アパレル業界で必要な英会話レッスン

2015年9月30日

こんばんは!

 

今日で9月も最後。

 

あっという間に10月。すぐに年末がきそうな感じですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在アパレルのお仕事をされており、撮影などで海外に行ったり、外国人のモデルさんや業界の人達とのコミュニケーションもあるという事で、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

なんだかとっても華やかなイメージの世界。

 

今回はこちらの生徒様のお勤め先オフィスでの体験レッスンでしたが、オフィスというよりオシャレな服屋さんというインテリア。

 

さすがです。こんなオフィスに毎日通う方はセンスもどんどん磨かれるのだろうな~と感じました笑。

 

 

 

 

こちらの生徒様はこれまでは英会話を少し始めて、すぐ辞めて、また少し始めてすぐ辞めて、という事を何度か繰り返していらっしゃったようです。

 

理由はお忙しく通えなくなったという事や、そもそもモチベーションの維持が難しかった、など複数要因があったようですが、今回はその繰り返しにならないよう、しっかりとこの生徒様のお気持ちや英語に対する考えなどをヒアリングする事になりました。

 

 

 

もともとお仕事に関係なく英語にはとても興味を持っていらっしゃる方で、やり方次第ではとても伸びしろのある方だけに、これまで中途半端な継続の形が続いた事はとてももったいない事でした。

 

グループレッスンに入って、自分だけが分からない、ついていけない事による劣等感、というのもあったようですし、また先生にうまく質問できない、分からない所が分からない、ということもしばしばあったようで、これがひっかかるポイントになっていたようです。

 

 

 

普通の方は、ここで英語が大嫌いになるものです。

 

そして日本にいるのだから、日本語で一生やりとおしてやる。という強い決意が芽生える、という流れはお決まりですが、こちらの生徒様の場合は少し違います。

 

 

そんな経験があっても、英語が好き、という気持ちは変わらなかったようで、ただただやり方、受け方の問題、というある意味、割り切って解釈されていました。

 

人生割り切りも時にはとても大切ですし、なんでも割り切り割り切りだと寂しいですが、うまく使い分けられる方は上手に人生を生きていらっしゃると思います。

 

 

 

本日の生徒様は、とにかく、自分が分からない所をつぶしていくというスタイルを徹底する事は当然の事、自分の理解が怪しいなと、先生の方で見える所を中心に指摘してもらいたい、という事でした。

 

この点もこちらの生徒様がいままでのレッスンを経験してきた中で必要なポイントと感じられた所です。

 

 

 

実際に海外でどんどん英語を使えるようになればお仕事の幅もグンと広がるようですし、国内でもそれは同じ事だと思います。

 

今までたまっていた分からない、分かったような分からないような、というモヤモヤした所を徹底的に直す、という事を徹底してもらえれば、可能性は無限大だと思います。

 

こんな華やかな世界で(外からみるとですが)、かつ英語も流暢な人なんて、若い人達の憧れの的になっちゃいますね。

 

会社にきてもらって、逃げられない環境を作りこむ、という事も今回のこちらの生徒様の強い意気込みのあらわれです。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!