小学校時代の英語への恐怖心を拭う為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からはもう3月ですね。

 

少しずつ、暖かく、そして桜の開花の知らせもどんどん聞こえてくるでしょう!!

 

お花見シーズンがまた始まります。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ヨーロッパの医療機器メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、今年本社研修に行く事になり、そこでは基本的には英語でのコミュニケーションが求められるため、しっかりとそれまでに力をつけたいから、という事でした。

 

これまでの日本の業務では、時々英語での会議に出席させられることもあったようですが、基本的には日本語ベースで日常業務をこなしているため、英語が苦手でもそこまで苦労する事はなかったようです。

 

ただここにきて本社研修。

 

そして上司も一緒に参加という事で、緊張は二倍です。

 

「英語の準備、ばっかりしていくんだよな?」

 

的な怖い上司からのプレッシャーがあるわけではないようですが(笑)、そこはやはり上司。

 

いずれにしても自分の現地での英語のコミュニケーションについては、しっかりとチェックしているはず、との事でした。

 

現地の外国人スタッフも、そして上司にも見られ、緊張しますね~!

 

その緊張感がお話の感じからもしっかりと伝わってくるところ、さすが本当に緊張されているだけあると思います!

 

このような状況の為、現地ではとにかく、ブロークンすぎず、しっかりとした英語で最低限のコミュニケーションを取れる力をやしなっていきたい、という事でした。

 

普段から英単語を覚えたりと、色々とご自身で勉強はされてきているようですが、スピーキングについては、いつになっても力がつく気がしないようで、外国人と話す時にはいつも言葉がすぐに出てこないで、モゴモゴとなってしまうようです。

 

こちらの生徒様、英語学習には少しトラウマがあるようで、諸学校時代に通った英会話スクールの先生が鬼のように怖い人だったようで、またビクビクする自分の事をなじるようにイジメてこられた為、もう毎回恐怖心でたまらなかったようです。

 

親に強くお願いして辞めさせてもらったようですが、それから英語を習う事がとても怖くなってしまい、必要になっても独学でなんとかやりきろう、という風にここまで来られたようでした。

 

ただ独学ではスピーキングに限界がある、というのがこちらの生徒様のこれまでの経験から感じる所で、ここについては、あの鬼のような先生ではない優しい日本人の先生にお願いできるのであれば、と思い今回恐る恐るの体験レッスンを受けてくださっていたようでした。

 

幸い、今回の体験レッスンでは以前のような恐怖心を感じることもなく、聞きたいことをしっかりと聞く事ができる落ち着いたレッスンだと感じてくださったようでした。

 

レッスンの中では、スピーキングと細かいリーディングの確認を中心に行っていきたいという事でした。

 

リーディングについては、仕事で英語のメールを時々よくことがあるようですが、自分の業務に直接関係ない事も多いせいか、そもそも英文を読む気にならないためか、何度読み返しても意味がよく分からない、という事がよくあるようで、そのような怪しい自分のリーディングのポイントを1つずつ確認していきたい、という事でした。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

オランダの友人夫婦を訪ねる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日で2月も終わり、ついに3月です。

 

そして3月の次は春真っ盛り、4月です!!!

 

寒さもあと少しです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在看護師としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、ご友人が旦那様のお仕事の関係でヨーロッパに住んでいらっしゃるようで、今年の夏にその友人を訪ねに行くため、少しでも英語力を強化したい、という事でした。

 

アデュールの生徒様の中には同じように、海外に住んでいる友人に会いに行くときに、現地での生活で少しでも英語が沢山話せるようになりたい、という事でレッスンをスタートされていらっしゃる方がいます。

 

ご友人に会うのも勿論楽しみの1つですが、現地に住んでいる人に会いに行くという事は、その方の現地の友人と会う機会もあるかもしれないという事ですね。

 

これは普通に海外旅行に行くのとは大きく異なる点です。

 

現地には現地のルールや価値観があって、そして現地の人の目線で流行りのお店やエリアというものがあったりするものです。

 

ガイドブックには載らない、現地の方の生の声を聞くだけでなく、その人たちの生活圏の中で過ごしてみる、という、よりリアルな海外旅行が楽しめるわけです。

 

ご友人はまだヨーロッパに引越されて2年弱との事ですが、その後友人の現地の友人は現地生まれ、という方も多いはずですからね。

 

そしてもう1つプラスな面は、安全面が確保されやすい、という事もあると思います。

 

現地の人は現地のルールを知っていますし、観光客や外国人を狙う悪い人たちも、現地人が一緒だと相手にしない事も多いものです。

 

という事で本日の生徒様、よりディープなヨーロッパ旅行を経験する為に、これからしっかりと英会話の勉強をしていきたい、という事でした。

 

お仕事では全く英語は必要ない、という事で、本当にプライべーどの旅行の為だけの英会話、という事ですが、今回の旅行だけでなく、次の海外旅行にも、そしてもしかすると日本国内でも外国人の友人が出来た時にしっかりと話せるように、という準備にもしていきたい、という事でした。

 

まだまだ若いこちらの生徒様。

 

