自分の英語とリアルな英語をすり合わせる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

日本シリーズ、日ハムが頂点に立ちましたね。

 

さすがの勝利、という所でしょうか。でもカープもリーグ優勝。

 

本当に楽しませていただいたシーズンでした。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在エンタメ系の会社にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、お仕事で生かせる英語力をつけること、という事でした。

 

会社は海外にも拠点があるという事ですが、実際にこちらの方が海外拠点に転勤になるという事は基本的にないようで、現地スタッフは現地採用というのが基本方針だそうです。

 

 

それでも会社が海外に拠点を持ち、事業としてはグローバルな会社ですから、やはり英語ができる人も日本国内にも多くいて、英語力があれば、色々と仕事の幅が広がるだろうな、というのは入社以来、ずっと感じられてきたようです。

 

 

 

新卒で入社し、右も左も分からないままここまで突っ走ってきて、少し落ち着いた今のタイミングで自分にこれから何が必要か、と問われた時にまず最初に出てきたのが英語、という事でした。

 

 

 

 

実際に現在でも自分の業務周りに英語を使うような諸業務も沢山あるようですが、実際にはバイリンガルスタッフ、日本語が流暢な外国人スタッフがその業務を担い、英語の出来ない自分がその業務をやらせてください、とはなかなか今の段階では言えない、という事でした。

 

 

 

アデュールの生徒様の中にはこのように実際には自分が手を挙げればとりあえず英語を使う業務を少しでも出来る、という環境にいらっしゃる方が沢山いらっしゃいます。

 

ただ、多くの方がおっしゃるのは、その仕事を実際に手に取って、自分がマネージできる自身も根拠もない、という事でした。

 

それは英語だから、という事で、その業務内容そのものではありません。

 

 

 

 

皆さん当然自分のキャリアがあり、色々挑戦するものの、失敗は自分の評価にもつながる、というのはリアルな会社人の判断として常にあるものだと思います。

 

リスクがあまりにも大きすぎる事には触れたくない、というのは普通の感情だと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様がアデュールでのレッスンで望んでいらっしゃることは、自分の英語が正しいのかどうか、また他にはどんな言い方があるのか、など、まず自分の英語と世の中で実際に飛び回っている英語、その突合せをしたい、という事でした。

 

 

 

英会話レッスンを始めてすぐの初心者レベルの方であれば、この気持ちをが分かる方、とても多いのではないでしょうか?

 

まず、英語だけで会話が飛び交っている環境の中で会話をしていくことができないので、そもそも英語で会話を続けていく感覚がまず自分になく、それゆえに現場でどういう英語を使えば通じて、どういう英語だと変なのか、その辺りの判断も自分も学校英語で覚えた英語だけでは判断がつかない、という事です。

 

学校で習った英語は変だよ、なんて事を言う人などもいるので、余計にそう思ってしまうのかもしれません。

 

 

 

まずは英語だけで会話を続ける事をはじめ、自分の英語を確認し、またその英語だけの会話の中で先生が話す英語からも学び、そして気持ちに余裕が出てきたところで、海外のドラマや映画などで自分がその怪腕入っているような気持ちでセリフを聞いてみる、そんなこともリアルな会話のイメージを頭の中に叩き込む、という意味では効果があると思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

3つの目標を掲げてはじめる英会話レッスン

こんばんは!

 

日ハム3連勝。

 

なんだか今年の日本シリーズ。本当にスゴいですね。

 

広島に戻ってから広島がまたドラマを作るのか。本当に楽しみです!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、バーにお勤めで、毎日夜遅くまでお仕事をされているため、出勤前のリラックスした時間帯に自宅でレッスンを受けたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

毎日本当に遅くまでお仕事をされているようで、女性ですのでお肌も心配ですが、そこはやはりまだ20代前半の若いお肌。

 

まだまだプルプルのようです!

