社内で英語を使う部署に異動できる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

香川選手のドルトムント、ドイツ杯で決勝進出。

 

クロップ監督に最後に1つお土産をという選手の気持ちが作りだした勝利ですかね。

 

決勝が楽しみです。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、今回は、将来的にお仕事でいかせるようにしたい、という事でアデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

目標は仕事で絶対にいかす、というポイントを置いていらっしゃるところに、そのとても落ち着いた風貌からかはみえないメラメラとした情熱を感じました。

 

 

 

 

もともとこちらの生徒様は、韓流ブームもあってか、学生時代に韓国に留学されていたこともあり、ハングルは既に日常会話レベルは全く問題ない、という事で、今回は第三言語としての英語マスターとなるようでした。

 

他言語を1つ話せるようになると次の言葉の習得も容易になる、というのはよく聞く所ですが、こればっかりは人それぞれですかね。

 

実際にハングルと英語では、自体も違いますし、ルーツが大きく異なります。

 

スペイン語、ポルトガル語、英語というようなルーツを共にする言葉とはまた大きく異なる所があり、ここに難しさがあるのは事実だと思います。

 

 

 

 

実際にアデュールの生徒様でも、アジア圏の言語を話せるようになっても、英語はこれまでとても苦労してきた、と最初に話されていた方はとても多いです。

 

逆もしかりで、中国、韓国の方々が、本国で、日本のアニメなどに影響を受けて、ネイティブレベルとまで思わせられるほどに日本語をマスターしても、英語はまた別次元、という事をおっしゃっている方もいらっしゃいます。

 

 

 

とはいっても、そこは一度決めた事。

 

やるからには、やってみせる。それが今回のこちらの生徒様の心持ちでした。

 

力強いですね!

 

 

 

 

実際に現在のお仕事では、得意なハングルを使ってお仕事をされる事が多いようですが、英語を使って行う部署もあるようで、これからの英語力次第では、英語を使う部署で働く事もできそうという事でした。

 

 

 

お仕事場でこういうチャンスがあるというのは本当に良い事ですね!

 

近くに英語を使って仕事をしている人をみると刺激を受けますし、学習のモチベーション維持にも大きく貢献してくれます。

 

 

 

どれだけの人が知人や友人が流暢に話す英語をみて、それに憧れて英語学習をスタートされたか。

 

莫大な数にのぼるはずです。

 

 

 

本日の生徒様は、もし英語を流暢に話せるようになったあかつきには、今の職場での部署異動だけでなく、他の会社への転職も視野に入れていらっしゃいます。

 

 

もっともっと新しい世界、舞台でチャレンジしてみたい。

 

そうおっしゃっていました。

 

 

 

トリリンガル。

 

とてもかっこいい響きですね。

 

 

 

業務によっては本当に人件費を1人分削れる事もできるわけで、その価値はこれだけ技術が進んでいる現代であっても健在です。

 

 

 

言葉は生き物であり、そこに全て自動化、という所の難しさがあるのだと思います。

 

また、完全に自動翻訳されても、その国、その地域の言葉で意思疎通をはかることは、単に伝えたい事を伝える、聞きたい事が聞けるだけでなく、文化や歴史、色々な価値観を同時に感じながら話せる事だと思います。

 

 

その言語独特の言いまわし、音の響き。

 

それはとても新鮮です。

 

 

 

本日の生徒様の今後に期待です!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

オーストラリアへのワーホリの準備の為の英会話

こんばんは!

 

明日は祝日。

 

もう気持ちはゴールデンウィークに突入されている方も多いと思います。

 

お天気も大きく崩れる事もないようでよかったです!!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様はオーストラリアにワーホリで1年間行く事を考えていらっしゃり、それまでに出来る限りの英語力をつけておきたい、という事で今回お申込みいただきました。

 

 

 

ワーホリの定番オーストラリア。

 

仕事経験だけでなく、実際に現地で長期で生活する事を経験するという意味で、本当によい機会だと思います。

 

多くの人が行けるなら行きたい。

 

そう思っているはずです。

 

 

 

オーストラリアかカナダか悩む~~~、なんて声もよく聞きますね。

 

雄大な自然のカナダ、キレイな海のオーストラリア。

 

誰でも悩むポイントだと思います。

 

 

 

