IT業界一年目の生徒様が目指す英語力

こんばんは!

 

明日で7月も最後ですね。

 

週末からは8月。猛暑続きで本当にやになっちゃいますね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業に新卒で入られて1年目。勤務先は渋谷。

 

常に時代の先を行く渋谷のIT関連企業にお勤めですが、情報やトレンドへの感度もとても高いようで、英会話だけでなく、業界のお話や海外の他業種のトレンドなど、色々なお話をお聞かせいただきました。

 

 

純粋にこういう自分とあまり関わりの深くない業界のお話は聞いていて楽しいですし、ましては今時代のど真ん中のIT業界。

 

わくわくせずにはいられません。

 

もっと沢山お話を聞かせていただきたかったのですが、どうやら英会話のお話をされたいという事でしたので(笑)、そこからご本人の現在の状況の今後度の様な形ですすめられるか、またこちらもご自身の持論も交えながら沢山お聞きしました。

 

 

 

 

今は仕事で英語を使う事はほぼなく、仕事で困っている事は全くないものの、これからの時代、英語を話せるという事は、ビジネスマンとして絶対条件になると考えていらっしゃいましたし、ましては大学の新卒1年目というフレッシュな年代ですから、同世代もレベルが高い!

 

 

 

 

アデュールの生徒様の中で、30代~50代までの生徒様のお話を聞くと、大企業、中小企業問わず、新しく入ってくる若い新入社員の英語レベルが恐ろしく高い、、、という事はよく聞きます。

 

それは間違いなくこの世代の方々の脅威になっていますし、逆に言うと、この若い世代の英語ができる方々は、チャンスともとらえるべきですし、企業の経営陣は、この上の世代が感じる危機感を上手く利用して、この世代の更なる成長を促すチャンスとしてもとらえられると思います。

 

でも、この板挟みの世代は辛いものです笑。

 

でも、チャンスです!大変な時というのは「大」きく、「変」われる時、と私が以前勤めていた会社の上司の方によく言われていました。

 

このチャンス(!?)をプラスにかえていくエネルギーにしていただきたいと思います!!!!!!!!

 

 

 

 

といって最初の生徒様のお話から少し話題がそれてしまいましたが、そのような高いモチベーションで今回英会話をスタートされていらっしゃいました。

 

現在の英語力で決定的に感じないと思っていらっしゃるポイントは、スピーキングで、これまでもなかなか沢山話す機会を持てなかったようで、独学の英語の知識が頭の中に貯まるばかりで、それが生きた知識になっていない、という事でした。

 

 

学生時代から英語の勉強をしっかりやってきても、こうやって実際に会話にどんどん入っていく機会がない方は、どれだけ英語の勉強の時間を割いても、自分の会話力にはいつまでたっても、絶対的な自信は湧いてこないものです。

 

これは本当に不思議なものですが、実技科目である英語の宿命なのですね。

 

ピアノの楽譜を全て覚えたら、絶対にその曲を一発で弾ける、というものではないですし(普通の人は)、サッカーのメッシのスーパープレーを何千回も映像でみても、自分ができる確証はいつまでたっても湧いてこないものです。

 

それは「使う」という事が求められる英会話の宿命ですね。

 

こういう頑張って勉強されてこられた方々はとにかく自分の知識を使えるものに早く変えていきたい、とウズウズしていらっしゃるものです。

 

こちらの生徒様の今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

在学中に海外留学するための大学生の英会話

こんばんは!

 

あっという間に7月も終わってしまいそうな感じですね。

 

今週末は既に8月。お祭りや花火大会もどんどん始まっていますね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学生で、今後留学を考えていらっしゃるという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

学部生ではありますが、1年生の時には既に英語のプレゼンなどをする機会もあったようで、今でも専攻の分野に関する学術論文を英語で読むなど、普段から英語に触れる機会は学校内で多く取られているようでした。

 

それでも今回のこちらの生徒様がレッスンをスタートされることになったきっかけは、まだまだ学習時間が足りないと感じるから、という事でした。

 

 

 

英語の学習はスポーツなどの実技科目と同じで、使っていく事がとても大切なものです。

 

