マレーシアで移住する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

11月も最終日。

 

そして12月の関東地方は雨からのスタートとなりそうですね。

 

寒くなりそうです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在派遣社員として事務のお仕事をされており、今回お申込みをいただいたのは、現在のお仕事で英語が必要なのではなく、近い将来目指している東南アジアで仕事ができるようになるため、という事でした。

 

もともと海外で働く事には全く興味はなかったようですが、ご友人が世界中を旅されている事や、東南アジア出身の方々と接する機会がたまたま何度かあった事で、なんとなく、東南アジアで生活する事を考えられるようになったそうです。

 

理由は、現地に行く人たちがみんな好印象を持っている事、そして、日本で会う東南アジア出身の方々はとても素敵な人達ばかりだったこと、これが大きな理由だったそうです。

 

 

 

 

英会話を学ぼうと考えるきっかけは本当に色々な事があると思いますが、海外の方々と触れ合う機会を機に、という理由はとても多いです。

 

日本は快適だし、安全だし、海外に行く理由なんてない。

 

なんて言っている人も、海外で困った時に、現地の人に親切にサポートしてもらったり、何気ないコミュニケーションの中で、今まで深くかかわろうとも思わなかった人たちの文化や生活にぐっと興味を持つようになるというのは自然な事だと思います。

 

一言でいうと、「みんな同じ人間なんだ」という事を感じた瞬間に、とても近い存在に感じ、そうなると、なんだかその人たちをもっと知りたくなる、という事だと思います。

 

素敵な方々と会う事で、その国の事に興味を持つ、という事は、逆で考えれば、日本人が海外でどのように振舞うかが、日本の印象を決めているとも言えますので、海外での言動は要注意ですね笑。

 

 

 

本日の生徒様がお仕事を考えていらっしゃるのは、マレーシア、又はタイという事でした。

 

まだ今のところは何をどうすれば働けるのか分からないという事でしたが、実際にはなんのつてもなく現地で働き始める人も多くいるという事を見聞きされているようで、3年後の移住を目指してまずは英語の勉強に力を入れたい、という事でした。

 

東南アジアには日系企業も沢山ありますし、夢いっぱいです。

 

 

 

現在の英語力はというと、聞く方は感覚的に分かる事は多くても、話す事になると極端に言葉がでない、という事でした。

 

言い方を聞いたり、後で調べれば、ああそんな簡単な単語でいいのか、となったりするようですが、会話の中ですぐに言葉が出ない。これが一番の課題という事でした。

 

 

 

学生時代に沢山英語の勉強をした方は、とてもたくさんの単語を覚えていらっしゃいますが、発音を一緒に覚えていなかったり、日本語訳がばっちり頭に入り過ぎて、英語での会話の時に、スピーディーに自分の頭の中の辞書から会話に落とし込めない、という方は多いです。

 

ただ、実戦で使えなきゃ意味のない知識、というわけではもちろんなく、知っているという事はとても大きい事で、それは使えるようになるまでの既に半分の道までこられているという事です。

 

 

 

 

学生時代に沢山勉強されていた方は、会話ができるような感覚になるまで少し時間がかかるかもしれませんが、ある程度の感覚がつかめてくると、逆に元々の知識があるのでそこからが強いです。

 

これからの生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

出版社向けシステム会社で頑張る為の英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に寒くなりました。

 

でも寒くなればなるほど、ウインタースポーツが盛り上がってくるような気がします。

 

日本人ならやっぱりフィギュアスケート。楽しみですよね~!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在出版社向けのシステム開発を行っている会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンを受けられることになったきっかけは、将来仕事でも必要になるかもしれない事、そして大好きな海外旅行でしっかりと話せる英会話の力を身につけたいから、という事でした。

 

素人目にみても、出版業界はネット社会に突入してからは、本当に激動の時代に入ったように感じます。

 

これからも厳しい戦いが続いていくと思いますが、本日の生徒様のお勤め先は、システム部門を専門にする会社ですから、システムの部分から少しでもこの出版業界に貢献できることを目指されています。

 

