広告制作会社の経営者として学ぶ英会話

こんばんは!

 

いよいよ本日からイタリアセリエA開幕です。

 

今期の本田選手、長友選手の活躍に期待です!!

 

一足先にスタートしているドイツでも日本人選手のスタートダッシュを期待したいところです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、広告制作会社を経営されている社長様。

 

都心のオシャレな街にオフィスを構えていらっしゃり、複数のスクリーンと、色々なアイデアが浮かんできそうなオフィス内の内装、まさしく、the・クリエイティブ!という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいですね。純粋にそう感じます。

 

ただ、クリエイティブな仕事。見た目は華やかですが、そのクリエイティビティを仕事として、結果として求められるという事はかなりのプレッシャーとの戦いである事は、少し考えれば容易に想像できそうです。

 

 

 

遊びでデザインをしたり、色々なアイデアを形にしてみるのは、楽しいものです。

 

それが、相手があって、その相手を満足させ、お金を払ってもらい、そしてそれを単発で終わらせることなく、結果として評価を受け、継続的な仕事に、また新規の仕事につなげる、という事は、活字にしてしまえば、それがその人たちの仕事でしょ、というだけに見えてしまいますが、尋常ではないエネルギーが必要な事だと思います。

 

 

 

 

 

ビジネスでは、もちろん業界にもよりますが、会社の中の限られた人が、新しい事を作りあげたり、考えたり、壁にぶち当たりながら、試行錯誤して何か1つの光をみつけたりして、その規模を少しづつ大きくしていくという形があります。

 

できあがったパターンをあとは、社内のスタッフが間違えないように、効率的にすすめていく。

 

この仕事も大変な事ですが、のジャングルの中で先頭に立って、目の前の草木を切り倒しながら道を切り開き水源を探す人間もまた大変な仕事なのです。

 

 

 

 

クリエイティブな仕事というのは、結局そういう仕事なのかなと思います。だから、何年も、その立ち位置で継続してビジネスを続けている人はスゴいと感じます。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、海外からの問い合わせ、外国人クライアントとの打ち合わせなど、今の段階ではそこまでないものの、今後そのようなケースがかなり増えそう、という事で、英会話レッスンスタートを決められました。

 

英語が話せるようになる事で、チャンスがは間違いなく広がる。

 

そう確信していらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

先日も同じような映像関係のクリエイティブの仕事に携わる方とお話をしていましたが、こちらの生徒様も、ホームページに英語ページを作っただけで、いきなり海外からの問い合わせが来て、対応に困った、という事を話されていました。

 

 

同時にそこのとんでもない可能性も感じていらっしゃいました。

 

少子高齢化で、固い堅実な経済成長がまだまだ見えない日本。そんな中、海外の需要を取り込めれば、これは本当に会社史を大きく変える変化になるはずです。

 

 

 

 

制作関連のお仕事の業界は一切わかりませんが、IT技術がすすみ、小さな会社でも世界中とつながれるようになった今。

 

世界への進出の鍵は、その経営者の思い一つです。

 

 

 

本日の生徒様は、前を見据え一歩一歩、着実に頑張っていきたい、という強い思いを持っていらっしゃいました。

 

 

 

今後のご活躍に期待です!!

 

 

 

本日は以上です。