メーカー経理としてのキャリアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

一体この晴れない日はいつまで続くのですかね。

 

曇り雨はなんとか耐えれても、蒸し暑さは勘弁してもらいたいですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メーカーの経理をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で英語でのメールでのやり取りなどもある為、今後のキャリアップの為に今から少しずつ英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

新卒で今の会社に入社してから、関西、中国地方、九州と、地方の支社で勤務されており、去年本社に戻られ、これからは基本的に本社勤務が続く予定との事でした。

 

東京での生活がこれから長くなるという事で、これまで考えていらっしゃった英会話レッスンのスタートをこのタイミングにしようと考えられたようです。

 

短い期間で地方を転々とするようなお仕事だとなかなかその土地で腰を据えて何かを、という気持ちになりずらかったりするものです。

 

こちらの生徒様は特に新卒でまだ仕事を始めたばかりのタイミングでの異動だった為、仕事に慣れる事に必死であった事も大きかったようです。

 

アデュールの生徒様の中には、このように仕事の異動や、会社の色々な状況の変化により職種が頻繁に変わったり、家庭の事情などにより、なかなか英会話を始めたくても始める気持ちになれなかった、という方は多くいらっしゃいました。

 

どこかのタイミングで英会話はやらなきゃ、、と思いつつ、どうしても高い優先順位のものをどうにかしなくては、という意識が先行するので、その後のものは対応が後手にまわります。

 

とても難しい判断だと思いますが、英会話においては、習得するまでに時間がかかりますし、他に色々と忙しく大変な事があっても、見切り発車でもとにかくスタートを切る、という判断が必要な場合も人によってはあると思います。

 

全ての事がうまくまとまってから、というのは、気持ち的にはすっきりですが、短い人生、やっぱりいくつかの事を並行させて進めなければどうにもならない事は多々あると思います。

 

本日の生徒様については、まだまだお若く、仕事が大変な時期ではあると感じていらっしゃるようですが、これ以上英会話を始める事を延ばすのは自分のキャリアを考えるとよく無い、と判断されたようです。

 

学生時代にボランティアで、外国人に日本語を教えたご経験があるようで、その時にはカタコトながら英語を使ってお知られていた為、英語を使って仕事をする、という事については、学生時代から希望されていたようです。

 

今はメールベースでのやり取りですが、もっとスキルをつけ、英語なら~君、と言われる位に力をつけられたら、とお話されいました。

 

現在の英語力については、単語、文法の素地はあり、本当に最低限の事であれば、会話でもなんとか伝えられるという状態で、今後はこの会話のレベルを特に上げていきたいようです。

 

読み書きができても話せないと。。。とおっしゃっていましたが、これは多くの日本人の方が感じていらっしゃる事です。

 

英語はやっぱり会話で使えてナンボの世界、、、、という事でもないかもしれませんが、いざ英語を使う仕事に就くと、多くの方がそれを感じられます。

 

これから頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!