保険の営業として頑張る生徒さん

こんばんは!

 

今日は完全に夏日でしたね。

 

日中の最も暑い時間帯は、心なしか、街中の人の足も少し前よりも減っていたようにもみえました。

 

暑すぎてついに室内に入っていく流れになりましたね笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、保険の営業をしていらっしゃり、日々、この”暑い”お天気の中で、外回りの営業にかけまわっていらっしゃいます。

 

保険の営業=激務という方程式は昔から言われている事だと思いますし、こちらの生徒様のような、ご両親に大切に大切に育てられた事がにじみでている箱入り娘さんのような生徒様が、耐えられるのか、こちらが最初は勝手に心配してしまっておりましたが、あれから早1年弱、とても元気な姿でいらっしゃり、ホッと一安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

日本の女性は強く、たくましいです!!!

 

 

 

 

 

 

さて、こちらの生徒様ですが、もともとお仕事にも将来的に活かせたら、という事で英会話レッスンをスタートされましたが、基本的には自分のプライベートを充実させるため、生涯学習の一環として考えていらっしゃいます。

 

 

お仕事に直接関係ない、そこまで仕事サイドからの強制力のないこの英会話を、この激務で毎日ヘトヘトの生活の中で続けていく事、これはなかなかできない事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

英会話学習は、単なる楽しい趣味というレベルで楽しむ事も十分できる素敵なものだと思います。

 

でも、そこに「英語を話せるようになる」という目標設定をつけてしまうと、これは、少し話がかわってきますよね。

 

そしてそこに期限でもつけようものなら、さらに話がかわってきます。

 

 

 

 

 

こちらの生徒様はボンヤリとしてですが、この自分が英語を話せるようになるタイミングまでイメージしていらっしゃいます。

 

だからこそ、毎日忙しい中で、ベットにぶっ倒れたいその気持ちをグッと我慢して先生からの宿題や、レッスンの復習などをされていらっしゃるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今は、復習と予習、宿題をこなすことで精いっぱいです、とおっしゃっていましたが、毎日の忙しい生活の中にそこだけ入れてくだされば今は十分だと思います。

 

 

 

 

 

 

無理をしすぎは禁物です。

 

英会話は継続が何よりもの肝で、120%で半年続け、3年間英語を辞めてしまってから、またその後に半年120%で頑張る、という形はとても不効率です。

 

英会話学習と長い期間向き合ってこられた方々は、それをとてもよく理解していらっしゃるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、頑張って続けられているポイントには、先生との相性もまた大きいようです。

 

暖かい、母親のような優しい雰囲気でつつみこんでくれる先生なので、この生徒様には変なプレッシャーはなく、先生の為にも頑張ろう!といういい意味でのプレッシャーが生まれているのではないかと思います。

 

丁寧な指導を受けれていると実感してくださっていますし、とてもやりやすい、というお言葉もいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

講師として、これほど嬉しい言葉はないと思います。

 

客観的な視点でみると、先生も生徒さんもどこか似た所を感じますし、そこがお互いの気持ちがなんとなく分かるという所にもつながっているような気もします。

 

これからも、最高のタッグで頑張っていただきたいと思います。

 

 

明日は日曜日。

 

 

今週一週間の疲れがとれるよう、しっかりとリフレッシュできる時間にしていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

自分の成長を感じられる喜び

こんばんは!

 

ホントに急に暑くなりました。

 

少し前まで、快適な日中の風が、急に痛いほどの日差しに変化してしまいました。

 

もう梅雨までまっしぐら、という感じなのでしょうか。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングを行った生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在お仕事で英語で話す業務に就いていらっしゃり、日々、悪戦苦闘しながら、そのフィードバックをレッスンの中に入れる事で、よりレッスンを実戦的なものにされていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様を担当させていただいている講師は、発音、英語力全てにおいてネイティブにネイティブと言わせる実力の持ち主です。

 

帰国子女でなく、このレベルまで上げられるわけですから、もちろん素晴らしい講師なわけで、生徒様からすれば、自分の目標地点としても考えられる最高の環境と思っていただけているのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私自身、こんな先生に学生時代に習いたかった。。。と本当に思います。

