銀行での本社勤務に戻れるために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

甲子園、盛り上がっていますね。

 

高校球児たちはいつの時代も丸坊主の青少年。

 

爽やかで素敵です。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在銀行にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、もともとは東京本社にお勤めだったようですが、都外の銀行に異動されられたようで、会社に自分の実力を見せつけて見返してやりたい、という気持ちからまずは英会話を、という事で始められるようになったようです。

 

3倍返し、ではないですが、組織に対抗して頑張っていくのは企業戦士の宿命でしょうか。

 

こちらの生徒様がご立腹だった理由の1つに、本社勤務の待遇が、その他支店の待遇とは大きく異なる点のようで、その1つに本社内での英語学習のサポートなどを挙げていらっしゃいました。

 

本社勤めは英語学習環境という意味でも恵まれているようで、自分はその環境を与えられたなかった事にひどくがっかりされていました。

 

ただここで負けないのがこちらの生徒様の強い所。

 

かならず本社の人達よりも英語力をつけて、本社へ逆戻り、という風になれるように頑張りたい、という事でした。

 

異動になってからすぐにTOEICのテキストを数冊購入され、ご自身で勉強を始めていらっしゃったようで、結果は本当に僅かですが出てはいるとの事でした。

 

ただ会話力、より実用的な英語力、という意味ではなかなか実感が持てない、という事で、その部分を英会話レッスンを補いたい、という事でした。

 

こちらの生徒様のように、自分に必要なもの、足りているものが何か、という事をしっかりと自分で考え抜く方は必ず力がついてくるはずです。

 

自分に足りないものを自分の中で理解されていらっしゃるからこそ、レッスンの中でその点を補おうとするときに、その部分に本能的に集中力が傾きます。

 

だからこそ吸収も早くなるというわけですね。

 

人間不思議なもので、学びたくないもの、なんだか退屈なものというのは、同じ時間をかけてもなかなか頭に入れられないもので、例え缶詰のように詰め込んでも、リリースされるのもとても早いというのが残念な所。

 

これは必要、これはどうしてもやりたい、という風に”自分が”思う部分については、体もその意志に反応してくれて、しっかりと吸収しようとしてくれます。

 

血となり、肉となり、ではないですが、本当にそのようなイメージで体にしみ込むのが、この自分で意識している部分を学ぶ事の重要なポイントだと思います。

 

将来的にはビジネス英会話もしっかりとできるようにしたいという事でした。

 

今回の体験レッスンでは、会話をするという事はかなりブランクがあったようで、なかなか言葉が出てこなかったようですが、それでも合間合間に先生にヒントをもらながら、なんとか自分の言いたいことを言いきれた事はとても充実感を得られるものでしたとお話してくださいました。

 

どんな事でもやりきれる感覚は気持ちいものです。

 

英会話レッスンで一番だめなことは、これどういう事なんだろう、と思いながら、そのまま流してしまう事ですね。

 

分からない所、疑問に思う所をしっかりとその都度潰す、という姿勢を常に持ち続ける事が成長のポイントになってきます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

債権回収会社でのキャリアアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暖かい日が続きますね。

 

プロ野球ファンは開幕が楽しみな今日この頃だと思います。

 

個人的には松坂選手の巨人戦、とても楽しみです。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在債権回収会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、将来的に会社が海外展開も目指している為、その時に英語のできる人材として立候補できるようになりたい、という事でした。

 

とても野心をもっていらっしゃるこちらの生徒様、やる気は十分のようです。

 

現在の会社では、英語ができる人はほとんど社内にいないようで、また英語が必要な業務も基本的にない為、周りの同僚も特に英語力強化に動いているという事はないようです。

 

自分はこの間にしっかりと力を蓄えておきたい、というのがこちらの生徒様の考え。

 

今日明日で完成するわけではない英会話力。

 

