物流会社の人事として必要な力をつける為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

お盆休みも終わり、気付けばあっという間に8月も終わりますね!

まだまだ暑い夏が続きますが、それでも少し涼しくなったりする事もあり、本当に少しずつですが、秋の足音も聞こえてくるような気がします。

本当に僅かですが笑。

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

こちらの生徒様、現在物流会社の人事部にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、人事の仕事で従業員のVISAの申請等で海外と英語でのメールのやり取りなどがあるようで、その時に少しでもスムーズに英語で対応できるようになれれば、という事でした。

人事ですし、大きい会社で海外に拠点があったり、人の移動が多くある会社では勿論そのような対応も想定されますよね。

今の会社には将来性もあり、そしてずっとやりたい仕事と考えていらっしゃったようで、仕事自体にはとても恵まれていると感じられているとの事ですが、やはり英語がネックになって、仕事のパフォーマンスを著しく落としてしまっているという事でした。

仕方のない事と言えば仕方のない事ですね。

英語が苦手な人が仕事で英語を使う業務を任されれば、普通の人は荷が重いと感じるものです。

趣味の世界ではなく仕事ですから、上司も英語を使う事を楽しんでくれればいいよ、なんていう気軽な感じで仕事をさせてくれるはずはないですし、常に高いパフォーマンス、結果を求められるのはビジネスの常です。

やりたい仕事ではある。

ただ、自分は結果が出せるスキルがない。

このような状況でやるべきことは1つ。

ただ、スキルを上げる事に全力を尽くす。それだけですね。

幸い、本日の生徒様は英語に対して「嫌い」という感情はなく、できないので苦手意識があるというだけのようで、英語が出来るようになれれば、むしろ好きになると思う、との事でした。

これは実際によくある事で、英会話を習い、英語に自信が持てるようになると、英語が好きになり、英語が好きになるから、英語をもっと勉強するようになり、更に力がつき、そしてもっと好きになる、といいう好循環です。

難しいのは、このループに入った瞬間に自分はこのまま最高に楽しい気持ちのまま英語を話せるようになっていく!と期待してしまいますが、少し厳しい言葉になりますが、英会話というのは、そこまで簡単な物ではないんですね。

この良いサイクルで回っていても、やはり自分の中で大きな壁を感じるタイミングはあり、そこは今までのように楽しく勉強していてもなかなか「超えた」という感覚が持てなかったりします。

それがしばらく続くと、その壁を超える事が少し辛くなってきたりもします。

最高のループが消える瞬間ですが、ここにもまた大きな収穫があって、大きな壁を越えた時、それは他の方がなかなか超えられない壁だからこそ、超えた時に更に自分自身を誇りに思えるようになります。

1つ上のカテゴリに上がった自分に対して、英語を話せる人からも評価される時、大変な事もあるけど、英語を頑張ってきてよかった、と心の底から思えるものです。

本日の生徒様はとにかく今の会社でしっかりとキャリアップしていきたい、と考えていらっしゃる為、英語の力をつける事は必須スキルとの事でした。

直属の上司はとても理解のある方の様で、こちらの方が英会話を始めるつもりと伝えると、英語の勉強の為なら仕事を早めに終わる時があってもいいよと言ってくださったようです。

環境はバッチリですので、今後が楽しみです。

本日は以上です!

地方から首都圏に転居してきたタイミングで始める英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑い日が本当に続きますね。

 

今年の夏は歴史的な猛暑日の日数みたいで、本当に大変です。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年地方から神奈川に引越してこられ、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、数年以内にパートを始めて少しずつ働き始めたいという事で、その時に少しでも英語を使えれば、という事でした。

 

外国人がほとんどいない地方にしばらくいらっしゃった為、英語の必要性を全く感じる事なくこれまで過ごしてこられたようですが、首都圏に引越してきてしばらく周りの生活をみていく中で、圧倒的に英語を使える環境が多く、自分がその気になれば、英会話上級者でなくても、英語を話す環境で仕事ができると考えられるようになったようです。

