グラフィックデザイナーとして外資系企業と取引する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

菅さんが総理に決まりそうですね。

 

新型コロナウイルス流行から激動の日々ですが、なんとか国民みんなが持ちこたえられるよう、政治も頑張ってもらいたいと思います。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在フリーランスでグラフィックデザイナーをされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で外資系企業のお客様の所に行くと、みんな英語を話しているようで、自分も英語を話せるようになって、しっかりとその中の会話についていけるようになりたいから、という事でした。

 

また、海外旅行もお好きなようで、ご友人と頻繁に海外旅行に行かれるようですが、一緒に行くご友人が英語を話せるため、いつもまかせっきりになっている為、自分も英語を話せるようになってしっかりとしたい、という事でした。

 

お仕事のプライベートに、英語を使えるようになってより充実した仕事、プライベートにしたい、というのは、とても良い事ですね。

 

アデュールには本日の生徒様のようにフリーランスとして、外資系企業とのお取引がある方が他にもいらっしゃいますが、皆様やはり同じように、英語が出来るようになると仕事がスムーズになる、という事でした。

 

エンジニアであったり、コピーライターであったり、本日の生徒様のようにデザイナーであったり、職種は様々ですが、やはりプロジェクトチームの中で英語が飛び交っていれば、やはり自分の英語を話せるようになりたい、と思うのは当然の感情だと思います。

 

自分はデザインのプロ、技術のプロ、だから、英語はいらない。

 

と突っぱねる事も出来ない事はないと思いますが、やはりそのスタンスで仕事の幅を狭めたり、スピードを遅らせるよりも、自分が英語を話せるようになる事が一番の全てが上手く行く形ですよね。

 

何よりも英語が話せるようになると、自分がとても快適に感じられます。

 

快適な気持ちで仕事が出来るようになると、仕事のパフォーマンスも上がりますし、一石二鳥です。

 

また、日本にいる外国人の中にも多くはないですが、仕事上では、相手が英語を話せないと、明らかに「面倒くさそうな」雰囲気を出す方もいらっしゃいます。

 

ここは日本だから、あたなが日本語を話せるべきだ!と相手に向かって言う事もできるかもしれませんが、そんな事を言ってしまうと仕事がなくなっちゃいますよね笑。

 

色々な現実があるという事を踏まえた上で、結局自分が英語を話せる事、これが一番良い道だと思います。

 

旅行については、中学からの大親友と頻繁に海外に行っていらっしゃるとの事で、これはお互い子供が出来ても、頻度は下がっても続けたいね、と話されているようです。

 

中学からの友人であれば、もう姉妹も同然だと思いますし、このつながりは大切にしたいですよね。

 

海外で相手にまかせっきりになっている英語を本日の生徒様も話せるようになれば、英語を使って、ご本人、ご友人、そして現地の方、という3者での会話なども楽しめるようになると思いますし、そういった環境があると、またこれまでの海外旅行で感じている楽しさとは違う楽しさが見つかったりするかもしれません。

 

これからがとても楽しみですね。

 

本日は以上です!