赤ちゃんと一緒に学ぶ旅行英会話

こんばんは!

 

ハリルジャパン2戦目、快勝でしたね。

 

なんだかチームの雰囲気をみていたら、こちらまでその良い雰囲気が伝わってきます。

 

新体制、いいです!!!!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、2児のママ。

 

毎日忙しい家事をこなしながら、フルタイムではないものの、お仕事にも毎週数日行かれ、日々、とても忙しい時間を過ごしていらっしゃいます。

 

 

そんなこちらの生徒様が今回アデュールでの英会話レッスンをスタートされる事になったきっかけは、ヨーロッパにいる友人を訪ねる時に、しっかりと現地でコミュニケーションがとれるようになれる為、という事でした。

 

 

 

もともとお姉さまが小さいころからCNNなどを家で聞く程の英語好きで、今は高校の英語の先生をされているという事もあり、小さいころから英語学習の環境がずっとあったようです。

 

ただ、こちらの生徒様はお姉さまとは反対に、理系女子として学生時代を過ごされ、英語、英会話、という分野はとても遠い場所に置いていらっしゃったようです。

 

 

 

当時はリケジョなんで言葉はなかったのですかね笑。

 

そして、それから時は、経ち、お姉さまの刺激も十分受けながら、今回ヨーロッパ訪問の為に英会話を、という事に決められました。

 

 

 

やっぱりお姉さまの努力を近くでみてきて、英語を学ぶことに楽しさや、またその難しさなどもなんとなく感じていらっしゃっただけに、どれ位の事をどのくらいのスパンで継続していかなければいけないのか、などご自身でなんとなく今後の学習のイメージを持っていらっしゃいました。

 

 

 

小さいころから近くにあった環境というのは、不思議なもので、興味はないと思っていても、なんとなく自分の体の中に染み込んでいたりするものです。

 

両親のやっていた仕事に興味がなく別の道に進んだ方が社会人キャリアの途中で、ふとしたところから、ご両親お仕事の分野に入っていく、という事はよく聞きます。

 

 

 

小さい時は沢山の刺激や経験をしておくこと、これは将来の可能性という意味でもとても大切な事なんですね。

 

今回こちらの生徒様は、まだ小さい下の赤ちゃん同伴の英会話レッスン。

 

赤ちゃん同伴のレッスンをされる生徒様はアデュールの中でもとても多いですが、赤ちゃんの態度は本当に色々です。

 

 

 

こちらの生徒様は、とても静かなお子様のようで、英会話レッスンをしていても、基本的に邪魔される事はないと思います、とおっしゃっていました。

 

実際に少しグズグズする事はあっても、完全に中断して、という所まではいかなかったようで、とてもお母さん思い?の赤ちゃんでした笑。

 

 

本当に色々な子がいますからね笑。

 

おとなしい理由は、なんとなく上のお兄ちゃんが日々怒られているのをみて、それを反面教師としてとらえているのかな、という事でした。

 

 

理系ママのお子さんですからね。

 

自分の生き方や振る舞い方を既に、計算しているのかもしれません笑。

 

恐ろしい赤ちゃんです笑。

 

 

 

という事で、まずは赤ちゃんと一緒に基礎英会話をここからはじめていかれることになりました。

 

会話する事はとても新鮮と感じてくださったようで、またお姉さまの影響もあり、普段からどのように英語にアプローチしていくのか、という部分をとても大切にされていました。

 

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

リラックスして受けられる英会話レッスン

こんばんは!

 

桜は満開。

 

もうすっかり春です。明日は3月末日で、水曜日には4月に。

 

春、いいですね~。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在単身赴任で東京にいらっしゃるビジネスマンの方で、今回は赴任中に出来る限り英語力をあげておきたい、という事でお申し込みいただきました。

 

 

 

首都東京、世界都市東京。

 

単身赴任で沢山地方からいらっしゃいますし、今まではあまり取れなかった夜の隙間時間を有効活用、しようと考えられるのは自然な事だと思います。

 

 

 

単身赴任の方は、週末に帰らない方もどういう事情かいわっしゃいますので、そういった方々は週末もお時間が通常よりもできて英会話レッスン、という考えになってくださる方々も多いです。