 

常にアンテナをはりめぐらせておかなければいけいないですね笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初から既に高いレベルの英語力をお持ちだった生徒様ですので、レッスン内容もかなり高いレベルを維持されています。

 

特に、この発音については、本当に細かく指導を受けています、とこの生徒様がおっしゃる通り、ネイティブスタッフのスピーキングチェックでも、発音の評価が抜群に高い結果となっていました。

 

ご本人もそういった客観的な評価に、今までのレッスンの成果が大きく出ていると改めて実感されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話の力というのは、なかなか自分で成果を実感できないものだと思います。

 

少しづつ、少しづつ自分がみえないレベル、感じられないレベルで実は成長しているわけですが、ある程度の時間が経過したふとした時に、その大きな成長を感じられたりするものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、数カ月ですぐ結果を求めて、「ハア~、全然成長していない・・・」と感じ、焦るような時期を超えて、ただひたすらやらなければいけない事をやり続ける、という一種のランナーズハイの状態の域に入って感じる感覚なんだと思います。

 

 

 

そこまでつっぱしってやっていく、という何も見えない道を走るのは本当に不安なものだと思います。

 

短期間で何でも結果がみえるような事へのチャレンジを繰り返されてきた方々にとっては、特にストレスのたまるもの、それが英会話だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり、成長を感じられた時、その喜びは果てしなく大きなものだと思います。

 

そして、生徒様以上に、講師自身が最高の喜びを感じられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

英会話を教えるという事、生徒様が悩まれれば悩まれる程、講師もまたその辛い時期を一緒に過ごしているわけで、まともな人間であれば、自分の生徒さんが感じる辛さを、同じ立場になって感じるものです。

 

 

だからこそ、生徒様が喜ばれるタイミングは、自分にも伝染していた辛さが吹き飛ぶ瞬間でもあり、生徒様の為にも喜び、また自分の為にも喜ぶものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い英会話学習の期間の中で、こういう気持ちに慣れるのは本当に一時の事で、また次の壁にぶちあたっていくのです。

 

そして、また一緒に苦しみ、そしてその向こうの喜びを一緒に感じる。

 

 

 

 

まるで人生を一緒に歩む夫婦のようです。

 

 

 

 

 

本日の生徒様が喜ばれている今の感覚をしっかりと糧にしていただき、また次の喜びまで、頑張っていただきたいと思います!

 

 

本日は以上です。

 

 

 

仕事で書く英語のemailトレーニング

こんばんは!

 

日本代表が飛び立ちました。

 

万全の体調で挑んでいただきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、レッスンスタートからはや半年以上が経過し、順調にここまでレッスンを受けてきてくださいました。

 

 

 

 

 

もともとお仕事では、英語で会話をする事は、少なく英語のメールベースでの時間が多いようで、現在もその状況は変わらず、やはり読み書きに時間を割く事を第一優先に考えていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に直結する事をまずはやる。

 

これが一番いい事は間違いないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

人間誰でもすぐに成果が欲しいものです笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい普段の日常業務から出てくるちょっとしたemailライティングの疑問や不明点を解決する事、さらに、自分が思い描く文章やアプローチとは全く別の視点でのライティング手法を習うのは常に新鮮です。

 

キレイな文章や満足いく文章が書けるとemailを書いていらっしゃる方であれば感じられると思いますが、少し自分の英語力にうっとりしてしまったりするものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって、日々実際の業務のブラッシュアップ、という所をメインにこれまで時間を取って頑張ってこられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話の時間もやはり大切だとこちらの生徒様は考えていらっしゃいますが、リスニングやスピーキング等、自分自身でまずやれる事が沢山ある、というのがこちらの生徒様の持論です。

 

 

 

 

自分自身、そこをまずはしっかりと自分で時間を取り、それにプラスアルファの部分をレッスンの中で潰していく、という考えをされていらっしゃるので、スピーキング、リスニングトレーニングの時間に関しては、ライティングトレーニングよりも時間を短くされていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事でそこまで現状は必要がないという事も、最初にお話された通り大きな要素の1つではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事で英語を使う環境にいらっしゃる方。