 

大企業に入ると、英語ができないと英語を使う仕事ができない、という事はあると思いますが、実際には多くの場所で、英語ができなくても「どうにかやって」と会社側から半ばお願いされる形で英語環境にいらっしゃる方は多くいらっしゃいます。

 

英語が苦手な方にとっては、これはとんでもない厳しい環境ですし、それが辛くて辞めてしまう、という方も勿論います。

 

ただ、これは英語学習者にとっては、とても良い環境で、英語ができないのに英語を使える職場環境を与えてもらえるなんて、ラッキー!と感じている人が多いのも事実です。

 

仕事場が英会話の練習の場になるわけですからね。

 

実際に所は、そこは仕事なので、相手の話す英語を英語学習者の視点で冷静に見るという余裕はなく、仕事人として、自分の仕事をどうしっかりと全うできるかに意識がいくため、そこまで英語の勉強感は感じにくいものではあります。

 

ただそれでも損環境があるかないかでは英会話の力をつけるという意味で言えば、大きな差があります。

 

本日の生徒様はもともと高校生の時に英検2級を取っていらっしゃり、英語はどちらかというと好きな科目だったようで、高校卒業後、英語をしっかりと勉強した経験はないようですが、なんとなくまた英語を使う機会があればしっかりと勉強したいという風にも考えていらっしゃったようです。

 

それが今回の首都圏への引っ越しで実現したという事ですね。

 

英語で色々な事の会話のキャッチボールをするという事は、10年前の海外旅行以来という事で、体験レッスンではとにかく言葉がすぐに出てこないという事が一番の驚きだったようです。

 

それは当然の事だと思います。日常的に英語を話す人でも、10日も英語を話さない期間を作ってしまえば、最初は少し言葉が出ずらい感覚があったりもするものです。

 

10年ともなればさすがにそれは期間が長いですからね。

 

今回こちらの生徒様の目標は仕事で英語を使う、という事ですので、目標がハッキリされている分、とてもモチベーション高く学ぼうとされている点が素晴らしいと思います。

 

英会話を始める時には、何かしら目標があると、何もないよりは、モチベーションを高く維持できやすいですし、ハッキリとまたはボンヤリとでも、英語を話せるようになる期限というものが頭の中にあるというのが大きいですね。

 

そこから逆算して勉強が効率的になったりもするものです。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

テレビ局の国際部の業務と海外旅行の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日はまた気温がかなり上がるみたいですね。

 

本当に体調管理をしっかりとしないと、体調崩しちゃいますね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、テレビ局にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事、そしてプライベートでも英語を使えるようになりたいから、という事でした。

 

お仕事では国際部に異動になったという事で、今すぐに英語が出来なければマズい、という環境ではないようですが、英語が出来ればベターという環境ではあるようで、少しずつ頑張っていきたいという事でした。

 

今テレビのお仕事はコロナ対応で色々と大変な事もあると思いますが、ネットが発達した今でも、まだまだテレビというメディア媒体の社会に与える影響はとても大きいですし、こんな時だからこそ、社会を支える力を更に発揮してもらいたいですね。

 

プライベートに関しては、海外旅行によく行かれるという事で、今は新型コロナウイルスの関係でなかなか難しい状況ですが、また状況が落ち着けば、大好きな海外旅行に行きたいという事でした。

 

そしてこの海外旅行でいつも感じるのが、「自分が英語を話せたらもっとこの旅行も楽しめるのに」という事のようです。

 

これは英語が苦手でかつ海外旅行が大好きな人ほぼ全てに共通する感覚なのではないでしょうか。

 

海外旅行が楽しくて、現地の人と触れ合う機会等があると特に日本とは異なる環境に来ているという事を強く感じられ、その時間の価値を感じるものです。ただ、その時に英語を話せる友人や家族が通訳となり間に入っているという現実は、やっぱり見て見ぬふりはできない、というのが本音だと思います。

