貿易事務として英会話を極める

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中からお1人について。

 

こちらの生徒様、現在貿易関連の企業にお勤めで、主に貿易事務を担当されている生徒様です。

 

 

 

 

 

 

 

商品の輸出入は業種、また取引形態により大きく異なりはしますが、通常は多くの複雑な業務があり、細かい知識と正確な仕事が求められます。

 

英会話を習っていらっしゃらない方でもFOB、CIFなどは貿易業界では基礎単語でご存知のはずです。

 

こういうところで英語に少しでも触れられるのが貿易業務のよいところではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

さて、こちらの生徒様ですが、お仕事では電話での対応は現状ではそこまで多くないものの、メールベースでの英文のやり取りがとても多いようです。ビジネスでのメールでのやり取りなので、送り先にもよりますが、やはりカジュアル過ぎない表現がベターですよね。

 

そういった意味で、表現にとても気を使われるようです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様は学生時代からずっと英語に触れていらっしゃり、基礎的な知識はしっかりお持ちで、実務で英語にずっと関わってこられたことから、会話の中でもスピーディーに応答できる実践力をお持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではどこが問題点か?

 

それはやはりご自身がおっしゃっている”精度”のようです。

 

とりあえずの会話はできる、とりあえずのメールは返せる、でもこれでいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

これがこちらの生徒様が今回お申込された一番の動機でした。

 

自分が作る英文に100%の自信を持てないため、いつも少しメールのやりとりに不安を覚えていらっしゃるようで、そこをどうにかクリアしたいとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、自分の言う、使う表現に100%の自信を持てない時、会話全体が不安になります。

 

通じているのかな。

 

これってナチュラルなのかな。

 

 

 

なんて色々考えるものです。第二言語として英会話に関わるものとしては。

 

 

 

 

 

 

 

でも1つ1つ自信を持てる表現を自分の中でしっかり積み上げていく、これがとても大切です。そしてその自信はどこからでてくるかというとやはりプロの英語からですよね。

 

実際に使われている英語をとりあえず理解する事に満足するのではなく、1歩先にすすみ、それを自分が使えるようにしてみようとする事がこのレベルの方にはとても大切な事です。

 

メールがきて、ふむふむ。なるほど、じゃあ書類を~にいつまでに送ろう。

 

 

 

 

 

 

 

からです。

 

highly appreciated?あっこんな言い方ここでしてもいいんだ。なんか簡単な表現だけど自分では言えないな~。よしノートに書いて「常に使ってみるリスト」に入れよう!

 

みたいな事なんですね、要するに。

 

 

 

 

 

 

 

その表現は実際にプロが使っているわけで(相手をしっかりみてくださいね笑)、それをそのまま使っちゃえば自分もナチュラルな表現で言えちゃいますし、100%の自信を持っていえますよね。

 

日々訓練ですね、ホント。

 

とても前向きなアグレッシブなコチラの生徒様。大きく飛躍されることを期待しています!

 

 

本日は以上です。

 

 

海外の学会に行く

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中からお1人について。

 

 

 

こちらの生徒様、某医療機関に勤めていらっしゃる方で、研究職のお仕事をされていらっしゃいます。

 

医療関係の研究職のお仕事をされていらっしゃる方はアデュールの生徒様にも実は何名かいらっしゃるのですが、皆さんに共通していることは、基礎的な英語力を持っていらっしゃる事です。

 

それは普段から海外の研究論文に触れていらっしゃり、専門分野においてはかなりの英文を読み込む力をお持ちの為だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

反面、会話においては生徒様それぞれで状況は変わりますが、これだけの語彙力があるのに会話になると力がかなり落ちるな、という印象を持つ方が多いような気がします。

 

それは普段から会話ではなく読み書きを主軸にお仕事をされているわけで当然の結果ではありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

でもこういったお仕事をされていらっしゃる方に共通しているのは、勤勉であること。

 

これは100%といっていいほどに共通しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

他の生徒様が勤勉でないといっているのではなく(笑)、普通の人の目線で見たときに、誰もが「あの人真面目だな~」と思うという事です。

 

アデュールの他の生徒様も皆さん頑張っていただいているのは間違いありません!笑。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回こちらの生徒様がお申込いただいたのは、研究論文だけでなく、今後海外での学会などに参加する機会も増えてくるという事で、そこでは当然英語でのコミュニケーションが必要になるという事でお申込いただきました。

