アパレル業界で必要な英会話レッスン

こんばんは!

 

今日で9月も最後。

 

あっという間に10月。すぐに年末がきそうな感じですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在アパレルのお仕事をされており、撮影などで海外に行ったり、外国人のモデルさんや業界の人達とのコミュニケーションもあるという事で、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートしていただく事になりました。

 

 

なんだかとっても華やかなイメージの世界。

 

今回はこちらの生徒様のお勤め先オフィスでの体験レッスンでしたが、オフィスというよりオシャレな服屋さんというインテリア。

 

さすがです。こんなオフィスに毎日通う方はセンスもどんどん磨かれるのだろうな~と感じました笑。

 

 

 

 

こちらの生徒様はこれまでは英会話を少し始めて、すぐ辞めて、また少し始めてすぐ辞めて、という事を何度か繰り返していらっしゃったようです。

 

理由はお忙しく通えなくなったという事や、そもそもモチベーションの維持が難しかった、など複数要因があったようですが、今回はその繰り返しにならないよう、しっかりとこの生徒様のお気持ちや英語に対する考えなどをヒアリングする事になりました。

 

 

 

もともとお仕事に関係なく英語にはとても興味を持っていらっしゃる方で、やり方次第ではとても伸びしろのある方だけに、これまで中途半端な継続の形が続いた事はとてももったいない事でした。

 

グループレッスンに入って、自分だけが分からない、ついていけない事による劣等感、というのもあったようですし、また先生にうまく質問できない、分からない所が分からない、ということもしばしばあったようで、これがひっかかるポイントになっていたようです。

 

 

 

普通の方は、ここで英語が大嫌いになるものです。

 

そして日本にいるのだから、日本語で一生やりとおしてやる。という強い決意が芽生える、という流れはお決まりですが、こちらの生徒様の場合は少し違います。

 

 

そんな経験があっても、英語が好き、という気持ちは変わらなかったようで、ただただやり方、受け方の問題、というある意味、割り切って解釈されていました。

 

人生割り切りも時にはとても大切ですし、なんでも割り切り割り切りだと寂しいですが、うまく使い分けられる方は上手に人生を生きていらっしゃると思います。

 

 

 

本日の生徒様は、とにかく、自分が分からない所をつぶしていくというスタイルを徹底する事は当然の事、自分の理解が怪しいなと、先生の方で見える所を中心に指摘してもらいたい、という事でした。

 

この点もこちらの生徒様がいままでのレッスンを経験してきた中で必要なポイントと感じられた所です。

 

 

 

実際に海外でどんどん英語を使えるようになればお仕事の幅もグンと広がるようですし、国内でもそれは同じ事だと思います。

 

今までたまっていた分からない、分かったような分からないような、というモヤモヤした所を徹底的に直す、という事を徹底してもらえれば、可能性は無限大だと思います。

 

こんな華やかな世界で(外からみるとですが)、かつ英語も流暢な人なんて、若い人達の憧れの的になっちゃいますね。

 

会社にきてもらって、逃げられない環境を作りこむ、という事も今回のこちらの生徒様の強い意気込みのあらわれです。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

税理士として一から学び直す英会話

こんばんは!

 

福山ショックに揺れているニッポン。

 

アジアの他の国でも報道され、株価にも影響するなど、スゴい事になっています。。。

 

やはり大物は違いますね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、税理士としてご活躍の先生で、将来的に業務の中で英語を必要とするケースも想定されるという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

税理士業界は、税務の世界に会計士の先生がどんどん流れてきたり、また、人工知能など最先端技術が注目される中で、その業務自体の存続の危機というような取り上げられ方もあり、色々と大変な事だと思います。

 

業界の中にいらっしゃる方々は、色々ととらえ方はそれぞれですが、いづれにしても、これからもどんどん競争が厳しくなっていくのは間違いない事だと思います。

 

 

 

そもそも景気が悪い時は世の中の人はどんどん資格志向に走っていくのはいつも時代も同じですし、税理士試験へ挑戦する未来の手ごわい強豪たちがこれからどんどん業界に入ってくるわけです。

 

