国家公務員として3年後の海外転勤に向けて頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

いや~毎日本当に暑いですね。

 

暑さが厳しくなると事故なども増えてきますし、要注意ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在国家公務員として都内でお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、1,2年後に3年間の海外駐在になる予定との事で、その為にしっかりと英語力を今から鍛えておきたいから、という事でした。

 

3年の駐在ともなれば、長い時間を海外で過ごす事になります。

 

現地でしっかりと仕事をこなすには、最初のスタートダッシュはとても大切だと思います。

 

英語が全くできない状態で海外に行くと、目の前で何が起こっているのかよく分からないまま、あたふたしたまま気付けば半年経っていた、、なんて事はよくある事です。

 

今の時代ですから、全く英語が出来なくても死んでしまう事はありませんし、生きてはいれますが、よくわからないまま過ぎてしまった海外での時間はとてもとても勿体ないものです。

 

自分の中では、「大変だけどなんとか半年過ごす事ができた」とプラスに捉えたいとは考えると思いますが、正直成長できたのか、と考えると、「。。。。」となってしまうのが現実だと思います。

 

海外留学でも、海外駐在でも、とにかく、行く前に少しでも英語力を高めておくこと。これはとても重要です。

 

現地での1分1秒はとても貴重な時間。

 

その毎秒をしっかりと自分の中に吸収していく為には、吸収する素地が備わっていないと吸収できません。

 

英語力が高ければ高いほど、吸収できるものも多くなります。

 

10話されているうち、7を理解できれば、残りの3は予測したり、話の流れから最終的に自分だけで理解できたりするものです。

 

それが10のうち、4しか理解できないと、内容がかなりあいまいで、それゆえに、その次の会話にもつながらず、つなげられず、その環境を次に活かす事ができなくなります。

 

海外での生活では、1つの会話を理解できるかどうかは、1に対して1をゲットする、という発想ではなく、その会話が理解できるから、芋づる式に、他の会話も、他のお誘いも、という風にどんどん会話やチャンスが生まれくるので、1をゲットすると、それが3にも4にもなっていきます。

 

使える英単語量が2000の人と4000の人では、チャンスが倍になるのではなく、3倍、4倍にもなりえるわけです。

 

だからこそ、少しでも英語力を高めて海外に行く、という発想を持って頑張っていただきたいと思います。

 

本日の生徒様は現在の仕事では全く英語を使う事がないという事で、日常生活で英語に囲まれる生活という事自体が想像できない状況と話されていました。

 

小さいお子様も含めたご家族帯同での海外転勤です。

 

奥様、お子様の為にも頑張らなくては!ととても強い気持ちを持っていらっしゃいます。

 

今回の体験レッスンでは、なかなか自分の思ったように会話が出てこなかったものの、1つ大きな収穫として感じられた事は、英会話のレッスンは、英語を独学で学ぶよりも楽しいという事だったようです。

 

もともと会話の好きなこちらの生徒様。

 

熱心に教えてくださる先生との前向きな会話はとても楽しいと感じられたようで、そこから多くの事も学べる会話レッスンの環境は純粋にとても楽しい時間でした、とおっしゃっていただけました。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!