思い立ったが吉日、ではないですが、今日明日で成し遂げられるようなものではなく、時間のかかるものほど、今!と思った時に始める事がとても大切だと思います。

 

TOEICの記事か何かで以前見た記憶があるのですが、数十年かけて育つ苗木について。

 

その苗木販売の会社の広告が、確か、庭園に素敵な樹木を持つことを夢見ている人向けに、その夢を実現する為に行動すべきベストな時期は数十年前でした、という言葉から入っていました。苗木が大きく育つのは時間がかかりますからね。

 

そしてその次にベストな時期は、今です、というような広告。

 

面白い広告だと思いました。

 

英語とは全く関係ない苗木ですが、時間をかけて育てる英語力も、発想としては同じだと思います。

 

学生時代に留学をしておけばよかった、もっと英語を真剣にやっておけばよかった、と後悔する人はいます。

 

確かにそのポイントが行動を起こすべきベストなポイントだったかもしれません。

 

ただ、その次にベストなタイミングは、今この瞬間、と考え、行動を起こせば、次の十年後には後悔はないはずです。

 

とにかく先手先手でこれからは頑張りたい、とおっしゃるこちらの生徒様。

 

詳しくはお聞きしませんでしたが、自分のキャリアプランで色々と目標をお持ちなようで、その中の1つとして今ここで英語力をつける必要がある、と考えられているようです。

 

現在の英語力はというと、学生時代に怠けていらっしゃったとの事で、普通の人が知っている基礎英単語も実は知らない事が多い、との事で、まずは、基礎の基礎から固めていきたい、という事でした。

 

自分がそこまで英語力が低い、という事は本当に仲の良い友人以外には知られていないようで、職場でも誰もそれは知らないようです。

 

だからこそ、「バレないうちに」基礎英語力を上げておきたい、という気持ちも強いようです。

 

誰も今の英語力を知らずに、ちゃっかりと英語力を上げて、みんなに自分の英語力を見せるときには、既にとても英語ができる人になっていれば、~さん、すごい!となりますよね。

 

しっかりと目標設定もされているこちらの生徒様。

 

やらなければいけない事を1つずつ潰しながら進めていけば、1年後には必ず形が見えてくるはずです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英語のスピーキングの成長の実感をモチベーションに変えて頑張る生徒さん

こんばんは!

 

サッカー日本代表、ウクライナ戦。

 

生き残りをかけて頑張る選手たちの活躍が楽しみです。

 

もうW杯まであと3か月ですからね!

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在テレビ局にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされた理由は、海外のメディア企業とも一緒に仕事をするような事も局内ではあるようで、自分の英語力を高める事で、それらの仕事にも関わっていけるようにしたいから、という事でした。

 

ただ基礎が全く抜けている為、まずは基本的な日常英会話からしっかりとやっていきたい、という事でレッスンをスタートされていました。

 

この間、お仕事でお忙しい時期は少しレッスンの頻度が落ちる時期もありましたが、全体的にはコンスタントにレッスンを受けて頑張ってきてくださっています。

 

ご自身の中では、人生の中でこれだけ長い期間、英語と真剣に向き合ってきたのは初めて、という事で、この間、本当に色々な事を感じ、それを先生に質問し、また次のステップに、という事を経験されていたようです。

 

学生時代にはテスト前に知識を詰め込んでなんとか点数を取り、テストが終わると知識が全て抜ける、という学習スタイルだったようで、英語に対しても同じような形であったようです。

 

今回真剣に英語の発音や文法などに意識を向けられるようになり、小さい所から沢山ご自身の中で疑問が湧いてきたようで、1つ1つ潰していくその過程に、最初は正直先の見えない道に踏み込んだな、、という気持ちもあったようですが、徐々にそれらを自分の力に変えていけている事が楽しくなってきた、という事でした。

 

どんな事でもそうなのかもしれませんが、始めるときには、その道で先に頑張っている人を見ると、遥か遠くにいる人のように見え、全く自分が知識がないために、少し英語ができるだけでも、もう自分には手の届かない世界、という風に感じたりするものです。