 

どれだけ楽しくても、やっぱり自分と相手(現地の方)の間に通訳が入るというのは、コミュニケーションを通じて楽しい時間を過ごすという部分では、圧倒的に不利です。

 

そして仕事ならまだしも、プライベートではその状況はなかなか長くは続けられないものです。

 

相手もこっちも疲れてしまいます。

 

だからこそ、普通に英語でリラックスして会話できている友人や家族が羨ましく、自分もそうなりたい。そう感じるんですね。

 

本日の生徒様の現在の英語力については、ご自身曰く、大学受験をしなかったので、英語も高校の授業をぼんやり聞いていたかすかな記憶レベルで、ほぼゼロと言えるレベルという事でした。

 

今まで英会話に挑戦しようと、知り合いに少し教えてもらったり、テキストを購入されたりしたようですが、根本的に基礎から叩き直さないとどうにかなるものではない、という事に最近ご自身で感じられたという事でした。

 

英会話に近道はない。

 

という現実をひしひしとこの数年で感じられたようで、だからこそ、今このタイミングで始めたいという事でした。

 

モチベーションが落ちないよう、TOEICなどの資格試験を定期的に受け、自分を律する環境も持ちたい、という事でした。

 

仕事でTOEICのスコアが求められているわけではない方も、実際に定期的にTOEICを受けていらっしゃる方は多いです。

 

あの少しの緊張感と終わった時に頑張った感、そしてスコアが上がっていた時にこれまでの努力が報われた感。

 

それは努力した人が感じられる感覚だと思います。

 

今後の期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

映像制作の仕事で海外からの問い合わせに対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

お盆休みは今年一番の猛暑の時期と重なりましたね。

 

本当に異常な暑さで参りましたね。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在映像関係のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事の関係で海外からの問い合わせなどもあるものの、全く英語が話せず、ご自身では対応が出来ない為、もう少し英語の力をつけて仕事でも英語を使えるようにしたいから、という事でした。

 

映像制作のお仕事ってなんだか素敵な響きですね!

 

イベントの映像撮影や、お客様のご希望に応じたPVなど、色々なものを作るようで、もともとこのお仕事に興味を持たれたのは、以前アメリカに3ヶ月滞在されていた際、そこで映像の仕事に魅了されたから、という事でした。

 

アメリカに3ヶ月滞在するという貴重な経験をされているものの、その当時は3ヶ月いればかなり英語の力もつくはず、と思っていた計算が大きく狂い、全く英語が理解できないまま、3か月が終了してしまったという事でした。

 

もともとアメリカに3ヶ月滞在するというように、海外への思考は強い方だったようで、英語を流暢に話せれば、、という事はずっと考えていらっしゃったようです。

 

ただご自身曰く、普通の人と比べて圧倒的に理解力が低い為、例え覚えようと頑張ってもなかなか身に付かない、という事でした。

 

その感覚が昔からある為、どうしてもやりたいものの、結果的にまた挫折してしまうんじゃないかという感情も常についてまわってしまうようで、それが今でも英会話学習の足を引っ張っているという事でした。

 

自分自身に自信が持てない時は、やっぱり何かにとりかかって、突き抜けるまで走る!というような強い気持ちを持てなかったりするものです。

 

ただそういう時に無理に他の走り抜けている人達を真似するというのではなく、そういう時だからこそ、自分は自分と割り切って、1つずつやれる事から前に進める事が大事だと思います。

 

今回また英会話をしっかりと勉強したいと思われ、他の英会話スクールでネイティブの先生の体験レッスンも受けられたようですが、アメリカにいた時と同じように、全く英語が理解できず、これではアメリカにいた時の二の舞になる、という事を強く感じられたようでした。

 

そこで今回は違いアプローチで始めないと、と考えられ、アデュールで日本人講師に習ってみようと考えられたようです。

 