本日の生徒様は、悩まずオーストラリアだったようで、それはやっぱりなんだかオープンな感じの空気感が良い、という事でした。

 

 

 

 

コアラにカンガルーですからね。

 

なんだかのんびりした感じもあって、それでいて色々な国の人達が集まってきていて、なんだかワクワク感があります。

 

 

 

 

という事で、目標を約1年後に設定されているこちらの生徒様は、とにかくそれまでに英語力を高めていきたい、という事でした。

 

普段から色々とご自身で勉強されているようで、その成果あって、やはり体験レッスンの中でも講師からその豊富なボキャブラリに高い評価を受けていました。

 

会話の中でも英文作成も基本的な所は落とさずしっかりと話されていたようでしたし、何よりも積極的に話そうというその姿勢が一番の英語力向上のポイントの一つだと思います。

 

 

 

 

沢山話して沢山間違えて沢山感じて、そして成長していく。

 

最低限のミスで、最大の成果を獲得していく。

 

そんな事ができる天才はわずかで、やっぱり実際にどんどん使ってみて、全然通じなかったり、通じてもニュアンスが変だったり、また言葉が出てくるのに詰まったり、そうやっていろんなその場その場で起こる事、感じる事を自分なりにどう噛み砕いていくか、そこがポイントですね。

 

 

 

 

本日の生徒様は、今後の強化ポイントは圧倒的にリスニングという事で、なかなかうまく聞き取れない事が多い、というのが一番の悩みの種のようでした。

 

日本で生まれ、日本で育った人にとって、しっかりと英語で話しこむ、という経験はそう多く持っていない場合が多いです。

 

 

 

そもそものリスニング力、というのも、そもそもの基本的に日常生活の中で使われる表現、言い回しをただただ知らないが為に苦戦する事はとても多いです。

 

 

 

英語で話すって事がよく分からない、手探りの状態では、なんとか意思は伝えられても、相手の言っている事を後で解説を受けた時に、えっ、そんな言い方してたの?そんな言い方英語であるの?そんな言い方しちゃっていいの?みたいな自分の中で使うはずがない、こんな所で聞く単語じゃない、と思っていた、みたいなでつまづく事が多いです。

 

そんな言葉想定もしていなかっただけに、柔軟に頭を働かせば聞こえたものが、全く違うものに聞こえていく、という事は少し英語を勉強しだした方なら想像できるはずです。

 

それは、お仕事で英語を使っていらっしゃる方が、自分の知っている分野の事を話されている時に、その話題にはなんとなく英語でもついていける、という事の反対の現象ですね。

 

仕事の事はどんな単語が出てくるか想像できるから、文章も聞き取りやすくなる。

 

でも、どんな言葉が出てくるか全く想像できない話題、トピック、になり、それがどんどん発展していくと、もうちんぷんかんぷん、という状態になったりしますね。

 

 

 

本日の生徒様は、どんな話題にもある程度理解できるリスニング力をつけていきたい、という事でした。

 

これからが正念場ですね。

 

今後のご活躍に期待です!

 

本日は以上です!

 

 

 

金融機関のキャリア組として生き残るための英会話レッスン

こんばんは!

 

気付けばもう夏!!!

 

ではなく、夏のような気候ですね。

 

こんな爽やかなお天気と、青い空、白い雲。

 

力がみなぎりますよね、この感じ!

 

カリフォルニアで世界を変動させる新しいサービスがわき出てくる事が納得できます。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在金融機関にお勤めで、日常的に英語でのメールのやり取りがある、という事で、今後は会話も含め、英語力を更に高めていきたい、という事で今回お申込みいただきました。

 

 

 

アメリカのウォールストリートがここまで世界を動かしてきて、金融の強さを個人レベルでも誰もがひしひしと感じるようになっていますが、中国のAIIBなどで、またこの世界も大きく変化していきそうですね。

 

いづれにしてもビジネス、経済、もちろん政治にもお金はつねにつきまとい、そこでの金融サービスというものは、今後グローバル化がさらにすすむなかで重要度はますます高まってくるはずです。

 

 

 

本日の生徒様は、the・金融マン、という感じで、パリパリとした雰囲気をお持ちですが、実際にお話するととても柔らかい雰囲気で、担当講師もとても楽しく体験レッスンが出来ていたようでした。

 

 

 