本日の生徒様はまだ新入社員で、仕事を覚える事に必死でいらっしゃいますが、それでも終身雇用なんてことは当然想定されておらず、今後のキャリアの為に、いつ、どこの会社で英語が求められるか分からないから、という気持ちでいらっしゃいました。

 

今の会社に愛着を持ちつつ、それでも厳しい時代。

 

いつ何があるか分からないこの時代を生き抜いていくためのツールの1つとして、英会話のトレーニングを選ばれました。

 

 

 

 

若い方々は飄々としているという風にも言われますが、奨学金の返済などでとても苦労されている方は多くいらっしゃいますし、しっかりとそんな中で自分の未来をきっちりと見据えていらっしゃる方も沢山いらっしゃいます。

 

アデュールの生徒様の中には新卒一年目で、仕事だけじゃだめ、もっともっとやらなきゃ。という姿勢で英会話を習っていらっしゃる方が多くいて、皆さん、本当に素敵だなと思います。

 

 

 

 

学生時代は自分の専門分野の勉強に明け暮れていらっしゃったようで、英語については授業で受ける程度だったという事もあって、今の英語力はご自身で0点と評価されていました。

 

0点はあまりにも、とは思いますが、その根拠は海外で迷子になった時、どうにもこうにもならなかったことが原因のようでした。

 

人に道を聞こうとしても、とにかく口頭の説明ではうまく分からない。

 

行った先行った先で違う事を言われる。

 

相手が間違っているのか、自分の聞き方が間違っているのか、もう一生分の体力を使ったのでは、と思う程の経験だったようです。

 

帰国して感じられたのが、中高の英語の授業、受験でまとめて勉強しても、実際の自分の英語力はあの程度なのか、という自分への失望感とのことでした。

 

 

 

 

この気持ち、似たような経験をされたことがある方なら共感できるのではないでしょうか。

 

誰が考えても、中高の英語の授業に受験、大学の授業と聞けば、普通に会話はできるはず、と思ってしまいます。外国人が聞けば普通の会話はできるんだろう、と思われると思います。

 

自分でさえ、いざとなればある程度はできるだろう、と錯覚に陥る。それくらい、英語学習の期間、という事だけでいうと、多くの日本人の方が積んでいらっしゃいます。

 

 

 

社会人になり、キャリアの為にも、そして、錆び切った自分の英語力を磨く為にも、これから頑張りたい、という事でした。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

モデルエージェンシーと育児の為の英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に11月最終週になりました。今週末は12月ですからね。当たり前ですが。

 

忘年会シーズンに入り、そろそろ夜の街はお祭りモードに入りますね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在モデルエージェンシーを経営されている方で、今回お申込みいただいたのは、外国人とのお仕事、海外案件だけではなく、インターナショナルスクールに通う子供たちの事も考え、親である自分も英語がもっとできるべきだ、という親ごころも大きな動機となっているとの事でした。

 

 

子供をインターに通わせると、やっぱり親御さん達の自分たちに英語力を見直す機会になるものだと思います。

 

実際にアデュールの生徒様の中で、子供がまだ乳幼児のころから、子供将来の為に自分も英語を、という意識の高い方は勿論、子供をインターに通わせはじめてから、外国人の先生や、親御さん、関係者など色々な英語環境に自分も入っていくなかで、「体で」英語が必要と感じられるようになる方が多くいらっしゃいます。

 

そして、そして親心、ということもとても大きいと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様はずっと昔に日本人の先生に英語のレッスンを受けていらっしゃったようで、その時の印象がとてもよかったため、今回も日本人の先生にお願いしたいと思われたようです。

 

一番のポイントはしっかりと聞けること、分からない事をしっかりと潰せる事、そして、最も大きなポイントは、同じ日本人なので、先生との付き合いの中で、英語学習以外の部分で、変な気を回さずに済む、という事でした。

 

外国人の先生にならっていた際は、外国人だから許していたものの、正直な所、どうしたものかと色々対応に悩まれることも多かったようです。

 

