複数の習い事を一気にはじめる生徒様

こんばんは!

 

今日で9月も終わりですね。

 

10月に入れば、なんとなく、ぼんやりと年末がもう見えてきちゃいますね。

 

ハロウィンがきて、11月に入れば、なんとなく年末へ向けた”締め”の空気感が強くなります。

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ピアノレッスン、歌のレッスンをしていらっしゃり、そこに英会話レッスンも入れる生活を考え、今回お申込みいただきました。

 

大人でそんなに習い事を沢山して、何か大きな野望を持っていらっしゃるのかな?と思ったのですが、どうやら、ピアノも歌のレッスンも最近はじめられたようで、英会話含め、全て「ずっとやりたかった事」だったようで、それがたまたま、やろう、というギアが入り、全て一緒に、という流れになったようです。

 

 

 

すごいですね笑。

 

でも、習い事をスタートする時は、1つづつ、なんていう法律は勿論ありませんし、短い人生、その人が満足できるやり方、進め方でスタートすればいいのではないかと思います。

 

英会話に関しては、「英語を生活に入れたい」という気持ちをずっと持っていらっしゃったようで、まずは独学で、という事でご自身で勉強も少しされていたようですが、学生時代にあまりしっかりと勉強してこなかった事が原因で、自分ひとりでは何をどうすればいいのか分からなくなってしまった、という事でした。

 

小さい目標設定に向けてコツコツと自分で、という事はみんな目の前の目標ですから、自分の今までの人生の経験を生かして、何かしら計画を立てられるものです。

 

 

 

ただ、それが、ゼロベースの語学力から、映画やドラマで話している外国人の英語と同じように話せるような光景を想像すると、とんでもない世界に挑戦しようとしている事に気付き、自分ひとりでどうかなるものではない、という事を感じられる方、確かに多いと思います。

 

 

そのお気持ち、とてもよく分かります。

 

海外に行って、現地の人達と全く話せる力がなかったり、目の前で繰り広げられる英会話が呪文にしか聞こえないような段階では、自分はこれからスーパーマンになろうとしている、という位に大きな壁を感じるものです。

 

英会話に限らずどんな事だってそうだと思います。

 

新しい世界、新しい技術や能力をつけようとしたとき、その道のマスターをみると、はるか先の人に見えるものです。

 

仕事の内容もしかりで、新しい仕事をはじめるとき、こんな大変な仕事、本当に続けられるのかな、、、、と思いきや、数カ月もしないうちに、はじめた当初の自分のそういった弱腰だった自分の感情が懐かしく、少し笑えてしまったりするものです。

 

 

 

 

 

やり方は色々ありますが、とりあえず、自分の行く道が険しいと思っても、一歩踏み込む、それが何よりも大切ですね。

 

本日の生徒様も英会話レッスン、という力を借りて、その険しい道を進もうとされています。そして、英会話のみならず、ピアノに、歌のレッスンも同時にです。

 

子供の時は沢山の習い事を一気に、という事もあると思いますが、大人になって3つ一気にスタートというのは、生活が大きく変わる事は間違いないと思います。

 

 

 

 

他人事で大変恐縮ですが、その大きな変化と新しい事を沢山体に染みつけていくその感覚、とても楽しそうだなと思いました笑。

 

 

これから頑張っていただきたいです!!

 

本日は以上です。

 

 

 

 

製造エンジニアから技術営業に転職した生徒様の英会話

こんばんは!

 

日ハム、佑ちゃんの快投で2年ぶりのCS進出決めましたね!