時間と、お金と、そしてそこにかける強い気持ちがある方であれば、どんどん英語に時間をかけてもらいたいと思いますし、こちらの生徒様のこうした想いは英語学習をサポートする立場としてはとても嬉しい事です。

 

 

 

留学を想定されるとTOEFL/IELTSなどのスコアも考えなければいけないですし、そして何よりも入学後に現地で生活していける会話力。

 

これがとても大切になってきます。

 

海外の大学への留学と考えると最初に大きく立ちはだかるTOEFL/IELTSにどうしてもほとんどの照準が当たっていくものですが、実際には会話力の強化、というのもとても大切な事になっていきます。

 

行けばどうにかなる。というのも勿論一理あると思いますが、例えば1年のの留学であれば、そこまで期間はありません。

 

最初の数カ月あまりうまく会話ができず、現地の外国人のグループやコミュニティにどんどん入っていく事ができなければ、その機会損失は、ビジネスで考えれば、もう致命的なロスです。

 

例え1円でも拾えるものは拾っておく、というのがビジネスの基本姿勢だと思いますし、留学期間も同じように、例え1日でも、多くの事を学ぶ、多くの経験をする、という事が大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

昨日より今日、今日より明日。

 

日々を全力で過ごし、1+1の時間経過ではなく、掛け算になる生き方で特に留学期間は時間を大切にしていただきたいと思います。

 

 

 

本日の生徒様はとにかく会話力が乏しい自分がいやだ、という事でした。

 

まずは徹底的に会話力を、そして具体的に留学先やエリアに照準を当て出すタイミングでTOEFL/IELTSのスコアも意識していく、という事でした。

 

 

 

小さい頃に英会話レッスンを受けていらっしゃり、発音はとてもキレイなこちらの生徒様。

 

発音がキレイでも、文章は超適当です。。。という風におっしゃっていますが、それでもそれは大きなポイントだと思います。

 

 

 

英語力に自信のある方は、発音よりも、やはりしっかりと一定のテンポの会話の中でしっかりと文章を組み立て話していけるスピーキングの部分が強い方だと思います。

 

ここに力がついてくる事が、必然と自分の英語力に自信を持てるタイミングになっていきます。

 

 

 

まずは、しっかりと思った事を瞬時に、しっかりとした文章で言えるように、というご自身のイメージをしっかりと持っていらっしゃるので、今後はその目標とする自分を目指しどんどん頑張っていただきたいと思います。

 

まだまだ若いこちらの生徒様。

 

これからが勝負です!!!!!!!!!!!!!!!!

 

本日は以上です。

 

 

 

公務員として渉外部に異動するための英会話

こんばんは!

 

真夏日が続き、明日も猛暑になるみたいですね。

 

いや~。。。。「とりあえずビール」が一年で一番ぴったりの時期になってきました笑。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在公務員としてお勤めされており、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートされる事になったきっかけは、英語をもっと話せるようになる事で、外国人の方々への対応ができるようになること、そして更に英語を日常的に使う事ができる渉外部に異動できる事を目指して、という事でした。

 

いきいきと自分の希望を話されていらっしゃる時の生徒さん達の目は本当にキレイで輝いています。

 

今後は日本の外国人住民ももっと増えるはずですし、阿部政権の基本路線もそのようになっています。

 

 

 

もちろんその方々が普段受ける民間のサービスにおいても、英語対応ができる事が望ましいですが、まず日本に住むとなれば、行政機関との関わりはいくら外国人といえども避けて通る事はできません。

 

生活のベースとなる基本的な手続きや対応に失敗は許されないですし、本日の生徒様のその責任感も含んだ強い意志にはとして、感銘を受けました。

 

 

 

 

公務員は不景気の時は何かと白羽の矢が立つ立場です。

 

でも知っている人は知っています。公務員でとてつもない努力とパフォーマンスを発揮している人が沢山いる事を!!

 

それは民間企業でも同じです。

 

頑張っている人が沢山いる事が日本の力ですし、こういった方々の明るい未来を応援したい!!

