アメリカ系金融機関のテレカンでしっかり話せるようになる為の英会話

こんばんは!

 

プロ野球、盛り上がっていますね~。

 

ジャイアンツはここからが踏ん張りどころですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、アメリカ系の金融機関でお勤めで、テレカンなどで意思疎通がうまくとれない時がしばしばあるという事でアデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

とても熱心にレッスンをここまで受けてきてくださったこちらの生徒様。

 

 

 

 

現在もお仕事の内容は変わっていらっしゃらないようで、自分の英語力を日々みせつけられる毎日だ、という事でしたら、そのお言葉には少し自信と余裕が混じっているように感じました。

 

ここまで本当に熱心にレッスンを重ねてこられ、レッスン内容も実務に直結した内容で、どんどん現場で使える表現を学んでこられた中で、ご自身の中で一定の結果を出せている、と感じていただけているようでした。

 

 

 

 

 

自分が成長している事を知る時、人は誰でも嬉しくなるものです。

 

なんだか前と違う、そう感じる時、新しい自分を感じて、改めて学習する事、成長する事の可能性、喜びをかみしめる事ができます。

 

 

 

 

本日の生徒様は、日々かなり高い英語力を求められるような環境にいらっしゃいますが、もう既にその中でも十分にやっていけるだけのコミュニケーションを付けていらっしゃるようで、今のレッスンではより発展的な内容に変更されています。

 

 

 

もともと、アメリカ系金融機関と言えど、国内にいる外国人は限られた人数で、かつ、不景気の今、日本国内に残る外国人はほとんどが日本語ペラペラの超エリート。

 

社内では基本的に日本語でも通じてしまう、という快適な環境でいらっしゃいます。

 

日本語の上手な外国人と会話をするとき、どちらの第二言語の方がレベルが高いかによって、コミュニケーション言語がその場でなんとなく決まっていくケースはよくあります。

 

 

 

 

プライベートであれば、英語を練習した日本人が英語を通す事もあるでしょうし、その逆もしかりですが、お仕事では学習した思考よりも、現実的な所ですすめていく、というのは当然に想定される事だと思います。

 

だからこそ、社内の外国人の日本語よりも自分の英語のレベルをあげていきたい、と感じる方は当然いらっしゃいます。

 

でも、ここ日本では日本語でしょ、と当然のように日本語で話す事を努力される真面目な外国人も沢山いますし、実際の所は現場によりまちまちですね笑。

 

 

 

 

本日の生徒様は、基本的には海外のメンバーを混ぜた状況でのコミュニケーション力の向上というのが一番ですので、国内の外国人とは快適に日本語で会話をされているようで、そういう意味では、言語によるストレスもそれほど当初から感じられていなかったのでしょう。

 

 

 

そして、海外との打ち合わせの時にはしっかりと結果を感じられるようになってきたとあれば、なんだかお仕事もかなり順調にすすみそうです。

 

もともと、現在の担当講師が金融やビジネス面にかなり精通しているという事も、こちらの生徒様と色々なディスカッションができるベースになっている事も大きいかもしれません。

 

英会話講師ですから、生徒様皆様の各業界の元出身者を完璧に集める、という事は現実的に不可能ですが、それでもやはり講師も人間。得手不得手もあれば、こけまでの経験もバラバラです。

 

今はとにかく充実しているとおっしゃっていただいたこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です!