ビジネス会議で英語を流暢に使う為の英会話

こんばんは!

 

本日は今日カウンセリングをさせていただいた生徒様のお話について少し。

 

 

 

こちらの生徒様、レッスンをはじめてはや6ヶ月。

 

担当講師から進捗は随時聞いていましたが、普段お忙しくなかなかお会いする事ができず、久しぶりの再会をさせていただきました。

 

 

 

 

 

ネイティブのスピーキングのテストをしていただいてからのカウンセリングでしたが、リスニングもスピーキングも少し上達がみられるようでした。

 

いい感触です!

 

 

 

 

 

そもそもこちらの生徒様はビジネス英会話でお申込いただいておりました。

 

お仕事場に外国人スタッフが増えてきたことで、会議の場での英語でのコミュニケーションが増えてくるようになったそうで、その場で英語でしっかりと意見を言えるように、という強い目標をお持ちでした。

 

 

 

 

 

今ではビジネスシーンで使える英会話表現をフォローしつつ、日常英会話にもどんどん活かす事のできる英熟語もしっかりと覚えるようにしていただいているようです。

 

 

 

 

 

お話の中で、

 

「今回レッスンをはじめた事で、自分が今まで感じる事のできなかった成長の可能性を感じる事ができるようになってきました」

 

というお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

嬉しいお言葉ですよね。そのお言葉、はやくヒロミ先生に報告したい!と思っておりました。

 

 

現段階では会話をする時に、簡単なフレーズなら英語で考え英語で話す事ができるようですが、少し長い文章やメッセージを伝えたい時に葉、どうしても日本語で考えた文章を英語にしてから話してしまっている、とお話されていました。

 

その変換の時間があるため、コミュニケーションに一瞬のタイムラグができてしまい、会話が長くなればなるほど、徐々に内容についていけなくなる、との事でした。

 

 

 

 

 

 

幸いにもこちらの生徒様は自分が分からなければ、会議をとめて、内容確認をしっかりされるようで、ビジネスに大きな支障はきたしていないようでした。

 

日本人学習者がなかなかできない事だと思いますが、こちらの生徒様、素晴らしい姿勢ですね。

 

わからないことは分からないとしっかり伝える事が、ビジネスの世界では重要ですよね。わかっているものと思われ話がすすんでしまうほど危ない事はありません。

 

 

 

 

 

 

アメリカのドラマ「フレンズ」で、チャンドラーがビジネス会議中に居眠りをしてしまい、目が覚めた時にyes/noを尋ねられ、yesと言ったら、それでニューヨークからオクラホマへの転勤が決まってしまった、なんてストーリーがありました。

 

この様に、わからない事をなんとなくでこなしていく事は時にとんでもないハプニングを起こしてしまいますよね笑。

 

ちょっと大げさな例ですが。

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様、とりあえず今は会議でスムーズに話せるようになる事と、TOEICの目標点もいただきましたので、そこに向かって真っ直ぐ頑張っていただきたいと思います。

 

でも本当に楽しくレッスンを受けていただいているようでよかったです。

 

本日は以上です。

 

 

速読ができる外国人講師

こんばんは!

 

本日は速読について少し。

 

 

 

今日はアデュールの外国人講師と打ち合わせがありました。

 

そこである文献について議論する場があったのですが、ある1人の講師が、他の講師がその文献に目を通す1/3くらいのスピードで読み終えたので、みんなが驚いたという事がありました。

 

 

 

 

 

速読なんですね。

 

他の講師が本当に内容を理解しているのか聞くと、なんと書いてある事の大枠を述べるだけでなく、かなり細かいところを自分の感想と一緒にあわせて語ってくれました。

 

 

 

 

 

日本人でもこういう方いますよね。

 

おそろしく読むのが速い方。

 

速読のトレーニングを受けた方は通常の方が想定できないスピードで文章をよみきります。

 

 

 

 

 

 

こちらの講師は速読とはいいませんでしたが、昔から本が好きで、また経済や法律関連の文献を今でも日常的に目にするようにしているようで、自然と身についた力だと言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

すこし話が飛びますが、TOEICのPart7はかなりのリーディングのボリュームがあり、英会話学習者にとっては、大きな壁の1つです。英会話初級レベルであれば、時間内に全て終わらせる事は通常不可能だと思います。

 

ただ、この速読のスキルがあれば、結果は異なるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

といいつつ、他言語の場合は最低限の語彙力が必要になるのはいうまでもありません笑。

 