現在のお勤め先では、TOEICの基準点も設けられているようで、実務に必要な英語力だけでなく、会社からの評価の為にもTOEICのスコアを取る事もまた大きな学習の目的になっていらっしゃるようでした。

 

 

 

目標に縛られ、苦しみ、英語の習得が苦痛になるのは、やはり辛いものですが、目標を自分の中でどのようにとらえるかによって、それは英語学習にとって大きなプラスの要素にもなり得るものです。

 

会社から課されている、クリアしなければいけない、、、という思考が選考してしまうと焦りやプレッシャーが先にきてしまいますが、それをチャンスをとらえて前に進む方は、どんどん成長していらっしゃいます。

 

 

 

 

実際にお仕事で必要な方は、確実に力がついていらっしゃいます。

 

どんなスキルもそのスキルを実務で必要とされるような環境に入れば、その伸び方はとてつもない事は、お仕事を真剣にされていらっしゃる方であれば皆さん感じていらっしゃる事だと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様は、今求められていない会話力を、会社からの要求の先読みをして取り組んでいきたい、と話されていました。

 

一口に金融機関といっても外資系や国内金融機関、またその中にもメガバンクから信金まで色々です。

 

求められる水準、内容も異なりますが、今のお仕事場では確実にキャリア組の流れにのっていらっしゃるようで、ここからがまた大きな正念場、というような形でした。

 

 

それだけに、1つ1つのレッスンを無駄にせず、なんとなく終わるレッスンではなく、どういった事を習得しているのか、体系的な学習環境を作っていきたいという事でした。

 

 

昨日よりも今日、今日よりも明日。

 

そんな気持ちの強い方であればある程、このように今、この瞬間にも1つの結果を出したい、そんな思いが強いものです。

 

 

みなぎるエネルギーと熱意、そして大きな夢は講師もまた刺激してもらえるものです。

 

エネルギーとエネルギーがぶつかるところに、また大きな変革が生まれる。

 

シリコンバレーはそんな文化が街として根付いているんでしょうね。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です!

 

本日は以上です。

 

 

 

 

研究職の仕事で活かせる為の英会話

こんばんは!

 

今日はやっと晴れたと思えば、また雨。

 

今年は本当に雨が多いですね~。でも明日からはやっと晴れてくれるようで。

 

といってまた大雨、というのが今年の傾向ですかね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在研究職のお仕事をされていらっしゃり、今回、学会の発表など含め、基本的な会話力を強化したい、という事でアデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

既にTOEICでも高いスコアをお持ちの生徒様で、そこまでは独学で上げてこられたとの事でした。

 

素晴らしいですね。

 

 

 

一度や二度、TOEICに挑戦された事のある方であれば感じるところだと思いますが、TOEIC500点以下あたりのところからTOEIC700点台、800点代の人などをみると(英語力だけで言えば)その人達は神のようにみえるものです。

 

同じように日本の英語教育で育ち、同じように独学でそこまで行っているわけですから自分とは同条件。

 

なんてスゴイ人達なんだ、と純粋に感じるものです。

 

 

 

でも、当然ですが、その人達にとってはまたそのステージからみるその上のステージの人達がいるわけで、そこの人達に手も足も出ない自分に不甲斐なさを感じていらっしゃる事がまたとても多いものです。

 

一段階段を登れば、また違う景色がみえてくるとはよく言ったものです。

 

 

 

 

そして本日の生徒様は、ご自身でも自分で「勉強する」という方向性においては既に自信を持っていらっしゃるので、スピーキングの強化、という自分1人ではなかなか難しいこのポイントを強化していきたい、という事でした。

 

リスニングも自分で出来る。文法も、リーディングも全て自分でやる。

 

スピーキングの強化だけを徹底してほしい。

 

 

 

このように自分の中でリクエストが固まっている方、かなり具体的な方は、その成長はとてもはやいものです。

 

自分の英語力と真剣に向き合ってきたからこそ、そういう要求が出せるわけで、それはとてつもない合理的な方法の1つでもあります。

 

 

 

 

もちろん、その全てが正解、というわけではなく、レッスンの中で講師のアドバイスやレッスン内容の中で、新たな自分の課題や、今までの考えの誤解などが生まれる事も多くあります。

 

それでも、それはそれでまたよい発見です。

 

 

