に100%の努力をするはずで、精神が100%の集中力をかけるときに、英語が結びついていると、その吸収や記憶の定着の程度も大きくアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で頑張った事は、誰だって人生の中で濃い記憶や力となって体に染みついているはずです。

 

 

 

そういった意味でも、今後もどんどん仕事の場で英語を活用していただきつつ、その精度をあげるための英会話レッスンをしっかり継続していただきたいと思います。

 

 

 

本日は以上です。