国際協力の為の英会話

2013年11月30日

こんばんは!

 

11月最後の土曜日、皆様いかがお過ごしですか?

 

飲み会ラッシュですでにグデグデになっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

寒くなってきたので、酔っ払っておヘソを出して寝ちゃうのだけは避けたいです笑。

 

朝起きたら間違いなく高熱で立てなくなります。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日はアデュールの生徒様のカウンセリングののコメントを少しご紹介したいと思います。

 

こちらの生徒様、アデュールでレッスンをスタートされたときにはまだ学生さんで、これから社会に出るための準備という事で英会話レッスンをスタートされました。

 

 

将来的には国際協力のお仕事につきたい、という事で、国際協力の現場で必要とされる専門スキルを積み上げる為に会社を決め、現在お仕事も英会話も猛勉強されていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

とても頑張っていらっしゃる様子がお顔からもうかがえ、とても充実感を感じられました。

 

 

国際協力のお仕事というとJICAや政府関係機関、国連など国際公務員なんて枠組みでも呼ばれるお仕事、さらにNGO/NPOなど色々なものを想像します。

 

こちらの生徒様は、今は自分の専門分野の実務経験をしっかり積み、その後に海外の大学院で学び、その先に国際協力のステージをみていらっしゃいます。

 

長期プランですが、目標がしっかりしていらっしゃり、そこにしっかりと日付も入れていらっしゃるので、着実に毎日意味のあるものにされているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その計画の中に「英語の習得」というものは当然に入っており、今はできるだけ苦手なスピーキングの分野をトレーニングするため、アウトプットする場としてレッスンを効率的に使っていらっしゃいます。

 

 

現在お持ちの資格は英検準1級。

 

もう少し経てば、英検1級取得の準備段階に入られ、レッスンでも面接対策などが入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

ご自身で英語のジャーナルや英字新聞、さらに英単語のインプットとしっかりと自宅学習に力を入れていらっしゃいます。

 

必要なものをしっかりと自分で補い、自分で補えない部分をレッスンを使って補っていく。

 

それを継続できれば誰だって苦労はしないよ、というのが英会話学習者の正直な声だと思います。

 

 

 

 

 

でもこの生徒様はずっとその意識を維持させながら、夢をブラさず前を見ていらっしゃいます。

 

 

 

 

生徒様の真っ直ぐな姿勢は講師にも大きな刺激を与えます。

 

 

当然ですが、自分がこれでもか!というレベルで生徒様に提供するレッスンに対して、生徒様が朝飯前だよ、といわんばかりに返してくれば、講師はその向こうをさらにみていきます。

 

そういった意味で、必然的に指導力のレベルアップにつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもいい循環ですね。

 

 

 

国際協力の仕事はそんなやわな仕事じゃないよ、と経験のある方は思われるかもしれませんが、私はこの生徒様の夢を本気で応援しています。

 

言葉になんの裏表も感じさせない真っ直ぐなこちらの生徒様とお話しているとこちらにもパワーが沸いてきますし、世界で困っている人達にこの生徒様の真っ直ぐな瞳でぶつかっていってほしいと本当に思います。

 

 

 

 

 

学生時代にはアフリカで国際協力のボランティアを経験されたそうで、みている地はやはりアフリカなのですかね。

 

南アフリカでワールドカップが開催され、アフリカも世界のステージにどんどん出てきているとはいうものの、まだまだ現実は大変な国がたくさんあります。

 

 

 

こちらの生徒様がいつかそんな貧しい国々でご活躍される日が待ち遠しいです。

 

 

本日は以上です。