これから色々な出会いやチャンスが巡ってくるはずですし、英語を話せることでそのチャンスを大いに生かす事ができるかもしれません。

 

現在の英語力は、基礎の基礎は抑えていらっしゃるとのことでしたが、英語で話すという事に慣れていない為、まだまだ頭の中で日本語を英訳してから話す、というやり方なので、すぐに言葉が出てこない、という事でした。

 

会話のテンポがとても遅い、という事は毎回海外旅行で現地の方の話す時にも感じていらっしゃるようで、1つ1つのキャッチボールが遅いと、その分話せる内容も濃くなっていくのに時間がかかります。

 

海外旅行で英語を話す機会はレストランや買い物時の店員さんなど、短い限られた時間という事がほとんどです。

 

その中でどれだけ沢山の事を話せるかは、現地を楽しむという意味でもとても大きなポイントだと思います。

 

また短く英語らしい表現でズバッと言える表現を増やしていくというのも会話の内容をふくらませていける大きなポイントだと思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

高専3年で求められるTOEICスコアと英会話力アップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

2月最終週の月曜日。

 

明明後日はもう3月です。早いですね~!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高専に通っていらっしゃる、the・技術大好き高専生の男の子。

 

技術の話が好きで、自分の好きな分野や将来気になる技術の話など、色々と英語以外の部分でも話してくださるとっても魅力たっぷりな男の子でした。

 

技術立国日本としての地位を今後も維持していくにはやっぱり技術に長けた方たちが沢山必要なのは勿論ですよね。

 

そういった日本全体の問題についても真剣に考えているこちらの生徒様、まだまだ若いのにとても素晴らしいと思います。

 

今回アデュールでのレッスンを受けられることになった理由は、3年生の段階でTOEICの基準点を取得しないといけないようで、それに向けてまずは基礎英語のボトムアップ、という所からやっていきたいという事でした。

 

ただTOEICというよりも、ご家族、ご本人の意思としては、どちらかというと、社会に出た時に使える実践的な英会話力をつけたい、という事でした。

 

TOEIC850点でも英会話は初心者だとハッキリと認識している方は世の中に沢山いらっしゃいます。

 

世の中的にTOEIC850点というと、普通は英語ペラペラ、という認識だと思いますが、そこはスピーキングテストがないTOEIC(SWの方はスピーキングもありますが)、意外とスコアとスピーキングはリンクできない難しい所です。

 

本日の生徒様はそこまでの認識を持って英会話力に焦点を置きたい、という事はおっしゃっていませんでしたが、これまで小学校からずっと英会話を習ってきたものの、なかなか能動的に学習する事ができない環境だったようで、今も英語は周りの友人と比べれば少しは出来る方、というレベルで、小学校からずっと英会話を習ってきたという側面を考えると、ダメだな、と感じていらっしゃいました。

 

基本的にグループレッスンの環境にいらっしゃったようですが、性格的な所もあってか、どうしてもグループだと自分から率先して話すという事が難しいようで、会話力という部分ではなかなか力がついてこなかった、というのがご本人の分析でした。

 

またそのようなグループレッスンの場にずっと身を置いていたため、レッスン自体がなかなか楽しめず、結果として、自己学習にも身が入らず、好きな技術の分野に時間を割くというこれまでの生活だったようです。

 

今回マンツーマンレッスンで、日本人講師でのレッスンという事で、しっかりと自分の思いを英語で話すように努力してくださっていました。

 

ご本人の中でもどこかのタイミングで会話力には焦点を当てていかなければいけない、と思っていらっしゃった為か、ここで形を作りたい、という気持ちが担当講師にもとても伝わってきたようです。

 

10代の脳はカラッカラのスポンジですし、今からでもやればどんどん吸収でき、成長の天井は誰にも見えない位高いはずです。

 

今までの基礎をしっかりと活かしつつ、より実用的な会話力をつける事に焦点を当てて、今後頑張っていただきたいと思います。

 

今後の生徒様の成長がとても楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

結婚相談所で外国人のお客様に英語で対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に金曜日。オリンピックが終われば、次は6月のサッカーワールドカップです。

 

4年に一度の大きな舞台、これもまたオリンピックに続き楽しみです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在結婚紹介所を経営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、外国人の方のマッチングを行うケースが多くなってこられた為、との事でした。

 

首都圏ですと、外国人の方の数もかなり多いと思いますし、そのような状況が増えている事は十分想像できることだと思います。

 

日本語が達者な方もいるようですが、中にはほとんど日本語を話せないけど、パートナーを探している、という外国人の方を知人から紹介されることもあるようで、その時になんとか対応する為には、今の英語力ではかなり厳しい、という事でした。

 

結婚相手を探すわけですから、軽いおしゃべりで、あまり深く、細かく話さなくていい、というようにはいきません。

 

相手の希望条件を聞いているのに、その内容が聞き取れずに希望条件と異なる候補者を紹介したら、さすがにサービス提供者としては、失格と言われてしまいますよね。

 