 

いつもこの輝く目をみると強く感じます。

 

 

 

 

現在の職場には通訳の方がいて、外国人への対応は基本的に問題なくできていて、本日の生徒様も、そんな問題なく回っている光景を後ろから眺めていらっしゃる、というのが基本のようです。

 

でも時にはご自身でも対応される時があるようですが、その時にとにかく言葉がすぐに出てこない。

 

これが一番の問題だと認識されていました。

 

独学で勉強し、単語も沢山覚え、フレーズもいっぱい聞いて、それでもいざ会話となると、なんでもない普通の表現が普通に言えない、言葉にならない、というもどかしさ。

 

 

 

このもどかしさは、現場で体感した事がある人でないと分からないものだと思います。

 

気持ちはあるのに体がついていかない、シニア世代の人のもどかしさに少し似ているかもしれません。

 

 

やりたいのも自分。そしてそれができないのも自分。

 

 

 

 

人はいつもこの2つの自分を戦わせて、成長していくもので、本日も生徒様はこの熱い熱いバトルにたからかとゴングを鳴らされたわけです。

 

 

 

自分が海外に行った際に、現地の言語が分からず不安になったり、ましては、体調を崩した時などには、自分は果して無事に日本に帰れるだろうか、というようなとんでおない不安に襲われたりするものです。

 

そんな時の周りの人の何気ない優しさ。本当に嬉しいものです。涙しちゃうものです。

 

個人主義の外国人は強くてタフ。ほっておいても生き抜いて行ける力がある、なんていうのは勝手な思い込みで、みんな不安を感じますし、助けてもらえれば嬉しいものです。

 

 

 

本日の生徒様のように、助けてあげたい、という強い気持ちが相手に伝われば、さらに感動は大きくなるものです。

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です!

 

本日は以上です!

 

 

 

都心で外国人患者に対応するための看護師の英会話

こんばんは!

 

毎日本当に暑いですね。。

 

東京の暑さはまだまだ続くようで、どうしたものか。。。暑くなく、かつ作物にも影響の出ない、かつ夏っぽい日差しと雰囲気のある涼しい夏、そんな夏がいいです笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内で看護師としてお勤めされていらっしゃり、今回は外国人の患者様に対して、しっかりと英語で対応できるようになりたいという事で、アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

 

アデュールの生徒様の中でも、医療関係のお仕事をされている方々はとても多いですが、看護師さんはその中でもとても多いお仕事の1つだと思います。

 

どこのエリアのどういった規模の病院かにもよって、外国人といえど、アジア系の方がから西洋の方々まで色々だと思いますが、こちらの生徒様のお勤め先は都心部ド真ん中。

 

全体の患者さんの中でも白人さんが2割程度いらっしゃるようで、外国人の多くが白人の方が多いという事でした。

 

 

 

現在病院内には、医療通訳がいて、看護師の中にも英語対応ができる看護師がいるようで、さすが都心部の医療機関、という感じですが、それでも忙しい時はその人達だけでは外国人の患者さん達全員に対応しきれないという事でした。

 

本当に外国人の方々多いようで、英語対応できる人の人手が足りないタイミングではどうしてもこちらの生徒様のように、英語が苦手な方が身振り手振りでどうにか対応していくしかない、という状況がしばしばおこるようです。

 

 

 

もちろん、英語対応できる通訳や看護師の人を待ってもらって、というのが基本対応になるようですが、こちらの生徒様の願いは、全て完全に自分で解決できなくても、少しでも英語で話せれば、全体のオペレーションが少しでも楽になる、という事でした。

 

何も分かっていない人が、分かったふりをしてやる仕事はかえって全体のオペレーションを悪くしたり、相手に勘違いをさせて逆効果を与えたりする事も十分考えられますが、最低限これは聞かなくてはいけない、最低限これは相手に伝えなければいけない、というような共通事項は必ずあるもので、そういった所の確認作業が、英語対応できるスタッフがくるまでに例え少しでも完了していれば、全然状況が変わる、という事でした。

 

 

 

とても責任感の強いこちらの生徒様。

 

全く英語で歯が立たない自分がとてももどかしいようで、レッスンに対してもとても前向きで、熱心な姿勢でいらっしゃいました。

 

