銀行窓口担当として50代から始める英会話

こんばんは!

 

また雨が続きそうですね。

 

野菜さん達、とても心配です。。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、銀行の窓口で勤務されていらっしゃり、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートされる事になった理由は、銀行で外国人の方々に接客する事が多くなってきている事、そして何よりも10年ほど前からずっと英会話には興味があったものの、なかなか踏み出せない、という事情もあったからのようでした。

 

 

英会話を純粋に習いたい、というその強い気持ち、そしてお仕事でも日々窓口で外国人の方々と関わる中で、かなり強い動機となってスタートできそうですが、最後にこちらの生徒様を後押ししてくださったのはお子様との事でした。

 

お子様もまたアデュールでの英会話レッスンを受けてくださっていて、お子様が楽しくレッスンを受けられているという様子をずっとみてくるなかで、自分もここなら。。。と思ってくださったようです。

 

 

 

 

やはりもつべきものは子供、ですね笑。

 

年齢的に英会話を始めるなんて無茶な話なのかもしれない。

 

そういう風に考える方々は50代、60代、また70代の生徒様からも最初はよく聞く話です。

 

今からプロのスポーツ選手を目指すならまだしも、英会話、しかもプロの通訳になるわけでもないのですから、遅すぎるなんて、絶対にあり得ないですよね。

 

 

 

でも、やっぱり新しい事には年齢を重ねるにつれて、少しづつ慎重になっていくもの。

 

そして、一定の年齢を超えると、変化が面倒になり、変化を嫌うようになる、という方もいらっしゃると思います。

 

政治の世界でも大きな変化を拒むのはやはり上の世代の方々が多いのではないかと思います。

 

政治=国民の生活、ですからね。

 

 

 

 

本日の生徒様は、とにかくヤル気はもう10年間ためてこられた訳ですから、普通の人の何倍もあります。

 

ご自身でも、ついに始められる喜びをかみしめていらっしゃるようで、先生とも本当に楽しい時間を体験レッスンの中で過ごしていただけたようです。

 

 

 

本当はできる人なのに、頑張れば誰でも一定の結果は得られるものなのに、それなのになかなか踏み出せない、そんな事は世の中に沢山あると思います。

 

世間体や、挑戦する自分を客観的に冷めた目で見るもう一人の自分もいるでしょう。

 

でも、やっぱりそこはこうやって踏み出すから、やってみて初めて感じる、「やってよかった」があるものです。

 

 

 

 

本当に長らく英語学習というものから離れていらっしゃるという事もあり、レッスンではまずは基本的な会話から、並行して文法や基礎英単語、発音なども、「あ~そんな事習いましたね~」という具合に過去の記憶と突き合わせながら、実戦の中で使えるものにしていただける流れに入れ込んでいただきたいと思います。

 

学びは人を成長させてくれますし、そもそも人生一生学びの連続です。

 

海外では社会人になってから、改めて大学、大学院で学びの場に戻る、という方々もとても多いです。

 

若い学生の時とはまた異なる視点での学びがそこには必ずあるものですし、何よりも成長している事を実感している自分は誰でも大好きなはずです!

 

自分は英語が話せるようになってきた!と感じる時。もう部屋で一人で、ムフフフフフ。。。と笑っちゃうものです。

 

 

 

これから少しづつ高みを目指していっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!