自分の英語とリアルな英語をすり合わせる為の英会話レッスン

2016年10月31日

こんばんは!

 

日本シリーズ、日ハムが頂点に立ちましたね。

 

さすがの勝利、という所でしょうか。でもカープもリーグ優勝。

 

本当に楽しませていただいたシーズンでした。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在エンタメ系の会社にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、お仕事で生かせる英語力をつけること、という事でした。

 

会社は海外にも拠点があるという事ですが、実際にこちらの方が海外拠点に転勤になるという事は基本的にないようで、現地スタッフは現地採用というのが基本方針だそうです。

 

 

それでも会社が海外に拠点を持ち、事業としてはグローバルな会社ですから、やはり英語ができる人も日本国内にも多くいて、英語力があれば、色々と仕事の幅が広がるだろうな、というのは入社以来、ずっと感じられてきたようです。

 

 

 

新卒で入社し、右も左も分からないままここまで突っ走ってきて、少し落ち着いた今のタイミングで自分にこれから何が必要か、と問われた時にまず最初に出てきたのが英語、という事でした。

 

 

 

 

実際に現在でも自分の業務周りに英語を使うような諸業務も沢山あるようですが、実際にはバイリンガルスタッフ、日本語が流暢な外国人スタッフがその業務を担い、英語の出来ない自分がその業務をやらせてください、とはなかなか今の段階では言えない、という事でした。

 

 

 

アデュールの生徒様の中にはこのように実際には自分が手を挙げればとりあえず英語を使う業務を少しでも出来る、という環境にいらっしゃる方が沢山いらっしゃいます。

 

ただ、多くの方がおっしゃるのは、その仕事を実際に手に取って、自分がマネージできる自身も根拠もない、という事でした。

 

それは英語だから、という事で、その業務内容そのものではありません。

 

 

 

 

皆さん当然自分のキャリアがあり、色々挑戦するものの、失敗は自分の評価にもつながる、というのはリアルな会社人の判断として常にあるものだと思います。

 

リスクがあまりにも大きすぎる事には触れたくない、というのは普通の感情だと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様がアデュールの日本人講師のレッスンで望んでいらっしゃることは、自分の英語が正しいのかどうか、また他にはどんな言い方があるのか、など、まず自分の英語と世の中で実際に飛び回っている英語、その突合せをしたい、という事でした。

※日本人講師だからこそ、日本人目線で教えられる事は多いものです。日本人講師のメリットについてはこちら

 

 

 

英会話レッスンを始めてすぐの初心者レベルの方であれば、この気持ちをが分かる方、とても多いのではないでしょうか?

 

まず、英語だけで会話が飛び交っている環境の中で会話をしていくことができないので、そもそも英語で会話を続けていく感覚がまず自分になく、それゆえに現場でどういう英語を使えば通じて、どういう英語だと変なのか、その辺りの判断も自分も学校英語で覚えた英語だけでは判断がつかない、という事です。

 

学校で習った英語は変だよ、なんて事を言う人などもいるので、余計にそう思ってしまうのかもしれません。

 

 

 

まずは英語だけで会話を続ける事をはじめ、自分の英語を確認し、またその英語だけの会話の中で先生が話す英語からも学び、そして気持ちに余裕が出てきたところで、海外のドラマや映画などで自分がその怪腕入っているような気持ちでセリフを聞いてみる、そんなこともリアルな会話のイメージを頭の中に叩き込む、という意味では効果があると思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

英会話初心者レベルでは不安も多いものです。そんな方は、アデュールの初心者の方へ向けた4つの取り組みも是非ご参考になさってください。

 

本日は以上です!