 

でも実際にやってみると、そこまで遠い世界ではなかったり、追いつくのは時間がかかるとは分かりつつも、十分自分の視界に入る世界、という感覚が、やる気を目覚めさせてくれたりします。

 

本日の生徒様は英語を話す、という感覚が少しずつついてくることで、英語がペラペラの人との距離を少しずつ狭められている感覚を得られ、それが次へのステップへのモチベーションにつながっていると話されていました。

 

同じような成長スピードの方でも、自分は全然だめだ、、と感じる人もいれば、本日の生徒様のように、「自分もなかなかやるな」とかなりポジティブにとらえていくひともいます。

 

色々なタイプの方がいらっしゃいますが、長期戦の英会話のトレーニングにおいて、モチベーションを維持できる要素を沢山持つことはとても大切な事で、そういう意味では物事をポジティブにとらえる方は、モチベーションにもつなげやすく、結果として長く続け、本当に英語で結果がついてくる、というサイクルに入りやすい、というのも事実だと思います。

 

課題は会話のテンポが上がってきたときの自分のスピーキングの精度、という点を挙げていらっしゃいました。

 

どんなテンポでも、内容でも、しっかりとした文章で話せる力をつけたい、というのが今の生徒様の当面の目標のようで、毎日そこに向けて頑張っていらっしゃいます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

スピーキング能力が向上して気付いたボキャブラリ強化の重要性

こんばんは!

 

気付けば凍り付くような寒さは抜け、春の気候になっていますね。

 

桜も満開で、とても気持ちのよい気候になりました!気持ちいいですね!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、東南アジアの国に募金をされていらっしゃり、その関係で募金先の東南アジアの国への興味が強くなり、現地でボランティアとして働きたいという思いから、英会話をスタートされていました。

 

スタート当初は本当に全く英語が話せない、という状況だった為、実際に現地に行けるのはずっと先、という風に考えていらっしゃいましたが、長いその先を見据えて、ここまでしっかりとレッスンに取り組んできてくださっています。

 

ここまでしっかりと続けてこられたのは、目標がある事、そして先生のサポートのおかげ、というありがたいお言葉をいただきました。

 

目標設定の大切さはあらゆる所で語られていますし、改めて話すような内容でもないと思います。

 

ただ現実にどうなのか、という事だけ書かせていただくと、アデュールの生徒様の中でも、目標設定をされ、その目標到達が自分の人生の中でとても大きな意味を持つ、絶対に成し遂げたい、という強い気持ちをもったものである方の場合、英語力の成長のスピードはとても速い、という事はとても感じます。

 

ご自身の中で発芽する強い気持ち、エネルギーは必ず大きな力になってくれます。

 

本日の生徒様がここまで成果を出されてたのは間違いなく、この内に秘められた強い気持ちがあったからだと思います。

 

この間のレッスンについては、一番の成長ポイントはスピーキングの力が上がった事、との事でした。

 

東南アジアへボランティアに行きたい、と思われ始めたのはアデュールでのレッスンをスタートされる数年前だったようですが、その数年の間は独学で英語を勉強されていました。

 

ただ文法や単語を覚えたり、発音を自分で練習してみたりと、色々なテキストやオンラインの素材も見ながら頑張ってこられたようですが、いざ道端で外国人に道を聞かれたり、海外旅行に言った時に英語を話す機会があると、全くと言っていいほど、すぐに言葉が出てこず、スピーキングの成長という所に手詰まり感を感じていらっしゃったようです。

 

このまま同じ勉強を続けていても、この手詰まり感はブレークスルーできない、と感じられているタイミングで、アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

結果、その一番改善したいと考えていたスピーキングの部分にテコ入れが出来ている感覚をつかめ、この間のレッスンはとても充実感を持って進めてこられたようです。

 

