鉄道会社でお勤めの生徒様が習う外国人乗客への対応の子連れ英会話

こんばんは!

 

ミランの本田選手、プレシーズンマッチで3戦連続ゴール。

 

さすがの一言ですね。

 

香川選手のマンUは2戦連続結果出せず。移籍市場ギリギリで香川選手はチームを離れる事になるのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在鉄道会社にお勤めで、今年から育児休暇でお休みに入っていらっしゃいます。

 

このお休み期間に少しでも自分のスキルアップを、という事で、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

小さい赤ちゃん連れでのご自宅での英会話レッスン。

 

 

 

 

 

ご本人もお子様がいながらのレッスンでどのようになるかドキドキしていらっしゃいましたが、やはりそこはご自宅。

 

お子様も終始リラックスモードで、バウンサーの上でぽよんぽよん自分で揺れていました。

 

 

 

 

あの椅子、本当に革命的ですよね。自分で遊べちゃうわけですし。大人用も開発してほしいものです。

 

スペース的に邪魔ですが。

 

 

 

 

 

 

という事で、こちらの生徒様、赤ちゃん連れでも落ち着いて今回は英会話レッスンを受けていただけました。

 

 

今回こちらの生徒様が英会話をスタートされることになったきっかけはやはり鉄道会社と言う事で、駅で外国人に色々な事を聞かれるから、という事でした。

 

チケットの発売、精算、乗り換えや道案内など、駅員さんは大変です。

 

 

 

 

 

 

地方の方にとっても都心部の電車網はかなり複雑だと感じると思いますが、外国人環境客にとってはもう、信じられないものだと思います。

 

これまでも、そしてこれからも、この首都圏の電車ネットワークを超える規模のものは世界の中で出てこないと思いますし、これは1つの首都圏の名物として十分考えられると思います。

 

 

 

 

そんな複雑な電車網に混乱する外国人観光客をしっかりと英語で案内してあげられる事、これは彼らにとっては最高のサービスです。

 

外国に旅行に行った時、なんでもない現地の優しさがその国のイメージ全てを決める事はよくある事です。

 

 

 

 

日本でも複雑な電車網に、圧巻されながらも、親切な日本人が案内してくれた、という感動は、必ず日本へのイメージを良いものにしてくれますし、また来たい!あのクールな電車網を今度は知人や家族にもみせたい!なんて思ってくれるはずです。

 

 

 

 

 

本日の生徒様はなんと、英語だけでなく、中国語、韓国語も一緒に現在学習していらっしゃいます。

 

日本の外国人環境客の分布は当然アジア諸国からが大半を占めており、その中でも中国、韓国からの観光客は変わらずとても大きな位置を占めていますから、この3カ国をマスターできれば、最強の駅員さんに慣れる事、間違いなしです。

 

 

 

 

 

観光客もビックリの駅員さんですね。

 

 

海外旅行がお好きという事で、外国人に頑張って話しかける、聞きたい事を自分のもっている表現でなんとか聞ききる、という勇気は既に備えていらっしゃいますし、緊張から来る勿体ないブロックはないという事ですので、これからは純粋に表現力をどんどん高めるところから頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

まずは、とりあえず単語を並べて意味を汲み取ってもらうスピーキングから、自信を持って話せる「英文」にしていく事を当面の目標にしたいという事でした。

 

英文で話せれれば自信が違います!

 

 

日本の為にもこれかもどんどん頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。