銀座の飲食店で外国人観光客に対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

ぐっと深まる秋。

 

各地でキレイな紅葉もみれる時期になり、心なしか、東京でも外国人観光客が多いような気がします。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在銀座の飲食店にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、外国人のお客様への接客がとても多くなっている事から、自分の接客サービスの向上のために英語はもう避けては通れないと感じられるようになったから、という事でした。

 

爆買いという言葉が世の中に飛び回った数年前、今はもう思い出となったあの爆買いですが、爆買いはなくとも、外国人観光客は統計に出ている通り、年々増えている事に変わりはありません。

 

あの爆買いの時期も本日の生徒様は銀座にいらっしゃったようで、銀座の外国人の多さは常日頃感じていらっしゃるようです。

 

そして飲食というのは、外国人の方でも必ず必要なもの、必然的に今後も外国人の対応が増える事は用意に想像ができます。

 

昼間の銀座を歩くと沢山の外国人に会いますし、場所によっては、日本人より外国人のお客さんがメイン、と感じる場所も沢山あります。

 

それとなしに接客をみてみると、中国人スタッフが中国語で丁寧に対応していたり、日本人スタッフが英語で頑張って対応していたり、業種を問わず色々なお店で英語が必要になっている事は銀座に行くと強く感じます。

 

本日の生徒様はお店では上の立場の方のようで、あまり接客に直接的には関わらない事が多いようなのですが、それでも従業員への指導や、何かあったときに自分が出て行かなくてはいかない、という状況があるため、英語はできるようになりたい、と何年も前から思っていらっしゃったとの事でした。

 

苦手意識のある英語を始めるのは躊躇する。

 

それは苦手な人ならごく当たり前の事だと思います。

 

本日の生徒様は学生時代はまさか自分が仕事で英語が必要になるとは思ってもいなかったようで、英語の勉強とは学生が終わると同時にお別れ、そのように思っていらっしゃったようです。

 

今回の体験レッスンで一番感じられた事は、とにかく言葉がすぐに出ない、という事。

 

勿論英語も聞けないのは当然の事ながら、せめて知っている単語は言えるだろうと思っていらっしゃったようですが、いざ話し相手を前にして話そうとすると、知っている言葉でもすぐに出ない。

 

そして先生に教えてもらうたびに、「それ知ってたよ~」と繰り返す事が何度かあった、という事でした。

 

英会話を始めて間もない頃、このような経験をすることはとても多いと思います。

 

聞けても書けても読めても、言えない!

 

このなんとも言えない微妙な感じが、英語学習者を最初は悩ませますが、知っている単語だった場合、あと少しだったのに!という、惜しい!という気持ちも一緒に出てきますので、これがトリガーになって、勉強のやる気にスイッチが入る、という事もあったりします。

 

という事で本日の生徒様、まずは、知っている単語をスムーズに出せるように、そしてその次はしっかりとした文章の中で使える様に、という事を焦点に置いていきたい、という事でした。

 

勿論リスニング、発音、ボキャブラリ、それぞれ並行して学んでいくところですが、ご自身の中では「言えるようになる」というのがポイントのようでした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!