超多忙の中で英会話学習と向き合う事の大切さ

こんばんは!

 

あっという間に2月最後の週末に突入しました。

 

来週明ければ3月ですよ。。

 

どうなんですか、この時間のはやさ。あっとういう間にお花見のシーズンになりそうです。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、某大手旅行代理店にお勤めで、将来的に英語をお仕事で使えるように、という事でアデュールのレッスンをスタートされていました。

 

旅行業界で働いている知人が周りにいらっしゃる方であれば、ご存知だと思いますが、大変な業界です。

 

そんな最高のサービス業を提供するこちらの生徒様、お仕事は超多忙はあいかわらずで、自分の時間の使い方の優先順位を常に強く意識していらっしゃり、そうする事で、なんとか英語の学習時間を確保されているという事でした。

 

 

 

 

 

素晴らしいですね。

 

忙しくなると、意識していないのに、大切な事にさえも、少しおろそかになったり、小さなミスを生んでしまったりするものです。

 

だからこそ、ダブルチェック、トリプルチェックが必要なのですが、忙しいからそれが出来ない訳で、、、というのは世の中の超多忙人の共通の課題だと思います。

 

 

 

 

でも、本当に忙しい方でも、自分が見ている未来、人生、生き方、価値観を常に頭の片隅からこぼさないように、ただただ社会の、会社のコマとして機械のように操られるのではなく、自分が操る、という感覚を高い意識で持っていらっしゃる方は多くいらっしゃいます。

 

そういった方々は、やっぱり決めた事、課された事を必ず成し遂げられます。

 

この前ビートたけしさんが言っていましたが、夢を実現している人は頑張っている。でも、その人達と同じように頑張ったからって夢が実現するわけじゃないし、実現できなかった事に対して、「なぜ?」はダメだよ。

 

それが人生なんだから。

 

 

本当にそうだと感じます。でも、No excuse。

 

言い訳しない。これをせずして、夢実現への道に足を踏み入れる事すらできません。

 

努力はその夢実現の道への入場券。

 

その後は、運もあって、周りの環境もあって、色々あるもんだと思います。

 

 

 

本日の生徒さんで言えば、この超多忙な中で、誰がどう考えたって、このポテンシャルの人間がやる形としてはこれ以上は英語に時間を割けなかった、と言える程に考えて捻出した時間と勉強であれば、それで例え考える程に実る成果が出なくても、この生徒さんは絶対に後悔しないはずです。

 

 

 

そういう風な事を、忙しい中で考えていらっしゃるようで、その考えを自分のどの位置に、どのように置いておくのか、それが本当に大切なんだと教えていただきました。

 

 

 

 

実際のレッスンでは、ゼロと言える程のレベルから、現在では、普通の日常会話では、文章はまだまだ荒っぽい文章であるものの、とりあえず言いたい事は相手に伝えられるレベルになってきた、という事でした。

 

まだまだ単語も少ないし、表現もかたいし、スムーズでもない。と謙虚に話されていましたが、言いたい事がとりあえず言える。

 

それってスゴい事じゃないですか。

 

 

 

 

これからもしばらくは、今のお仕事を続けていらっしゃる限りは、この超多忙な生活が続くようですが、自分の中のプライオリティはしっかりと頭の中のある部分に焼き付けられているようですので、変わらずこれからも英語学習を頑張ってくださるはずです。

 

今後のご活躍に期待です!

 

本日は以上です。