IT企業の法務部として必要な英語を学ぶ為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

バレンタインデーですね。

 

そして金曜日。一週間もあっという間に過ぎていきますね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業の法務部にお勤めで、今回お申込みいたただいた理由は、英文を読むことが仕事であり、英語でのやり取りも多少あるとの事で、もう少し英語力をつけないと今の能力ではかなり厳しいから、という事でした。

 

法務部という事ですから、細かい部分のチェックはとても大切になるでしょうし、ミスは許されない部署ですよね。

 

契約書を作るという事はないようですが、それでも英語でのやり取りはある為、そこでの誤解は避けたいとの事でした。

 

微妙なニュアンスの誤解をレッスンでも避けたい為、アデュールで日本人講師のレッスンをご希望との事でした。

 

こちらの生徒様は以前、英会話レッスンを1年程受けていらっしゃったようですが、その時の先生が圧の強い感じの先生だったようで、一応大金を払ってスタートした為、1年は続けられたようですが、どうしても先生の圧の強さが耐えられず、結局1年後に辞めてしまわれたようです。

 

レッスンに関しても、自分が英語を分かっていない分、言い返す事はできなかったものの、内容としては、不満のあるものを多かったようで、色々な要素を考えた結果辞められたようでした。

 

英会話レッスンと言っても本当に色々なやり方がありますし、教える人も沢山います。

 

行く場所、習う人が違えば、確かに大きく環境が変わります。

 

ある程度ご自身の中でこのような事をこのような環境でこのように学びたい、という事がハッキリしている方は、それに合う場所を探せばまだリスクは減らせると思いますが、本日の生徒様の場合、当時は自分に合った学習法、また自分に何が足りないのか、という事が全く分からなかった為、全て丸投げでお願いしてしまっていた、という事でした。

 

英会話初心者で、本当にゼロから始める、という方にとっては、なかなかその辺りの判断は難しいですよね。

 

基本的に英語を教える人はみんな英語が出来て、特に初心者レベルだと、教える人達のレベルをこちら側で判断する事もできませんし、余計に判断が難しくなります。

 

まずはしっかりと自分の今のレベル、どういった所まで自分の力を上げたいのか、そしてそこまで自分はどれくらいの時間をかける事ができるのか、その辺りの事を正直に話し、それに対して受ける提案の中で、自分の中ですっと入ってくるものを最初は選ぶというのが現実的だと思います。

 

ポイントは、自分の現状や目標点などを出来るだけ正直に話す事だと思います。

 

本日の生徒様は、色々と考えられた結果、ご自身で普段の英語の勉強方法が分からずに模索しそこで時間を浪費して疲れてしまうという事を何度か繰り替えされていたため、そこのサポートを受けられる環境がお望みのようでした。

 

また性格的に控え目な方で、先生がグイグイ圧のある感じでこられると、どうしても引いてしまう為、その辺りの先生のアプローチも大きなポイントになるようでした。

 

仕事で英語が出来なければ、今後のキャリアップにも大きく影響してしまうため、本当に頑張らなければいけない、というのは日に日に感じていらっしゃるようなので、やる気は十分のこちらの生徒様。

 

あとはしっかりとやり方を固め、進めていくのみですね。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!