生徒さんの成長を感じられた日

2012年11月30日

こんばんは!

 

本日はアデュールの生徒さんの定期カウンセリングの日で、久しぶりにお会いした生徒様のお話を少し。

 

こちらの生徒様、担当の先生からも報告を受けていましたが、文法の弱さが会話力の弱さに大きく響いているという事で、文法に力を入れていらっしゃいます。

 

そして今日定期カウンセリング。

 

ここではネイティブのスピーキングテストもあり、私も久しぶりにお会いするこちらの生徒様の成長度合いをみさせていただくのがとても楽しみでした。

 

そして、早速先生との自己紹介で、気付きました。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ発音キレイになっていらっしゃいます!!!!

 

 

 

 

 

いや~、こういう時、本当に幸せです。

もうそれから先生とのスピーキングテストに入りましたが、私はしばし幸せの余韻にひたっておりました。

 

生徒さんの力が伸びているのを感じるとき、この上ない幸せを感じます。生きている中で最高の至福の瞬間の1つです。

 

さて、スピーキングも終わり、カウンセリングの時間では今のレッスンの事について、ご自身の英語力についての評価、先生の事、最近やっている勉強方法など色々な事をお話させていただきました。

 

こちらの生徒様は文法の時間をしばらくとっていたことから、スピーキングが弱くなってしまうのを、恐れ、最近ではリーディングのトレーニングも積極的に取り入れられました。

 

アインシュタインの伝記をカバンの中に入れていらっしゃいました。当然英語版です。

 

かなりタフで、実際はなかなか読みすすめられないとおっしゃっていましたが(笑)、それでもレッスンをとても楽しんでいらっしゃるのがその話しぶりからとても伝わってきました。

 

生徒様がこのように楽しく英会話を受けていただいている時、そういう時こそスタッフ、講師は一番集中力を高めないといけないと思います。

 

スポーツでも、会社経営でも、英会話でもなんでもそうだと思いますが、うまくいっているとき、調子がいいときは、悪い事のはじまりでもありますよね。

 

それは前をまっすぐみているから、足元がみえないという事かもしれません。

 

もちろんこちらの生徒様が足元をみていらっしゃらないというわけではありません。

 

ただ、行き詰まり足元ばかりをみている時よりも視点が前に向いているというだけの事です。足元も、そして目の前も、その先も、全て完璧にみえている事もあるかもしれません。

 

でも、スクール側はそう考えちゃだめですよね。

 

今日のカウンセリングをもとに、また新しいスタートをきっていただけたと思います。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です。