旦那様の海外転勤について行く為に学ぶ子連れ英会話

こんばんは!

 

皆さん、連休中日はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

都心部は晴れ間も見え、夕方の激しい雨もあり、イベント関係の方々は大変だったのではないかと思います。

 

明日は最終日。

 

ゆっくり体を休めて新しい週を迎えてもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は先週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、旦那様の海外転勤が今年末に決まり、後を追うように年明けにこちらの生徒様に海外へ向かう、という事で、早急に英語力の強化が必要という事で、今回アデュールでの英会話をスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

まだ1歳にならない小さな赤ちゃん、それも初めての子供がいらっしゃり、そんな小さなヒヨコちゃんを連れての海外。

 

とても不安な気持ちでいっぱいになっていらっしゃいました。

 

少なくとも3年は海外に行く事になるようで、もう気持ちは割り切れているものの、色々な部分で不安要素はどうしても残る、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一番大きな要素がお子様に何かあったときの病院関係や、各種手続きなど、失敗できない生活の基盤となる部分で、誰も頼る事のできる人がいない現地では、自分が頑張らねば!という強い気持ちを持っていらっしゃいました。

 

 

そんなお話をされている間、小さなかわいいお猿さんはスヤスヤと眠っていて、どこにいてもお母さんと一緒!という絶対的な安心のもと、何の不安もない顔つきでした。

 

こんな小さい物心がつくまえに海外に行くと、子供なりにどんな感覚があるのですかね笑。

 

 

 

 

 

 

さらに、現地では旦那様のお仕事関係の方々との交流も多くある事が予想されるようで、そういった社交の場での振る舞いもしっかりできるように、旦那様に迷惑をかけないように、という事も必死に考えていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

こんなに頑張っているお母さんスゴいね~!!、と小さなお猿さんに言っても、ニュムニュアムと寝起きのお猿さんは特に無反応。

 

子供はこれだからいいですね。

 

私欲のみ!笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、こちらの生徒様、ご自身ではゼロベースからのスタートとおっしゃっていましたが、既に基本的なコミュニケーションはしっかりと取る事ができるレベルにいらっしゃり、ゼロベースなんて事は全くありませんでした。

 

ただし、少し深く話が入っていくと、一気に話せなくなる、というところは英会話学習者の方々が多く口にされるところで、納得、納得!という感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の半年位は本当にバタバタだと思います。

 

ヨーロッパの先進国に行くので、食事という部分では正直に恵まれた環境ではあるはずです。

 

お寿司屋さん、日本食屋さん、日本の食材があるスーパーなども沢山あるはずです。

 

そういった部分では初めての海外長期滞在にしては、比較的ラッキーな環境と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

あとはコミュニケーションの障害だけを取り除く、そこに注力を置いていただく所です。

 

 

レッスンに関しては、具体的な現地の生活を想定したロールプレイや、ご本人が現地生活で困るであろう事柄などを話ながら(英語で)、実際にどのようにするのがいいか議論しあったりする事が大切だと思います。

 

 

 

 

 

英語で話し、英語でリアルな問題を考える、これはとても大切な事です。

 

真剣にその課題について考えるから、真剣に自分の事で話すようになり、必然的に頭の中がかなりクリアに、そして高い集中力が発揮されるものです。

 

 

 

 

あと1年もない限られた期間ですが、出来る限りの事を終え出発していただきたいと思います!!

 

 

 

本日は以上です。