旦那様のミシガン州への転勤に備えて頑張る子連れ英会話

こんにちは!

 

毎日パッとしない天気が続きますね~。

 

そんな中、プロ野球は連日大変です。ファンも関係者も大変です。

 

でもこの明けた後のカンカン照りの真夏もまた怖いですが笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、秋から旦那様がアメリカミシガン州に海外転勤となり、それに伴い、ご自身と、まだ小さい赤ちゃんの為に、英会話レッスンをスタートされることになりました。

 

 

 

アメリカミシガン。

 

強いアメリカの象徴だった自動車産業のイメージが強いですよね。

 

最近は債務超過や失業率など、色々な話が話題になっていたデトロイトを有するミシガンですが、実際にアデュールの生徒様の中には自動車関連のお仕事をされていらっしゃる方々でミシガンに転勤される方は結構いらっしゃいます。

 

なんだかんだで日本の自動車産業はアメリカとは強いつながりがあるというのは間違いない所だと思います。

 

 

 

 

そんなこちらの生徒様、今回は現地の生活を普通にできるだけの英語力を備える事が最大の目標で、日常英会話をメインにスタートされることになりました。

 

小さいお子様がいらっしゃるとこれからは病院の事なども気になる所だと思いますし、自分だけではないだけに不安要素はとても大きいと思います。

 

 

 

 

海外留学や、海外修業など、自分から望んで海外に行く事になった方々は、国内で英語力を高めるレッスンを受けらえる時のその目はキラキラと輝いているものです。

 

希望の99、不安1、といったところでしょうか。

 

自分から望んで行くのですから当然ですよね。

 

 

 

そういった方々と比較して、ご主人のお仕事の関係での海外転勤にともない、一緒に引越しされる家族の方々の心境はなんとも難しいところです。

 

開き直って、やるしかないでしょ!という方もいらっしゃれば、子供の事がとにかく不安です、と不安を前面に出されている方もいらっしゃいますし、それは時期にもよるとは思いますが、現実を想像すればするほど、少し心配になるのは普通の感覚だと思います。

 

まずは子供に影響のないように、という事を第一に考えられるのがお母さんです。

 

その他にも買い物、クリーニング、家事周りの諸々の契約、銀行関係だってありますよね。

 

リアルに考える方程、マズいな、、と考えられるものです。

 

 

 

レッスンの中では、忘れている基礎英単語、英文法はもとより、買い物の仕方、道の聞き方、電話のかけ方、など想定される海外生活で使う表現を色々とおさえていく事で、少しでも安心していただく事になります。

 

ただ、海外旅行であれば、お決まりのフレーズで想定されるシチュエーションを何とか乗り越える、という事が可能かもしれませんが、海外に住むとなると、これとこれを覚えておけば大丈夫、というようなものではないのが現実です。

 

想定していなかったシチュエーション、英語でどんな言い方をすればよいか分からないシチュエーションで、自分の思った事、伝えたい事をしっかりと相手に伝える。という事がどんどん出てきます。

 

 

そこにはやっぱりつぎはぎの表現集だけをおさせるのではなく、基本的な英語力、会話力が求められます。

 

最初は難しいかもしれませんが、それでも英語だけでどんどん会話していき、英語で話しこむ感覚を体に染み込ませる事はとても重要です。

 

 

期間は短いですが、出来る限りの事をして出発していただきたいと思います。

 

本日は以上です!