そこも英語を習う上で、異なるバックグラウンドの人たちの異文化コミュニケーション、という考え方でいえば1つの必要な環境と考えられなくもないですが、それと英会話レッスンを混ぜる必要もないように思います。

 

英語のレッスンは英語のレッスン、そういう異文化コミュニケーションの場はまた別のそういう場所で、という考え方でもよいと思います。お仕事で外国人が職場にいらっしゃる方であれば、そこで十分「異文化の人たちとの交流を経験する」ことはできます。

 

英語のレッスンはあくまで「語学を学ぶこと」です。

 

 

特に初心者の方には、それ相応の細かいケアがないと、「さあ飛び込め!」だと、心が折れてしまう方は少なくありません。

 

 

 

 

という事で、本日の生徒様は改めて日本人の先生で頑張っていきたい、という事でした。

 

といっても、元々学生時代から机に向かって勉強する、という事は基本的に得意ではなかったようで、前の先生の時も、細かい文法の確認などの時は、ウトウトとしてしまう事があったようです。。笑。

 

必要な部分ではありますが、そこは自分でできる部分でもあります。

 

ご本人の希望通り、会話レッスンを前面に出して、まずはレッスンを楽しく、英語を話す事を楽しく、進めていただきたいと思います。

 

 

今回の体験レッスンはとても楽しく出来たようで、これなら頑張って続けられそう!という事でした。

 

人それぞれ得手不得手はありますし、大切なのはその方に応じたアプローチ、そして続けられる内容だと思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外の採用イベントでの英語コミュニケーションの為の英会話レッスン

こんばんは!

 

大相撲、白鵬は優勝争いから落ちましたね。

 

鶴竜かな。石浦、まだまだ頑張ってほしい!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンお生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、内資系のホテルにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、会社の方針として、これからどんどん外国人を採用していくという事で、それに伴い、こちらの生徒様が来年、海外に採用イベントに行かれる事になられたようです。

 

そこでしっかりと英語でやり取りできるように、というのが今回スタートの理由との事でした。

 

民泊で東京の宿泊施設が足りないというニュースはしばらく取り上げられていましたが、オリンピックまではまず状況は変わらないのかなというのは、素人目に感じる所です。

 

 

 

 

こちらの生徒様の会社の外国人採用方針については、勿論、日本語が話せればよいのですが、日本語を全く話せない外国人もこれから採用していく、という事でした。

 

となると、当然同僚として一緒に働く日本人スタッフは、その人たちとのコミュニケーションツールとして英語が求められてくることは必須です。

 

もちろん、外国人スタッフも日本語を学ぶことは並行して進められるでしょうが、そこは日本語。

 

外国人にとって一から学ぶのはとても大変です。

 

 

 

 

日本人も英語を学ぶことの難しさはあると思いますが、何気なく私たちは生活の中で沢山の外来語をカタカナ言葉に変換して使っていますし、その数は莫大です。

 

そしてその数は日々増えていっていますし、IT業界ではあらゆる技術用語がカタカナ言葉になっているので、英単語を見た時に感覚的に意味が分かる方も多いと思います。

 

 

 

 

 

半面、日本語を初めて習う外国人にとっては、知っている日本語は、「SUSHI」、「SAMURAI」、「HARAKIRI」などなど。日本人が知っているロシア語は?に対するボルシチ、ウォッカ?レベルです。

 

そう考えると、ロシアに飛び込み、ロシア語が飛び交う環境でいきなり仕事をしろと言われているのと同じ話ですから、大変ですよね。

 

 

 

本日の生徒様は、とにかく日常的にこられる外国人のお客様に臆さない英語力、そして海外の採用イベントで現地エージェント、、面接者としっかりコミュニケーションを取れる事、この2点に焦点を置いて頑張っていきたいという事でした。

 

自分の対応次第で、面接する相手も自分の会社を判断してくる、と考えるととても責任重大ですよね。

 

当然、面接はこちらが相手を見る機会であると同時に、相手もこちらを見る場であるわけですから、「なんだこの会社は。。」と判断されれば、面接者から辞退、なんてことも勿論あり得ますよね。

 

 

 

 

という事で、レッスンではとにかく会話力、会話力、会話力、という事を強調されていました。

 

学生時代から、特に英語を聞く事に苦手意識をもっていらっしゃったようで、どれだけ単語を覚えても文法をやっても、いっこうに英語が聞こえるようにならない、という事をこれまで経験されてきたようですので、まずは自分が知っている単語や文法をメインにした文章を講師が話す事で、実際の音と、知識を結び付けられるようにしていく事がポイントになりそうです。

 

 

やれることは沢山あります。

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

建機メーカーのアジア担当営業として頑張る為の英会話レッスン

こんばんは!