 

 

 

今回英語を学ぼうと思われたきっかけは、社員旅行でアメリカ行きが決まった事、そして、お客様で英語を話したい、というお客様が時々こられるようで、そういうお客様と英語で会話を楽しむ、という事も接客サービスの1つとしてモノにしたい、という事でした。

 

 

 

色々なお客さんがいらっしゃいますが、英語を話したい、という方は英語を勉強中、という人が多いのかなと思います。

 

少し英語を話せるようになると、やっぱり自分の英語力を試したい、という事で街中の外国人に話しかけたり、英語を話せる環境があれば、積極的に試したり、という事をする方は、積極的な性格の方であれば多く実行されることだと思います。

 

 

 

本日の生徒様のように、バーや飲食店の方などお酒のある場所でお勤めの方はアデュールの生徒様の中にも多くいらっしゃいますが、同じように英語を話したい、という方がいるという話はしばしばお聞きします。

 

接客のプロとして、お客様を喜ばせたい、と実際に英会話レッスンをスタートされるのはまさしくプロ魂だと思います。

 

業務時間内で他の業務もある中での少しの短い会話でも英語を話す事でお客さん、常連さんが喜んでくださるのであれば、と思うその思いは必ずお客さんのハートをつかむはずです。

 

 

 

 

本日の生徒様に限ってはこの接客に生かす、そして社員旅行で英語を使える様になりたい、さらに、ウォーキングデッドを字幕なしで観たい、という大きな野望を抱いていらっしゃいます。

 

海外ドラマ、色々なものがありますが、女性で海外ドラマにはまっていらっしゃる方はとても多いのではないでしょうか。

 

そこから英語の世界にのめりこんでいく、という事は容易に想像できますし、やっぱり字幕なしでこれが分かればな~、、と思うのはドラマ好きであれば誰もが感じる事でしょう。

 

私も1ドラマニアとして、その気持ちはとてもよく分かります笑。

 

 

 

アメリカのドラマは本当におもしろい!

 

皆さんはどんなドラマをみていらっしゃいますか? 今はHuluやU-NEXTなど色々な環境があり、海外ドラマをお手軽に観る環境が揃っていますし、通勤、通学の時に携帯で観ながら楽しんでいる方も多いですよね。

 

ポケベルやピッチの時代の20文字程度のPメールの時代では考えられない世界に入っています。

 

 

本日の生徒様はとにかくこの3つの目標を掲げてこれから毎日英語の勉強をされることになりました。

 

日々英語の触れる事、そしてただただ聞き流すだけでなく、意識して英語に向き合う事、それがとても大切です。

 

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

外国人の友人との英語で気づかされた自分の英語力

こんばんは!

 

日ハム劇的勝利でタイに持ってきましたね~。

 

昨日に続き、打つ人が打つべきところで打ち試合を決めています。

 

カープはここからが正念場ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、これまで英語の力をつけたいと思っていらっしゃったものの、なかなか踏み出せないでいたところ、あるきっかけがあり、真剣に英語を学ぶ事を決断されました。

 

 

そのきっかけとは外国人の友人だったようで、こちらの外国人のご友人は日本語がとても流暢なため、英語で話す必要は全くなく、全て日本語で問題なく会話ができるようなので、先日、一度自分の英語力を試したという事で、英語で会話をされたようです。

 

そしてその時にあまりの自分の英語の力のなさに愕然とされたようで、これではダメだ。。と感じられたとの事でした。

 

 

 

ご友人からレッスンを受けるというのは軽い気持ちならできても、毎週コンスタントにしっかりと目標を持って、となると、さすがにご友人もそれはなかなか責任のあるものですし、そもそも本人が希望しているのではなく、自分からお願いするとなると、そこのモチベーションもどうなのかな、、と悩まれ結局は英会話レッスンを別で受ける事を決められました。

 

ご友人とはたまにちょっとしたことで英語の質問や英語の会話をするというのは全然ありだと思います。

 

 

 

ただ、外国人の友人がいて、かつ英語の勉強に必死な方はご経験があるかもしれませんが、英語の質問など、「英語を学ぶ」というインテンションでの会話を何度かしていくと、あるラインで、必ず友人から、英語の先生じゃないんだからこういう話題はもう勘弁してよ、、という温度感が出てきます。仕事じゃないんだから、、という風な雰囲気を出されると、確かにそうだ。。と普通は納得できるものです。

 