 

まずは基本的な会話トレーニングからスタートする事で、英語の会話をする、という事への感覚をつかんでいき、そこから徐々に自分の表現力や発音、そして基本的な文法の見直しなど、修正ポイントを洗い出して今後のトレーニングの時間配分をしていく事が必要になります。

 

必要なものであれば、全て受け入れるというこちらの生徒様。

 

切羽詰まっている生徒さん達はそうやって、気持ちの中で割り切れていらっしゃるもので、そういう方々は、前へのエネルギーがすさまじく、最初の段階で大きな成長が見られるものです。

 

 

 

それぞれのステージで新たな壁がみえてきて、その都度、自分のエネルギーの向け方を悩んだりもするものですが、そこはしっかりと担当講師とプラン設計していただければよい部分だと思います。

 

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

プリスクールの先生と英語で話せるようになる為の英会話

こんばんは!

 

あっとういう間に週末で、7月最後週末です。

 

明日はお天気がよさそうですね。子供達には最高の土曜日です!!!!!

 

もちろん大人にもです笑。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在小さいお子様が2人いらっしゃり、日々育児に奮闘されるママさん。

 

下のお子様がプリスクールに通い、そこでママさん達の英語力、そして先生とコミュニケーションがしっかりととれているという教育上での強み、そんな場面を目の当たりにして、自分も頑張らねば、という気持ちになられ、お申込みいただきました。

 

 

 

 

お母さんお父さんの子供たちへの愛情は宇宙よりも大きく、こうやってお母さん、お父さん達の子どたちへの想いを聞かせていただくたびに、いつもとても幸せな気持ちにさせていただけますし、同時に子供達に、本当に「よかったな~!」と言いたくなります。

 

この愛情をたっぷりと受け、子供達はすくすくと育ち、そして未来のニッポンを背負ってくれるわけです。

 

そう考えると、お母さん達の愛情は、未来の日本を支えているともいえるのです。

 

 

 

 

本日の生徒様はとにかく今通われているプリスクールのママさん達の英語力がスゴい、、、とおっしゃっていました。

 

英語をまともに話せないのは自分だけ、という境遇のようで、それはそれは辛い環境にいらっしゃると思いました。

 

勿論、素敵な笑顔と、とても謙虚で優しい雰囲気をお持ちの方ですので、そのお母さんたちとは上手くコミュニケーションをとっていらっしゃるようですが、やっぱり、先生との会話が肝ですよね。

 

お母さんならみんな先生に、「うちの子、どうなんですか!!!!!!!!!!」と聞きたい。

 

それはもう母親なら当然です。

 

そしたらいきなり、「Hi, Keiko san, I think Ryota・・・$%#$”!%##’&'”&#’%!$###%”!. What do you think?」

 

なんて言われたら、

 

「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!全然言ってる事分からないんですけど。。。。。」

 

なんて状況になったらさすがに「。。。。。。。」となります。

 

日本人の他のスタッフではなく、先生と話したい、というのは当然の想いです。

 

自宅に帰っても、英語が好きな子供達は、やっぱり沢山英語教材や英語の素材で遊びます。

 

そこにしっかりついていけるだけの英語力があれば、子供と楽しく遊んであげられます。

 

giraffe・・・・・知りません。。

 

では、子供との遊びもうまくできないかもしれません。

 

といっても、本日の生徒様に関しては、全てが全てを一気に逆転させられるほど、英語力を高めるのは簡単じゃないのは分かっている、とも話されていました。

 

今は、一番最初に感じた、先生と最低限のコミュニケーションを取れるように、というここを最初の課題にしたい、とおっしゃっていました。

 

そこからまた次の目標を設定し、1つ1つ、クリアしていって、という事でした。

 

とても現実的なお話をされていらっしゃいましたし、こういう視点で自分からおっしゃる方は、多くの場合、英会話長期戦に対して、自分の中でしっかりと理解し、戦う気持ちの準備が完了されています。

 

これはとても強い事ですし、かわいい子供達も大きな力になっていたのだと思います。

 

これから是非頑張っていただきたいと思います!!!