海外事業担当部署異動と旦那様の近い将来の海外転勤帯同の為の子連れ英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の東京は蒸し暑かったですが、明日は気温が30°まで。。。。もう10月ですよね。

 

変な天気です。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在IT関係のお仕事をされており、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は2つ。

 

1つは、現在は育児休暇中で、かわいい赤ちゃんと一緒にご自宅での英会話レッスンとなりますが、復職後に海外事業部に配属になる可能性もあるようで、そうなると一気に英語力が求められる環境になるため、今のうちにトレーニングをしておく必要があるから、という事でした。

 

 

2つ目は旦那様が数年以内に海外転勤になる可能性があるという事。

 

 

これはほぼほぼ確定事項のようで、今のご自身のお仕事だけでなく、旦那様の海外転勤に帯同となると、現地での生活で英語が必要になるという事で、その時は子供の事もあるので、日常でしっかりと意思疎通ができる英語力がないと不安だから、という事でした。

 

 

 

 

これだけやらなきゃいけない、と感じる要素が2つもあるんですから、英会話レッスンスタートには最高のタイミングだと思います。

 

もともと英語自体は好きだったようですが、仕事を始めてからは仕事を覚えたり、時期によっては終電まで仕事をしたりと、とても忙しい職場環境に加えて、結婚、そして育児、というこれまでの流れの中で、なかなか腰を据えてしっかりと英語を勉強する、という気持ちになれなかったようでした。

 

 

 

かなりの年月を英語学習から離れた時間にされたようで、そのせいか、体験レッスン時にはなかなか言葉が出ない事を痛感されていました。

 

以前はもう少し話せていた自分の感覚があるだけに、このままの英語レベルでは絶対ダメだ!と再度感じられたようです。

 

 

 

どんな方でもそうですが、以前できたいたことが出来なくなったとき、がっかりするものです。

 

そして、そこまで戻すのにも一苦労、という感覚があると、これまた少しウンザリするものです。

 

 

 

でもそういう経験を一度することで、ブランクをあけない事の大切さを体感でき、今後の英語学習の習慣化に大きく寄与してくれるものです。

 

 

 

 

まだまだお若いこちらの生徒様ですから、いくらでも挽回可能です!

 

 

レッスンでこちらの方が求めていらっしゃるのは、今回の体験レッスンで感じられたことをふまえ、毎回レッスンの最初にテストをしてもらいたい、という事でした。

 

そうすることで、自宅学習で自分自身を追い込む環境を強制的に作っていくことが必要だと感じられたようです。

 

環境から追い込んでいく、というのはとても有効なアプローチだと思います。

 

 

 

特に対面のレッスンで、担当制の先生ですから、自分の担当講師に自分の怠けた部分の印象をあまり与えたくない、と感じるのは多くの方に共通するところだと思います。

 

誰だって人に評価されたいですし、逆に低い評価を受けるのはどんな事だってあまりうれしいものではありません。

 

頻繁に会うマンツーマンレッスンの担当講師ならなおさらです。

 

 

目標はまずは以前話せていたテンポで言葉が出てくるように戻していくこと、そしてボキャブラリの強化や、文章の精度、そこもしっかりと意識して、復職時には以前よりも高いレベルの英語力で戻りたい、という事でした。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!