 

 

 

アデュールの生徒様の中でも単身赴任で首都圏にいらっしゃって、英会話をはじめていただいた方々が多くいらっしゃいます。

 

家族とは離れ離れですが、でもそれはお仕事。

 

Noと言えない状況があったのでしょうし、どうせ避けられない道なら、おもいっきりその環境の中で出来る事をやってみよう、という思考に切り替えるのが一番ですよね。

 

 

 

東京に来て、色々と探索を楽しむのも1つだと思いますし、英会話の時間を作るのはやっぱり何よりもよいですね笑。

 

 

 

 

 

という事でこちらの生徒様、期限付きの東京生活ではありますが、今まで全く踏み入れた事のなかった英会話という世界。

 

実際にお仕事でも今は英語力を求められるような環境ではないようで、今現在もまだ英語に触れる環境には一切いらっしゃいません。

 

 

 

という事で今回の体験レッスン、非常に緊張されていたようでした笑。

 

講師がしっかりと対応させていただきますし、リラックスして受けていただければと思いますが、それでもやっぱり初めての事は誰でも少し緊張するものだと思います。

 

 

 

そして、こうして緊張しながらも体験レッスンを申し込んでくださった方々は、そもそも申込みの段階でもかなり時間をかけて、悩んだ末に申し込んでくださっているという事がよくあります。

 

実際に受けてみて、自分の語学力の低さで恥をかいたらどうしよう。

 

厳しい先生だったら、耐えられるだろうか。

 

そもそも今の段階からスタートして力をつけられるのだろうか。

 

 

 

色々な思考が体験レッスンお申し込みのボタンクリックを邪魔します。

 

でもそんな中で、「ええい!」と言ってお申込みしてくださったわけですからね。

 

 

そのお気持ちと勇気に対して、こちら側は敬意と、そして全力のサポートをさせていただかなくてはなりません。

 

なので強気に英会話はこうやって習うんだ!

 

なんて押しつける事は勿論しませんし、勇気を持って体験レッスンに来てくださった方々に、少しでも楽しんでいただき、「なぜあんなに緊張していたんだろう」と、その時の自分を笑い飛ばせるような楽しい、そして充実した時間にしてもらう事が使命だと思っています。

 

 

 

こちらの生徒様は、まずは基礎英会話から、という事でしたが、本当にゼロからのスタートで右も左もわからない状況なので、自宅学習なども色々指導してもらいたい、という事でした。

 

頑張る生徒さんは、英会話講師はみんな大好きです。

 

頑張ってくれている!というただそれだけでも、講師の熱意をさらに強くするものです。

 

 

是非これから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

外資系ホテルのマネージャーとして頑張る英会話

こんばんは!

 

週末は日曜日のお天気が悪そうなので、明日がお花見のメインの日ですかね。

 

大好きな家族とのお花見、久しぶりの友人とのお花見、新しい家族との初めてのお花見、数十年ぶりの日本でのお花見、色々な方々色々な事を感じながら、日本の美しい桜を明日は堪能するのでしょう。

 

キレイに咲き誇ってもらいたいです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、某外資系ホテルでマネージメントのポストにいらっしゃり、今回は英語力の向上を避けられないという状況からアデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

もともと面接時に英語は必要ない、と言われたにも関わらず、英語ができないと厳しい状況が少しづつ出てくる中で、もうこれ以上は逃げられない、という状況になってしまったようでした。

 

 

 

面接で英語はいらないと言われた。なのに。。。。

 

というこのフレーズ、本当によく聞く言葉で、英語が苦手な方、嫌いな方にとっては、どうしてなんだ~~~~~~!!!!!!!

