英語面接で転職を成功させる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

緊急事態宣言が発令されましたね。

 

勝負の1か月、そして寒さにも耐える勝負の1か月です。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在転職活動中で、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、今後英語面接が少しずつ増えてくるため、少しでも力をつけておきたいから、という事でした。

 

英語面接。

 

英語に自信がある方でも、日本語よりは緊張する方も多いこの環境は、英語が苦手な方にとっては、もう拷問ですね笑。

 

アデュールではこれまでも多く英語面接対策に対応させてきていただきました。

 

今回の生徒様のように転職時における英語面接という事もあれば、社内で昇進の為に、英語面接があるという方もいらっしゃいますし、子供をインターや海外の学校に入れる為、保護者の英語面接に参加する為、という方もいらっしゃいます。

 

多くの方がやはり苦手意識から、やはりかなり困っていらっしゃるという状況でレッスンをスタートされています。

 

英語面接においては、まずはしっかりと意思疎通できることが大前提になりますが、とりあえず言葉が途絶えずに会話を続ける事が目的になってしまっては、面接の本来の目的を果たす事はできません。

 

実際に英会話を習っている方の中でよくあるのが、考えている事を英語で言おうとしても上手く言えないので、別の事を言ってしまうという場面です。

 

これは会話をつなぐという意味では良いかもしれませんが、自分の言いたい事が言えないというのは、本来の会話の目的からすると、少し残念ですよね。

 

これを絶対にしてはいけないという事ではありませんし、状況によっては仕方がない場合もあり得ると思います。

 

ただ基本的には、自分の思っている事をしっかりと英語で伝えられるべきですし、そうする事で、日本語で話している時と同じ自分を相手に見せられ、自分という人間を正しく判断してもらえることになります。

 

勿論言語の違いにより、相手の受取るイメージは多少異なる事はありえますが、基本的に自分という人間を理解してもらうという大きな意味ではそこは大きな問題にはならないはずです。

 

本日の生徒様はこれまで英会話を習っては辞めてを何度か繰り返してこられたようで、英語はやりたいと思いつつ、仕事や家族の事情で辞めざるを得ないという事が何度か重なっていたようです。

 

忙しい社会人のとって、何かを続けるという事は大変な事です。

 

子供ができ、家庭環境も色々と忙しくなってくると、仕事も含め、時間コントロールはなかなか難しいものです。

 

ただ、やはりこれが必要、と思う事については、自分の中で優先順位を上げて、しっかりと時間と気持ちを割り当てる、という事をしないといけません。

 

本日の生徒様は、今回は英語面接だけでなく、その先のビジネスマンとしての基礎英語力を付ける意味でも、長く続けていきたいとおっしゃっていました。

 

コロナで色々と環境が変わってきている変化の時代には、やはり頼れるのは自分の能力です。

 

しっかりと今から力を付けておくことで、将来の自分から感謝の言葉をもらえるはずです。

 

体験レッスンはとても緊張されていたようですが、それでも充実感も感じていただけたようでした。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!