言語の壁がある事を理解してくださり、コミュニケーションの多少の難しさは気にされない方もいらっしゃるようですが、そんな方ばかりでないのも事実です。

 

紹介を受けたからには、しっかりと最後まで対応してあげたい、というのがこちらの生徒様の強い思いで、それが今の結婚相談所を始められた当初の思い出もあるわけです。

 

国籍を問わず、しっかりと最高のパートナーをみつけてあげる、という意識は、かならず相手にも伝わるものだと思います。

 

だからこそ、つたない英語でのコミュニケーションでも、その方のご友人などをまた紹介を受ける、というような事もあるようです。

 

強い気持ちを持って挑めば、そこは人間同士。

 

通じるものがあるはずです。

 

しかしです。

 

とは言っても、まあ現実的には、かなりブロークンな英語での会話になっていて、自分の結婚紹介所のスタッフとしてのプライドとしても、英語力を高めたい、という気持ちを強く持っていらっしゃいます。

 

今回の体験レッスンでは、普段外国人のお客様と接していらっしゃる事もあり、英語を話すという事に対しては、怖気づかず、頑張って話していらっしゃったようですが、やはり単語も文法も発音も、とにかく底上げが必要、という事は改めて体験レッスンの時間で痛感されたようでした。

 

普段はお仕事なので、仕事の内容に全神経をいきわたらせているので、あまり自分の英語力をそこまではっきりと見つめる事はないですが、今回は英語の体験レッスン。

 

自分の英語力をまざまざと見せつけられたという感触がだったようで、そうやって客観的に自分の力を見る事はとてもよい機会になったと感じてくださっていました。

 

ここからがスタートですね。

 

これでいい、ここでいい、と思った瞬間にもう成長はないわけで、もっと上に、もっと高く、という上昇志向で常に英会話に向き合っていただきたいと思います。

 

お仕事柄かもしれないですが、とても温かい雰囲気で楽しくお話をされる方ですので、英会話の力をつけられれば、外国人のお客様はもっと増えるのではないかと思いました。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

大手化学メーカーで部署異動に備えて頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。あっという間に2月最後の週末になりますね。

 

春が近づいてきているとは言っても、本日の東京は雪。まだまだ寒いです。。。!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在化学メーカーにお勤めで、近い将来部署異動になる可能性があり、そこでは英語力が求められる為、今からしっかりと準備をしておきたい、という事でお申込みいただきました。

 

かなり専門的な言葉が飛び交う職場との事ですので、英語でも難しい単語が沢山飛び交う事になるようですが、それでも業界には既に約10年いらっしゃり、専門英語についてはそこまで心配はない、という事でした。

 

ただごく普通の会話がしっかりとできるかどうか、それがとても不安です、とおっしゃっていました。

 

こちらの生徒様には過去に一度英語にまつわるとても辛いエピソードがあるようで、それは、学生時代に友人3,4人と街中を歩いていた時、そのうちの1人が外国人観光客に道を尋ねられ、英語で受け答えを始めたようです。

 

友人みんな英語のレベルは自分と同じくらい、とてっきり思っていた本日の生徒様は、流暢とは言わないまでも、なんとか英語で意思疎通を取れている友人の姿にとても驚き、そして自分との英語力の差にショックを受けられたようです。

 

そして話はそれだけで終わらず、他の友人もその会話に英語で入っていく、という「ギョギョッ!」という展開になったようで、短い時間でしたが、自分以外の人達で少し楽しそうな英語での会話が目の前で繰り広げられ、完全に置いてけぼりにされた感があった、という事でした。

 

確かに辛いエピソードですよね笑。

 

ちょっとした豆知識などで驚く位なら、まあどこかでそんな話を聞いたんだろう、程度で特に劣等感を感じる事もないと思いますが、やはりその知識、見識がとても広いと、不思議なもので、人間誰でもそこまに到達するのにかなりの時間がかかる、自然に感じるもので、そこに大きな差を感じ、劣等感を感じたりするものです。

 

英会話においても、自分は全くそのレベルには到達できない、と感じる位にレベルの差を感じると、かなりの劣等感を感じるものです(逆のパターンもありますが)。

 

本日の生徒様はその事件(!?)以来、英語で会話をするような事はないように、あまり関わらないような生き方をこれまで選んでこられたようです。

 

ただ、ここにきて仕事で英語が必要になるかもしれない、という不可避の状況が生れているわけで、もうやるしかない、と腹をくくって体験レッスンに来られた、という事だったようです。

 

一番怖いのは、仕事で同僚を交えての英語の会話の時に、学生時代に事件のように、自分だけ置いてけぼりをくらう感を感じてしまう事、との事でした。

 

あの感覚は学生時代の苦い思い出のままにしておきたい、社会人になってもう一度経験したい事ではない!!!という強い思いがあるようでした。

 

やる事はとてもシンプルです。

 

ただ、英語学習をスタートする。それだけですね。

 

逆に退路を断たれた、という事が良いきっかけですし、なんとなく後ろめたいものを取り除く事が出来るチャンス到来!という風にプラスに捉えていただき、これからトレーニングに励んでいただきたいと思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!