IoTデバイス/センサーセキュリティ市場アナリストの為の英会話レッスン

こんばんは!

 

今年の節分は一日早まり、恵方巻きを食べ損ねた方、いらっしゃるのではないでしょうか笑。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の会社にお勤めで、サイバーセキュリティ等がご専門との事で、お仕事上、海外のITベンダーのカントリーマネージャー等にインタビューをする為、英語が必要、という事でした。

 

以前アメリカに少しの期間駐在されていらっしゃった事もあるようですが、当日は現地の日本企業をクライアントしていらっしゃったようで、業務上英語を使わない為、飛躍的な英語力の向上にはつながらなかったようです。

 

もちろんアメリカに滞在していたため、日常生活の中で英語が必要な場面はあり、そのおかげでリスニングは少し力がついたと感じていらっしゃいました。

 

ただ、現在もお仕事で英語を使うとなると、現在の英語レベルでは相手の会話についていくのがかなり厳しく、会話のキャッチボールとなると、もう少し英語力を上げなくてはまずい、との事でした。

 

ITの世界はやはり海外勢優勢なのか、アデュールの生徒様の中でも、IT分野についていらっしゃる方で、技術系の方は多くの方が海外の情報を得る意味で英語を学ぶ事に熱心でいらっしゃいます。

 

英語は好きじゃないけど、ITの世界は好き、という狭間に立たされる中で、英語を学ぶという選択をする方は多いと思います。

 

ITの世界で更に先へ進もうと思えば、英語をクリアしていかなくては厳しいというご判断だと思います。

 

本日の生徒様は、英語については、もともと好きという事ではなかった事もあり、やらなくてはという気持ちがあっても、大きく前に進み切れないという時期が長かったようです。

 

渡米時も、英語環境に入る事に、戸惑いもあったようです。

 

帰国後は、日常生活も日本語環境に戻った為、リスニングの力も落ちてきて、今は半分位しか理解できない状態にいらっしゃるという事でした。

 

仕事において、英語で相手の言っている事が100%理解できないというのは、不安の種になりますね。

 

8,9割理解できれば、前後の文脈で、基本的にOKでしょう。

 

ただ、5割になると、話の中で部分的に、ごっそりと理解できない所もあるはずです。

 

そうなってくると、大きなポイントを聞き落とす可能性もあり、それはビジネス上避けたい所だと思います。

 

本日の生徒様はとにかく話す事、聞く事の2つ、会話を鍛え上げたいという事でした。

 

目標をしっかりとそこに置きつつ、理想は英語でのコミュニケーションでも、意思疎通できる事だけに意識をおかず、その会話を楽しめる気持ちを持てる余裕が出てくれば、なおよい、という事でした。

 

英会話は、初級レベルやまだ自分の英語が全然だめだと感じている時は、どうしても会話の中で焦りが出てしまうものです。

 

相手の言っている事が分からない、相手の話すスピードになんとかついて行かないと、すぐに言葉が出てこない、言っている事が理解してもらえない、等、焦りポイントは様々ですが、自分の英語がダメという意識が、無駄に焦りを生んでしまっている事も多く、それが本来できるべき会話もできなくなるというような事態につながる事もあります。

 

楽しく話せるというレベルになるのは、英語に自信がついてきた、という事でもある場合がほとんどです。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!