 

とおもいっきり叫びたい状況だと思います。

 

 

 

でも、会社側の肩を持つわけではないですが、会社は生き物。

 

親方日の丸で、ほぼ永続的にその生存が保証されている組織ではなく、いつ何どきその生存を脅かされる事が起こるか分からない、自然界に生きるわたちたち動物と同じです。

 

生きる為には何かを変えたり、捨てたり、辛い選択があるものです。

 

会社もやっぱりそういう選択をしなければいけない時もあって、理不尽だと分かりつつも、従業員にその状況を理解してもらえるように努力する。

 

でもその程度がどこまでのものなのか、そこのバランスは法律や慣習、また常識的な所に照らし合わせて考える必要は勿論ありますが。

 

 

 

という事でこちらの生徒様、想定していなかった英語学習という新しいステージに入られる事になりました。

 

実際には、外資系のホテルという事ですが、日本国内で働く外国人社員は流暢に日本語を話す超エリート。

 

さすがですね。。

 

 

でも、どの外国人もそうですが、やっぱり読み書きが厳しい。

 

私達が小さいころからアルファベットに慣れ親しんでいる感覚とは違います。

 

 

なので、どうしてもメールのやり取りは英語ベースになるという事で、ここのところはずっとその英語のメールのやり取りをベースに英語力をつけてこられました。

 

そしてホテルの現場スタッフはというとそこは一流外資系企業。

 

しっかりと英語を話せるスタッフを現場に揃えていますので、現場に自分が出た時に英語で困る、というような事も起こらないようです。

 

 

 

現在は引き続き英語のライティングの力をつけることが、業務上は一番大切なポイントであり、レッスンでもライティングを中心に意識されていました。

 

 

ただ、会話力の向上も今後避けられない状況になるだろうというのがこちらの生徒様のお考えで、次の「どうして~~~~~~~~!!!!!!」の為に、今度は事前にその準備をしておきたい、という事でした。

 

 

日本語の流暢な外国人社員がいて、英語の流暢な現場スタッフがいる。

 

一見、自分は全く英語のコミュニケーションで困るような事はなさそうですが、やっぱり色々な状況があるものなんですね。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

大手総合商社でキャリアアップしていく為に頑張る英会話

こんばんは!

 

フィギュアの世界選手権、盛り上がっていますね~。

 

明日は男子のSP。ハリルジャパンのとの初陣も明日。

 

日本中がワクワクする夜になりそうです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某大手総合商社にお勤めで、今後の海外出張、転勤に備えて、アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

既にこの春にはアジア、ヨーロッパと海外出張が決まっているようで、今のレベルで行く事にとても臆病になっているとおっしゃっていました。

 

 

 

それでも既に会社に求められていたTOEICスコアは独学でクリアされ、基礎語学力はこれまでしっかりと付けてこられました。

 

日常的に英語のメールを書く事もとても大きなトレーニングの1つになっているようで、着実に日々力をつけてこられているようです。

 

 

 

ただ、ポイントはやはり会話のようで、電話会議でのグループでの会話だけでなく、1対1の会話でもスピーキングにはかなりの苦手意識があるようで、箇条書きのような淡々とした自分のスピーキングの弱さをとても嘆いていらっしゃいました。

 

 

 

 

基本的に求めていらっしゃる所はとても高い方です。

 

日本を代表する総合商社にお勤めで、当然ですが、いわゆるこの世代の超エリートな方なわけです。

 

自分で求めるレベルも、そして会社に求められるレベルも高い事は、これからの成長という意味では最高の環境ですね。

 

自分が高いものを望んでいても、それを活かすフィールドが会社になかったり、そこまでの事を求められない場所では、なんとなく不完全燃焼になってしまいますし、力を出したい時に出せない場所程、もったいない事はありません。

 

かといって会社の要求が高く、こちらはもう少し自分のペースでやりたいのに、、、というギャップもまた働く側からするととてもストレスになるものです。

 

 

 

お互いが高い所をみているからこそ、高いレベルの成果物がうまれるのでしょう。

 

 

まずは直近の海外出張で、どうにかしっかりと話せるようになる事、との事で、スピーキングを徹底的に鍛えていきたい、という事でした。

 

日本人の(特に英語が大好きというわけではない)真面目な方であれば、多くの方が一番苦手なのはスピーキングと言われると思います。

 

 

 

勉強が得意な方は単語も、文法も沢山覚えます。

 

頑張ってCDを聞いて、ニュースを英語で聞いて、色々聞きます。

 

 