 

こういう方々は、本当に英語学習という意味では恵まれた環境にいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

当の本人は仕事だから何も嬉しくない、というのが正直な答えだと思いますが、でもそうやって自分の趣味の領域では絶対に超えられなかった壁を超えられたりするものです。

 

勿論、人によっては、仕事に関係しない方が、より自分の熱意、頑張りをそそぎこめる、という方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、仕事は成長への強制力が違いますからね笑。

 

成長すべき、というより、成長しないといけない環境というのは、少し自分の甘い性格の方であれば、間違いなく良い環境であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身、全くコンピュータやIT分野には興味がなかったのに、たまたま新卒で担当させられた部署で、web管理、デザイン、webマーケティングを担当する事になり、気付けば、フリーのプログラマーになっていた、なんて方は、世の中に実は沢山いらっしゃると思います。

 

 

 

 

税理士さんも、サラリーマン時代に経理に配属された事が理由で、という方も多いと思いますし、ある程度、強制力のある場所でトレーニングする事で、一定の成果が見え、そこから新しい世界が考えられるようになる、こういう環境は本当に恵まれています。

 

 

 

 

 

仕事で使うので仕方なく英語レッスンを開始した、という方が、もしかすると10年後には、会社内の新人語学研修担当講師になられているかもしれません。

 

 

 

 

 

こちらの生徒様にも、今の環境を恵まれた環境と感じてもらいながら、これからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!!

 

 

 

電話オペレーション業務に必要な英会話

こんばんは!

 

星野監督の腰のニュース心配です。

 

闘将の元気な復帰をみんな望んでいるはずです。

 

楽天はそんな心配の中、しっかりと勝利をおさめ、闘将を支えています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在電話オペレーターのお仕事をしていらっしゃり、定期的にかかってくる外国人のお客様への電話対応をしっかりとできるようになりたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

英語で電話をする、というのは経験のある方であれば皆さん感じられると思いますが、普通の対面の会話よりも難易度がアップします。

 

相手の表情、ボディランゲージ、そしてこちらの顔の表情や反応が相手に伝わらない部分、「声」だけを頼りに会話を進めていくことになります。

 

母国語の日本語ではそんなに違いを感じる事はないと思いますが、他言語で話してみる事で、対面で話す時に、どれだけ言葉以外の部分が意思疎通に役だってくれているかを感じるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様をそれを強く感じていらっしゃり、電話で意思疎通する、という壁にぶちあたっていらっしゃるようです。

 

どのような採用方針なのかは分かりませんが、もともと英語ができる、という風に採用の際に伝えていたわけではないようなのですが、英語での電話がきても基本的には自分で対応できるように、という言われているようです。

 

かなりの無茶ぶりに聞こえますが(笑)、そこは採用の時に何かしらの手段で英語力やその他のスキルを管理者側が判断されたのだとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いづれにしても、ご本人は初心者レベルと自分で評価されているくらいですから、普通に会話をする事も現実的にはかなり難しいというのが現状で、大きな成長が必要な事は明らかなようです。

 

そして又、周りには普通に英語で顧客対応ができる同僚がたくさんいるという事で、これがまたこの生徒様にプレッシャーを与えているようです。

 

 

 

 

 

顧客対応で感じるプレッシャー、同僚から感じるプレッシャーに挟まれ、本当に大変な環境にいらっしゃるこちらの生徒様ですが、おっとりしたその雰囲気と、優しい素敵な笑顔で、そこまでプレッシャーを感じていらっしゃるようには外からはみえません笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来的には、ワーホリも考えていらっしゃるようで、その夢があるからこそ、今の仕事が自分の糧になるとも思っていらっしゃるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

レッスンでは基本的な日常英会話からスタートし、ゆくゆくはビジネスレベルまで上げていきたい、という事でしたが、とにかく話す事が苦手、というこちらの生徒様。

 