 

調子にのって少しどういった専門の研究なのか聞いてみましたが、2つ位の質問でやめておきました。

 

理由は意味がわからなかったからです(-_-) 専門家の方に調子に乗ってのっかかるものじゃないです。

 

 

 

 

 

 

 

という話はさておき、専門の英語を学ぶというわけではなく、基本的な英語のコミュニケーションのトレーニングをベースでお考えのようで、苦手なリスニングを徹底的に鍛えていただく事になりました。

 

 

英会話自体はそもそもはそこまで興味があったわけでななく、海外にも特に興味がない方だったようですが、海外でのお仕事がこちらの生徒様の気持ちを変えたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも海外での学会なんて響きはとてもかっこいいですよね!

 

「来週暇ならご飯たべに行かない?」

 

「ごめん、学会でロンドンにいきゃなきゃならないんだ」

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・少し夢見心地でしたがご勘弁ください。

 

そんなこんなでしっかりと英語の読み書きだけでなく、会話力にも焦点を当てたトレーニングをしていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

今後のこちらの生徒様のご活躍に期待です!

 

本日は以上です。

 

 

大手企業でのキャリアアップを目指して

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様について少し。

 

こちらの生徒様、現在某大手メーカーにお勤めの超エリートビジネスマンでした。

 

 

 

 

現在は商品開発を担当されており、その中で海外メーカーやアーティストとの調整、契約、ライセンス関係の調整などされており、また中途採用面接なども担当されていらっしゃいます。

 

 

まさしく、日本のエネルギーの核となっていらっしゃる方ですね。みるからにできるビジネスマンという風貌をしていらっしゃいました笑。

 

 

 

 

 

 

 

今回こちらの生徒様がお申込いただいたのは、今後のキャリアアップにおいて英会話が必要不可欠になっているという事でのお申込でした。

 

こちらの会社様であれば当然だと思います。

 

日常的に外国人との商談や打ち合わせがあり、現在いる通訳を通してではなく、自分で全てを完結できる、そういうビジネスパーソンを目指されていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

本当に輝いていらっしゃいました。

 

今までは英会話にはあまり時間をとっていらっしゃらず、会社で求められる英会話トレーニングも時間の制約がありとれなかったという事でしたが、そろそろヤバい、と感じられたようです。

 

 

 

 

 

 

 

現在の語学レベルは当然全てのスキルにおいて初級レベルです。

 

まだまだ英語の文章を作るのに日本語で考える思考がありますし、発音も日本人訛りがあります。文法的な部分をだいぶ忘れていらっしゃるようでしたので、まずは基礎からしっかりと見直していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

といいつつ、現在進行形で英会話が仕事の中についてくる生徒様にとって、実践的なトレーニングであるべきで、すぐにでも使えるようなフレーズを混ぜながらレッスンをすすめていただきます。

 

何よりも大切な事は実戦に結び付けていく思考です。リアルな会話に近ければ近いほど、表現がよりしっかりと身についていくものです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様はまだ英語を話す事に少し恥ずかしさもあると話されていたので、そこも少しずつやわらげていっていただきたいと思います。年齢も近い講師でしたので、そういった意味では色々共通の話題や、話の合う部分もたくさんあろうかと思います。

 

 

今後のこちらの生徒様の成長、そしてこの日本を代表する企業様の成長を陰ながら応援させていただきたいと思います。

 

本日は以上です。

 

 

TOEIC700点からの進化

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中からお1人について。

 

 

 

こちらの生徒様、ビジネス英会話を将来的に考えていらっしゃる生徒様で、現在はその前の基本的なところから勉強しなおしたいという事でお申込いただきました。

 

現在はTOEIC700点近くのスコアをお持ちのツワモノ生徒様です。

 

 

 

 

 

 

 

このスコアをお持ちの理由は、新卒採用に備えて、学生時代に少しTOEICの勉強をされたからだそうです。

 

といっても700点、素晴らしいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

今でこそTOEICスコアは700点や800点を求める企業が増えてきていますが、当時は600点あれば十分履歴書に書きアピールができた時だと思います。

 

素晴らしい努力をされたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様がレッスンで求めていらっしゃる内容は、とりあえずナチュラルな会話ができるよう、リアルなコミュニケーション表現を身につけたいとの事でした。

 

わかります。非常にわかります!!!!

