海外とのメールのやり取りが必要になってきた為に始める英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表の運命の試合が近づいてきました。

 

この2連戦、本当に落とせない戦いだけに、ドキドキしますね。頑張れニッポン!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在商社のバックオフィスでお仕事をされていらっしゃり、為替を扱う部門で海外とのとの英語でのメールのやり取りが必要になってこられたため、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

 

 

今でこそ、あらゆる業種で海外とのやり取りがあるようになってきていますが、一昔前までは、海外といえば商社マン、そんなイメージがとても強かったのではないでしょうか。

 

今でもそのイメージはあると思います。

 

商社も専門商社、総合商社、色々ありますし、実際の業務もそれぞれなのでひとくくりにする事自体が難しいとは思いますが、それでも商社=海外、というイメージはやっぱり強いですね。

 

 

 

 

 

本日の生徒様の会社は海外にも複数拠点があり、本当にグローバルな会社として知られており、ご本人も会社愛をとてももっていらっしゃるようでした。

 

やっぱり大きな会社の名前が入った名刺はいつの時代もパワーがありますし、そこに自分の名前があると、ムフフ。。と思ってしまうものだと思います笑。

 

 

 

 

 

英会話については、これまでは特別に習ったご経験はないようで、入社時もTOEICは一応受けさせられたものの、あくまで参考値として受験で、特にその後も会社から英語力の強化、TOEICスコアアップを求められることもないようです。

 

ただ、実際の業務が、それを求めてくる、というこの現実。

 

上の人に言われたり、会社から言われるより、実際の業務に英語が必要な事を突き付けられる方が、ある意味あきらめがつくものです笑。

 

自分のせいで部署の業務が回らない、効率が悪くなる、というのはさすがに誰しも避けたいですし、そこから英語学習をはじめなきゃ、というのはとても強い動機になります。

 

 

 

 

という事で本日の生徒様、あきらめがついたようで、今回英会話レッスンをスタート、という事になったようです。

 

ただ、その表現はなんとなく英語学習に対して積極的ではないようなイメージですが、実際の体験レッスンや色々なお話の中では、全然ネガティブな雰囲気はなく、とても前向きな方だという印象を受けました。

 

 

どんな事でも物事を前向きにとらえていく、そういう姿勢を常に意識していらっしゃるのかもしれないですし、単に天性の才能なのか、それは分かりませんが、担当した講師もその生徒様のさわやかで前向きな姿勢にとてもよい印象を受けていたようでした。

 

 

 

 

業務の中では、今は英語でのメールがベースで会話をする必要はないようですが、将来的な事を考えると、会話もやっておくことが現実的な対策だと思います、という事でした。

 

本当にそうだと思います。

 

アデュールの生徒様の中には英語はできなくて大丈夫、英語力は求めていない、なんて入社時に言われながら、その数年後には英語での会話ができないと生きていけない現場に放り込まれている生徒さんが沢山いらっしゃいます。

 

あの入社時の話はなんだったんだ~~~~~~!!!

 

なんて言ってもその時はその時、でかたずけられてしまうのが、変化の激しいビジネスの世界だと思います。

 

 

本日の生徒様も今後の対策として、会話も頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!