秋の海外研修に向けて頑張る英会話

こんばんは!

 

佑ちゃん、ついに2年ぶりの白星がつきました。

 

ここまでプロに入るまでもスーパースターとしてもてはやされてはいたものの、人知れずとてつもない努力を積み重ねて辛い時期を乗り越えてきたのだと思いますが、この2年はそれらの時期よりも更に辛い時期だったのかなと思います。

 

一夜明ければ、また新しい一日がはじまります!

 

今シーズンまだまだこれから頑張ってもらいたいです。ハンカチ王子ファンは全国に沢山います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系企業のエンジニアとして勤務されていらっしゃり、この秋に本社での研修に参加する事になり、それまでに最低限の語学力を身につけておきたい、という事で今回アデュールでの英会話レッスンにお申込みいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

外資系企業の日本法人といえど、実際の業務は国内企業を相手にした商売で、本社から役員が送られてきているわけでもなく、社内の雰囲気は何ら純日本企業とかわらない、という企業はとても多いです。

 

アデュールの生徒様の中にもこのような環境にいらっしゃる方々は多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

ただ、そこはやはり本社が海外にある外資系企業。

 

年に何度かは本社での研修やキックオフミーティングなどの集まりがあったりして、全員でなくとも、何名かはその「修羅場!?」に行く事になります。

 

また、そもそも会社の事業方針で、日本法人も国内需要の飽和感から、アジア市場を攻めよう、という方針から、徐々に日本法人でも英語が業務の中で必要になってきている、という方々もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

形はどうあれ、本部を海外に置く会社であれば、純日本企業に比べ、英語を使う環境になり「やすい」という事は間違いないと思います。

 

 

そして、こちらの生徒様に限っては、この度、大元の海外本社が、他の外資系企業に買収されたという事で、これから更に大きく社内のシステムがかわっていくようです。

 

 

 

 

 

このような今後変動が激しくなる社内の雰囲気の中で、しっかりと地に足をつけて自分に必要なものを英語力と見据え、すぐに行動にでられているこちらの生徒様はさすがです。

 

徹底的に英会話のトレーニングをしていきたい、という事で、1週間の中で英語学習にかなりに時間を割く事を決められているようで、講師もそこに合わせ、沢山の課題を用意しながら今回レッスンに挑ませていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本企業でも、外資系企業に買収され、純日本企業から外資系企業に変貌し、中の社員が大慌て、という事はよくある話です。

 

突然、今までの役員が退職、そして本社から新しい役員が送られてきて、挨拶がはじまる、なんて経験をされた方、多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

企業買収や事業エリアの拡大など、大きな変化を伴う会社の動きは、中の人間は本当に大変です。

 

ただ、その変化をチャンスとしてしっかりものにしていくのもまた1つのキャリアアップの手段です。

 

 

 

 

本日の生徒様は、今までなんとなくでやりきっていた英会話を自分のものにしたい!と強く意気込んでいらっしゃいました。

 

あいまいなものをあいまいなまま終わらせるのではなく、レッスンの中でとことん追求して分からない事を分からないままにしない、そういう意識を持ってこれから頑張っていただく事になりました。

 

 

 

まずは秋の海外研修、頑張っていただきたいです!

 

本日は以上です。

 

 

 

中国出身のITエンジニアの生徒様の挑戦

こんばんは!

 

サッカーファンなら誰もが注目しているアメリカ開催のインターナショナル・チャンピオンズ杯。

 

本田、香川、長友選手が参加するこの大会。

 

世界トップチームの中で激しいポジション争いを繰り広げている3選手の頑張りは本当に刺激を受けるものです。

 

なんとか結果をを出して、しっかりと今期の戦力として認められるようになってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某IT企業にお勤めの、中国からこられている生徒様。

 

ヨーロッパ本社の日本法人にお勤めなので、当然日本語はかなりのレベルに達していらっしゃいます。

 

 

 

 

 

今回お申込みいただいたのは、ほぼ完成されている日本語に加え、今後業務で必要になってくるであろう英語の習得も自分のキャリアには必要と判断されたからでした。

 

英語をマスターすればトリリンガルです。

 

すごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

アデュールの生徒様の中には、中国、韓国出身の方々が沢山いらっしゃいます。

 

