ご自宅で育児休暇中に子連れ英会話

こんばんは!

 

日に日に寒くなってきていますね。

 

7-9月期のGDP速報値、マイナスで発表されました。

 

政府の動きはこれから活発になるのは当然ですが、この数字を受けて消費者マインドがどのように動くのか。

 

個人消費に支えられた日本経済。

 

消費者マインドという視点を改めて今後の政権は考える必要がありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在お医者様で、初めてのお子様の出産に伴い、育児休暇に入られている間に英会話レッスン受講を検討されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

英語が必要なポイントは、英語の医療論文を読んだり、将来英語で学会発表したり、英語で診療を行う可能性がある、という事で、もっぱらお仕事に直結する部分で、という事でした。

 

お医者様もご自身の専門分野の勉強で大変です。

 

そして、そこに英語となるわけですからね。

 

といっても、そこはお医者様。勉強のプロとでも言ってよいのかもしれませんが、アデュールの生徒様の中にいらっしゃる多くのお医者様はしっかりとご自身のペースで着実に努力を積み重ね現在に至っていらっしゃいます。

 

 

 

 

必要なスキル、力、そして時間。

 

そういったものをご自身でしっかりと意識して考え、皆さん、腰を据えて英語学習に向き合っていらっしゃるという印象がとても強いです。

 

 

 

 

自分のみているその先の道に、自分は到着できる事に全くの疑いの余地がない、とでもいうように。

 

こういう強く、そして自信のある姿勢は、本当に圧巻ですし、男性、女性のドクターに限らず、素直に「かっこいい」と思います。

 

 

 

 

 

勿論皆さん、色々な日々悩み苦悩していらっしゃるのは間違いないと思いますが、それでも突っ走ってやりきるんだ、という自信と強さがやはり素敵です。

 

 

 

こちらの生徒様はお仕事で、という事ですので、日常会話だけでなく、仕事や学術面での英語の活用を最終的には目指していらっしゃり、今後アプローチする素材や内容も少しづつ相談させていただきながらとなっていきます。

 

とは言っても、英会話自体がまだまだ自信のないこちらの生徒様。

 

 

 

妊娠前は海外旅行もお好きで頻繁に海外に行く機会も持たれていたようですが、とにかく英語で話す事に自信が持てない為、緊張して、話す事に億劫になってしまう、という事でした。

 

 

 

 

 

まずは、基本的な基礎英会話を落ち着いて話せるようになりたい、という事でした。

 

英語に苦手意識がある方は、話さないからその意識がさらに強くなっていくんですね。

 

 

それは当然の事だと思います。

 

やらなければ、どんな事でも上手くなりませんし、意識的に敬遠しているものは、なんとなく、苦手意識を自分で更に強くしていく事になってしまいますし、一歩踏み込んでおくだけで、その意識は大きく変わるものです。

 

 

 

 

こちらの生徒様に関しては、そももそも海外旅行が大好きという事ですから、なおさら、そこの気持ちは払しょくしていただきたいと思います。

 

苦手意識の蓄積は緊張感を生み、できる事もできなくなってしまう、というのが常です。

 

 

 

 

 

育児休暇中の1年。

 

できるだけの事をやってみたい、という事でした。

 

 

 

 

かわいい赤ちゃんと一緒に英会話。

 

なにより嬉しいのはその場にいる講師なんですね笑。

 

 

もちろん指導には全力を傾けつつ、かわいい赤ちゃんが目の前にいる、という最高の仕事環境です。

 

 

 

まずは、生徒様、大きな一歩を踏み出していただいて本当によかったです!

 

今後のご活躍に期待です!

 

 

本日は以上です。