それだけでもやはり、競争は厳しい事に成る事が想像できます。

 

苦しい試験を何年もかけて乗り越えたその先に、厳しい競争がある。なかなか大変な世界だと思いますが、ここでしっかりと現在実績を出していらっしゃるこちらの生徒様。

 

 

 

 

次の一手は英語力、というのが今回のご判断だったようです。

 

アデュールの生徒様の中には士業の方々が多くいらっしゃり、税理士の先生ももちろんその中に多く含まれています。

 

東京では、外資系税理士法人などで働く方々も多いですし、USCPAの資格を持っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

英語での試験はクリアしたものの、会話はさっぱり、という事で困っているというお話を聞くと、最初は税理士の英語の試験をクリアするほどの方が、会話がさっぱりとはどういう事か、、、と思ってしまいますが、やはり読み書きと実際の会話は異なるのですね。

 

 

本日の生徒様は、今後ももっぱら日本国内でご活躍される予定ですが、それでも英語という武器を備える事にはとても高い意識を持っていらっしゃいました。

 

現在の英語レベルは本当に基礎の基礎からやり直しが必要なレベル、という事で、学生時代の基礎英文法の見直しから入れていく事を希望されていました。

 

 

 

といってもそこは税理士の先生。

 

知識のインプットの達人とでも言える士業の先生達ですから、このあたりについては英会話講師側での不安要素には一切成り得ません。

 

課題はやはり会話に入った所です。

 

先生達もなかなか慣れない「話せるようになること」、「聞けるようになること」というこの2つ。

 

ここは以前に他言語を習っていらっしゃる方以外は、人生の中で道の領域で、みなさんご自身の中での成功のストラテジーが築けていないわけです。

 

だから皆さん勿論不安になられますし、効率的に、体系的に習得できる形を望まれる傾向が強いです。

 

本日の生徒様は、最初は少し緊張されていたようですが、それでも体験レッスンが終わった時には、なんだかよい意味で吹っ切れていらっしゃるご様子でした。

 

 

ご自身の会話レベルの低さを痛感した、とおっしゃっていましたが、自分のスタート地点がやっとみえた、というような晴れ晴れしたお顔をされていたのが印象的でした。

 

 

これから是非頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

子供英会話の先生が習う英会話レッスン

こんばんは!

 

ヤクルトもう優勝まじかです!!!!

 

神宮で優勝だなんて、ファンはもう最高の気分でしょう。

 

どうなるのでしょうか!!!!!!!!!!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、子供英会話の先生をされている現役の英語の先生。

 

実はアデュールの生徒様の中には英語の先生で、英語をしっかりと習い直したい、と希望される生徒様もいらっしゃるんですね。

 

英語の先生が英語を習う?と思われるかもしれませんが、どんなお仕事でも常に学び、訓練の連続です。

 

既に英語の先生としてキャリアをスタートさせていても、自分に必要なものがあればそれはレッスンを受けてでも吸収していく、という強い姿勢は、こちらの生徒様にとってもとても喜ばしい事だと思います。

 

どの道にも、常に上を目指そうとすれば、誰かに教えを請う事ができる環境は高みに入れる大きなチャンスですし、こちらの生徒様のこの機会を十分に生かしていきたいという事でした。

 

 

 

 

といっても、既に子供英会話の先生。

 

英会話の力は既に評価されて英会話講師になっているわけです。

 

ただ、こちらの生徒様は、今後数年後に子供達に教えなくてはならないカリキュラムを考えた時、今の自分の英語力では、上手く教えられないのではないだろうか、という不安を持っていらっしゃいました。

 

 

 

一口に英語と言ってもそれは言語そのものを指す大きなくくりで、必ずしもネイティブだからと言ってしっかりと話せるとも限りません。

 

現に敬語がめちゃくちゃな大人、社会人もいますよね。

 

それは、環境にもよりますが、敬語を話す機会が極端に少ない、という事が大きく影響していると思います。

 

同じような事が英語の先生にも通じるわけで、同じ英語と言っても教える内容や、形によっては、自分の経験した事のないようなものが入ってくる事もありえます。

 