学生、社会人の方々など色々ですが、皆さん共通されているのが、かなりのレベルの日本語を備えていらっしゃるという事でした。

 

純粋に考えて、嬉しい事です。

 

中国語、韓国語を自分が彼、彼女らと同レベルで話せない、という中、日本語を必死であのレベルに達するまで頑張って覚えてくださった、というその事実に日本人として純粋に嬉しく思いますし、尊敬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1つの言語を大人になってから学びだして、日常会話レベルまでにもっていく、という事は、とても大変な事です。

 

机にひたすら向かうだけでは、読み書きするだけではダメで、聞いたり、話したりする事も大切で、その過程の中で、必ず多くの日本の文化や、歴史、日本人の嗜好など、色々なものを見て、聞いて、感じていらっしゃるはずです。

 

 

 

日本人よりも日本の事をよく知っている外国人に出会うと、とても複雑です笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し話がそれましたが、そんなこちらの生徒様が、新しく英語を学習するに当たり、最初は独学でマスターしようと考えられていたようです。

 

日本語はほぼ独学だったようで、英語も同じように、と思われたようですが、日本語が中国と同じ漢字を使うのに対し、英語はアルファベット。

 

全く異なる言語を学ぶ上で、大きな壁をここのところ感じられていたようです。

 

 

 

 

 

日常業務に追われ、その中でその大きな壁に一人で立ち向かっていくのは、どう考えても効率的ではない。

 

それがこちらの生徒様の答えのようでした。

 

 

 

 

 

 

 

少しおもしろかったのが、単語を覚えるのが苦手です。とおっしゃっていたことでした。

 

日本語の時も沢山の単語を覚えられたと思いますが、それについて尋ねると、例えひらがな、カタカナ、そして異なる漢字を使おうとも、似通った部分がある、というそれだけで、学習のモチベーションがぐっとあがる、とおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、私達が英語にはじめて立ち向かう際に感じる大きな壁は、イタリア語やスペイン語を母国語とする形にとっては、そこまで高いものに見えなくなるのですかね。

 

ルーツが同じ、近い、という事はそれほどまでに言語を習得するうえで大きいのか、と感じさせられましたし、そう言われると少し中国語いも興味が、、、、と言っても、中国語は別格です笑。

 

全て漢字、そして発音、文法も異なり、中国の方からすると日本語は簡単でも、その逆はないような気がします。

 

 

 

 

 

いづれにしても、第3言語として新しくスタートされたこちらの生徒様。

 

これからのキャリアアップの為に頑張っていただきたいです!

 

 

 

本日は以上です!

 

 

 

自動車関連企業で必須条件の英語力をみにつける

こんばんは!

 

連日暑い日が続きますが、スポーツの世界も盛り上がっていますね~。

 

サッカーは日本代表監督も決まり、ロシアに向けて前進あるのみです!

 

これからが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、某自動車関連企業にお勤めの生徒様。東京にお勤めながら、自動車のメッカ、名古屋に週のうち何度も出張にでられている忙しいビジネスマンの生徒様です。

 

 

 

 

 

 

今回こちらの生徒様がアデュールでのレッスンをスタートされる事になった経緯は、入社時からずっと求められている英語力の強化が後に引けない状態になられたからでした。

 

 

自動車は日本の花形産業。

 

技術の日本といえど、家電メーカーがこぞって不振にあえぐなか、自動車は長期でみるとまだまだ安定した実績を世界で残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなイケイケの産業にあって、当然世界をどんどん攻める、という姿勢に会社がなっている事は当然の事で、こちらの生徒様も入社時から英語力、というところは酸っぱく言われてこられたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも新卒入社時にTOEIC600点を求められていた環境で、その半分程度の力しかなかったこちらの生徒様。

 

それで入社が決まったのは、そのディスアドバンテージをカバーするだけの何かを会社側がみいだしたからでしょう。

 

 

 

 

会社から大きな期待を寄せられている事は間違いないようで、まだまだ英語ができない今でも既に海外出張にも何度か行き、そこで英語力の必要性を強く経験されているようでした。

 

英語力以外の部分で勝負しようというこちらの生徒様に対する会社の施策が功を奏した、という事なのでしょう笑。

 

