パン屋での外国人のお客様への接客の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方は暖かい一日となり、明日からはまだ気温が上がるみたいですね。

 

一気に桜シーズンまでまっしぐらですね!!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、パン屋さんにお勤めで、将来はご自身でベーカリーカフェをオープンする事を目標にされていらっしゃる女性の方です。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、土地柄外国人のお客様が多くいらっしゃるようで、外国人のお客様に対する英語の接客業務が自分の中では「イケていない」為、そこをブラッシュアップする為の英会話レッスン、という事でした。

 

都心部の小売店はあらゆるお店で外国人の接客が求められている時代です。

 

アデュールの生徒様の中にも小売店での外国人のお客様への英語での接客の為に英語を頑張っていらっしゃる方が他にもいらっしゃいます。

 

本日の生徒様はパン屋さん。

 

当然ですが、外国人のお客様が沢山いらっしゃると思います。

 

現在の業務では現場スタッフのリーダーのようなポジションについていらっしゃるようで、ピークの時間帯には全体をしっかりと把握しながら、効率よくスタッフを動かしていく、という事がポイントのようで、そこがこちらの生徒様の腕の見せ所でもあるわけです。

 

ただ、そんな時に、外国人のお客様が、「Excuse me」と言って話かけてくる。

 

ここで大きな時間ロスになってしまうという事のようです。

 

日本語ではもう自然にベストな接客がスムーズにできるこちらの生徒様。

 

他のスタッフも使いながらうまく対応をされていきますが、英語で質問をされると、まずそこでワンテンポ遅れてきます。

 

そのテンポが遅れる事がお店全体の把握という意味ではとてもダメージが大きいようです。

 

そして何よりも、生徒様ご自身が心理的にダメージがあるというのが一番のポイントのようで、英語の苦手意識が余計にうまく接客できていない所につながってしまっているようでした。

 

英会話において、特に初心者の方が多く感じられるのが、英語になった瞬間に、極度に緊張する、という事です。

※この部分をクリアさせる事は日本人講師の得意とする所でもあります

 

普通なら簡単な英語なら出てきそうな事も、実際にいきなり英語で話しかけられると心の準備が出来てない為、ギクッとなってしまうわけですね。

 

英会話レッスンにおけるポイントはまずこの英語で会話をスタートする時の気持ちの持ち方と会話の運び方の技術だと思います。

 

日本語でも会話が苦手な方は「ん?どういうこと?」と相手に聞き返される事がしばしばあると思います。

 

日本語ネイティブでも相手と上手く意思疎通がはかれていないタイミングがあるというのは会話スキルがポイントになっている場合はとても多いです。

 

英語でもこれは勿論あって、英語ネイティブであっても、別のネイティブから、「どういうこと?」としばしば聞き直されている人を見ます。

 

自分の中で話が先行してしまっていて、今の会話のキャッチボールがうまく成立していないという事ですね。

 

このあたりのスキルと、そして勿論英語の基礎レベルをしっかりと上げていく事で、確実に成果は出てくるものです。

 

将来的にはご自身でベーカリーカフェを経営されるこちらの生徒様ですから、やる気は十分です。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!