勿論、優しい外国人の方は沢山いて、そこまで頻繁でなければ丁寧に教えてくれる人も沢山いますが、やっぱり程度の問題が出てきます。友人であり、先生と生徒ではない、という風に普通に誰もが感じる会話内容、その程度を維持しておかないと、相手はなんだか変な気持ちになっていくものです。

 

それが異性であれば、下心がエネルギーになって、かなり優しい英語の先生になってくれることもありますが、それもやっぱり下心というエネルギーですから、脈なし、と判断された段階でその「良好な」関係は終わりますし(笑)、そうでなくても執拗なデートの誘いやそっち方面のアプローチをかわすのが結構面倒、、という事も実際は多くあるもので、そんなバランスをうまく取りながら1年、2年続けていくのは現実的には難しいですし、何より「面倒」です。女性ならその感覚、とてもよく分かるのではないでしょうか。

 

 

 

本日の生徒様は以前グループレッスンで英会話を少し習われたようですが、自分にはマンツーマンと感じられたようです。

 

その理由は、結局大人の英会話では、個人間で微妙な英語の力の差があって、どうしても画一的なレッスンには限界を感じると思われたからです。

 

自分の英語力のせいで他の生徒さんに迷惑をかけることもあれば、逆もしかり。

 

それならいっそのこと、自分だけの時間になるマンツーマン、という風にボンヤリと以前から感じていらっしゃったとの事でした。

 

 

 

やるなら転職の際に英語できます!としっかり言える英語力をつけたいという事でした。

 

目標はまずはTOEIC750。

 

 

ここまでは力業で十分到達可能なエリアだと思います。

 

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ご友人の息子さんの外国人奥様がきっかけで始める事になった英会話レッスン

こんばんは!

 

ついに日本シリーズ第三戦が始まりますね。

 

北海道ですから、日ハムも黙ってはいないはず。またおもしろい展開になりそうですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様は現在、定年退職された旦那様と毎日色々な所に出かけながら、趣味の海外旅行は一人で行かれるほどアクティブな生徒様。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、この趣味の海外旅行だけでなく、ご友人の息子さんが外国人女性の結婚され、そのため、英語を話せないご友人がこの息子さんの奥様とのコミュニケーションで苦労されているので、少しでも自分の英語力で助ける事ができれば、という思いから始められることになりました。

 

 

とてもご友人思いの生徒様ですね。

 

ご友人は息子さんの奥様とは直接英語での会話は到底できないため、メールでちょこちょことやり取りをするようですが、それでも英語でのメールということで、1つ1つ単語を理解しながら、返信するのにも時には1日がかりの作業になるような事もあるようです。

 

 

 

 

それでも息子のお嫁さん。

 

お母さんからしたら優しくしてあげたいし、なんでも相談にのってあげたい。

 

それは国籍が違えど、母親としての気持ちは変わるものではないのですね。

 

 

 

大好きな息子が愛する人。

 

それならお母さんもその人を愛するのようになるのでしょう!!

 

 

 

 

 

という事で、そんな必死のご友人を傍でいつもみていらっしゃる本日の生徒様は、そのコミュニケーションの苦労をいつも気にされていて、メールの手助けなどは頻繁に行っていらっしゃるようです。

 

ただ、自分自身もご友人よりは少し英語が分かるといってもまだまだ初級レベルという事で、実際には息子さんの奥さんが送ってこられるメールの内容が分からない事も多々あるようです。

 

 

 

そんな時はご友人と辞書をみながらこうでもないああでもないと言いながら色々考えるようです。

 

 

 

 

 

この自分の英語力をまざまざと感じさせられることになったご友人の奥様からのメール。

 

これが本格的に英会話を学ばなくては、という強い動機になったようです。海外旅行も勿論大きなきっかけにはなっているようですが、いかんせん海外旅行で現地で話す相手は基本的にお店の店員さんやホテルの従業員の方々。

 

皆さん客商売ですから、基本的につたない英語も理解しようとしてくだるものですし、変な緊張感も基本的には生まれないはずです。

 

 

 