 

 

 

現在では日本にいる時でさえも、社内での会議、海外支店との海外などでも普通に英語が使われるようになり、今まで意気揚々と会議後に内容確認をされていたこちらの生徒様がついに、超危機感を感じられたようです。

 

 

 

 

その危機感とは、どのようなものなのか。

 

それは、勝つべくして挑んだ戦に、負ける可能性を見出してしまったこと、と言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

まだまだ、周囲からは圧倒的な勝ち将軍だと思われていても、当の本人は寝首を狙うまわりのハイエナ達に負けない為には、英語力がないといけない、という危機感だったのだと思います。

 

 

厳しい世界で生き抜くには、多すぎの仕事力、というところが勿論大事ですが、勝てる武器を1つ持っておく事、これがとても大切で、本日の生徒様は、英語力が自分の圧倒的な強さを確固たるものにしてくれる、と結論付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンでは、とにかくすぐに結果を出せるように、という焦る気持ちを抑え、学生時代から英語が大の苦手で、文法、基礎英単語もごろりと削り落とされている今の基礎体力を強化する事からはじめていくことを決められました。

 

ビジネス英会話だなんてかっこいい事を今の自分は言ってられない。

 

ノリと勢いだけでは、英語で展開されるビジネスの世界ではいつまでたっても、よちよち歩きになってしまい、決定的なビジネススキルを生かす事ができないはずです。

 

 

 

 

 

 

営業側の人間にとって、その人間が醸し出す、雰囲気、勢い、強さ、柔らかさ、というのはとても大事な要素ですが、相手と直接目を見て話し会える事もまたそれらの強さを何倍にも活かす形であります。

 

 

できる自分だからこそ、さらなる高みを!という強い意志を持ったこちらの生徒様。

 

これからのご活躍が楽しみです!

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

本社移転のタイミングではじめる英会話

こんばんは!

 

27時間テレビ、SMAP,そして企画側の方、本当に大変だったと思います。

 

お疲れ様でした。

 

っといって、私自身、番組と何の関係もないただの一般人ですが笑。

 

何かと大変だったのは、誰でもわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系企業の関連企業にお勤めで、今回お仕事の関係で本社側で新しく仕事をされることになり、そこで英語力が必要になられたようです。

 

 

 

 

 

 

これまでは、本体とは関係のない、あくまで日本語で国内の日本企業とのお付き合いのみ、という事だったようですが、ここにきて、なぜか本体に呼び込まれたようです。

 

詳しくは語られませんでしたが、大きな昇進と考えれるものなのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!!!

 

そこに待ちうけているのは、海外の要人を相手に調整役となる部署で、英語力は必須、という事のようでした。

 

もちろんこちらの生徒様が現在は英語を全く話せない、という事は会社側も十分理解はしているようですが、といっても、現場に入って、ヤバイ、と肌で感じる事になるのはこちらの生徒様。

 

 

 

 

会社側も、そこでしっかりと英語力をつけ、その場所にも新しい外からの風を吹き込んでくれる、という読みがしっかりあるのだと思います。

 

それができる、しようと頑張る方だという事を会社は分かっていて、まさしくその通り、何も言われずともこの生徒様が焦って英会話をはじめることになられたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の期待以上のものを常に生みだす、提案する、そんな感じで普段からお仕事をされていらっしゃるようで、あまりお仕事について多くは語られませんでしたが、その言葉の端々に責任感がにじみでていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回こちらの生徒様が求めていらっしゃる事は、当然基礎的な語学力をつけて、長期的な視点で英語をしっかりと身につけていく、という事は当然のようですが、まずは、明日にでも想定されるような多くの現場のシチュエーションを想定し、そのシーンのロールプレイと的確な表現の習得を目指したい、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

結果を出す方は、リアルを求めます。

 

こんなオシャレなビジネス英会話、自分は一生いうシチューションはないですよ。と思う方は、より実務的なアプローチに変化させていかれます。

 

今使える言いまわし、表現を学ばずして、明日はなし、と言わんばかりにすぐに結果を求める、という事もできる方の特徴の1つだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

反面、英会話字自体をしっかりとマスターする事は、1,2年のちょっとした努力ではどうにもならない、という事はご自身も十分認識していらっしゃるようで、「取り急ぎ、今の現場での私語をすぐにスムーズにさえるため、という事でした。