 

日ハム入りまでは、スーパースター扱いだった佑ちゃん。

 

プロの現実に突き当たり、何年も本当に辛い思いをしながら毎日を過ごしているんじゃないかなと思います。

 

それだけに、今日の勝利は日本中のみんながホッとした瞬間だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、今年製造エンジニアから商社の技術営業へと転職され、今までは外国人とのコミュニケーションなどほぼなかった現場から、米国のサプライヤーとの技術的な話題の「会話」が必要になられたようで、会話力向上の為、アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

技術的なところの英単語での問題は少ない、というのが英会話を習っているエンジニアの方々の共通した所ではありますが、やはり会話を自分1人で責任を持って担当、となるとかなり不安要素が残るようです。

 

 

 

1人だと、OKOKで、適当に流してどうにかなるところと、どうにもならない所もあります。

 

本日の生徒様はポジションがら、恐らく、かなり細かい部分の理解と責任が求められていらっしゃるのかなと思います。

 

 

 

 

かなりのプレッシャーの中でもがいているこちらの生徒様、まずは本当に基本的な基礎英会話をスムーズに、という事を強く意識していらっしゃいました。

 

とにかく、これまで「英語で話す」という経験がなかった為、英語で会話をする、という感覚が全く体になく、本当に子供が難解な機械の内部を覗くような、未知の世界に入る感覚を持っていらっしゃるようでした。

 

 

 

 

グローバル化した世の中といえど、美しい国ニッポン。

 

わざわざ海外旅行に行かなくても、日本に素晴らしい場所は沢山ありますし、海外への興味というものをあまり持っていない日本人の方、多いと思います。

 

女性は比較的海外旅行などで海外志向が強い方も多いかもしれませんが、男性に限っては、そうではない場合も多いと思います。

 

 

 

 

といっても、仕事ですから、そんな事は言っていられない、というのが現在の状況のようで、早く1人だちできるようにならなければ、という事でした。

 

現在は米国との話し合いなどでは、英語のできる先輩社員が同席し、基本的にはその先輩社員が物事をすすめていく、という形になっているようですが、もともとエンジニアとして長くご活躍されていたこちらの生徒様、語学の問題さえなくなれば、打ち合わせの内容によっては、しっかりとその場を仕切る必要もあるはずです。

 

 

先輩社員にはとにかく、相手の話す事を理解できるだけにリスニング力だけでも早急につけられるように、と言われているようです。

 

米国出張もあり、もう後には引けないこの環境。

 

受験時代になんとなく英語に得意意識を持っていた方々も実際の英会話に入ってことごとくその自信を崩され、そして、最悪の場合、英語と縁を切る、という方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

それほどに、実際に話す英会話、というのは机上だけで学べるものではない、という事なのですね。

 

でも、それだから、学ぶ事が楽しいわけですし、大きな壁をクリアした時の喜びはとても大きなものになります。

 

 

 

世の中、みんな必死で頑張っています。

 

こちらの生徒様の今後のご活躍に期待です!!

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

周りに外国人が多い生活環境を活かす為の英会話

こんばんは!

 

錦織選手、マレーシア・オープン見事に優勝しましたね。

 

今期はというか、今期もですが、スゴイです。でもやっぱりGSでの優勝がみたい!

 

これが日本人の夢ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は先週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在小さいお子様がいらっしゃるお母さんで、お子様を旦那様がみられる時を利用して、英会話レッスンスタートされる事を決められました。

 

お子様をどこかに預けたり、友人、親族に頼んだり、色々な手段を使って皆さんご自身の時間を確保されていらっしゃいますが、中には、色々な事情でそうスムーズに調整ができない、という方も多いものです。

 

 

 

 

こちらの生徒様は旦那様のお仕事の関係もあり、なかなかしっかりとまとまった時間を週末にとる、という事も難しい事が多々あるようなのですが、やはり決めた英会話をしっかりと頑張りたい、という思いはとても強いようです。

 

周りのお友達で外国人の友人がいらっしゃる方、外国人と結婚されていらっしゃる方々も多いようで、必然的にひょんな所で、外国人の方と話す機会が多いようで、その時にいつも会話力、という所で、引け目を感じていらっしゃったようです。

 

 

 

 

 

 

日本人の方で、このような方、意外といらっしゃるのではないでしょうか。

 

もともとは英語、英会話にはそこまで興味はなかったものの、自分の生活環境の中で、外国人と関わるシーンがしばしばあり、そこでスムーズな会話ができないという事が、なんとなく、しっくりこない。

 

アデュールの生徒様の中でも似たような状況の方々は多くいらっしゃり、友人だけでなく、親族が外国人の方と結婚したり、他にも近所に外国人が多く住むマンション、エリアがあったり、中にはホームステイで外国人を受け入れていらっしゃるご家庭などもあります。