まずはスピーキングを中心にトレーニングが必要と感じていらっしゃいますが、もちろん電話での外国のお客様の会話が聞き取れない事は多々あるようなので、あわせてリスニングのブラッシュアップも必須項目のようです。

 

 

 

 

 

ワーホリの為に今の仕事がある、と考えているこちらの生徒様。

 

でも、ワーホリは、将来何かしら力を持っていないと生きていけないので、という自分の為にと思い行かれるようですので、結局は全てが、自分のキャリアの為に、という事のようです。

 

今の仕事→ワーホリ→将来のキャリア、という風に、自分の最終形に向けて、全てをとらえていらっしゃるんですね。

 

 

 

 

 

 

今後のご活躍に期待です!!

 

本日は以上です。

 

 

 

 

国際物流企業で働く為の英会話

こんばんは!

 

日本代表、無事勝利しました。

 

ケガ明けの内田選手がゴールを決められた事はとても大きな収穫だったと思いますし、合宿明けでかなり負荷のかかった状態で勝利は、よい結果でした。

 

あさってからアメリカ。頑張ってもらいたいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在国際物流関係の会社にお勤めで、今後もビジネスに直結する英会話の力をブラッシュアップしていきたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

国際物流は、国際化が進む中で、とても大きな役割をおっていますし、今後もそのニーズは高まるばかりだと思います。

 

日々忙しくされているこちらの生徒様ですが、以前はアジアに3年間勤めていらっしゃり、海外でのビジネス経験も既にお持ちで、今現在基本的な英語でのコミュニケーションに問題のないレベルにいらっしゃいます。

 

 

 

 

求めていらっしゃるのは、さらなるコミュニケーションレベルから、ビジネスのプレゼンなどでも英語が使えるような、そこまでにレベルに上げていきたい、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

国際物流ですから、世界各国に拠点をお持ちなわけで、いつ何時、海外拠点に転勤になられるか分かりません。

 

海外に行くとしても、行く国はほぼ決まっているようならまだしも、世界中を拠点にしているわけですから、エリアによって話される英語も異なるでしょうし、ビジネス慣習もまた様々でしょうし、色々な壁をクリアするという意味では、高いレベルの英語力がかならず鍵になってくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ご本人のそういった高い目標に向けて、しっかりとご期待に沿った形でレッスンをご提供していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

現在は日本に戻ってきていらっしゃるという事で、日常的に常に英語を話さなければいけないような環境にはいらっしゃらない為、ご自身でもおっしゃっていましたが、英語学習のモチベーション維持が一番の課題という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

どの英会話学習者にとっても、「続ける」、という所が一番の課題で、語学という長期戦の戦いにおいて、結果が出るタイミングは人それぞれですし、ステージによっても様々です。

 

数カ月での大幅な成果を求めて、焦ってコロコロ勉強方法を変えてしまう方、とても良いところまできていたのに、モチベーションが続かずギブアップする方、色々な方がいらっしゃると思います。

 

今までの人生の中で自分の中での成功セオリーや出来ていく感覚みたいなのが、体に染みついている方々にとっては、その通りにならずにもどかしい、という方も多いと思いますし、その感覚に近くないから今のやり方が正しくない、なんて判断をされる事もあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に難しい所ではありますが、しっかりと担当講師とレッスンプランをつめていく作業は入れたうえで、やはり少し長期で様子をみる「覚悟」が必要です。

 

今の時代、自己学習できるツールは様々ですし、自分にあった勉強方法や教材、アプリが沢山出回っているはずです。

 

しっかりと腰を据え1本の道をまずはしっかりと歩く覚悟を決めつつ、何も考えず突っ走るのではなく、周りにもアンテナは常に張りながら前に進む、そんな感覚が大切かなと思います。

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、しっかりとしたTOEICも目標点とゴールの期限を設けていらっしゃいますし、ご自身でもこのくらいの感覚、という話せる感覚のゴールも持っていらっしゃいます。

 

 

 

そこに向けてこれから日々頑張っていただきたいと思います!!

 

 

本日は以上です。