夫婦で経営する飲食店でサービスを高める為の英会話

2015年1月30日

こんばんは!

 

明日で1月も最終日。

 

あっという間に1月が終わってしまいますね~。

 

2月はたった28日。3月になればもう春です。

 

この3カ月、驚異のスピードですね、ほんとに!!!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、ご夫婦で飲食店を経営していらっしゃり、今回はお仕事中に外国人のお客様が来られる事や海外に料理の勉強に行った際にしっかりとコミュニケーションをとれるように、という事でアデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

こちらのお店、知る人ぞ知る、超名店なんですね~。

 

素敵なお店で外観からまず、Wow!となってしまいます。中に入るとまるで異空間。

 

 

 

 

やっぱり、信念を持って1つの事に取り組んでいらっしゃる方の世界は、違います。

 

 

 

 

 

今回はご夫婦どちらもレッスンをご希望という事で、それぞれ個別にマンツーマンレッスンを受けていただく事になりました。

 

旦那様は若いころに海外に長期で旅行行ってらっしゃったご経験もお持ちで、基本的な英会話は特に苦にならずできるものの、一定の表現に固執してしまい、結局、ずっと前からあるレベルから語学力の成長が止まっている事をずっと気がかりにされていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

でも、とにかく忙しい。

 

寝る暇も惜しんで仕込み、そして毎日超行列のお客さんへ料理を提供するのですから、仕事以外の事は考えられない、というのは、本当に具体的な生活の流れを聞くと、もうどうしようもないという事が分かります。

 

 

 

 

それでも、やっぱり英語力のアップ、これは止めてはだめで、自分の今後のキャリアを考えた時には必ず必要なもの。

 

そう思い、今回レッスンを受講されることにしました。

 

 

 

それでは、その過密なスケジュールの中でどうやってその時間を捻出するのか。

 

それは、勤務時間にレッスンを受ける、という形を作ることで、英会話のレッスンを仕事としてとらえる、という事でした。

 

 

 

 

仕事とは別に英会話、となると確実に英会話がいつの日か消えて行く事はもう火をみるよりも明らか、という事で、では仕事にしてしまえばいいのではないか、という発想にされました。

 

仕事において、忙しいから仕込みの1つを抜かす、なんて事は絶対にできないですし、忙しいからお客さんの対応をしない、なんて事もあり得ません。

 

同じようなイメージで英会話も仕事の中に入れ込み、仕事として受け入れる。

 

 

 

そうすることで、コンスタントにしっかりとした学習ペースを作っていく、という事でした。

 

主にホールでお客様に直接接していらっしゃる奥様は、特に外国人のお客様に近い所にいらっしゃるので、英会話上達への意欲もまた強いものをもっていらっしゃいました。

 

 

 

それでも、陽気な奥様は、楽しく英会話、という気持ちがとても強いようで、旦那様のギラギラした雰囲気とは、また違います。

 

それでも、英会話への思いは強く、同じように高いモチベーションを持ってくださっている事は、講師にとってはとても嬉しい事です。

 

 

 

どんなテキストでやっていこうかな~、と色々考えながらお話されている奥様は本当に楽しそう。

 

天性の陽気な性格なのかもしれませんね。

 

 

 

実際には外国人のお客様も日本語を上手に話される方が多いようで、今はお客様に甘えてしまっているようですが、それではダメだ!と強く頑張る決意をされていました。

 

 

 

これからご夫婦で是非、頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!