外資系企業のエンジニアとして高める英語力

こんばんは!

 

暖かい週末皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

スポーツにも最高の暖かさになってきましたね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系メーカーのエンジニアとしてご活躍の生徒様。

 

外資系というだけあって、日常的に海外本社、その他海外支社とのやり取りが頻繁にあるようで、そこでのコミュニケーション能力をあげていきたい、という事で今回お申込みいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

技術者ですから、当然本社、海外支店の技術者同士のコミュニケーションがメインになるようで、専門的な用語は問題なくクリアできるものの、やはり長い会話になってくると、ついていくのに一苦労という事でした。

 

電話会議では、なかなか現在のリスニングの力ではフォローできないという事がネックになっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも何とかキャッチアップされているのですからね、スゴい事です。

 

 

 

 

 

以前、全く英語ができなかった頃の海外とのエンジニアとの会話では、もうとりあえず何を聞かれてもYesと答えてしまう事があた、とおっしゃっていました。

 

何か質問をしたり、内容確認をすると、その2倍も、3倍もの量で返してこられる事で、それがまた分からず、困惑するというトラウマが体に染みついてしまうと、そこは人間です。もうとりあえずどうにかなるだろう、、ととりあえず分かったフリでごまかす、という事になってしまうこともあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語同士の会話のでも、時には分からない事をその場ですぐに聞くのではなく、タイミングみたり、相手の話をもう少し聞く中で相手の意図を理解しようとするやり方もあると思います。

 

子供みたいに、なんでも、「どういう意味?どういう意味?」の繰り返しだけがベストなコミュニケーション術とは限りませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回の生徒様がされていたような、とりあえずYesでやりとおす、という対応、あくまで「話題による」という所だと思います。

 

これからお仕事で役職が上がっていくにつれ、責任も重くなり、言っている事が分からずとりあえずYesというなんて乱暴な対応が通じる程ビジネスの世界は甘くない事はこちらの生徒様は十分分かっていらっしゃいます。

 

だからこそ、ここまでなんとか理解しあえるレベルまで勉強されてきたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな対応してマズかったのでは?と思う方も多くいらっしゃると思います。

 

でも、英会話初心者レベルで、ビジネスの現場でナチュラルスピードの英語で発言を求められたり、緊張感ある場で会話をしなければいけなくなると、どんなビジネスパーソンでも困窮するのはしょうがないことです。

 

 

 

 

 

困った時には、通訳を、分からなければ、自己中につたない英語で会議をとめて質問を、なんて常に100%のサポート体制がある程、世の中、会社、動いているわけではありません。

 

どうにもできないけど、どうにかしなければいけない、そんな答えのない状況で、ベストな答えを自分で作り上げ瞬時に対応していく、というのが現実社会で求められる事で、その中には、その対応が普通に考えれば「どうなの?」と思う事があっても、実際には「それしかない」状況もあったりするものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

誰も、どこの会社も公には言わない、ビジネスの最前線の現実で必ず起こっているこの「どうしようもないけど、どうにかしなければいけない」という事実。

 

そこをどうにかブレークスルーできるために。

 

 

本日の生徒様はさらなる高みをみていらっしゃいます。第一段階の壁は越えられたものの、既に次のレベルの壁がみえていらっしゃるからこそ、しっかりとサポートが可能なアデュールの日本人講師で英会話スタートを決められたのだと思います。

 

 

 

この壁を越えれば、また次の壁へ、そうやってまた大きく成長していっていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。