でも、自分で話す、というトレーニングは超難関の大学を入学された方でも、あまりされていらっしゃらないというのが現実だと思いますし、必然的にそこが一番の弱みになるのはしかたのないことであると思います。

 

だからこそ、そこを中心に鍛えていく、というのはとても合理的なやり方で、こういう方々は、「自分でやれる事は自分でやれるので」というのが基本スタンスです。

 

 

「学習するとは」みたいな話を誰かに説かれる必要など一切なく、必要なものを、自分で考え、自分で取り入れ、自分の形で吸収していく。

 

この姿勢がとてつもなく速い成長を促します。

 

 

若くして既に奥様と、そして小さなお子様もいらっしゃり、ご家族の為にお父さんは必死です。

 

家族の大黒柱として、そして日本を代表する総合商社の一員として、これからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

大学入学前に頑張る英会話

こんばんは!

 

今日も東京は一日ポカポカの陽気でした。

 

まだまだ風は冷たくても春の匂いがなんともいえないですね。

 

今週末の桜も楽しみです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高校三年生の女の子。

 

春からの大学入学も決まっていて、今は入学後に向けてワクワクしている最高の時期のようでした。

 

この時期、経験された方なら誰しもが覚えていらっしゃるのではないでしょうか。

 

新しい生活、新しい環境、新しい人生。

 

高校までとは違い、より自由度の高い、自分で作っていく人生に代わっていく、そんな「学校」的な感じから「大人」へ一歩足を踏み入れる、その感じはなんとも言えないものです。

 

 

 

 

本日の生徒様は、将来的にアメリカで法律関係の仕事をしたい、という具体的な夢を持っていらっしゃり、当然ながらそこで求めらえる英語力を高めるべく、英会話レッスンの必要性を感じられたのでした。

 

 

 

 

大学入試はAO入試で早い時期に決まっていて、入学までの時期に色々と他にもご自身で決めた事を色々とこなしていらっしゃったようです。

 

推薦入試で早い時期に大学が決まるというのは、この入学までの期間をしっかりと取れるという事で、目的意識の強い方であれば、たっぷりあるこの準備期間はとても有意義なものになるはずです。

 

 

 

アメリカでは大学入学までの1年間、海外を旅したり、滞在したり、自分をしっかりと見つめる期間としてこの時期を有意義に使う学生の話はよく聞きます。

 

とても素敵な事ですよね。大学からは自立する、というのが一般的な考え方として知られていますし、そういう意味で大学からは「大人」という意識は日本よりも強いかもしれません。

 

 

 

いづれにしてもこの期間、とても大切な期間で、楽しくもあり、ワクワクもあり、そして貴重な期間でもある、人生で一度っきりの時間です。

 

本日の生徒様は英会話スタートは少し遅めのスタートのようでしたが、それでも着実に学生時代の前半は日本でしっかりと勉強を続け、後半のどこかで留学、または海外の大学に転籍、という事も考えていらっしゃるようでした。

 

 

 

チャレンジできる環境、そしてそれをサポートしてくれる家族がいるのであれば、若いうちの挑戦は本当に貴重な財産になるはずです。

 

本日の担当講師も生徒様の夢をとても強くサポートしていました。

 

英会話講師で海外に一定期間いたものであれば、その期間に自分が受けた感動や、経験、そして大きな価値観の変化などは、今の人生に大きくプラスに関わっている事が多いと思いますし、多くの講師がその感動、意義を担当の生徒様にも感じてもらいたい、と思っています。

 

 

講師のその生きた言葉は生徒様にもストレートに伝わると思いますし、そういった意味で、日本人英会話講師にレッスンを受けるというのは、とてもよい機会だと思います。

 

自分の目指す道を先に歩んだ人の話ほど刺激的なものはありません。

 

 

 

もちろん道を切り開くのは自分自身。

 

でも先人の学びや知恵にさらなる知恵を学習を重ねて進化を遂げてきたのが人間ですし、全て自分で一から、というのはあまりにも時間が勿体ない。

 

温故知新という言葉もあります。

 

春からの新しい人生。

 

夢いっぱいの人生ですが、一日一日をしっかりと今の高いモチベーションで頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!