でも、こういう風に実社会で、普通のコミュニケーションとして英語が必要とされる環境に入ると、やっぱりリアルな英語に触れ、自分のなさを余計に感じたりするものです。

 

 

 

 

まずは基礎の英語力をつける事と、そしてアウトプットのトレーニング。

 

ここに主軸を置いていらっしゃいます。そしてこのご友人の息子さんの奥様のメールで気づいた自分が想定していない会話でもとっさに理解できる瞬発力、そういう力もつけたいと強く希望されていました。

 

 

 

 

とにかくボキャブラリがないと。

 

もしこのメールの内容を会話の中で聞かれたら、間違いなくパニックになってしまう、と話されていました。

 

それゆえに、分からない事もしっかりと自分の中で分かるように聞ける会話力、そういう基礎の基礎の力をつけていきたい、という事でした。

 

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

海外へ宝石を買い付けに行くために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

日本シリーズ、間もなくその時が訪れますね!

 

いや~楽しみです。

 

とにかく楽しみです。プロ野球ファンのみならず、多くの日本人の方がこの時を待ち望んでいたことでしょう!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在宝石販売のお仕事をされており、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お仕事で海外に買い付けに行くことが多くあり、その時にしっかりとした英語を話せるようになりたいから、という事でした。

 

 

宝飾業界。

 

華やかなイメージですし、お金の匂いもプンプンします笑。

 

それだけ宝石の魅力があるからお金が集まるわけで、純粋に宝石そのものを考えると、やっぱりすごい魅力ですよね。

 

 

 

本日の生徒様は大学卒業以来ずっと宝飾業界にいらっしゃり、根っからの宝石マニアとご自身でもおっしゃっていました。

 

宝石について詳しいというのはなんだか素敵です。

 

 

 

 

 

現在の仕入れ先は香港、そしてアメリカ、その他の国少々、という状況で、やはり英語がメインのお商売との事です。

 

宝石そのものの知識は十分お持ちですが、やはり基本的なコミュニケーションのところで時間がかかってしまうという事をなんとか避けたい。

 

これが本日の生徒様の切実な思いのようでした。

 

 

 

 

若い時から海外で仕入れをし、色々な地域や宝石に魅せられここまでこられたので、その好奇心から英語をしっかりと学ばずとも、実戦でなんとか英語を自分流で使ってこられたため、会話のキャッチボールをする、という点でいえば、かなりの確率で成立するところまでは力をつけていらっしゃるようです。

 

 

 

 

ただ、こちらの生徒様がおっしゃるのは、完全にめちゃくちゃな英語で、相手にどうにか理解しようと努力してもらっている、というのが現状のようです。

 

自分の話している英語がおかしく、これでは伝わらないのでは、と思いながら色々という中で、相手が「つまりこういうことを言いたいの?」と言われて、「そうそう!」と伝える。

 

そういう綱渡りの会話に自分でもそろそろ終止符を打たないといけない、そう感じられているのが今のタイミングという事でした。

 

 

 

 

最初は誰だってそういう段階を通ります。

 

上手くきれいな英語の文章で複雑な事をシンプルに伝えるのはとても難しいですし、知識と経験がとても多く必要です。

 

だからこそ相手が推測してくれることは会話を成立させる上ではとても大切なポイントになってきます。

 

助けてもらってなんとか成立する英会話。

 

初心者の英会話はこの状態に頼らざるを得ません。

 

 

でも、ここから壁を超える。それがまた英語学習の楽しさだと思います。

 

ちょっとひねった英語のジョークなんかを言えると、素敵ですよね。

 

 

 

 

 

本日の生徒様はまず、自分が話す英語の中で明らかにおかしい英語の文法や発音、文章の組み立て、逐一指摘してもらいたい、という事でした。

 

感覚的に話しているため、いまだにどうおかしいのかもあやふやで、修正したくてもあまり勉強に時間をかけられないため、よくわからないまま、とりあえず通じたしこれでいこう、となってしまう。

 

そこからしっかりとただしていく時間をこの英会話のレッスンの時間にしようと決められました。

 

 

 

やるからにはしっかりとした英語を身に着けます!

 

と気合十分のこちらの生徒様。

 

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!