不動産会社の外国人の同僚と英語で話す為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間の1週間です。

 

11月最後の週末ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の不動産会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、同僚に外国人がいらっしゃり、外国人の同僚と英語で日常会話ができるようになりたいから、という事でした。

 

皆さん日本語は達者なようで、本日の生徒様のつたない英語よりも、外国人社員の方が日本語で話す方が会話がスムーズにいくという事で、社内では完全に日本語での会話で成立してしまっているようです。

 

30年日本にいても全く日本語を話せない外国人の方もいらっしゃいますが、まだ来日して数年なのに、信じられない位に上手に日本語を話せる方もいらっしゃいます。

 

特に西洋の方にとっては、アラビア語、中国語などと同じように、習得がかなり難しい言語であるという事を聞いた事があります。

 

幼い頃から沢山のカタカナ英語を聞いて育っている日本人よりも、学習のハードルは高いはずですし、こういった方々の努力は素晴らしいと思います。

 

本日の生徒様もそれはとても感じていらっしゃるようで、ただそれが理由で、自分が仕事で英語を使う練習にならないと苦笑いされていらっしゃいました笑。

 

母国語が異なるもの同士が会話をするとき、どちらの第二言語が優れているかで、そちらに合わせていくというのが、世界中どこでも暗黙の了解になっていると思います。

 

それが一番誤解を生まず、スピーディーに会話を進められるわけですからね。

 

ビジネスではなおさらです。

 

本日の生徒様は、英語に関しては大学の時に2週間語学留学をされていらっしゃり、英語自体にはずっと興味はお持ちだったようです。

 

ただ、ブレークスルーするタイミング、きっかけがなく、なんとなく憧れ続けて今に至ってしまっているという事でした。

 

東京生まれ、東京育ちという環境では、確かに、英語を話せる方が沢山いて、英語に関する環境もいろいろ整っていて、何かのきっかけでポンッと話せるようになる場所、チャンスがありそうですよね。

 

首都圏にいる事の大きなメリットだと思います。

 

ただ、実際にはどんな人と出会い、どんな場所で、どんな事をするかで、結果は大きく変わってきます。

 

上手く自分の思っているような方向に進んでいないなと感じたら、そこからは運命に身をゆだねるのではなく、自分から環境を作っていく事が必要になってきますよね。

 

本日の生徒様は、自分から動かなければこればっかりはどうしようもないと強く感じられ、今回の英会話レッスンスタートに踏み切られたようです。

 

仕事に関しては、今後は不動産業界だけでなく、色々なビジネスに携わっていきたいという情熱をお持ちで、そう考えると、やはり英語は出来る方が良いとお考えのようです。

 

実際に英会話を習う方というのは、業界関係なく、本当に色々な方がいらっしゃいます。

 

役所の方も、民間の方も、研究職の方も、芸術関係の方も、芸能関係の方も、本当に全ての世界で英語の力をつけたいと考える方がいらっしゃいます。それはつまりどの世界でも英語は出来た方がいいという認識があるという事だと思います。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!