その上でこの速読のスキルをつければTOEICの壁も一段と低くなるはずです。

 

 

 

 

 

TOEICで満点近くをとる人は、全てではないにしろ、あのリーディングパート全てを60分程度で終わらせ、15分程度かけてゆっくりと内容を見直している人もいます。

 

時間との勝負であるといわれるTOEICは少し時間をかければわかりそうな問題も時間がない為に、とれなかった、という問題がたくさんあるものです。

 

特にPart7などは答えがそこにあるわけですから、時間無制限であれば、ある程度の語彙力がある方であれば満点をとれるわけです。

 

なので、この15分の見直しの時間はとてつもなく、有効な15分です。

 

 

 

 

 

 

ただ、このレベルの方は、見直しの際に大幅に解答を修正する人はかなり限られており、やはり最初の60分でほぼ正解ととっているんですね。

 

最初に話した速読ができる外国人講師のように。

 

 

 

 

 

 

 

共通している点は、とんでもないボリュームの文献、英文に日常的に触れている(又は触れている期間が一定期間あった)という事です。

 

海外の大学ではクイズなどが日常的にあり、日本の一般の大学に比べ、日常的に色々な文献に目を通さなければいけない学校が多いですし、そういった環境で育った人はやはり文章を読むスピードが違います。

 

 

 

 

 

英会話学習者にとってリーディングに時間を割く事に疑問を感じられるかもしれませんが、私はとても大事な事だと思いますし、アデュールの多くの講師も同じ認識です。

 

レッスンの中でリーディングをしていただく必要はないですが、ある程度英会話レッスンに慣れてくれば、普段自宅や通勤途中などに少しづつ英語の文章を読むことに慣れていく、これがとても大切だと思います。

 

英会話の基礎体力をつけてくれる大切な場所です。

 

 

英会話初級の方にとって、何をするかの優先順位は難しいものですが、それは講師と相談しながらうまくバランスをとってみてください。

 

本日は以上です。

 

 

赤ちゃんと一緒に英会話

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中からお1人について少し。

 

 

 

 

こちらの生徒様、現在生後数ヶ月のお子様がいらっしゃるお母さんでした。

 

お子様が小さいこともあり、ご自宅でのレッスン希望でお申込いただきました。

 

 

 

 

 

・・・ところで。

 

このお子さんがもう本当にかわいいんです!!!!!!!!!!!

 

一切泣かず、なんとも言えない満面の笑みで常に私達を楽しませてくれました。

 

本当にかわいすぎて。。子供いいですね。ほんと。

 

 

 

 

 

さて、こちらの生徒様ですが、以前カナダに留学されていたという事もあり、通常の英会話であれば全く問題はなく、TOEIC800点をお持ちです。

 

レッスンでは文法などではなく、ビジネスに使えるレベルの徹底的なスピーキングのトレーニングという事で、ネイティブ講師でレッスンをスタートされる事になりました。

 

 

 

 

 

現在は産休中との事でしたが、普段はお仕事でメールベースでの英語のコミュニケーションが必要とされるようで、今後は英語の会話も求められるようになるそうです。

 

バリバリのキャリアウーマンのママでした。

 

素敵ですね。

 

この子はお母さんのこういう姿、想像できないんだろうな、とか思いながらただただ笑顔でいっぱいの彼を私はしばしみつめていました。少しの時間ですよ笑。

 

 

 

 

 

実際に体験レッスンの会話の様子をお聞きしているとさすがです。

 

とてもキレイな発音で、TOEIC800点といえど、ボキャブラリも豊富で、もっとスコアを上げられるのではないかなと思うほどでした。

 

何度か講師の言っている事を聞き返すシーンはありましたが、会話のテンポを崩してしまうほどのものではなく、全くもって問題ありませんでした。

 

細かい英作文も少しテンポがあがるとミスがみえましたが、それでも完成度はかなり高く、トレーニングあるのみ、という感じです。

 

 

 

 

 

今回担当したAlice先生も全体的なスキルのバランスがとてもとれている素晴らしい生徒様、というコメントを残しています。

 

さすがです。

 

 

 

 

 

 

ママとして、キャリアウーマンとして、これからもどんどん頑張っていただきたいです。

 

素敵なママを持つ幸せなお子様だなと深く感じた日でした。

 

 

本日は以上です。

 

 

生きた英語から学ぶ英会話

こんばんは!