 

 

 

 

英語ができなくてもいいんだけど、やっぱり今後の事を考えた時に、できた方が、人生「スムーズに」、「楽しく」すすむ、という感覚は、普通の感覚だと思います。

 

 

 

というわけで、本日の生徒様も英会話、という意識が自然にわいてきた、との事でした。

 

これまであまりしっかりと英語には向き合ってこられなかった為、単語や、簡単な英語の文章は見ればなんとなく「あ~」と分かるものの、いざ会話に入ると、単語をとりあえず並べて使えるので精いっぱい、という感じのようでした。

 

 

リスニングもまたしかりで、会話慣れしていらっしゃらない為、本当にシンプルな質問でも、やはり講師の話す英語の発音では、音つながりやイントネーションなどの要素が組み合わさり、まったく分からない、という事も多々あったようです。

 

 

 

会話慣れをして、心を落ち着かせ、余裕をもって英語を聞ける態勢にする事、これも最初はとても大切ですね。

 

緊張した状態では、聞けるものもきけなかったりしますし、言える物も言えなくなるものです。

 

 

 

まずは落ち着いて、しっかり相手の言っている事に耳を傾け、落ち着いて自分の言いたい事をバシっと言ってみる、それに尽きます。

 

でも、外国人の中にはまくしたてるように話す人、たくさんいますよね。

 

そして、それがまたこちらに焦りを起こさせる要因になって、あたふたしてしまう、という事になったりするんですね。

 

 

 

どんな時でもまずは落ち着いて、そこからスタートしていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

海外ドラマ、映画の版権を買うお仕事で必要な英会話

こんばんは!

 

マレーシアオープン、錦織選手、決勝進出。

 

USオープン決勝がつい昨日の事のように思ってしまいます。

 

それに世界のテニスプレーヤーは移動が大変ですね。

 

常に世界中色々なところを飛び回っていて、定住という概念がないのかなと思います。

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、海外ドラマ、映画の版権を買い付けるお仕事に従事されており、海外業者と今後スムーズなやりとりができるようになる為、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

版権ビジネス、業界の人しか分からないなかなか遠い世界のお仕事ですが、あこがれている方はかなり多いのではないでしょうか。

 

こちらの生徒様は、もともとアメリカに滞在していらっしゃった事もあり、多少は英語を話す事はできるとおっしゃtっているものの、学生時代からしっかりと英語を学んだ経験がない為、感覚で話す不安定な英語力、とご自身で話されていました。

 

 

 

 

 

 

同じような考えで英会話を習う方は実はかなり多くいらっしゃいます。

 

英語での意思疎通はなんとなくできているものの、自分が理解している相手の英語がなぜそのような語順で話されているのか、という理解はまだまだ乏しく、それゆえに自分のスピーキングも感覚的に単語を並べたり、聞いた事のある文章をそのまま言うような形になってしまっていて、いつまでたってもその中途半端な感覚から抜けられない。

 

そんなモヤモヤ感が納得ができない、という事でしっかりと基礎からたたきなおそう、と考えていらっしゃるのです。

 

 

 

 

 

こういう方々は基本的な文法の理解が欠けているという事で、自分で勉強できる部分もありますが、実際の会話の中で実際に使われる形で都度修正、確認していく、という事を望まれています。

 

会話の中で自然と覚えていく、という形をなんとなく選んできた方がですから、そもそも英語を話す事自体に何も抵抗もない方です。

 

 

 

小さい子どもたちは、そうやっていつの間にかしっかりとした文章で話せるようになるものですが、大人の英会話は、やっぱり理論立てて理解していかないと納得できない、という方は多いですし、そうしないと自分に変化も見えない、とおっしゃる生徒様もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、勿論基礎英文法の学習は普段から今後しっかりとやっていただきますが、今なんとなく覚えてしまっている怪しい理解の修正、という所も今後は大事にポイントになってきそうです。

 

