リアルな英会話表現&英語文化紹介Vo.3

リアルな英会話表現&英語文化紹介シリーズVo.3です!

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

————————————————-

The same to you!

What’s your New Year’s resolution?

Staycation

Funny/Interesting

He/ She is ticklish.

out of this world

Love and cough cannot be hid.

————————————————-

 

 

 

The same to you!

「Have a nice day!(よい一日を!)」と言われた時、「You too.(あなたもね)」と短く返答するほかに、もう少しかしこまった言い方で「The same to you!」というのがあります。相手に合わせて、使い分けるといいでしょう。

~その他の例~

意外と知らない方は多いものとして、You have a nice day too!という風にYouから始まる文章でしっかりと返す形もあります。

 

 

What’s your New Year’s resolution?

1月に「今年の抱負は?」と聞いたり、聞かれたかもしれませんが、英語では「What’s your New Year’s resolution?」と言います。聞かれたら、「My New Year’s resolution is to workout more.(今年の抱負はもっと運動することです)」などと答えればOKですよ。

 

 

Staycation

「Stay Home」はよく耳にしますが、「Staycation」という造語があり、「stay at home」と「vacation」からできた言葉です。お家の中や近くで、旅行気分が味わえる場所が増えるといいですね。

~その他の例~

コロナ禍でStay Homeは多く耳にするようになりましたが、英語では在宅勤務を意味する表現として、work from homeの頭文字を取って、WFHと言ったりします。コロナ禍ではこちらも多くみられる表現です。

 

 

Funny/Interesting

「funny」と「interesting」はどちらも「面白い」という意味ですが、ニュアンスが違います。「funny」は「That’s such a funny story!(その話はめちゃくちゃ面白いね!)」のように、おかしくて滑稽な時に使います。一方の「interesting」は、「He is an interesting person.(彼はとても興味深い人ですね)」のように、人や話が興味深いと思う時に使います。

~もう少し解説~

ちなみに、funも楽しい様を表現する言葉ですよね。ただ、こちらは必ずしも「おかしくて滑稽な」様である必要はありません。友人と楽しい時間を過ごした事について、That was funと言う事ができます。

 

 

He/ She is ticklish.

家族や仲の良い友達に「tickle, tickle(こちょこちょ)」とくすぐると、苦手な人がいますよね。そのような人のことを「He/ She is ticklish.(彼/彼女はくすぐられるのが苦手)」と言います。「Are you ticklish?」と聞かれてこちょこちょされそうになったら、「Don’t tickle me!(くすぐるのはやめて!)」と言い返せばいいですよ。

 

 

out of this world

とびきり感動して「素晴らしい」と言いたい時、「out of this world(この世のものとは思えない)」という表現があります。例えば、最高に美味しいハンバーガーを食べたら、「This burger is out of this world!」と言えばいいですよ。

~もう少し解説~

Out ofで強い、素晴らしい何かを表現するものとして、out of my leagueなんていうのがあります。高嶺の花、のような使い方だったり、自分のレベルよりもずっと上の場所、存在、というような意味で使います。

 

 

Love and cough cannot be hid.

英語の名言を紹介します。 Love and cough cannot be hid. 「恋と咳は隠せない」と言う意味で、両方とも隠すのは難しいですよね笑