今の課題は、以前は得意分野だと思っていらっしゃったボキャブラリという事でした。

 

これは逆に話せるようになってきた事で、その中で使いたいちょっとした単語が出てこない、と感じる事が多くなった為、との事でした。

 

以前はまず普通に話すという事が出来なかった為、「単語と文法は結構覚えているんだけどな~」という感覚があったようですが、今はある程度話せるようになってきたからこそ、改めてボキャブラリ強化の必要性を感じていらっしゃるようです。

 

新しいステージで新しい課題を見える事、これが英会話ですし、それを楽しみ変えてこれからも頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

TOEICと英会話で着実に成果を感じられている生徒さん

こんばんは!

 

東京の大雪警報。

 

この時期にこれは本当に辞めてもらいたいです。。迷惑です!

 

と言ってもお天気は気まぐれですね。。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系製薬会社にお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、TOEICスコアをあげ、英語力を上げる事で、社内で英語を使うポジションに入れてもらえるから、という事でした。

 

始めた当初から、TOEICはあくまで数字であって、結局は実戦の会話の中でどれだけスムーズに英語を使えるかっどうかが大事、と話されていました。

 

実際に外資系企業などを中心に、転職でもTOEICスコアは必要なく、英語面接で判断される、という事もありますし、結局の使えなければただの数字、というのはこちらの生徒様のまさしくおっしゃる通りです。

 

ただ、実際には企業ではTOEICの数字を足切り基準に利用することも少なくなく、実際にこちらの生徒様のお勤め先でもやはりTOEICの数字が必要という事でした。

 

出世の為のTOEIC。

 

仕方がないと言えば仕方がないですね。

 

こちらの生徒様が基本的にTOEICを煙たがっていらっしゃるもう1つの理由は、長い試験時間、という事でした。

 

集中力を途切れさせずやるしなないのですが、やはり2時間缶詰でやるのはなかなかキツいようで、それもどうにかしてもらいたい、という事でした。

 

世の中もっと短時間の英語試験もありますが、まだまだ基準はTOEICという所が多いと思います。

 

という事で、どれだけTOEICが嫌いでも、どれだけ実戦の英語力が大事、と考えているこちらの生徒様も、今回はTOEIC対策も入れながらの英会話レッスンを進めて行かれることになりました。

 

そしてこの間、毎週忙しい仕事の合間を縫って、とてもレッスンを頑張ってくださいました。

 

TOEICのスコアも着実に上げていらっしゃり、最近のTOEICでは、普段のトレーニングも成果もあって、一番の苦手ポイントだった文法、リーディングの箇所がかなりスムーズに読めるように感じられたようです。

 

あれだけTOEIC嫌いだったこちらの生徒様ですが、このリーディングパートをスムーズに読めるようになってきたことを試験中に感じられた時、嬉しくて自然と試験中に笑みがこぼれてしまったとの事でした。

 

その気持ち、英語学習者であれば分かる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ずっと苦手だったところや、なかなか自分の英語の力がつかない、成長している気がしない、というような時期から、何かのタイミングで、「分かった」「聞き取れた」「スムーズに話せた」みたいな事を感じる時、自分を本当に褒めてあげたい、そんな嬉しい気持ちになるものです。

 

頑張っていれば誰だってあるポイントでそういう感覚を感じられるタイミングが出てくるはずです。

 

ただその次にまた次の壁を感じるのが長い英会話トレーニングの試練ではあるのですが、そうやってまた次の「できた!」という感覚を感じられる時が来た時、次の成長を感じられるはずです。

 

本日の生徒様は嫌いとTOEICの学習と並行して英会話レッスンをしっかりと出来ている事がモチベーションにつながっていると話してくださいました。

 

英会話をすることで、自分の知識やトレーニングの成果を感じられるようで、その場所が生き抜きの場にもなっているようです。

 

今後の生徒様の更なる成長に期待です。

 

本日は以上です!