そんな時、果たして自分はこのカテゴリの英語をしっかりと不安なく子供達に英語で教える事ができるのだろうか、と思われるわけです。

 

 

 

普通に考えれば十分理解できる事だと思います。

 

こちらの生徒様は今後もずっと子供英会話講師というお仕事を続けていく事を考えていらっしゃいます。

 

それだけに、自分の指導の限界に突き当たる事はとても苦しい事ですし、勿論ネイティブとは言えなくとも、出来る限りの所まで自分のキャパシティを広げていきたい、という強い気持ちを持っていらっしゃいました。

 

 

 

教える先生がこういう強い気持ちを持っていると、生徒さんは本当に幸せだと思います。

 

まずはトレーニング、トレーニング、という事で今後はしっかりと毎週課題をこなしつつ、自分の話す英語を1つ1つ細かく見つめ直す作業から入られる事になりました。

 

英会話トレーニングをされている方は、経験された事がある方も多いと思いますが、客観的に自分の英語をみつめる事があると思います。

 

そんな時、初級レベルの方は、共通しておっしゃるのが、自分の英語がなんてレベルが低いのだろう、、、という事です。

 

 

 

そこまで自身のない英語とは分かっていても、色々な場面で客観的に自分の英語をみつめる機会があるとき、そこに大きな衝撃を感じられるものです。

 

でもこの衝撃を沢山受け、そして現実を直視すること、ここからしか真の成長はありません。

 

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです!!

 

本日は以上です!

 

 

 

イギリス家族と仲良くできる為の英会話

こんばんは!

 

あいにくのお天気ですね。。

 

明日もあまりよくないみたいですし、9月最後の週末は自宅で屋内で楽しむしかないみたいですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでの英会話レッスンをスタートされる事になった理由は、兄弟がイギリス人と結婚してイギリスにいる為、家族の親交を深められるように英語力が必要と感じられたからでした。

 

大好きな兄弟姉妹が海外に行ってしまうのはとても悲しい事ですが、でも愛する人と一緒に生活しているんですからね。

 

とても幸せな事です。物理的に離れていても、愛する兄弟愛はいつでも心の中にしっかりとあるものです。

 

なにを急に語り出しているのか分かりませんが笑。

 

 

 

こちらの生徒様、実際にイギリスに訪れられる事もあるようですが、勿論イギリスから家族みんなで日本に来てくれる事もあるようで、かなり頻繁に会っていらっしゃるようです。

 

外国人同士の関係において一番の理想は、お互いがお互いの文化に興味を持つ事だと思います。

 

日本にずっといる外国人の中にも、日本を全く学ぼうとせず、外国人である自分を日本文化の中にいながら、少し外に置くような、そんな寂しい方に会う事もあります。

 

色々な理由があって日本にいらっしゃるのだとは思いますが、日本人からすると、そういう方々に対してあまりよい印象を受けないのは明らかですし、それは相手方にとって何のプラスにもなりません。

 

逆にこちらの生徒様の兄弟夫婦は違います。

 

イギリスの家族の方々もとても日本に興味を持ってくださっているようですし、言葉は上手く通じなくても、やはり人である以上、相手の思いは通じるものです。

 

そんなイギリス人家族の姿勢を目の当たりにして、こちらの生徒様は更に英語学習への意欲が湧いてきた、という事でした。

 

 

 

これまでは独学でなんとかこなしてこられましたが、効率の悪い学習方法ですすめていくことは、時間がもったいない、という結論に至られました。

 

もっともっとイギリス側の家族の方々と沢山話したい、と強く思うたびに、焦りが出てきているようで、ここからはもっと学習の濃度を上げていこう、と考えられたわけです。

 

 

最近でこそ、このイギリス人家族相手にも、つたない英語でなんとか自分から話す言葉も少し増えてきたようですが、最初は本当に自分の英語力の低さを相手に知られるのが辛く、ほとんどご自身は話されず、ただただ目の前の会話を聞いている事が多かったようです。

 