 

本日は前任の講師の引継ぎで新しく生徒様を引き継ぐ事になったショウコ先生のコメントについて少し。

 

前任の講師からレッスンを引き継ぐと普段の自分のスタイルと違ったり、前任の講師と築いてこられたスタイルに慣れるのに少し時間がかかったりするものですが、今回の引継ぎではショウコ先生はなんら問題なく、生徒様と今後のレッスンの方針を素早く固める事ができました。

 

さすがです。

 

 

 

 

こちらの生徒様はTOEIC700点台をお持ちで、基礎的な語彙力、そして文法知識をしっかりお持ちの生徒様でしたが、会話になるとどうしてもなかなか言葉がすぐに出てこない、ナチュラルな表現が使えない、というのをずっとご自身の課題にされていました。

 

日本人学習者の方が一番悩むポイントだと思います。

 

 

 

 

 

 

今回はショウコ先生は、英会話のテンポに慣れ、英語で文章を作るという視点から、
・とにかくたくさん話す
・会話をルーティーン化して慣れる
・生きてる英語を使う

 

という事を更に深く意識してもらう事を生徒様に告げました。

 

それには恥ずかしがらず話す事が求められます。

 

 

 

 

 

 

会話をroutine化して、より生きた英語を使う事、これができれば最高です。今回の生徒様は特にこの2点を突き詰めることができればゴールも近くなります。

 

生きた英語かどうかは生の英語と講師からの生の指導が絶対的な効果をもたらします。

 

 

 

 

 

 

 

講師が会話の中で何気なく使っているから、生徒様もその表現はナチュラルな表現なんだと感じ、会話の中で使えるんですね。なので講師の「生」の英語は生徒様にとっては本当に最高の素材だと思います。

 

レッスンの時にテキストにばっかり意識がいってしまっている生徒様は1度先生の英語を1語1語しっかり聞いてみてください。

 

自分の知らない単語、知っているけどこんな使い方するんだ、って感じる単語、熟語などたくさん出てくるはずです。

 

 

 

 

 

 

講師引継ぎのタイミングで生徒様にはまた少しフレッシュな気持ちで自分の英会話をみつめなおしていただきたいと思います。

 

本日は以上です。

 

 

読み書きが好きな生徒様

こんばんは!

 

1月ももうすぐ終わりに近づいてきましたね。

 

皆様、インフル、ノロの勢いはまだまだ世間でも活発のようです。

 

 

 

本日はアデュールの生徒さんと現在に進捗についてお話させいただいたので、そこから少し。

 

こちらの生徒様、レッスンをはじめられて数ヶ月。

 

 

 

 

 

 

外資系の金融機関にお勤めで、英語のスキルアップが求められているこちらの生徒様。

 

レッスン当初は超初級という方でした。

 

 

 

 

 

 

ご自身でも気付かれていましたが、会話の中でご自身の持っている力をしっかり活かせていない、という事と、少し文法の知識にあいまいなところがみられるため、それが余計に会話のスピードを遅くさせていました。

 

 

会話中心のレッスンが英会話ではありますが、こういう生徒様はまず文法の力をしっかりつけるという事も同時に求められます。

 

こちらの生徒様、強くご自身でそれを理解されていたようで、ご自身がお気に入りのテキストを購入され、レッスンではそのテキストも使用するという流れにされていました。

 

 

 

 

 

 

それから数ヶ月が経ち、このテキストも終わり、これから更に本格的に会話トレーニングに入られることになりました。

 

先日たまたまグループレッスンでお会いしましたが、とても積極的に話される姿勢をもっていらっしゃり、とても安心しました。

 

 

 

 

 

 

読書も好きな方のようですので、ボキャブラリを増やすためには英語の文献にも可能であれば触れていただきたいですし、難しければまずは短めのニュース記事からでもいいかもしれません。

 

会話が大好きな方は会話に固執してボキャブラリを増やす事、リーディングの時間を削ってしまいがちです。

 

そうすると、どうしても表現の幅がせばまってきますし、thatとかlikeとかを使って相手に答えをもらう形が多くなってしまいます。自分でしっかりと単語を覚える事、これも大人の英会話には必要なスキルです。

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は幸いにも基本的に読み書きが好きな方です。そこは安心してこれからはしっかりと文法の基礎も蓄えたところで、会話力、発音に更に時間を割くようにしていただければと思います。

 

今後の成長が本当に楽しみな生徒さんです!

 

本日は以上です。