本日担当の講師も、基本的に意思疎通する事については問題ないものの、文章の組み立ての力が決定的に抜けていて、間違った理解で作りこんでいる所もかなりみつけられた、と話していました。

 

 

 

英会話レッスンをしていくと誰でも気付くものですが、一度使えるようになったフレーズは、とことん体に染み込んでいつ何時でも出るようになりますが、間違って理解している部分、修正された部分というのは、何度でも同じ間違いをしてしまうものです。

 

間違えやすいポイントだから、間違うわけで、だから繰り返してしまう、それは普通に考えれば当たり前のことかもしれませんが、注意していても、いざ自分が話しているとやっぱりまた繰り返してしまう、そういうものだと思います。

 

 

これからしっかりとご自身の目指すところへ向かって頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

海外の金融機関との交渉の為に学ぶ英会話

こんばんは!

 

予想通りのジャイアンツV。

 

王者はこうやって勝ちを続けるから、負けたシーズンも王者の異名を持ち続けるのですね。

 

サッカーのキングカズ、サッカーの神様ペレ。

 

歳を重ねてもレジェンドはいつまでも私達に強い印象を持たせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在金融関係のシステム関連の会社にお勤めの方で、お仕事で海外の銀行、金融機関とのやりとりが今後増えてくる中で、ご自身の英語力アップが欠かせない、と上長に言われた事で、英会話レッスンスタートを決断されました。

 

 

 

 

海外との銀行とのやり取り、そこの基幹システムに携わるわけですから、ミスは絶対に許されません。

 

信じられないレベルの金額が動く金融機関ですから、ミス=失脚、となってしまうのでしょうか。。

 

 

 

 

普段は、通訳をつけての出張という事ですが、こちらの生徒様が話されていたのが、先日の出張時の通訳と現地担当者との会話を全く理解できなかった、という事でした。

 

これまでも英語にはお仕事の中で触れてきていらっしゃいますし、ご自身でも最低限のコミュニケーション力、英語力はあるものだと感じていらっしゃっただけに、前回の出張はとてもショックだったようでした。

 

 

 

 

ただ、これはどの英語学習者にもあることですし、どのレベルの英語学習者にもあることだと思います。

 

同じ日本人同士でさえ、色々な方言や話し方、また滑舌の良しあしで、聞き取りにく日本語もあれば、聞き取りやすい日本語もあります。

 

そしてなにより英語という他言語の場合、圧倒的にボキャブラリの数が母国語のそれとは異なります。

 

 

ゆえに、自分にストックされていない分野の表現、ボキャブラリはちんぷんかんぷんになる事がありますし、それが一定量会話の中でずっと続けば、会話全てが意味不明、という事も十分ありえます。

 

 

 

そして、その逆しかりで、ボキャブラリのストックがまだまだ基礎会話レベルでも危ないレベルの方でも、お仕事の専門分野の英語に関してはよくご存知で、仕事の話に関しては、目の前で繰り広げられる会話の大体の流れがなぜか分かってしまう、という事もあります。

 

前後関係が分かっているから、予想して英語を聞ける事も大きいですね。

 

研究職の方々、学術機関にいらっしゃる方々などは、自分の専門分野の学会の発表や論文は一般の人からすれば難解な内容にも関わらず、問題なく理解できる、という方は多いと思いますし、大学の多くの教授は英語の論文を読んでいらっしゃるはずです。

 

 

といっても、今回の生徒様の場合は、逆のパターンで、お仕事に直結する内容にも関わらず、分からなかったという事ですから、その焦る気持ちもとても分かります。

 

 

 

 

現場にいない私達にとっては、実際にどのような部分で難しく感じられたのかはなんとも言えない所ですが、もうこちらの生徒様は次を向いていらっしゃいます。

 

しっかりと自分に必要なスキルを理解されていますし、徹底的に自分で会話していく事、挑戦する必要性を感じていらっしゃいます。

 

 

 

会話も自分主導で話していくようになれば、自分の分かりやすいような会話の仕方になります。

 

ネイティブになる事は無理でも、仕事に支障のきたさない英語レベルまでは多くの方が大人になってからつけていらっしゃるので、こちらの生徒様も是非これから頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。