英語の表現の幅と使えるボキャブラリが増えた生徒さん

こんばんは!

 

今週の関東地方はお天気が安定しないみたいですね。

 

もうあっという間に4月半ば。大型連休もすぐそこですね。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、看護師をされていらっしゃり、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、別の英会話スクールで英会話は習っていたものの、定型的なテキストを終わらせる形に終始したレッスンだったため、より実用的な会話レッスンにフォーカスできる環境が欲しいという事で、アデュールでのレッスンをスタートされました。

 

お仕事場では英語が必要な環境はそこまでないようですが、それでも今の時代、英語が出来た方が良いようで、看護師でも職場によっては英語力を求められる所も多い為、将来的な転職なども考えると、しっかりと力をつけておきたい、という事でした。

 

こちらの生徒様については、もともとカナダに語学留学されていたご経験をお持ちで、それだけに、発音や簡単な会話については問題なくできるレベルでいらっしゃいました。

 

ただ、そこからどんな話題もある程度ついて行けてスムーズに話せるという中上級レベルに上げたいという事を最初に話されていました。

 

確かに、簡単な話題であれば、最低限の表現で伝える事はできる、という所から、どんな話題でもなんとかこなせるというレベルになるには、大きな大きな壁が間にある事は事実です。

 

英会話を始めて辞めてしまう方が多いポイントとしては、そもそも基本的な簡単な会話をする所までもいかずに、なんとく英語を話せるようになるには時間がかかるという事を実感して、最初のステージで既にギブアップという方は多いですが、その次は、中級入口手前にいる方々かなと思います。

 

この方たちは、初心者レベルの人達から見れば、結構話せる人達に見えます。ただ、ご本人達はそうは感じません。

 

このレベルになると、中級レベルになる事の難しさを感じるとともに、そこに入るには大きな壁を1つ超える必要があるという感覚を持つものです。

 

ここでなんとなく諦めてしまう方も結構いらっしゃいますが、ここを踏ん張ると、少し違う世界が見えてきます。

 

本日の生徒様はもともと語学留学に行くだけあって、英語力アップにはとても熱心な方であるため、ここの壁でくじけず、この1年とても頑張っていただきました。

 

結果、会話の中でかなり表現の幅が広がったと感じてくださっていました。

 

また以前では絶対に出てこなかったであろう少し難し目の言葉も、レッスンの中で都度先生が繰り返して教えてくれるので、しっかりと使えるボキャブラリとして身についたとおっしゃっていました。

 

自分が使う英語の幅が広がるというのは、何とも言えない快感です。

 

とても頑張っていらっしゃると思います。

 

課題は、まだ話題によっては、最初の言葉に少し詰まる事があるという点を挙げていらっしゃいました。

 

といってもレッスンでは政治、経済、エンタメ、スポーツ、かなり広い範囲で会話をされているので、難しいトピックがあるのはある程度仕方がない事だと思います。

 

これからも今の姿勢でどんどん力をつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!