電機メーカーで海外の関連会社とのテレカンに入る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の首都圏は雨のようですね。

 

気温は高めのようなので、嬉しい限りですが笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の電機メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、海外の関連会社とのテレカンに入らなければいけなくなったという事で、急遽英語力をしっかりとつけていかなければいけなくなったという事でした。

 

いきなりの英語を使った仕事、いきなりふられると、英語が苦手な方にとっては、本当に困りますよね。

 

特に、少しは話せるけど、仕事では使った事がないから、、という方ではなく、「英語は全くダメ」とはっきりと認識されている方にとっては、地獄への入口のように思えます。

 

本日の生徒様は、幸いにも前者のようでしたが、それでもいざテレカンに入ると、少しは英語ができると思っていた自分の自信をくじかれ、ほとんど理解できない場面もあり、これでは仕事にならないと痛感されていらっしゃるようです。

 

仕事で英語を使った事がない方にとって、初めて英語でやり取りされる場面に入ると、そのように感じる方は多いと思います。

 

日常英会話とは使う英語が異なる事もあると思います。

 

勿論その業界の専門用語については、その業界人であるので、聞き取れるという意味では、他の業界の人がパッとその会議に入るよりはアドバンテージはあると言えます。

 

それでも、所々で単語が拾えるだけでは、全体はかなりあいまいになりますし、仕事でやっている場合、その細部の理解がとても重要である事は多くありますよね。

 

というわけで、本日の生徒様は、会話力を徹底してあげていきたい、という事でした。

 

英語については、もともとは好きな分野ではあったようで、読み書きについては、少し気が向いた時に、英語の勉強本を買ったり、英語の勉強会に参加したりと、ちょこちょこ英語に触れてこられたようです。

 

それも今となってはほとんど意味がなかったと感じます、とおっしゃっていましたが、そんな事は絶対にないと思います。

 

今習う英語を次の会議ですぐに使う、聞く場面があるという事ではないと思いますし、習う単語や表現によっては、10年聞かない事だってあると思います。

 

ただ、10年後のある会議でひょっこりその単語や表現が出てきたとき、スムーズにその場面を理解できるという事が英語の成長であると思います。

 

10年も待てないよ~と思われた方、これはあくまで1つの例ですので、もちろん次の会議で使える単語、表現も色々すぐに学べます笑。

 

理解していただきたいのは、英語は結局の所、積み重ねなんですね。

 

勿論、ある定型の形をおさえれば、あとは、その中の名詞を変えるだけで、色々な便利な熟語にできる、みたいな潰しのきくようなものもありますが、そういう表現”も”ある、という事に過ぎず、それをもって、基本的な単語を覚える必要性が5割減る、なんて事は全くありません。

 

積み重ねで力がつくもの、という事をしっかりと理解して、最初からその気持ちで英語に向き合う事が、後々長く続けられる力になってくれます。

 

3か月でペラペラになった、なんていう言葉をどこかで聞いたり見たりすると、そんなお手軽なら私も、、なんて思ってしまいますが、その気持ちで始めると、道のりの長さを目の当たりにしたときに、気持ちが打ちのめされてしまいます笑。

 

本日の生徒様の今後が楽しみです。

 

本日は以上です!