お母さんにだっこされながら、どこに行くのかもわからない赤ちゃんは、普通は変な所には行きません。

 

同じように信頼できる講師についていけば、普通は変な所には行きません。

 

目をつぶっていても。

 

 

でもやっぱり自分で行き先を決めて、そこへ最短距離で行ける道を専門家に聞く。

 

この姿勢はやっぱり強いですね。

 

 

 

目的意識、そして自分のゴールが明確だからこそ、普段の勉強も地に足がついた状態ですすめられますし、なによりも仮定があってそれを検証するという大きな作業にのせてすすめているので、モチベーションが違いますね。

 

なかなか細かい要求も出されますが、こういった生徒様の強い成長への意識は講師側からはもっともっと高い所に上げていってあげたい!と感じさせられるものです。

 

 

 

当面はご自身の納得される形ですすめていただきますが、必ず途中で知らなかった新しい世界を感じられるはずです。

 

そこからがまた次の面白いステージですね。

 

 

 

本日は以上です!

 

 

 

ホテル内でエステティシャンになる為の英会話

こんばんは!

 

プロ野球、動いていますね~!

 

今シーズンも激動の一年になりそうで楽しみです。

 

シーズン終わりにはどんなフィナーレになっているんでしょうね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、エステティシャンとご活躍していらっしゃり、今回、今の職場を辞められて、ホテル内での勤務を目指し、転職活動をされる事になりました。

 

そこで、海外のお客様に接する事、また英語面接もあるという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

 

 

 

 

ホテル内には色々な方々が働いていらっしゃいます。

 

ホテルでの通常の宿泊客への対応、というだけでなく、美容師さんだっていますし、もちろんシェフ、ウエイター、ウエイトレス、バーテンダーもいるわけです。

 

 

 

都心部のホテルでは、そういったお仕事の方々でも、英語力が求められる事は想像に難しくありません。

 

自分の専門のお仕事に加え、英語力。

 

これは普通の会社勤めのビジネスシーンにいらっしゃる方々であれば普通に感じられるかもしれませんが、こういった特殊な技術やスキルを持つ方々にとっては、当初思い描いていた働き方とは少し異なると感じる方々もいらっしゃると思います。

 

 

 

本日の生徒様は、そういった刺激的な環境を求め、今回転職活動をスタートされたという事で、是非、ご自身が思い描いていらっしゃるような職場でお仕事ができるようになっていただきたいと思います。

 

 

英会話レッスンははじめて、という事で、少し緊張していらっしゃるのかなと思いましたが、とても落ち着いて楽しくレッスンを受けていらっしゃいました。

 

実は以前、中国語を習っていらっしゃったという事で。

 

 

他言語を習う、という事に対して慣れていらっしゃったようです。

 

語学を学ぶという時に、他言語に横展開していく方はいらっしゃいますが、そもそもそういった方々は他言語、異なる文化への接触にとても積極的ですし、英語のみできればいい、英語オンリー、という思考とはまた異なる思考を持つ方々で、なんだかお話していると何か分からないですが、似たような所を感じさせられます。

 

 

 

 

色々な人がいて、色々な夢をみて、色々な人生を歩む。

 

そんな他人の自分とは違う異なる生き方に少しでも触れると、人間、色々な所で感化されるものです。

 

 

 

自分にない価値観、生き方であればなおさらです。

 

本日の生徒様は、とにかく今は英語面接に向けての対策。

 

という事で、有給消化されているこの時期に、がっちりと英語の勉強をつめこんでおきたい、という事でした。

 

 

 

社会人の方は、なかなか時間が取れない。

 

これが本当に大きな課題である事は、日本社会ではいつの時代も変わらないものです。

 

 

 

そんな中、できた時間を有効活用していく事がとても大切で、隙間時間もそうですが、こういったまとまった時間をしっかり使っていくこと、これもとても大切です。

 

 

英会話をされていらっしゃる方であれば感じられると思います。

 

10分、15分英語を話しているのと、60分話している時の感覚。

 

確実に後者の方が、もう頭の中が英語の世界にどっぷりつかっている事を感じているはずです。

 

そのなんというか、グッと入りきった感覚、というのはとても大切な事で、隙間時間の10,15分も勿論大切なのですが、グッと入れる時間も絶対に無駄にしてほしくないと思います。

 

 

新年度から、、また新しくお仕事を頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です。