英会話を学ぼうと思った時、色々と自分の中で選択肢は出てきますが、結局の所、まだ英語の事をよく分かっていない段階だと、手探りで進めていくしかないという事になります。

 

本日の生徒様のように、自分に合う形、環境はこれなんじゃないかと思いながら色々と模索していく事は、なかなか大変な事のように感じますが、最終的にはそうやって自分で考え色々な事を通じて導かれてきた形というのは、成長できる良い形になっているものです。

 

忙しい社会人にとって、そんな色々な事を考えるんじゃなくて、とにかくこれだけやれば英会話が完璧になれる、という1つの答えを教えて欲しい、と思うものですが、やはりそこには個人の目標、個性、得手不得手、仕事や家庭環境、色々な要素があるので、判断は難しいものです。

 

本日の生徒様はまた新たなステージに立たれました。

 

これから是非頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

渉外弁護士の補佐として必要なスキルをつける為の英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑い日が続きますね。

 

夏休みで9連休を取れていない方も、明日からは本格的に夏休みを取られる方も多いと思います。

 

コロナで色々と大変な事があったこの数か月。

 

夏休みは少しゆっくりして体を休めるのもいいですかね!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の法律事務所にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、仕事で日常的に英語を使っていらっしゃる為(読み書き中心)、会話も含めて、英語力の底上げをしたいから、という事でした。

 

今は丁度織田裕二さん主演の弁護士ドラマSUITS放映中なので、とてもタイムリーなお話ですね。

 

アデュールの生徒様の中には本日の生徒様のように渉外案件を取り扱う弁護士事務所にお勤めの生徒様が多くいらっしゃり、事務的なお仕事では書類関係が英語で、英語での電話の取次ぎ等、日常的に必要とされている方は多いです。

 

また同じ士業でも、海外とのやり取りのある会計士、税理士の方々や、特許関係のお仕事をされている方も多いです。

 

いずれもクライアントからは、しっかりとやってくれるだろう、と思われる士業集団の組織に属していらっしゃる為、必然的に仕事のパフォーマンスは高いものを要求されていると思います。

 

受講生の方々皆様やはり英会話トレーニングにおいてとても熱心で、細かい所に意識をしっかりと向けられる点は共通しています。

 

渉外案件を扱っているなんて、かっこいい!と思いますが、現場にいる人にとっては、なかなかかっこいいだけで済む話ではなく、大変な事が多いのも事実のようで(当然ですよね)、それでもやりがいを感じながら本日の生徒様はお仕事をされていらっしゃるようでした。

 

英語に関しては、20年前にワーホリでオーストラリアに行かれた経験をお持ちの為、基本的な所はおさえていらっしゃり、英語を使う事に抵抗感があるという段階は既に抜けていらっしゃいます。

 

今の仕事を始めるまでは英語をしばらく日常的に使う事がなかった為、仕事を始めた時は少し戸惑った部分もあったようですが、オーストラリアの経験もあり、今はすっかりと慣れて業務をこなしていらっしゃるようです。

 

ただ、ご本人曰く、ワーホリでは英語の基本的な日常会話や英語を話す事に慣れるという事はできても、やはりビジネスレベルで色々な問題について多面的にディスカッションしていく、というような所までのスキルをつける事はなかなか難しいようで、帰国後もそれはご自身で認識されており、ビジネスレベルに上げるにはもう一段階努力が必要とずっと感じていらっしゃったようです。

 

それでも色々と人生あるもので、英語からしばらく離れていらっしゃった期間を得て、この2,3年でようやくもとのレベルに戻せたという段階のようです。

 

やらなければいけない事はハッキリと認識されていますし、一度かなりスキルを落とされただけに、やらなくなればどれだけ落ちるのかも痛感されているこちらの生徒様ですので、ここからはかなりしっかりと気持ちを持って続けていただけると思います。日常業務で英語を使っているという事は大きなアドバンテージですね。

 

これからが楽しみです。

 

本日は以上です!