IT業界でのキャリアアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

メジャーが開幕し、日本のプロ野球、サッカー等もスタートし、いよいろスポーツが始まったな~という感じですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で現在は必要ないものの、これからの長いキャリアを考えた時に、英語の力はつけたいと最近強く思うようになられたからという事でした。

 

もともと学生時代は特に英語に対して苦手意識というようなものはなく、成績もクラスでは中の上という感じだった為、社会人になった今も、自分の英語について、周りの人と比べても中の上くらいにはいるだろうと感覚をぼんやりと持っていらっしゃったとの事でした。

 

ただ、英語が全く話せない人達の中で、中の上にいる、という事はどういう事なのか。

 

冷静に考えてみると、その比較はとても危ないですよね。

 

世界に目を向ければ、英語だけでなく、その他言語を話し、3言語、4言語を操るような人は沢山いますし、第二言語として英語が話せるというのは、当たり前という空気になっている国、地域も沢山あります。

 

そういう場所で中の上にいれば、それは日本で言う上級者というカテゴリに入ると思います。

 

自分が誰と比べるか、それは成長において、とても大切な事で、だからこそ「環境が人を変える」「環境を変えろ」なんて言葉をよく聞くのだと思います。

 

世の中、周りを一切気にせず、自分一人との孤独な闘いに一心不乱に邁進できる、という人ばかりではありません。

 

周りから学べる環境でなければ、そこで自分と比べる事は成長を阻害する原因になってしまいます。

 

逆に刺激を受ける人達が近くにいれば、そこで自分と比べる事は成長を加速させてくれる要因になります。

 

そういった意味で、本日の生徒様は、ぼんやりと自分の英語はまあまあ大丈夫だろう、と考えていらっしゃった思考を、一旦リセットされたという事は、とても大きなターニングポイントになられたと思います。

 

キャリアの為に英語はできなきゃな~、という事も考えだしていただけに、2つの側面から、英語に邁進する為の理由をもらえた、という事になりますね。

 

英会話のスイッチが入った所で、最初にこちらの生徒様が試されたのがスマホアプリを使っての独学だったようです。

 

ただそれは黙々と1人で問題をやる勉強で、問題自体は楽しいとは思えたものの、これをずっと続けていくというその孤独なやり方になんとなく先が見えなかった、とおっしゃっていました。

 

これを3か月すれば英会話は完成する、みたいな明確なゴールが見えているなら頑張って3か月やってみよう、と思えますが、英会話は残念ながら長期戦が必要なものです。

 

こちらの生徒様もそれはよく分かっていらっしゃったようで、それだけにこのやり方で何年も一人でやって、果たしてその先に何か本当に見えるのだろうか、という不安を感じられたとの事でした。

 

英会話というのは生き物で、相手と話して初めて、英語でのキャッチボールを実感できるようになります。

 

不思議なもので、1人でシミュレーションしている時は、しっかりと言えるような事も、話し相手を前にする事で、うまく言葉が出てこないなんて事はよくあります。

 

実際の英会話の練習をこれからはどんどん入れて頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!