鉄鋼メーカーの営業アシスタントとして頑張る為の英会話レッスン

2016年8月1日

こんばんは!

 

8月になりましたね。

 

もう8月という事は来月は9月。

 

当たり前ですね笑。でも9月を意識するようになると、少しづつ夏が終わりに向かっているという事を感じます。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在鉄鋼メーカーの営業アシスタントしてお勤めで、職場では自分の周りはみんな英語が話せて、英語が出来ないのは自分だけ、という少し後ろめたい気持ちがあるようで、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートされることになりました。

 

実際に営業ではないので、英語ができないと致命的、というほどではないようですが、やはり電話の取次ぎや、なんでもないところで詰まったりすると、「うっ。。。」と感じてしまうようで、その小さいストレスが意外と蓄積するとキツくなってくるようでした。

 

 

 

仕事をしているときに、後ろめたさがある中ですすめていくのは誰だって気持ちよくないものですよね。

 

喉に何か詰まっているような微妙にストレスを感じるその感覚、お仕事を長くされていらっしゃる環境であれば、英語ではなくとも、何か別の所でそういう微妙なひっかかりに悩まされた経験がある方、いらっしゃると思います。

 

 

 

本日の生徒様は、本心はその仕事場での環境を少しでも変えたい、というのが英会話レッスンスタートの理由のようですが、ただ、それだけの為にレッスンを受ける事がなんとなく自分の中では納得できないという気持ちもあるようで、プライベートで読む本やドラマ、映画などの英語が分かるようになる、というそういうモチベーションも今回はあわせてレッスンをスタートされることになりました。

 

英会話レッスンを受ける理由が仕事の為だけ、というのはなんだか癪だ。。

 

というその感覚、なんとなく分かる、、という方いらっしゃるのではないでしょうか。

 

仕事が嫌いなわけじゃないけど、なんとなく仕事場からプライベートで仕事を課されているようなそんな気持ちにもなってしまう、それがなんとなく悔しい。そういう感覚だと思います。

 

とらえ方は人それぞれです。

 

自分の納得のいくとらえ方で全てがうまくいくならそれが一番ですよね。

 

おかしな解釈で周りに迷惑をかけてしまうような事があれば問題かもしれませんが、そうでなければ、自分が気持ちよくレッスンを受けられる環境を作る事は、英会話の力をつけていく、という視点でもとても大切な事です。

 

 

 

これまでの約10年で、なんとなく本屋さんで英語の勉強に興味が湧いて、ふと買ってしまって手を付けていない本が数冊家にあるようで、それらも改めてこの機会に使っていきたい、という事でした。

 

英会話レッスンを始めると、色々な事が自分の課題としてみえてきます。

 

勿論自分が今はここに焦点を当てたい!と思っているピンポイントで、それらの教材が使えるわけではないかもしれませんが、長い英語学習期間では必ず使える日が出てきますし、それらの眠っていた教材を活かせた時、なんだか幸せに気持ちになるものです。

 

ずっと使いたかった冷蔵庫の食材の残り物に手を付けられた、そんな感覚でしょうか笑。

 

 

 

仕事場で周りにオッと思わせる。それがこの生徒様のうちに秘めた強い思いです。

 

モチベーションもそして、基礎の力もしっかりお持ちのこちらの生徒様。

 

あとは、前進あるのみです。

 

 

まずは1年、英語にある程度の時間を割く事を決意されたので、頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!