今になってイギリス側の家族の方々の温かさを知って少しでも仲良くなりたい、という思いから少しづつ英語で会話をするようになられましたが、それでもまだまだ英語を自分の口から発する事には恥ずかしさがあるようです。

 

 

 

これまで英語でしっかりと話をする、という経験の少ない方にとっては、そういった気持になるのも無理はないと思います。

 

1を言ったら10の事が英語で返ってきそうだ、、と思うだけで質問を控えてしまう、という事は英語学習者の方の中でも最初はよく聞く事です。

 

でも、それでもそこにぶつからなければいけないんですね。そして、その環境に耐性をつけていく。そしてそこに恐怖感を感じないような自分を作り上げる事ができれば、あとはもう自分次第です。

 

習った表現や単語、発音、色々なものをどんどんぶつけてみる。

 

相手は英語の先生ではないわけですから、自分が何をどのように使っていくかは自分次第。よい意味で最高の練習環境であるわけです。

 

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです!

 

本日は以上です!

 

 

 

忙しいワーキングママの英会話

こんばんは!

 

連休最終日。いかがお過ごしでしょうか。

 

野球もラグビーも盛り上がっていますね。セリーグ、どうなるのでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某日系メーカーにお勤めで、日常的に海外拠点やパートナー企業との英語でもメールのやり取りがあるものの、今後会話でのやり取りも増えてくるという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

とても真面目で熱心なこちらの生徒様。

 

2児のママでもあり、仕事と育児に毎日忙しい中、英会話レッスンの時間をなんとか毎週つくっていただける事になりました。

 

育児中の英会話、多忙な仕事をしながらの英会話、どちらも大変ですが、やはりその両方に挟まれている方は本当に大変です。

 

分刻みで前後のレッスン時間の調整が必要なそのご様子から、その忙しさが感じられます。

 

こういうワーキングママは、本当に一週間の中のこのスポット、という特定の限られた時間をなんとか作り、そこで確実に英会話の果実をもぎとる、というとても過密スケジュールの方が多いです。

 

 

 

今回の生徒様は、実際に自分がこの忙しいスケジュールの中で英語の勉強をしっかりとこなしていけるのかは不安なものの、やらない選択肢はない、という強い意思を持ち、退路を断って挑まれます。

 

その強い気持ちが必ず成果につながりますね。

 

やっぱりお尻に火がついている人のエネルギーはとてつもないですし、自分で退路を断って追い込む事のできる方のエネルギーも素晴らしいです。

 

楽しく、自分のペースで学ぶのもまた1つの英会話学習の形。

 

そして今回の生徒様のように自分を追い込むのも1つの形。

 

いつどのような形を自分がイメージしているか、それによって勉強スタイルは異なるものです。

 

ただ、なんとなくゴールがあるのはあるものの、ハッキリとしたルートを確定する事を恐れてボンヤリすすめていく、というやり方はとてももったいないですね。

 

自分の目指す形が見えているなら、そこはしっかりとそこまでの形をしっかりと考えるべきです。

 

その大きな手助けになるのが、日本人英会話講師として担任でつかせていただく強みでもあります。

 

 

少し話がそれましたが。

 

本日の生徒様は、徹底的に会話力をつけたい、という事で、ご自身のご要望にそって、担当講師もヤル気まんまんです。

 

ヤル気に満ち溢れている生徒さんを担当する事程、英会話講師にとって幸せな事はありませんし、この相思相愛のパワーはすごいものです。

 

どんどん追い込んでほしい、というこちらの生徒様のご要望でしたので、体験レッスンでも講師も遠慮なく幅広いトピックで会話をふりわけていきましたが、そのチャレンジングな環境に更にヤル気を出してくださっていた生徒様、さすがです。

 

 

テキストにバチっと張り付く形のレッスンではなく、より実際の会話をイメージできるないようでの会話レッスン、ここがこの生徒様の一番大切なポイントで、それは実戦の会話で苦手意識を持っていらっしゃる方が、一番向き合いたくない形でもあります笑。

 

そこにぶつかって行く事で、また新しい道をみつけていただけるはずです。

 

メールだけでなく、会話もしっかりできる、そんな評価をしっかりと会社で受けられるよう、これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!