 

東京に雪が降りましたね。

 

あまりにも早い雪にまだ体の準備が出来ていないので辛すぎました。。笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某建機メーカーにお勤めで、新卒一年目のピカピカの一年生。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされることになったきっかけは、アジア担当の海外営業として、これから英語力は必須のため、キャリアアップの為にしっかりと頑張りたい、という事でした。

 

日本の建機は強い。

 

そんな印象があるのではないでしょうか。しばしば海外での販売も好調な事がニュースでも取り上げられているのを見ますが、ここ数年の業績はどうなのですかね。

 

世界的に政治、経済が不安定な状況ですから、インフラ整備も控えめになるような気もしますが、新興国ではそれでも大規模開発が沢山ありそうです。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は入社前に数週間、フィリピンに語学留学に行かれ、そこで英語で話す事の楽しさ、そして英語が話せる事になる事で広がる自分の人生の可能性を感じられたとおっしゃっていました。

 

フィリピンに行くときのTOEICスコアは約600点。

 

それから入社まで英語の勉強に沢山時間を割き、今はTOEIC750点。

 

飛躍的な成長を遂げられていると思います。

 

 

 

 

ただ、TOEICはここからが大きな壁です。

 

800越えは700越えとはまた違う大きな大きな壁だと感じる人は多いですし、実際にTOEIC学習者の方々からもよく聞くお言葉です。

 

 

 

ただ、本日の生徒様はTOEICありきではなく、世界でのビジネスで通じる英語力。

 

そこに焦点を置いていらっしゃるので、あくまでTOEICは参考値。

 

今はもっぱら会話力に力を置きたい、という事でした。

 

 

 

アジア担当の営業というのもまたいいですね!

 

東アジア、東南アジア。

 

面白い国ばかりです!21世紀はアジアの世紀。

 

そんなアジアマーケットを舞台にこれから活躍されるこちらの生徒様、必ずや大きなチャンスを手にされる事だと思います。

 

 

 

 

 

今回の体験レッスンでは、今まであまり意識していなかった英語を話すスピード感や、細かい表現の使い分け、そんなところの大切さを感じられたようです。

 

今まではただがむしゃらに通じればOK,という感覚でこられたようですが、ここにきて、体験レッスンで冷静に先生の話す英語と自分の話す英語を比べた時、自分の大雑把な英語が痛い位に感じられたという事でした。

 

ゆっくり考えればもう少しきれいな英語にできる、もう少し気の利いた単語が出てくる。

 

それでも今この瞬間は会話のテンポを止めない為に、とにかくニュアンスが通じればOKなすぐに出てくる単語で済ましてしまう。そんな事は英会話レッスンを受けている方だけでなく、英語で会話をする機会がこれあでにあった方であれば、なんとなくイメージはつかめるのではないでしょうか。

 

実際の生活やビジネスの中では、それが成功法であることは少ないありませんよね。

 

スピード感が求められる現場では、「トロトロしゃべってないで、どっちがいいか早く答えろ!」的なプレッシャーをガンガン与えてくる人さえいますよね。ビジネスはスピードが全ては勿論ないと思いますが、往々にしてスピードは勝利の方程式であります。

 

 

ただ、英語の精度はどうでもよい、という話ではなく、現場は現場、英語力アップは英語力アップ。

 

別々で割り切ってやっていかないといけない事もあると思います。

 

 

本日の生徒様は、そういう意味でレッスンでは普段の自分の英語ではなく、レベルアップする為の英語を意識したい、という事でした。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!