 

 

 

 

 

 

 

この位のレベルに達した生徒様は少し英語が聞こえるようになってきます。

 

全てを英語で考えて理解しきれている、というわけではないですが、話者が伝えたい「メッセージ」の大枠が把握でき出すタイミングです。当然内容にもよりますが。

 

 

 

 

 

 

 

この段階になってくると、真剣に英会話を考えていらっしゃる方は必ず、「聞き取れるけど、それを自分が言葉にして使う事はできない!」というコンプレックスに陥ります。

 

いいですね~、この苦悩!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何とか英語で話せても、その表現がナチュラルな表現なのか、それとも教科書どおりに言っている自分の表現は実は不自然な英会話表現なのか、と不安にもなるものです。

 

この大きな壁を越える事が、大きな壁の1つですね。

 

 

 

 

 

 

 

自分の話す内容がナチュラルな表現だと自身を持てれば(当然話す内容によりますし、全てがナチュラルだと思える方は英会話学習者の方にはいないはずです。。)、その表現は自信を持って言う事ができます。必然的に声も大きくなり、しっかりと相手に伝わるでしょう。

 

不安な表現は少し考えたり、もごもご話したりする事で、sorry?なんて聞き返されたりします。もうこうなれば冷や汗ものですね笑。

 

 

 

 

 

 

 

すぐにその場を逃げ出したくなるものです笑。ビジネスで英会話を必要とされている方はこのドキドキ感を常に感じていらっしゃるはずです。逃げられないので笑。

 

本日の生徒様は自分の弱みをしっかり理解され、色々な勉強方法を取り入れる準備をされていました。

 

本日担当講師のコメントではリスニングの力がとても素晴らしいとのコメントを残していました。

 

 

 

 

 

 

 

これからどんどん成長していっていただきたいと思います。

 

本日は以上です。

 

 

毎日のビジネス英会話の中で

こんばんは!

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様について少し。

 

こちらの生徒様、以前は某大手英会話スクールにしばらく通っていらっしゃり、そのスクールの経営破たんとともに、英会話レッスンから少し離れていらっしゃったビジネスマンの生徒様です。

 

 

 

 

今回お申込いただいたのは、現在お勤めの会社で日常的に外国人とミーティングや海外出張で英会話が必要な状況で、特に意見を伝える、という部分において力のなさを感じていらっっしゃった為だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

とても真面目で熱心な生徒様です。

 

普段からお仕事で英語に触れられていらっしゃるという事、これは英会話学習者にとっては最高の環境ですね。

 

当然ご本人はビジネスなわけで、必死に状況ですからそこまで英語を楽しむという気持ちは持っていらっしゃらないと思いますが笑。

 

 

 

 

 

 

 

レッスンでは具体的には実践的なトレーニングを求めていらっしゃり、今回担当講師のコメントでは基礎力はあるものの、まだまだ発音や、語順、会話の組み立てという視点からいうとブラッシュアップできる部分が多々あったため、そういった視点でのレッスンをすすめていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいては会話の組み立てといいますか、結論ファーストと言われるように、適格に短く相手に意図を伝える事が日常会話以上に求められる場です。

 

当然全てのビジネスというわけではないですし、お国や文化によってはそうでない可能性もあります。

 

ただ、世界基準の一般的な国際ビジネスではやはりスピード命であることは基本スタンスであるはずです。必然的にスピード感覚に優れている人間が好まれるでしょうし、会話の中でも相手に好まれる事は間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

このスピードは話す実際のスピードではなく、伝えたい「メッセージ」を簡潔に表現する事で生まれるスピードです。

 

日本語でもあると思います。長く話をしている人に対して、結局yesなの?noなの?と答えがみえない話し方をされる方。

 

それはそれで、営業の戦法である可能性はあります笑。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、普通はyesかnoの答えを求められた場合、まずyesかnoを、そしてその根拠を、というのがセオリーですよね。

 

セオリーが分かっていても気持ちが少し興奮していたり、英語になったりすることで、無駄な文章、言葉を付け加えてしまったりするものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は毎日が英会話での戦いです。

 

少しでも効率よく、そして日本を代表するビジネス戦士となってこれからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

本日は以上です。