貿易事務として英会話を極める

2013年2月28日

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中からお1人について。

 

こちらの生徒様、現在貿易関連の企業にお勤めで、主に貿易事務を担当されている生徒様です。

 

 

 

 

 

 

 

商品の輸出入は業種、また取引形態により大きく異なりはしますが、通常は多くの複雑な業務があり、細かい知識と正確な仕事が求められます。

 

英会話を習っていらっしゃらない方でもFOB、CIFなどは貿易業界では基礎単語でご存知のはずです。

 

こういうところで英語に少しでも触れられるのが貿易業務のよいところではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

さて、こちらの生徒様ですが、お仕事では電話での対応は現状ではそこまで多くないものの、メールベースでの英文のやり取りがとても多いようです。ビジネスでのメールでのやり取りなので、送り先にもよりますが、やはりカジュアル過ぎない表現がベターですよね。

 

そういった意味で、表現にとても気を使われるようです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様は学生時代からずっと英語に触れていらっしゃり、基礎的な知識はしっかりお持ちで、実務で英語にずっと関わってこられたことから、会話の中でもスピーディーに応答できる実践力をお持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではどこが問題点か?

 

それはやはりご自身がおっしゃっている”精度”のようです。

 

とりあえずの会話はできる、とりあえずのメールは返せる、でもこれでいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

これがこちらの生徒様が今回お申込された一番の動機でした。

 

自分が作る英文に100%の自信を持てないため、いつも少しメールのやりとりに不安を覚えていらっしゃるようで、そこをどうにかクリアしたいとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、自分の言う、使う表現に100%の自信を持てない時、会話全体が不安になります。

 

通じているのかな。

 

これってナチュラルなのかな。

 

 

 

なんて色々考えるものです。第二言語として英会話に関わるものとしては。

 

 

 

 

 

 

 

でも1つ1つ自信を持てる表現を自分の中でしっかり積み上げていく、これがとても大切です。そしてその自信はどこからでてくるかというとやはりプロの英語からですよね。

 

実際に使われている英語をとりあえず理解する事に満足するのではなく、1歩先にすすみ、それを自分が使えるようにしてみようとする事がこのレベルの方にはとても大切な事です。

 

メールがきて、ふむふむ。なるほど、じゃあ書類を~にいつまでに送ろう。

 

 

 

 

 

 

 

からです。

 

highly appreciated?あっこんな言い方ここでしてもいいんだ。なんか簡単な表現だけど自分では言えないな~。よしノートに書いて「常に使ってみるリスト」に入れよう!

 

みたいな事なんですね、要するに。

 

 

 

 

 

 

 

その表現は実際にプロが使っているわけで(相手をしっかりみてくださいね笑)、それをそのまま使っちゃえば自分もナチュラルな表現で言えちゃいますし、100%の自信を持っていえますよね。

 

日々訓練ですね、ホント。

 

とても前向きなアグレッシブなコチラの生徒様。大きく飛躍されることを期待しています!

 

 

本日は以上です。