 

 

大手町のど真ん中で日々これから奮闘されるわけですが、担当講師もこちらの生徒様の頑張りに刺激され、これからさらに自分自身でも勉強を頑張っていく、という事を話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんも頑張るけど、先生はもっと頑張る。

 

そうするとその熱意はしっかりと生徒様にも伝わり、生徒様もまた、先生の為に更に努力していこう、と、頑張りが頑張りを刺激する最高のサイクルに入っていくものです。

 

 

 

 

 

常に全力で。

 

言うは易し行うは難し、とはいったものですが、こちらの生徒様なら必ずや有言実行でこれから頑張れるはずです。

 

 

今後のご活躍に期待です!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

英語が共通語になるプロジェクトに入る前に学ぶ英会話

こんばんは!

 

常夏の日本列島、皆様ご無事でいらっしゃいますでしょうか?

 

本日は全国的に少し気温が下がったようでしたが、土曜日はもう大変な事になっていましたね。

 

春と秋が短くなり、夏と冬の2極化にどんどん近付いているように感じます。

 

4期おりおりの風情の中に日本のよさがあるので、やっぱり心配になります。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在医療関係の会社にお勤めで、お仕事で英語力がこれからどんどん求められるようになってきているという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

医療関係のお仕事といえど、アデュールの生徒様の中だけでも、ドクター、看護師、医療事務、製薬会社、治験の会社、医療機器の会社、それらの機材のメンテナンスの会社色々な方々いらっしゃいます。

 

医療の世界はよくないことではありますが、今後の成長産業である事は間違いありません。

 

 

 

 

少子高齢化の日本、そして最先端医療をもしのぐウイルスの日々の変化のおかげで、これからの医療業界の方々は大変です。

 

 

 

 

本日の生徒様は現在出向である会社に出向いていらっしゃり、そこのプロジェクトチーム内での文書の多くが英文という事で、多少は心得ていた英語と、実際にビジネスの世界に平然と出てくる英語との差に愕然とされ、至急英語力の強化が必要になられたようです。

 

 

 

 

素早いフットワーク、さすがです。

 

もともとは、製薬会社の営業をされていたこちらの生徒様、医療の世界には長くいらっしゃり、しっかりとこの10年間、業界をみてこられました。

 

それでも日々新しい事が増え、新しい事に挑戦する、という忙しい生活の中で、とてもたくましい、キャリアウーマンへと成長されたようです。

 

 

 

 

 

 

 

やるしかない、という笑顔で語られるその余裕っぷりこそ、自分が築き上げてきたこれまでの成果の絶対的な自信の証だと思います。

 

今後のお仕事によっては、英語での会議、テレカン、そして日々の日常業務の中での会話もどんどん英語に浸食されていく可能性が高いという事で、会話力を徹底的に鍛えていく事が長期的な視点では大切だと考えていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

実際のレッスンの中では、簡単な日常英会話から普通のテンポで会話ができるように、少しづつ、言葉が自然に出てくるような状態にしたい、という事でした。

 

海外に長期留学をする事もなく、これまで日本国内で独学で英語を勉強されながらここまでこられた生徒様。

 

 

既に中級と呼ばれるステージに入っていらっしゃり、今後は、今まで蓄積してきたボキャブラリ、フレーズをしっかりと実際の会話の中で使い込めるような、インプットされたものを、しっかりと会話の中でアウトプットできるように意識したトレーニングにしていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

話す事に慣れない方は、自分の知識への自信がなく、言葉が出ない、出す勇気がでない、という方が多いものです。

 

真面目な方ほどこの傾向は強いものです。

 

 

 

アデュールの外国人講師の中には日本以外の国でも英会話講師の経験を持つものが多いですが、韓国などでも、その傾向は以前までは顕著だったと言っていました。恥ずかしがっている生徒にいざ話させてみると、とてもきれいな発音でとてもキレイな英語を話し、とても驚いた、という講師が最近もいました。

 

 

 

 

謙虚さが、成長の邪魔になる事は絶対に避けたいですね。

 

 

今後の生徒様の成長に期待です!!

 

 

本日は以上です。