10年後の英会話再チャレンジ!

こんばんは!

 

もうすっかり暖かくなり、凍える冬が遠い昔のようです。

 

時の経つのは早いものですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在雑貨店で勤務の生徒様。毎週必ず何名かの外国人のお客様の対応があるという事で、仕事の為にも、そして昔から興味のあった英会話をこのタイミングで始められる事になりました。

 

 

 

 

 

 

英会話をはじめるきっかけは皆さん色々で、何か「やらなきゃ」と思えるきっかけがある事はとてもラッキーな事だと思います。

 

それには常に色々な事にチャレンジし、自分のエネルギー、好奇心を死なせないようにしておく事が大切ですね。

 

本日の生徒様はもともと海外旅行もとてもお好きな方で、色々な要素が重なり、英会話やるなら、

 

 

 

 

 

 

 

「今でしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

となったという事でした。

 

この言葉、本当に便利でいいですね笑。色々な商売においてこの言葉を使った広告をみますが、本当に便利な表現だと思います笑。決してお客さんを悪い所に誘導するわけではないですが、やっぱり思い立ったが吉日です。

 

重いお尻をぐっとあげる、そんなとてもないナイスな言葉だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様、以前10年前に一度英会話にチャレンジされていらっしゃり、10年後のリベンジという事で今回アデュールでのレッスンをスタートしていただいています。

 

長い10年という歳月ですが、その時は全くゼロベースであった英会話を、全く日本語の話せないネイティブ講師から習うというチャレンジングな環境。

 

悲しいかな、英会話を勉強したい、という気持ちをおもいっきり砕かれた結果となってしまったようで、それ以来、長い間英会話との距離をとっていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなお話を聞くたびに、本当に英会話指導という仕事の責任の大きさを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間は有限、そして英語が話せる事によってどれだけ世界が広がり、人生が楽しくなるか、英会話講師、スタッフの人間は当然分かっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

その最高の感覚を本当は10年早く生徒さんに感じてもらう事ができたと思うと、本当に心が痛みますし、今目の前にいらっしゃる他の生徒さんにも、必ず最速でその最高の地点に行っていただかなくては”いけない”責任を感じるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の教育も同じようなものでしょうか。

 

何も知らない子供はこれが普通と思って育てられ、気付けば同世代の人間と大きく差をつけられていた、なんていう事はよくある事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

100点満点の親なんているはずがないですが、それでも何も知らない相手だからこそ、自分が全てを背負っているんだ、という責任感を強く持たなくてはいけませんし、英会話初心者レベルの生徒さんを相手にしてもまさしく同じ事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、10年前の苦い経験をついに捨て去り、アデュールの日本人講師と新しい挑戦の切符をつかんでくださいました。

 

2度目の挑戦、次の10年を捨てさせないよう、全力で生徒様に力をつけていただきたいと思います。

 

 

 

 

生徒様には次の10年後は楽しい英語ライフを期待して、これから担任講師と二人三脚で頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!